rats&starさんの真説 猟奇の檻 第2章に関する情報

rats&star

「ゲーム性があるか」を重視して評価してます。ここでいうゲーム性とは、ユーザがより深く、ゲームに関わることができるかどうかという意味です。ですので、よくある「テキストを読み進めて、所々で選択肢が現れる」スタイルの作品は、評価が低くなる傾向があります。反対に、皆さんの評価が低くても、ゲーム性が高い作品には高評価をする場合があります。
2015/8/1追記:最近のノベルゲームは単なるデジタルノベルになりつつあります。それでもプレイしたいと思う作品にのみ手を出していますが、評価の基準点は70点としています。期待よりも内容が良ければ(ほぼ100%シナリオ的な意味で、ですが)それより高く、悪ければ低い点数を付けることになります。一方、あらかじめゲーム性の高い作品とわかっている場合は80を基準点に評価します。
2016/07/09追記。現在は通販サイト(げっちゅ屋)で発売予定一覧を眺め、気になったタイトルまたはパッケージの作品説明を軽く読んで、自分に合いそうだと思った作品を購入しています。公式サイトの確認や、まして体験版を遊んでみるといったことは一切しません。あくまでも直感での購入です。

amazon
ジャンル
18禁等18禁/未定義/未定義
中央値70
データ数44
原画横田守
シナリオ佐野一馬

入力データ

発売前得点
75
得点
80
プレイ日時
2010年12月15日

rats&starさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1005
90~9921
80~8966←ココ
70~79120
60~6955
50~5935
40~4914
30~396
20~296
10~198
0~94

このゲームの得点分布におけるrats&starさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~991
80~898←ココ
70~7918
60~699
50~595
40~492
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

80真説 猟奇の檻 第2章 (CALIGULA)
ゲーム性は高い。がしかし、移動先の選択肢の多さなど、攻略情報を見ながらでないとクリアは難しいかも(ちなみに私は2週目から攻略サイトのお世話になりました)。横田守氏の絵は個性があるし画力もしっかりしているが、いまの風潮には合わないかも → 長文感想(31)