procionさんの月に寄りそう乙女の作法に関する情報

procion

コンシューマーを含め、年間10本くらいしかゲームをクリアしないため、レビューは少な目です。 でも一度書き始めると長いんだよね!   クリアしたけどレビューを書いていない作品なんかもちらほらとある訳ですが、 では「レビューを書く作品」と「レビューを書かない作品」の差は何かっていうと、 これは感覚のお話になるのでと~~っても言葉にしづらいのですが、 要は「プレイしていて、自分の内側から言葉が溢れてくる感じ」を受けた作品のみ、レビューを書いています。  このゲームについて語りたいとか、ここってこうでない?とこのサイトを通じて疑問を投げかけてみたくなったとか。  なもんで、単に優等生的な作品っていうのはレビューを書きづらいんですよね。  『尺も十分。ヒロインはみんなありえないくらいイイ子。明確な悪意、みたいなのが無い安心して楽しめる世界観』とか。  無料のものも含め、娯楽があまりにも溢れかえっているこの世の中、なんで「ゲーム」なの?っていう意味では、 20~30時間くらいで終わってしまう割に、未だに定価8800円とか、1万円超えの作品が普通にあるとか、 誰が使うんだヨっていう書き下ろしテレカが特典だとか(ヴァイスシュバルツ?みたいなカードゲームにしちゃえばいいのに)、 正直美少女ゲームの未来ってかなりしんどいと思うんですよね。  4000円くらいで買ったDS・PSPのゲームを100~200時間くらい延々とやり込んでると、 美少女ゲームってのはやっぱり異常に高いと感じる。 ハリウッド映画のDVDが、本編+メイキング映像の内容の割には安いのはなぜか。安くないと売れないから。 アニメのDVDが、特典がやたらと付いて来たりするとはいえ、30分~1時間程度の長さなのに、 なぜあんなに高いのか。高くても買ってくれる人がいるから。 でもやっぱり、映画にも漫画にもコンシューマーのゲームにも無い、独特の世界ってのがある訳で。  「性行為込みの恋愛を描ける」っていう強みを最大限生かして、この業界には頑張って欲しいなぁと日々考えています。  ああまた長々と語っちゃってるヨーw  

amazon
ジャンル恋愛ADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値85
データ数1726
原画西又葵 , 鈴平ひろ(一条ジョニー) , 羽純りお(あやせりお)(サブ)
シナリオ森林彬 , 東ノ助 , 真紀士 , 王雀孫(名義貸し)

入力データ

発売前得点
80
購入予定
多分購入

体験版コメント

多分購入
80月に寄りそう乙女の作法 (Navel) (2012-10-26)
体験版終了(6時間)。  「しょ・・・処女です!」(←男です)。  男の人はやっぱり白なのってどこから来た。 今更そんな情報が何だと言うんだ! EDF! EDF!   いやぁ、楽しかった。 伏線だの何だのを大して考える必要がなく、ただただ「純粋に面白い」と思える物語は久しぶり。  全体を貫いているのは、「安易な女装モノには絶対にしない」というプロ意識。  女装モノは多くの場合、「女装する理由」と「女子校に通うことになる過程(手続きなど)」が超テキトーだったりする。  だが本作は、その両方にしっかりとした説明がある。  ただ、気になった点が無い訳ではない。  ①「強烈な毒」としか言いようがない冒頭と、現代編で差があり過ぎる。友よ、拍手を。悲劇は終わった。  ゆうちょがナゼ今の性格になったのか、正直理解出来ない部分がある。 ②表示される文章と、実際の音声が違う、という部分が多すぎる。コレは防げないという筈はない。  ③ここまでは確かに面白かった。だが、このまま最後まで行けそうか?と問われると正直分からない。 みんなでワイワイやってるシーンが楽しいのであって、個別ルートになったらどうなるんだろうね。  ・・・と不安な点はあるものの、ここまでは十分な出来。  ルナルートでは、正体がバレて、それでも朝日の在学をかけてルナvs兄貴、とか熱い展開になりそうね。 ばふんと言わせてやれ。  このレベルを最後まで維持する事が出来れば、『女装して、特定の分野に特化したセレブ女子校に通う系』の代表作になりそうな予感。  ただねぇ・・・うん、まぁ。 ミナトン裏切れないよ! どうすんのこれ。 ごめんあばずれ