procionさんのはつゆきさくらに関する情報

procion

コンシューマーを含め、年間10本くらいしかゲームをクリアしないため、レビューは少な目です。 でも一度書き始めると長いんだよね!   クリアしたけどレビューを書いていない作品なんかもちらほらとある訳ですが、 では「レビューを書く作品」と「レビューを書かない作品」の差は何かっていうと、 これは感覚のお話になるのでと~~っても言葉にしづらいのですが、 要は「プレイしていて、自分の内側から言葉が溢れてくる感じ」を受けた作品のみ、レビューを書いています。  このゲームについて語りたいとか、ここってこうでない?とこのサイトを通じて疑問を投げかけてみたくなったとか。  なもんで、単に優等生的な作品っていうのはレビューを書きづらいんですよね。  『尺も十分。ヒロインはみんなありえないくらいイイ子。明確な悪意、みたいなのが無い安心して楽しめる世界観』とか。  無料のものも含め、娯楽があまりにも溢れかえっているこの世の中、なんで「ゲーム」なの?っていう意味では、 20~30時間くらいで終わってしまう割に、未だに定価8800円とか、1万円超えの作品が普通にあるとか、 誰が使うんだヨっていう書き下ろしテレカが特典だとか(ヴァイスシュバルツ?みたいなカードゲームにしちゃえばいいのに)、 正直美少女ゲームの未来ってかなりしんどいと思うんですよね。  4000円くらいで買ったDS・PSPのゲームを100~200時間くらい延々とやり込んでると、 美少女ゲームってのはやっぱり異常に高いと感じる。 ハリウッド映画のDVDが、本編+メイキング映像の内容の割には安いのはなぜか。安くないと売れないから。 アニメのDVDが、特典がやたらと付いて来たりするとはいえ、30分~1時間程度の長さなのに、 なぜあんなに高いのか。高くても買ってくれる人がいるから。 でもやっぱり、映画にも漫画にもコンシューマーのゲームにも無い、独特の世界ってのがある訳で。  「性行為込みの恋愛を描ける」っていう強みを最大限生かして、この業界には頑張って欲しいなぁと日々考えています。  ああまた長々と語っちゃってるヨーw  

amazon
ジャンル冬から春へ至る純愛ADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値83
データ数2082
原画ほんたにかなえ , とらのすけ , ちまろ , 有末つかさ(サブ) , 小桜りょう(サブ) , kaya8(サブ)
シナリオ新島夕

入力データ

発売前得点
70
購入予定
様子見

体験版コメント

様子見
70はつゆきさくら (SAGA PLANETS) (2012-02-24)
体験版終了(多分5時間)。 私! スペシャルミー!  まぁぶっちゃけて言うなら、某・炎髪灼眼のアレから、 分かりづらい二つ名とか独自の専門用語とか、くどい・あざとい表現を極力廃して、読みやすくしたモノ。  ただし、安易なパクリ感は全くない。逆に、ライターさんはアレがとてもとても好きなんでしょう。  でも分かりづらい部分があって勿体ない。俺ならこうする!というのが多分コレ。  そして、相変わらず万人受けする物語が書けないのね。  各ヒロインは、ゆずソフトの作品のように、「プレイヤーに好きになってもらうため」に存在するのではなく、 「お話の展開上、必要な存在なので」そこにいる、という印象。 いいぞもっとやれ。  絵が好みでも勢いで予約してはいけない。一部崩れているというか、同人レベルかと思うモノもある。 体験版必須・・・・と言いたい所だが、 最後の最後で説明しすぎちゃったので、このライターさんのファンなら予約して、楽しみに待ちましょう。  すっと消えるラン・サクヤ・あずまに付きまとう影・シロクマの存在とか、もう伏線がいっぱいすぎてお腹イッパイです。  ここまでは面白かったので、個人的には予約して買ってもいいかなぁ・・・とは思う、が。  前作は、アマゾンでいつまでも予約キャンペーン付きの新品が30%OFFで売っていたのを覚えているので、予約して買うのは怖い。  前作は正に「面白いアイデアを思いついた。きっとコレいける。絶対ウケる。でも、いざ書き始めてみたら上手くまとめられなかった」 という典型的なパターンなので、特攻するのは気が引ける。  しかし、モンハン3Gが4500円で、コレは8000円か。  「高い」「パッケージ邪魔」という、10年前と変わらないやり方で、美少女ゲーム業界に未来はあるのだろうか。  頑張れホワイトグラデュエーション