necolyteさんの麻雀くれいどるそんぐ ~雀荘oasisへようこそ!~に関する情報

necolyte

基本的には静止画M@Dの元ネタとなっているような話題作をプレーしている。プレーする傾向は昔は感動ゲーで、今は笑いや萌えとか百合を重視している。点数は加点法と減点法を組み合わせた(ある程度)客観的な点数に主観点を増減させてつけている。キャラが全員萌えるとか、キャラが自然で生きていて笑いがとれるなどの理由でそのゲームの雰囲気に浸れる場合には概して高得点。多少の欠点があろうとも突き抜ける長所があればいい。ただ主人公がヘタレてるとそのゲーム自体の格が下がるので許せない。モテる原因がしっかりわからないと駄目。基本的重視ポイントは笑いや萌えを含む全体的なシナリオ。地の文より会話重視。女の子同士の日常会話は男女の会話より好き。鬱・泣・奇跡・感動・設定&説明・ラスト~EDあたりはしっかり書けていないと大幅減点。絵は基本的には一定以上の水準をクリアしていれば大幅な加点要因にはなりえない(もちろん逆はある)。音楽は重視していない。システムは吉里吉里で簡単にできるレベル程度は達していないとマイナス。点数は現在の価値で判断するが出た時期の状況も一応考慮に入れている。90点以上は超お気に入り。80点台はもう1度プレーしたくなる程度にお気に入り。70点台は光るところもあるが欠点が目立つ。60点台から先は光る点がほとんどない。ちなみに100点をつけることは気に入らない要素が全くないという意味と同義語なので、そんなものは存在しえない。どんな名作にも気に入らない点はあるはずだし、将来その作品を越える可能性が残されているからである。

ジャンル麻雀
18禁等18禁/未定義/未定義
中央値70
データ数27
原画こ~ちゃ , 啼兎☆(なきうさ、青空れみな)
シナリオ

入力データ

プレイ日時
2005年05月28日

コメント

--麻雀くれいどるそんぐ ~雀荘oasisへようこそ!~ (ういんどみる)
こういうタイプのって2人麻雀が多い中4人打ちだったのは貴重