dovさんのわらうほしに関する情報

dov

 J・さいろー様、復活おめでとうございます! https://twitter.com/sairo2nd

―基本姿勢―
 https://pbs.twimg.com/media/DVB0H_qUQAEIhAv.jpg

―採点基準―
 90点より上:私的殿堂入り作品
 80点以上:滅多に出会えない傑作
 76点以上:「良かったなぁ」としみじみ幸せな気持ちに浸れる作品

 重視しているのは、 作者の情熱が感じ取れたこと > 登場人物の心の動きの描写 > その他
 一般的に高評価な作品ばかりを選び90点満点で相対評価しているので点数はかなり渋め
 ※感想内で他者のレビューを引用・批評することがあります。もちろん私のレビューを引用・批評して下さって構いません。

―他の方の感想に投票する基準―
・「言い得てる」または「読んで面白い」こと。どちらかに該当すれば自分と評価が大きく異なっていても投票する
・自分がプレイしている/気になっているゲームでHシーンの詳細を書いてくれている感想を見かけたら無条件で投票する

―特にお気に入りの感想―
・kameruさんの「遥かに仰ぎ、麗しの」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=7402&uid=kameru 
・centermanさんの「CLANNAD」の感想
 http://erogamescape.ddo.jp/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=3454&uid=centerman 
・sonataさんの「Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=1602&uid=sonata 
・OYOYOさんの「古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=16641&uid=OYOYO 
・マルセルさんの「らぶでれーしょん!」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=12840&uid=%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB 
・tokorinさんの「死神の接吻は別離の味」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=12234&uid=tokorin 
・1610さんの「Fate/stay night」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=3254&uid=1610 

連絡用: dovdov1993あっとgmail.com (あっとを@に変えて下さい)
「これはお前気にいるんじゃね?」みたいな意見がございましたら新作・旧作・商業・同人問わずメールなどで教えて下さるとありがたいです。

HP/BLOG :
普段このチャットで会話してます
ジャンル
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値65
データ数3
原画
シナリオ

入力データ

得点
79
プレイ日時
2012年08月28日

dovさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~995
80~8927
70~79106←ココ
60~6936
50~5913
40~490
30~391
20~291
10~190
0~91

このゲームの得点分布におけるdovさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~990
80~890
70~791←ココ
60~692
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

79わらうほし(非18禁) (最弱革命(同人))
「星の王子様かよ」「24時間テレビのお涙頂戴ドラマかよ」というツッコミは当然あるだろう。isumi氏の「こども=綺麗、大人=汚い・子どもを押しつけるという考えが根幹にある」(これはネタ元であろう星の王子様からしてまさにそう)「歩夢の台詞回しがこどもっぽさを演出しようとして逆に不自然になっている」というツッコミも的を射ている。作者のお説教は正しいとしても人や世の中の一面でしかないし、途中で明かされる中島さんの設定は彼女が登場してすぐ予想できる上にベッタベタ。これらを踏まえればisumi氏の65点という評価が妥当だとも思える。だが、私の幼な心が共鳴してしまったのか、妙にプレイが楽しかったのも事実だ。感動したのでも、悲しいと思ったのでもなくただふわふわと童心に返ったように楽しかった。これが作者の狙い通りだとするなら、実は凄い作品ではないか。

検索