dakuryuさんのリトルバスターズ!に関する情報

dakuryu

考察好きのまとめ好き。長文感想は考察と小ネタまとめの倉庫。POVにもこだわりがあって私的POV分類で丹念に評価してます。機会があったらPOV分類使ってやってください。ファンタジー好きだけど面倒なゲームは嫌い。シナリオ重視だけど原画の好き嫌いも激しい。ままならんなぁ。健気、幼馴染、ネガティブ、強気などの属性に弱い自覚あり。お気に入りのデモムービー・歌はプレイしてなくてもPOVで評価してます。お気に入りクリエイターは1がお勧めムービー制作者、2~4が原画、5~6がライター、7~8が声優、9がその他です。

HP/BLOG :
エロゲー批評空間を100倍楽しむ方法
Twitter :
dakuryu
リトルバスターズ!(非18禁) (Key) (2007-07-27)
amazon
ジャンル恋愛アドベンチャーゲーム
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値85
データ数1576
原画樋上いたる , Na-Ga
シナリオ麻枝准 , 樫田レオ , 都乃河勇人 , 城桐央

入力データ

得点
95
プレイ日時
2007年11月15日

dakuryuさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~9933←ココ
80~89129
70~79118
60~6943
50~5911
40~493
30~391
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるdakuryuさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10098
90~99495←ココ
80~89563
70~79226
60~6978
50~5935
40~4920
30~3916
20~292
10~194
0~910

コメント

95リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
主人公とヒロインがゆっくりと成長する物語。ネタバレではその世界観について考察&条件付イベントまとめ。EXで否定されるかもしれないが… → 長文感想(1760)(ネタバレ注意)

POVコメント

A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
風紀委員長の佳奈多
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
姉御肌の唯湖
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
棗恭介風来記
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
BGM「シンクロニクル」 ちょっと不思議な曲です。
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
主題歌「Little Busters!」
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
来ヶ谷 唯湖
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
葉留佳はちょっと病み気味
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
クドリャフカ
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
最後が大団円すぎるかな。
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
鈴がすごく遠まわしに
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
わふー、くちゃくちゃ
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
佳奈多
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
屋上 鈴と小毬との別れ
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
この世界には秘密がある
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
→さすらう
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
バトルはかなり悪ノリしている
C リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
はるちんBADでの佳奈多の心情告白
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
考察し甲斐がある。ノベルゲーの面白さを再認識
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
これがなきゃリトバスじゃないけど
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
しなきゃ意味なし
B リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
ヒロインたちといったほうがいいかも。
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
リトルラブラブハンターズ
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
鈴の決意シーン
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
PMMKの「たったひとつの魔法の言葉」が特に好き
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
複数役なんて気づくわけない
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
EDテーマ「雨のち晴れ」他どの歌もいい
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
伏線多し
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
終盤は緊張感がある。肝試しで2人選べるのもいい。
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
みんな仲がいい。複数人行動多し
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
セーブ移動がD&Dでできるのがナイス
A リトルバスターズ!(非18禁) (Key)
音と絵の組み合わせ、盛り上げ方が卑怯と思えるほど。