Sek8483さんの天ツ風 ~傀儡陣風帖~に関する情報

Sek8483

2006年よりプレイ。

amazon
ジャンル忍者活劇SLG+アクションカードバトル
18禁等18禁/抜きゲー/どちらともいえない
中央値80
データ数391
原画トシぞー , 丹下ゲンタ(氷雨げんた) , 黒崎寛哉
シナリオ鬼影姚二 , あくまっこ

入力データ

得点
79
おかず
それなりに使えた
プレイ日時
2013年06月03日

Sek8483さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9911
80~8963
70~79123←ココ
60~6925
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるSek8483さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10010
90~9973
80~89153
70~79107←ココ
60~6921
50~5910
40~493
30~393
20~291
10~192
0~93

Sek8483さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても2
かなり8
だいぶ30
それなりに91←ココ
あまり…76
まったく…6
そもそも0

このゲームのおかず得点分布におけるSek8483さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても7
かなり4
だいぶ20
それなりに33←ココ
あまり…19
まったく…7
そもそも1

コメント

79天ツ風 ~傀儡陣風帖~ (NineTail)
長いシナリオをひたすら戦って解決するので、くどかった。そこにミニゲームがこまめに挿入されることで読み進めやすくなってはいる。しかし逆に見れば、前作から受け継いだじゃんけんバトルはシナリオに足を止めさせない軽快さが売りなので、そこを活かそうと考えると、実はシナリオの方が小刻みに戦い続けていくしかなかった。前作のような拠点防衛にはぴったり合うが、今作のように物語の地平が開けているときには、ちゃんと忍びきって調略を編み上げる話などをやりにくい、足かせともなってしまう。やや冗長でシナリオ展開の幅が足りてないところには悪影響が出ていたかもしれない。それでも、忍者活劇として真っ向勝負をかけるシナリオとキャラには、王道ながら陳腐にはならないだけの地力が備わってました。なお、道眼さんがちょろ可愛い。プレイ後のわたしがリアル世界で「かははっ!」キモ笑いをしていた過去とかは、恥ずかしくて口外できません。