Sek8483さんのめぐり、ひとひら。に関する情報

Sek8483

2006年よりプレイ。

amazon
ジャンルエモーショナルノベル
18禁等18禁/非抜きゲー/未定義
中央値78
データ数347
原画のり太 , ヨダ(「ぬぐり、ひとひらり。」)
シナリオ朱門優

入力データ

得点
73
おかず
あまり使えなかった
プレイ日時
2013年06月03日

Sek8483さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9911
80~8963
70~79123←ココ
60~6925
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるSek8483さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1004
90~9925
80~89110
70~79122←ココ
60~6941
50~5912
40~491
30~391
20~290
10~190
0~91

Sek8483さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても2
かなり8
だいぶ30
それなりに92
あまり…76←ココ
まったく…6
そもそも0

このゲームのおかず得点分布におけるSek8483さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり0
だいぶ0
それなりに2
あまり…8←ココ
まったく…15
そもそも1

コメント

73めぐり、ひとひら。 (キャラメルBOX)
(GiveUp) 素朴な舞台設定の中、登場人物たちのちょっとした感性のズレが目につきました。ひたすら献身とか、妙な理屈を立てて悩み続けるとか、演劇じみてる。木を隠すなら森として、もっといかにも嘘っぽい舞台を用意してくれていたのなら、どう読み取ったものかと困惑することも無かった気がします。そうしてお話をちゃんと拾えているのか不安なままで読んでいくに、平坦に続くシナリオは重荷。それでいて見目好いだけのお話でもないので、うっちゃっておいて女の子を可愛がるほどにも思い切れず、どうにも捗らないうちにギブアップ。少しもったいないことをしました。妹にこだわる主人公については不快というほどでもないけど、理解の材料も、その執心を許容できるだけのとんがった魅力も見当たらなかった印象。同じように執心するこりすにしても、物語の日々がこれだけ深くゆったり流れたにも関わらず、その理由が腑に落ちてこないと少し変な気分になります。