Sek8483さんのキサラギGOLD★STARに関する情報

Sek8483

2006年よりプレイ。

amazon
ジャンルお隣同士の青春恋愛アドベンチャー
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値73
データ数741
原画ほんたにかなえ , とらのすけ , ちまろ , 有末つかさ(サブ) , kaya8(サブ)
シナリオ若瀬諒 , 姫ノ木あく , 新島夕

入力データ

得点
77
おかず
あまり使えなかった
プレイ日時
2013年06月03日

Sek8483さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9911
80~8963
70~79123←ココ
60~6925
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるSek8483さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1005
90~9917
80~89126
70~79380←ココ
60~69141
50~5936
40~4917
30~394
20~290
10~192
0~94

Sek8483さんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても2
かなり8
だいぶ30
それなりに92
あまり…76←ココ
まったく…6
そもそも0

このゲームのおかず得点分布におけるSek8483さんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても1
かなり4
だいぶ17
それなりに46
あまり…104←ココ
まったく…48
そもそも3

コメント

77キサラギGOLD★STAR (SAGA PLANETS)
前後作『ナツユメ』『はつゆき』と違い、シナリオはただキャラクターのためにある。しかし、最後には読む人の共感へと委ねてしまう書き方は今作でもほぼ同様。三作品とも、ポーズをとらせるのは得意でもキャラを動かすとぎこちない。ときに、一般的にコメディは悲劇よりも書くために周到さを必要とし、感情まかせでは読みよいものとなりません。悲劇であればキャラの大仰な動作はそこそこサマになり、ぼやけたフォーカスも読者の涙で見分けつきにくいけど、その誤魔化しをやらない今作はぎこちなさを露出してしまった。沙弥や三剣士を始め、温かいメッセージを含みながらもお話はひどく拙いものと映ります。子供時代への憧憬がテーマにありますが、そんなふうに恰好つかないまま肯定されると「わたし、お、大人だもんっ」反駁したくもなったり。それでもやっぱり「ぱぱら~♪」をエンドレスに聴いてるとつい口ずさみ、声を合わせたくなる、人の好い作品です。