Sek8483さんのnarcissu 3rd -Die Dritte Welt-に関する情報

Sek8483

2006年よりプレイ。

narcissu 3rd -Die Dritte Welt-(非18禁) (ステージ☆なな(同人)) (2009-04-27)
amazon
ジャンルノベル
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値80
データ数218
原画緒方剛志(ぼうのうと)
シナリオ片岡とも(ぽこつ☆とも、へぽこ☆とも) , 早狩武志(栗原繁) , ごぉ , 酸橙ひびき

入力データ

得点
76
プレイ日時
2013年06月03日

Sek8483さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9911
80~8963
70~79123←ココ
60~6925
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるSek8483さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1001
90~9930
80~8988
70~7965←ココ
60~6920
50~595
40~492
30~391
20~290
10~190
0~90

コメント

76narcissu 3rd -Die Dritte Welt-(非18禁) (ステージ☆なな(同人))
「メサイア」は良かった。手堅いテキストで読みやすいものの、意外なことに男性主人公で、医師との対話を進めてく内容のため「たしかに面白いけど……narcissu?」と第一印象を抱いていたところ、上手くかわしてくれました。片岡ともの手による前作までに対して、ほどよく距離をおいた点でも優れたシリーズ短編と思う。「小さなイリス」は何だかとっかかりが少ない読感。『2nd』では宗教への距離感がやけに遠いというか、外側から見た宗教のイメージが前に出すぎており、祈るときの動作が大げさで暮らしの中には馴染んでない印象を受けたのですが、イリスの曖昧さはそのさらに延長線上にあるような。『narcissu』ではひねりのないストーリーに生活臭のする小道具を配置したところからくる生死への手触りに魅力を感じたのだけど、そこから離れてゆくにつれ死は観念的となり、シリーズとしての意味がわたしには見えにくくなっていきました。