Atoraさんの東方紅魔郷 ~the Embodiment of Scarlet Devil.に関する情報

Atora

(17/06/30)
更新の頻度が落ちていますが、モチベが下がっているわけではありません

目を通していただいている方、議論してくださる方、
注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。
趣味に生涯を捧げる物書きです。エロ・非エロを問わず、数多くゲームをプレイしています。
萌えゲーから少しずつ幅を広げて、専ら雑食です。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ下からの批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘くださると幸いです。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。
できるだけお答えします。

【採点方式】0-5-9点方式 + バイブル(プレイ数が増えたため)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンル
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値80
データ数193
原画ZUN
シナリオZUN

入力データ

プレイ日時
2006年03月12日

コメント

--東方紅魔郷 ~the Embodiment of Scarlet Devil.(非18禁) (上海アリス幻樂団(同人))
この作品はPC業界においてSTGが完全にパソコンと融和を遂げたことを明確に示した一作だと思う。今や同人界の一角を担っているこのサークルが突如として成功したきっかけは、インターネットの普及によるユーザー間の情報交換量の増加が特記事項として挙がるが、もともとハイクオリティなサウンドと魅力的なキャラクターを有していただけに、ヒットするのは時間の問題だっただろう。弾幕系STGの魅力を余すところなくユーザーに伝えたことも含め、その賞賛すべき質を誇る本作は、同人界においては、特に記憶に残る作品となったことだけは間違いない。長文はSTGの話。(06/4/24リテイク) → 長文感想(3090)(ネタバレ注意)