Atoraさんのはるるみなもに!に関する情報

Atora

(17/09/18)
世に作品を送り出す製作者様方、レビューに目を通していただく方、
議論にお付き合いしてくださる方、注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。趣味に生涯を捧げています。
エロゲー関係は、萌えゲーから少しずつ幅を広げて、雑食になりました。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ偏りのない批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘ください。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。

【採点方式】
0-5-9点方式 + 個人的な思い入れのある作品(バイブルみたいなもの)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンル
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値70
データ数144
原画しんたろー
シナリオ和泉万夜 , 保住圭 , 姫ノ木あく , 深山ユーキ

入力データ

発売前得点
79
購入予定
必ず購入
得点
70
プレイ日時
2017年03月28日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9923
80~8999
70~79306←ココ
60~69178
50~5950
40~4918
30~398
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~997
80~8921
70~7957←ココ
60~6934
50~5913
40~493
30~394
20~291
10~192
0~91

発売前コメント

0_必ず購入
79はるるみなもに! (Clochette) (2017-03-24)
【ビジュアル】☆【シナリオ】◎【エロ】◎【寸評】御敷さんのラインと比べると、かなりシナリオ面で不遇という印象がある。まあ、それでも安定はしていると思うし、クロシェットと言われてパッと2人の原画家さんを思いだせるのは、決して悪いことじゃないはず。ただ、今作もシナリオに不安があって、またもや“神様もの”というのがちょっとしたネック。ネタとして食傷気味といったところで、結局、『かみぱに!』や『あまつみそらに!』と比較されてしまうのが心配の種となっている。ところで、せせなやうさんは繋ぎの起用だったかもしれないが、新しい色として起用する意味では悪くなかった。現段階では谷間にしか見えないが、今後の氏の起用に期待したい。

コメント

70はるるみなもに! (Clochette)
イマイチな作品の続くクロシェットの不調を物語るようで、今回もどことなく煮え切らない。実用性を追求した18禁要素が高まりを見せた事は手放しで喜びたいが、物語上における18禁要素……物語の上でも“大人向け”という意識をプッシュしすぎたせいで、この2つが盛大に喧嘩してしまった。作中最大のミステイクの象徴は、「子を成すことの意味」を読者に印象付けようとしたことに尽きるだろう。機械的に統一されたエンディングは、ヒューマンドラマとしての魅力の無さをまざまざと露呈しており、シナリオとエロのバランスは著しく不安定。全編を通してそこかしこに顕出する主題推しが、作品づくりの無用な障壁と化している。クロシェットの悪癖と言うべきか、主題を重く捉えすぎて、気軽に読める特長をフイにする傾向が強く出ている。憂慮すべきである。 → 長文感想(2958)(ネタバレ注意)

ログイン






検索