Atoraさんの春音アリス*グラムに関する情報

Atora

(17/09/18)
世に作品を送り出す製作者様方、レビューに目を通していただく方、
議論にお付き合いしてくださる方、注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。趣味に生涯を捧げています。
エロゲー関係は、萌えゲーから少しずつ幅を広げて、雑食になりました。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ偏りのない批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘ください。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。

【採点方式】
0-5-9点方式 + 個人的な思い入れのある作品(バイブルみたいなもの)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンル恋と秘密のちょっと不思議な学園ADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値70
データ数42
原画七尾奈留(奈留) , 高苗京鈴 , Mitha , いずみ由羅(SD原画)
シナリオ葉月サイ , 池田コント , 桷修斗 , 満腹亭白米

入力データ

発売前得点
80
購入予定
多分購入
得点
65
プレイ日時
2017年07月02日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9922
80~8996
70~79300
60~69176←ココ
50~5949
40~4918
30~398
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~993
80~898
70~7911
60~6915←ココ
50~593
40~490
30~391
20~290
10~190
0~90

発売前コメント

多分購入
80春音アリス*グラム (NanaWind) (2017-06-30)
【ビジュアル】☆【シナリオ】○【エロ】◎【寸評】おっぱい星人御用達のブランド。『ユユカナ』からよくぞ立て直したと言うべきか、明確な指向性がついてきたのはグッド。萌エロ方面の中堅どころとして、無難な作品を出してくれることを期待したい。前作のアペンドの頒布方法と言い、バンドルパッケージの販売方法と言い、商売はあまり上手くなさそうなので、そこが心配の種。中身でも冒険しないほうがいいだろう。情報は少ないが、藤乃雪は人気が出る。ビジュアルがとてもズルい。(16/12/8追記) 大幅な延期は印象が悪い。80点から5点下げて様子見にした。 (17/06/18追記)エロシーンが作品を追うごとに良くなっている。下品にならない程度の質の高い萌エロを供給できる、数少ないブランドだと思う。今回もエロは良さげ。5点加点。

コメント

65春音アリス*グラム (NanaWind)
ダックスフントのような胴長な構造。一周目の共通ルートがおそろしく長く感じられ、惜しくも作品が間延びして見える。大量のTIPSや選択肢はゲームの流動感を阻害しており、作品の構成が一時代前のそれに近い。■テキストは全体的に安定しているものの、Hシーンは画一的で盛り上がりに欠ける。主人公がヒロインに卑猥な単語を言わせようとしているのは印象に残るが、いずれもワンパターン化して、回を追うごとに既視感が強くなってしまった。人格の統一はともかく、もう少し表現に幅が欲しいところだ。■この作品はイラストの美麗さ、声のかわいさ、キャラ造形、そしておっぱいという四本柱でもっている部分が大きい。そのため、『ALIA's CARNIVAL!』と同様に、ファンディスクが出てこそ輝くタイプであると言える。本編が前座として機能することになるが、キャラクターの魅力を引き出せるのならば、そういう作品があってもいいだろう。