Atoraさんのてにおはっ! 2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~に関する情報

Atora

(17/06/30)
更新の頻度が落ちていますが、モチベが下がっているわけではありません

目を通していただいている方、議論してくださる方、
注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。
趣味に生涯を捧げる物書きです。エロ・非エロを問わず、数多くゲームをプレイしています。
萌えゲーから少しずつ幅を広げて、専ら雑食です。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ下からの批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘くださると幸いです。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。
できるだけお答えします。

【採点方式】0-5-9点方式 + バイブル(プレイ数が増えたため)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンル本当は女の子だってエッチに興味津々ADV
18禁等18禁/抜きゲー/和姦もの
中央値78
データ数77
原画アマクラ
シナリオはちみつくん

入力データ

発売前得点
90
購入予定
必ず購入
得点
91
プレイ日時
2016年05月30日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9921←ココ
80~8995
70~79294
60~69174
50~5949
40~4918
30~397
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1002
90~9919←ココ
80~8914
70~7924
60~6912
50~593
40~490
30~390
20~291
10~190
0~91

発売前コメント

0_必ず購入
90てにおはっ! 2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~ (root nuko+H) (2016-05-27)
【ビジュアル】◎【シナリオ】○【エロ】☆【雑記】(2016/4/22)期待値を85から90に修正。どこまでもストレートなヌキゲー。二次エロの探求心をくすぐられる、濃いプレイ内容が印象的だ。エロに次ぐエロがツボに入ったユーザーも多いはず。今まで続編が出なかったのが信じられないくらいの出来だったが、ようやくボリューム2がリリースされる。今回も実用性に期待するのは当然として、マニアックなプレイの数にも注目したいところだ。ビジュアルに若干の癖があり、そこで好き嫌いが分かれるかもしれないが、テキストの引きは強いのでユーザーの期待を大幅には下回りにくいと見る。フェチという意味では、「真希ちゃんシリーズ」のユーザーとは親和性が高そうだ。この月はクロックアップにスミレ、ロリ専のIris(7月に延期しました)に加えて、実用性に定評のあるかんなぎ原画が控えているので、ヌキゲーのファーストチョイスに悩みそうである。今回はお尻プレイが多そう。

コメント

91てにおはっ! 2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~ (root nuko+H)
フェチシズム溢れるS級ヌキゲー。エロまわりの充実ぶりは前作の比ではない。制作陣のパッションがぎゅうぎゅうに詰まっている。シチュエーションの2割ほどはドSかドМに極振りされているが、得も言われぬ淫靡な雰囲気の絵に突き抜けたエロ台詞がベストマッチ。一つ一つのシーンの尺も長く、回想数も80超えとボリュームと質に関しては言うことなし。シチュエーションも多彩かつ特殊性に富み、脇コキやアナルプレイは当たり前で、特殊すぎる腹コキまで取り揃えている。ユーザー側が買い渋るネックと言えば、喘ぎが「んほぉ」を通り越して「ぶひぃ」レベルであること、ビジュアルが特徴的であること、SMシチュがそこそこ多いことくらいのものだ。実用性を重視するユーザーの嗜好によっては、当代随一になりうる力作。