Atoraさんのアマカノ ~Second Season~ に関する情報

Atora

(18/03/24)
【点数を除く文章投稿を休止中】世に作品を送り出した製作者様方、レビューに目を通していただいた方、
議論にお付き合いしてくださった方、注意をくださった方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆13年目。継続は力なり。趣味に生涯を捧げています。
萌えゲーユーザーでしたが、少しずつ幅を広げて雑食になりました。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ作品を貶めない批評を意識しています。言葉がきついと感じましたら、遠慮なくご指摘ください。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字脱字の訂正を中心に)。
皆さんのエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ ご質問がございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。

【採点方式】
0-5-9点方式 + 個人的な思い入れのある作品
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表していいものか、昔から疑問でした。
こちらでは、心に残った曲にのみ、200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断しました。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンルいっぱいに甘えたい彼女と俺の純愛学園ADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値80
データ数174
原画ピロ水 , 茜屋(SD原画)
シナリオ龍岳来(龍乃恩)

入力データ

発売前得点
90
購入予定
多分購入
得点
80
おかず
だいぶ使えた
プレイ日時
2016年01月07日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9923
80~89108←ココ
70~79335
60~69179
50~5953
40~4918
30~398
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9921
80~8979←ココ
70~7963
60~697
50~591
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

Atoraさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても31
かなり43
だいぶ75←ココ
それなりに178
あまり…213
まったく…113
そもそも10

このゲームのおかず得点分布におけるAtoraさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても9
かなり10
だいぶ23←ココ
それなりに18
あまり…8
まったく…2
そもそも0

発売前コメント

多分購入
90アマカノ ~Second Season~ (あざらしそふと) (2015-12-25)
【ビジュアル】◎【シナリオ】○【エロ】◎【雑記】12月の大作がいくつか延期して、周りからは怨嗟の声も聞こえるが、現段階で一つ飛び抜けているのはこの作品だろう。前作の強みがあるし、何よりもピロ水さんが原画を担当しているのが効いている。発売時期も非常によく、ほとんどリアルタイムでプレイできるのもアドバンテージ。普通の恋愛劇を楽しむならこの新作に尽きる。

コメント

80アマカノ ~Second Season~ (あざらしそふと)
100点を目指したわけではないが、80点を最低合格ラインに定めた上で戦略を練った利口な作品に見える。意気込んだ上での80点ならば何かしら大きく不足する要素が目立つものだが、この作品にはネガティブが殆ど見られない。全力を尽くさないという意味ではなく、肩肘を張らずに合格ラインを目指したぶんだけ適度に力が抜けている印象だ。多くの100点満点ではなく、万人の80点を大事にした結果だと思う。優しい雰囲気に包まれた物語に高尚な中身はないけれど、いちゃラブとエロは充実しており、ヒロインの一挙手一投足に体の芯から溶かされそうになった。グラフィックは一級品で、アストロノーツの時代から文句などあるはずもない。ハート目の使い方が一辺倒なのは、この作品も含めた既存メーカーの次なる壁。使い方は間違っていないが、前作と似たような「オチ」では、ネタとしての使用は収束化を免れない。漫画的な描写を脱却してほしい。

ログイン






検索