Atoraさんの僕と恋するポンコツアクマ。に関する情報

Atora

(17/09/18)
世に作品を送り出す製作者様方、レビューに目を通していただく方、
議論にお付き合いしてくださる方、注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。趣味に生涯を捧げています。
エロゲー関係は、萌えゲーから少しずつ幅を広げて、雑食になりました。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ偏りのない批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘ください。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。

【採点方式】
0-5-9点方式 + 個人的な思い入れのある作品(バイブルみたいなもの)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンルポンコツアクマっ娘エロコメディADV
18禁等18禁/抜きゲー/和姦もの
中央値77
データ数259
原画さより , 広瀬まどか(SD原画)
シナリオ雪仁 , 古囃ヒロ , 菊月紅

入力データ

発売前得点
79
購入予定
多分購入
得点
80
おかず
それなりに使えた
プレイ日時
2015年09月29日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9921
80~8995←ココ
70~79300
60~69176
50~5949
40~4918
30~398
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1004
90~9920
80~8986←ココ
70~79110
60~6927
50~597
40~493
30~391
20~290
10~190
0~90

Atoraさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても24
かなり41
だいぶ66
それなりに161←ココ
あまり…206
まったく…110
そもそも10

このゲームのおかず得点分布におけるAtoraさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても45
かなり32
だいぶ42
それなりに24←ココ
あまり…8
まったく…4
そもそも0

発売前コメント

多分購入
79僕と恋するポンコツアクマ。 (スミレ) (2015-09-25)
【ビジュアル】☆【シナリオ】△【エロ】◎【雑記】「ネコぱら商業部」とでも言うべき陣容。スミレ初の単独原画と相成ったが、この選択は正解とみる。CGの美麗さにおいては、過去二作品とは比べモノにならない。非抜きゲーながらシナリオに過度な期待を寄せず、素直にエロ方面を求める声が聞こえてくるのも、絵柄の賜物であろう。アニメーションの有無はさほど評価に直結しないと思われるが、体験版でのモザイクの荒さだけはどうしても気になる。エロシーンを印象付けるためにも製品版での是正を望みたいところだが、それは高望みか。とにかくコミカルに、そしてエロティックに物語が流れていけば、次につながる評価を得られるだろう。声優の艶やかな演技にも注目したい。

コメント

80僕と恋するポンコツアクマ。 (スミレ)
良くも悪くも流行に乗った作品。ハイクオリティなCGを生かした濃いエッチ、ギャグテイストに富んだドタバタ共通シナリオは出色の出来。とくに前者は、手放しで褒められる域に達している。その反面、一気にパワーダウンする個別シナリオと、人物に比べて粗い断面図描写は改善の余地あり。シナリオの大まかな構成自体は『ピュアガール』あたりを想起させる。本番がないため厳密なハーレムではないが、準ハーレムゲーとしての存在感は際立っている。9月新作の出来を思えば、不作中の秀作一点ものという印象だ。『ラヴレッシブ』から言い続けていたように、さよりさんの単独原画起用は大正解。ブランドの方向性という一片のピースが、『ネコぱら』を経てピッタリとはまった気がする。スミレが伸びる方向としてはエロを強くするのが手っ取り早いので、これは予想通り。むしろ、真価を問われるのは次の作品となるだろう。