Atoraさんのここから夏のイノセンス!に関する情報

Atora

(17/06/30)
更新の頻度が落ちていますが、モチベが下がっているわけではありません

目を通していただいている方、議論してくださる方、
注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。
趣味に生涯を捧げる物書きです。エロ・非エロを問わず、数多くゲームをプレイしています。
萌えゲーから少しずつ幅を広げて、専ら雑食です。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ下からの批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘くださると幸いです。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。
できるだけお答えします。

【採点方式】0-5-9点方式 + バイブル(プレイ数が増えたため)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンル田舎で初々しい恋愛を全力で展開してゴロゴロ転がるADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値75
データ数244
原画せせなやう
シナリオ和泉万夜 , 保住圭 , 姫ノ木あく , 深山ユーキ

入力データ

発売前得点
75
購入予定
多分購入
得点
79
おかず
だいぶ使えた
プレイ日時
2015年11月30日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9921
80~8995
70~79294←ココ
60~69174
50~5949
40~4918
30~397
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9914
80~8960
70~79125←ココ
60~6924
50~5913
40~492
30~391
20~291
10~191
0~90

Atoraさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても24
かなり40
だいぶ66←ココ
それなりに161
あまり…205
まったく…110
そもそも10

このゲームのおかず得点分布におけるAtoraさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても10
かなり12
だいぶ24←ココ
それなりに31
あまり…17
まったく…6
そもそも0

体験版コメント

多分購入
75ここから夏のイノセンス! (Clochette) (2015-11-27)
【ビジュアル】◎【シナリオ】△【エロ】◎【雑記】エロは濃いように見えるし、せせなやうさん担当作品としては、おそらく最もエロ方面が充実した作品になることだろう。気になるのは、シナリオを説明に費やす水増し感が拭えていないことだが、プリコレほど冗長と言うわけではなかったのは好印象。設定上多用される性的な小話がスパイスとして作用していて、体験版段階の感触としてはまずまずか。アリカが、エロ・シナリオともにキーパーソンとなりうる。このブランドはドラマCDの聞き映えが安定しているので、本編のテキストも同程度のものを期待したい。ただ、ブランド自体の停滞感も相当強くなっているので、新しい長所を模索する必要があるだろう。この作品では、そのマンネリを打破するのに力不足な気がしてならないので、期待は控えめに。