Atoraさんのオタサーの姫に告られた結果wwwwwに関する情報

Atora

(17/09/18)
世に作品を送り出す製作者様方、レビューに目を通していただく方、
議論にお付き合いしてくださる方、注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。趣味に生涯を捧げています。
エロゲー関係は、萌えゲーから少しずつ幅を広げて、雑食になりました。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ偏りのない批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘ください。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。

【採点方式】
0-5-9点方式 + 個人的な思い入れのある作品(バイブルみたいなもの)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
dlsite
ジャンルドロ沼オタサーの意味を知るAVG
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値73
データ数171
原画みさくらなんこつ
シナリオ山野詠子

入力データ

発売前得点
90
購入予定
必ず購入
得点
79
おかず
それなりに使えた
プレイ日時
2015年04月27日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9921
80~8995
70~79300←ココ
60~69176
50~5949
40~4918
30~398
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1004
90~996
80~8931
70~7984←ココ
60~6931
50~5911
40~493
30~391
20~290
10~190
0~90

Atoraさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても24
かなり41
だいぶ66
それなりに161←ココ
あまり…206
まったく…110
そもそも10

このゲームのおかず得点分布におけるAtoraさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても8
かなり7
だいぶ15
それなりに22←ココ
あまり…18
まったく…5
そもそも1

発売前コメント

0_必ず購入
90オタサーの姫に告られた結果wwwww (みさくらなんこつハースニール(同人)) (2015-04-24)
おかしい。みさくらさんなのに、ふつうに見えるwwww (プレイ後追記)内容は、いつも以上に普通じゃない……。

コメント

79オタサーの姫に告られた結果wwwww (みさくらなんこつハースニール(同人))
エッジの効いたシニカルが、ユーザーの胸を痛烈に抉る作品。オタクに対する皮肉と共感、多少の同情、わずかな自虐などがひしめく中、ネガティブな共感と作品の異常性が際立つ。誰もが触れようとしなかったオタクのパンドラの箱を開けたにしては、裏面的な事実描写がやや淡白なのが惜しまれるが、得も言われぬ嘔吐感はこの作品でしか味わえない。風刺的な意味合いが極めて強く、ユーザー同士の無言のかばい合いを眼前に突きつけられた気がして、とても後ろめたい思いをした。鏡の中の誰かに殴られたような感じだ。醜悪な心を暴く罪深い禁忌ながら、それでも天上からの救いはある。神のブラックユーモアに託けて言えば、この作品は喜劇でしかないのだから。