Atoraさんの螺旋遡行のディストピア -The infinite set of alternative version-に関する情報

Atora

(17/09/18)
世に作品を送り出す製作者様方、レビューに目を通していただく方、
議論にお付き合いしてくださる方、注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。趣味に生涯を捧げています。
エロゲー関係は、萌えゲーから少しずつ幅を広げて、雑食になりました。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ偏りのない批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘ください。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。

【採点方式】
0-5-9点方式 + 個人的な思い入れのある作品(バイブルみたいなもの)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンル思いと執着による世界の破滅のADV
18禁等18禁/非抜きゲー/どちらともいえない
中央値65
データ数35
原画金目鯛ぴんく , 桐島千夜直貞(桐島千夜)(男サブキャラ)
シナリオ六花梨花(とり)

入力データ

得点
60
おかず
あまり使えなかった
プレイ日時
2015年01月15日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9922
80~8996
70~79300
60~69176←ココ
50~5949
40~4918
30~398
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~991
80~892
70~7910
60~6919←ココ
50~593
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

Atoraさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても24
かなり41
だいぶ66
それなりに161
あまり…207←ココ
まったく…110
そもそも10

このゲームのおかず得点分布におけるAtoraさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても0
かなり4
だいぶ4
それなりに6
あまり…4←ココ
まったく…0
そもそも0

コメント

60螺旋遡行のディストピア -The infinite set of alternative version- (LiLiM)
徐々に増えてくる選択式のゲームオーバー、立ち絵メインの心躍らぬ戦闘、嗜好性の定まらないエロまわり、見どころの少ない寝取られ要素……そして、苔むしたシステムまわり。ビジュアル以外のつくりがとても古めかしい。シナリオもまるで方向性が見えず、カビ臭さを感じずにはいられない。寝取られものにしては心情描写が雑すぎるし、陵辱ものにしては過程に一貫性がなさすぎる。戦闘描写を含め、それはもう陳腐な代物だ。そんな中で、自らがシナリオゲーであることを示唆するtrueエンドの存在は、まさに中途半端のきわみ。いっそのこと寝取る側の嗜好性を明確にして、男ごとの性癖でもって完堕ちエンディングをつくってくれた方が、まだ作品のつくりとして明瞭になるというものだ。ほぼ唯一の救いの種であるビジュアル面は、エロシーンを分割しすぎて1シーンあたりの枚数が足りなくなっているという体たらく。すべてにおいて半端である。