Atoraさんのましろ色シンフォニー -Love is Pure White-に関する情報

Atora

(17/06/30)
更新の頻度が落ちていますが、モチベが下がっているわけではありません

目を通していただいている方、議論してくださる方、
注意してくださる方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆12年目。継続は力なり。
趣味に生涯を捧げる物書きです。エロ・非エロを問わず、数多くゲームをプレイしています。
萌えゲーから少しずつ幅を広げて、専ら雑食です。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ下からの批評を意識しています。言葉がきついと感じたらご指摘くださると幸いです。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字、脱字訂正を中心に)。
諸兄のエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ 議論や質問などがございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。
できるだけお答えします。

【採点方式】0-5-9点方式 + バイブル(プレイ数が増えたため)
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表せるものなのか、昔からすごく疑問でした。
ここでは、暫定的に心に残っている曲に200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断したためです。

【購入前得点について】
【ビジュアル】・【シナリオ】・【エロ】・【システム】の4項目を見ています。
【システム】欄は、RPGやSLGといったゲーム性あるタイトルのみに付けています。
どんなに悪くとも、最初は70点以下をつけないようにしています(下方修正を除く)。
それが、発売前の作品に対する礼儀だと思うからです。
未投稿のタイトルを69点以下と予想しているわけではありません。

Twitter :
@bbmAtora
amazon
ジャンルAVG
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値79
データ数1623
原画和泉つばす , 都桜和(SD原画) , たまひよ(サブ)
シナリオおぅんごぅる(おるごぅる) , 保住圭 , 北川晴

入力データ

発売前得点
80
得点
85
おかず
あまり使えなかった
プレイ日時
2009年11月07日

Atoraさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1003
90~9921
80~8995←ココ
70~79294
60~69174
50~5949
40~4918
30~397
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるAtoraさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
10026
90~99153
80~89597←ココ
70~79601
60~69158
50~5939
40~4910
30~396
20~292
10~195
0~93

Atoraさんのおかず得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
とても24
かなり40
だいぶ66
それなりに161
あまり…205←ココ
まったく…110
そもそも10

このゲームのおかず得点分布におけるAtoraさんのおかず得点の位置

状況度数グラフ位置
とても9
かなり13
だいぶ38
それなりに151
あまり…160←ココ
まったく…49
そもそも5

発売前コメント

80ましろ色シンフォニー -Love is Pure White- (ぱれっと) (2009-10-30)
和泉つばすさんは、伊織のようなキャラクターを描かせれば右に出るものがいない。今作も期待する。

コメント

85ましろ色シンフォニー -Love is Pure White- (ぱれっと)
甘くて甘くて甘いシナリオのオンパレードである。ぱれっとらしからぬ作風ゆえに、「ぱれっとが角砂糖になってしまったのか?」と思わずパッケージ裏を確認するほど、シナリオが甘ったるい。その甘さは、王道を愚直なまでに直進したが故の産物であり、今となっては陳腐の極みと謗られても仕方のないところだが、それでも、作品全体に満遍なく塗りたくられたダダ甘な展開に、終始ニヤニヤが止まらなかった。童貞主人公がエッチで失敗するのは、通例でいくとダメ男くんとして槍玉に挙げられてもおかしくはないのに、それも笑って許せてしまう雰囲気が秀逸。ちょっとした欠点を持つ人格者が集っているからこそ緩やかに紡がれる日常。人にやさしい真っ白な物語だと思う。 → 長文感想(5796)(ネタバレ注意)