明星さんの兇館 ~永遠の命を求め~に関する情報

明星

気ままにプレイしていています。
65点が基準点、75点以上が良作の判定で、95点からスタートして5点刻みでつけます。同人作品は商業より気持ち高め。
全体の出来が荒い作品でも秀でている箇所があると感じた場合は高得点をつける傾向があります。
また、一部の無料配布タイトルやアペンドディスク、イントロダクション作品は採点の対象外にしています。
マイナーな作品もプレイするためトータルの中央値は低めかも。
動作報告は特記ない限りパッケージ版準拠です。

Twitter :
kkk20061991
amazon
ジャンル
18禁等18禁/未定義/未定義
中央値29
データ数2
原画ねこねこ
シナリオ小林広子

入力データ

得点
30
プレイ日時
2020年05月26日

明星さんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~9929
80~8975
70~79204
60~69188
50~59101
40~4948
30~3937←ココ
20~2917
10~190
0~90

このゲームの得点分布における明星さんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~990
80~890
70~790
60~690
50~590
40~490
30~391←ココ
20~291
10~190
0~90

コメント

30兇館 ~永遠の命を求め~ (Infinity∞)
一応館ものの体裁を取った調教系タイトルだが、本編では何の説明もなしに女の子とHを繰り返すだけで、外伝という名前の真相編で館のメイドとライバル?が会話する形で設定を1から10まで解き明かすという形は些か歪過ぎやしないだろうか。館の主人はHする女の子を指名するだけで”主人公”としての風格がないし、外伝では食い殺されるしヒロイン以上に散々な目に遭っているような気がする。真相編では、主人が死んだ後もメイドが永遠と生き続け、それにまつわる不幸な出来事などが語られるが、特段中身のある話でもない。

POVコメント

B 兇館 ~永遠の命を求め~ (Infinity∞)
InfinityはAVG32と似たエンジンを採用しているが、キーボード送り不可の仕様に加えメッセージ速度の切り替えコマンド内に強制スキップを内包している点はかなり使いづらい。これは次作の「%%」なども同じ。

検索