マルセルさんのLOVELY QUESTに関する情報

マルセル

ども、淫乱雄ネコ萌え奴隷系オタクのマルセルといいます。無闇にながい文章を書いたり、時には一言コメントしか書かなかったりといい加減な活動ですが、皆さんの方もいい加減に読んでくださると僕が助かります。

>えー、近況報告を少々。ここ最近いろんな所で更新が途絶えていますが、どうにもこの一年は色々と忙しくてですね。エロゲも月に2~3本しかクリアできていないので、月刊マルセルでエロゲを語るような立場にはなれないかなーってところが現状ですね。今年の前半一杯は去年から引き続いて結構デカイことを言い続けていたので、そこらへんの総括を含めて何か書きたいところではあるんですが、自分がやって面白いと感じたエロゲのレビューもロクに書けていない状況ですので、来年の3月あたりまでそこらへんを消化するまでは「業界論」めいたことは封印しようかなとは思っているのですハイ。

まぁそんな状況でありながらも、自画自賛めいたことを書いてしまうと、去年の終わりと今年の前半に書いた業界論を修正する必要もあんま無いので、基本あんま書くことは無いかなーというのが根っ子にはあるんですけどね。エロ助や2Chのエロゲ板といったかつてエロゲのメタ言説の中心だったところが凋落していき、そこで語られていた言説スタイルそのものの凋落するので、エロゲ全体のメタ言説の生産量つまり「話題性そのもの」が一時的に減退する。それと同じように、有象無象の同人エロゲの数が商業エロゲを遙かに上まわっていくことで、今まで作品評価のなんとなくな規範であった典型的な「商業エロゲ」イメージそのものの崩れてはいくが、同人エロゲが商業エロゲを食いつぶすほどの勢いが生まれるわけでは無く、相対的には既存の商業エロゲの方が依然として力は持っているものの、それは今まである程度は固有ユーザーや固有信者を持つメーカーに限られるので「ボツボツといろんな同人エロゲが登場しているのに、依然として話題の中心にあるのは既存の商業エロゲ」であるという 現実そのののが、嘗ての取りあえずエロゲの多様性ガーとか低価格エロゲガーと言っておけば通ぶった態度を取れるような嘗てのエロゲのメタ言説の欺瞞性を浮き彫りにする。つまるところ、同人であれ商業であれ、今のエロゲが置かれているエロゲの現実とその現実を解釈する以前のメタ言説のフレームが乖離していて、そこらへんの現実と言説のギャップがエロゲを語りにくくしているナーっていう診断はあんまり変える必要はないと思うんですよね。僕が思っていたよりも早くかつてのメタ言説の死滅が進んでいるような印象を受けますが、そこらへんを含めて来年の葱板のベストエロゲ投票が良いリトマス試験紙になってくれそうかなーと。

まぁこういう状況ですから、僕がイチイチ去年まで見たいに「最近のエロゲは長い」みたいなルーチン化されたエロゲ糞メタ言説に突っ込む、みたいなことをやる必要もやる意欲もあんま起きないというのはあるんですよねー。そういう糞言説は今年にも何個かあって、今のエロゲ声優はデビューのきっかけがない!みたいなアホ言説に突っ込みを入れようかと思いましたが、そんなのハイハイ同人音声でも聴いていれば?みたいな突っ込みは、去年の時点では必要だったかもしれないけど、今年の時点で同人音声の存在を知らないような人に何を無駄じゃね?みたいな雰囲気はあるじゃないですか。ここらへんを含めた「エロゲメタ言説空間の転換」というのは、実はここ1~2年でかなりのスピードで起こっているとは思っていて、そこらへんをネタにするっていうのは何度か思いつきましたけど、それについても良く考えたら今年の初めに語っていたし、もうそういうのは事実確認的に「これこれこういうことが起こってます」という形で書くのでは無く、そういう言説空間の転換を前提にして新人の同人声優の何とかさんの逆NTR音声作品最高だよねーみたいな形で書いたほうが良いんじゃ無いかってところまで来ていると思うんですよね。まぁそこらへんを含めて、新しい形での雑談ネタの描き方とかレビューの描き方を色々と考えながら、今年の積みゲエロゲを消化せんとしているマルセルたんでありましたさ。
https://www.youtube.com/watch?v=7L8AFJnY3js

amazon
ジャンル女の子のかわいらしさを探す純愛学園ラブコメADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値70
データ数233
原画らっこ , 桜はんぺん
シナリオ時野つばき(時渡十海) , 瀬尾順 , モーリー , assault(あさのじ)(サブ) , 司弓伴崇(サブ)

入力データ

発売前得点
90
購入予定
必ず購入
得点
85
プレイ日時
2012年10月03日

マルセルさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1000
90~997
80~8985←ココ
70~79143
60~6914
50~591
40~492
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるマルセルさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1002
90~996
80~8937←ココ
70~7999
60~6960
50~5922
40~491
30~393
20~290
10~190
0~91

発売前コメント

0_必ず購入
90LOVELY QUEST (HOOKSOFT(HOOK)) (2012-09-28)
らっこさんティームはアンサバ・ハニカミ系統の純愛/学園路線で行くってことなんですかね。と、なるとまかこたんティームはライライ・フェアリー系統のお馬鹿/異世界路線になるわけで、ここはひとつ各種発電機械が擬人化して、腹黒原発ヒロインが暗躍するエレクトリック・ライフを是非っ!……って話がずれまくりなんで元に戻すと、ここ2~3日の間じゅうじょじょに水穂たんと俺の血縁度が上がっていきまして、もう発売前からお兄ちゃんを越えてクローンの領域だね。なんかねー、すげぇ可愛いとかそういうもんじゃなくって、ほんの少し野暮ったい重たさがある銀髪ロングに守られているようなロリ体型が、脳内お兄ちゃんの庇護欲と性欲を同時に刺激して見れば見るほどメロメロになってしまうのれす。はんぺん氏のアイノも、闇黒ロリ鬼畜道に染まる前の幹ぽんを彷彿とさせるぷにロリ天使だし、純愛の探求の果てに至高のロリと妹に辿り着く傑作間違いなしだ!

体験版コメント

0_必ず購入
90LOVELY QUEST (HOOKSOFT(HOOK)) (2012-09-28)
体験版1やりましたよー。冒頭序盤紹介+ラブスマイベント紹介で合計一時間強(エロシーンなし。ラブスマ紹介に恋人後のエロ直前イチャシーンはあるけど)ってところかな。うーん、判断材料がちょい足りない体験版だったかなぁ。ラブスマまでの導入が早すぎて、ラブスマ中心で物語を進めるのか、ラブスマはサブイベント気味に使うのかとか、ガーリとかガールズとかいろいろあるのはわかるけど、その位置づけや機能がちょい掴みにくいのだ。hookゲーにしては日常描写が弱めで、主人公と実妹の水穂がふたりっきりで同居しているのに、羽美に毎日メシ作ってもらっているぐらいしか生活感が感じられないのは体験版の仕様? まぁ相変わらずキャラは安定した可愛さがある。つかこの体験版1だと基本最初から羽美ルートに入っているんで小奈美級幼馴染みの復活が望まれ、水穂はまだ兄をあまり異性として意識してない純粋未成熟さがロリ妹好きにはたまんねぇ微。(体験版2追記)そのまんまメインヒロイン四人のエロしーん体験版。アイノのみ処女そーしつエチシーンで、他三人はたぶん2回目か3回目のエチシーンを全収録。うん、エロしーんはたぶん期待以上の出来とおもわれる。この体験版には載ってないけど、最近公開されたアイノの黒ストCGとか破壊力満点だったし、いろはの悪友モードと撫子モードの艶技の使い分けも車の人の馬力を上手く使ってそう。でも、予想以上に良かったのはなんかイマイチとHOOK伝統の妹イジメを最近受けている水穂たんのフェラあんーど本番シーンね。森谷実園嬢はわりと好きな声優さんなんだが、ようやく今回の水穂役でベストなエロしーんを演じられそうな予感。この人の演技はエロゲには珍しく情感の表出が薄いタイプで、それがお兄ちゃんのからだを純粋な好奇心でアレコレ弄ってくるような水穂たんの性格と合致し、なんかこうピュアな妖精さんに弄ばれているようで溜まらんですハイ。

コメント

85LOVELY QUEST (HOOKSOFT(HOOK))
hookというのは難しいメーカーで、一方ではまったりゲーメーカーとして不動の位置を占めながら、つねに謎の「新システム」によってその不動の位置を崩していたわけだが、今作に限って言えば「hookの純愛は完成した」と言っても決して大袈裟ではない。hook過去作品のアイデア「恋愛授業」「メール機能」「ヒロイン視点の定期的な挿入」が「これってマジhook作品?」と思わず呟いてしまうほど手際よく取り入れられている。最初から最後までヒロインと少しずつ仲良くなるだけの小鳥のようなキスを繰り返す日々が語られ、ヒロイン視点によってヒロインの甘く緩い心の声によって脳髄を破壊されながら、ときどきヒロインのメールに「愛しているよ」といった選択肢を自ら返しているだけでもエロゲは成立してしまうのだよ。ミニマルな快楽の反復だけで萌え転がれるなんて、これは「純愛の探求」ではなく「純愛洗脳の追求」の傑作だと言わざるをえない。 → 長文感想(37338)