エストさんの言の葉舞い散る夏の風鈴に関する情報

エスト

ノベルゲーとRPG好きの雑食です。
点数はジャンル別に他作品と比較しながら採点。作品に粗があっても尖って良い点があれば積極的に評価していく甘めのスタイルです。
あまり低い点つけたくないという思いもあり(辛口すぎるとプレイしているこっちも楽しくないので)基本的に採点幅は100~60の間、幅が少ない分1点の差を大きくして採点してます。
好き嫌い交えず作品を純客観的に評価できる気がしないので、点数はあくまで私的なオススメ度みたいなものです。そのため価格帯等も考慮要素にしています。(一概に点数が低い作品はつまらないという訳ではありません)
100~90:★6(傑作、特別な思い入れがある作品)
89~85:★5(秀作)
84~80:★4(良作)
79~75:★3(佳作)
74~70:★2(凡作)
69~65:★1(拙作)
64~60:★0(好きな人すみません)
※2018/6/17 点数テーブルを改定
85点以上の作品は厳選します。
テーマ性やメッセージ性の強い作品が好みなので点数が高くなる傾向あり。
作品間で相対的に評価を行っているため既に点数入力した作品でも同ジャンルの作品プレイ後に点数を修正する場合があります。

amazon
ジャンルADV
18禁等18禁/非抜きゲー/和姦もの
中央値77
データ数82
原画ひなたもも
シナリオ範乃秋晴

入力データ

購入予定
多分購入
得点
74
プレイ日時
2018年12月28日

エストさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~999
80~8989
70~79188←ココ
60~6975
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるエストさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~995
80~8926
70~7943←ココ
60~696
50~590
40~490
30~390
20~291
10~190
0~91

コメント

74言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE)
声優部活モノ。ストーリーラインだけ抜き出せば無難オブ無難で悪く言えば面白みのない内容だったけども、「つまらなかった」という感想で終わる作品ではないと思う。範乃秋晴さんの描く感情描写の丁寧さやギャグの軽快さを下地に、声優さん達の熱演が輝いてしっかりとオリジナリティを感じる内容に仕上がっていた。特に桜川真央さんと秋野花さんは元から演技の幅が広い事もあって、こういう作品にはピッタリな人選だったと思う。コロコロ変わる声音につられて楽しいひと時を過ごすことが出来た。少なくとも、元からお二方のファンだという人にはオススメしても良いんじゃないかなと思えた一作だった。