エストさんのマクナ=グラムラとフェアリー・ベルに関する情報

エスト

ノベルゲーとRPG好きの雑食です。
点数はジャンル別に他作品と比較しながら採点。作品に粗があっても尖って良い点があれば積極的に評価していく甘めのスタイルです。
あまり低い点つけたくないという思いもあり(辛口すぎるとプレイしているこっちも楽しくないので)基本的に採点幅は100~60の間、幅が少ない分1点の差を大きくして採点してます。
好き嫌い交えず作品を純客観的に評価できる気がしないので、点数はあくまで私的なオススメ度みたいなものです。そのため価格帯等も考慮要素にしています。(一概に点数が低い作品はつまらないという訳ではありません)
100~90:★6(傑作、特別な思い入れがある作品)
89~85:★5(秀作)
84~80:★4(良作)
79~75:★3(佳作)
74~70:★2(凡作)
69~65:★1(拙作)
64~60:★0(好きな人すみません)
※2018/6/17 点数テーブルを改定
85点以上の作品は厳選します。
テーマ性やメッセージ性の強い作品が好みなので点数が高くなる傾向あり。
作品間で相対的に評価を行っているため既に点数入力した作品でも同ジャンルの作品プレイ後に点数を修正する場合があります。

dlsite
ジャンル童話調短編ノベルゲーム
18禁等非18禁/未定義/未定義
中央値75
データ数12
原画小夏はれ
シナリオMunisix

入力データ

得点
76
プレイ日時
2018年04月17日

エストさんの得点分布におけるこのゲームの位置

状況度数グラフ位置
1001
90~999
80~8990
70~79190←ココ
60~6975
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

このゲームの得点分布におけるエストさんの得点の位置

状況度数グラフ位置
1000
90~990
80~892
70~798←ココ
60~692
50~590
40~490
30~390
20~290
10~190
0~90

コメント

76マクナ=グラムラとフェアリー・ベル(非18禁) (ALICE IN DISSONANCE(同人))
超豪華演出付きの映画的に見る絵本。ALICE IN DISSONANCEの凄まじい演出力に、アイロニーたっぷりの大人向け童話があわさり不思議な魅力のある一作に仕上がっていた。内容的にはライアーソフトとかに近い感じだろうか。2時間と少しのボリュームに明らかに過剰なスチル量をつぎ込み、音楽も手を変え品を変え常に物語の変化を感じとれる作品となっている。シナリオも「大人への成長」というこのジャンルでは使い古されたテーマながら丁寧に描こうとしているのが伝わり、短編作品ながら何度も涙してしまった。「シネマチック」を売りにするこのブランドらしい動的な絵本作品だったと思う。