ubuさんのお気に入りユーザーのPOV新着コメント

ubu

ダメ人間が好きです。

新着コメント

B Flyable Heart (UNiSONSHIFT:Blossom)
結衣→すずのを最後にというのはまあ分かる。
A Strawberry Nauts (HOOKSOFT(HOOK))
可愛い。ちょっとだけパステル寄りに塗ることで、配色がよくまとまっています。制服のばかでっかいリボンにせよ、ヒロインの髪色・瞳の色にせよ、萌えゲーらしい現実離れしたカラフルさではある。なのだけども、全体的に彩度は控えめに、白をカラーパレットへと多めに混ぜているから、やわらかいタッチで統一感がついているんです。制服の赤リボンにしても、ワイン色の影を多めにつけておくのでワンポイントとして構図のなかに収まっていて。まわりを落ち着かせた色づかいは目にも安心です。パステルは、見る人を圧倒することなくふんだんにカラーを使うことができるから、素晴らしい手法なんです。そんでそんで、白をふんだんに含んだ彩色ゆえ、光の表現にヒロインたちが実によく馴染んでもいくのですよね。たとえば穂海と出会ったときの一枚絵の背景なんて、若萌の色から白昼光へのグラデーションがこの世のものとも思えぬところへ、彼女の色素の薄いブロンドが合わさってきて女神感ましましなんですっ。あるいは耶央が抱きしめてくれるときの一枚絵は、やや遠目からのショットだけど、小さな耶央のやさしい表情がよく見えています。周りのパステルカラーの主張がいっそう小さいものだから、自然と彼女にだけフォーカスが合わさっていくわけで。弱いものを、もっと弱い色でもって囲ってくれる、やさしい塗りだなぁと感じます。とりわけに好きなのは、みかもの水泳特訓中の一枚絵です。リアルでやったら「貞子」とかのネタにしかならないところ、エロゲのなかでなら、あの子のきれいな水色の髪はプールに溶けこんで、キャラクターカラーがみなもいっぱいに広がってゆき涼やかです。ちなみに嵐が過ぎたあとの一枚絵なんかも、真っ白い体操服のかもちゃんからパアッと晴れ間がひらけていくみたいで素敵なんです。告白シーンもまばゆい青空のもとだったから、初々しいトーンによって場面全体が包み込まれていって (寒色を上手に挿している作品なのです)。そもそも先輩のマイルームからして青白基調なものだから、そこにかもちゃんが居てくれるだけで色合わせは自然すぎて、しあわせで。……長文失礼とどのつまり何が言いたいかというと、かもちゃんのパステルブルーがめちゃくちゃ可愛いと思うのですよっ。すごい……好き…!! これからも毎朝かかさずスプリンクラーの誤作動に見舞われて、水も滴る良いかもちゃんでいて欲しいのですっ。グラフィッカーさんたちが、とても良い仕事をされた作品だと思います。
A Ruina 廃都の物語(非18禁) (ダンボールの神様(同人))
「Break The Fear」
C 千年時計(非18禁) (まむちゃん(同人))
但しそれ程重くない。
C 千年時計(非18禁) (まむちゃん(同人))
サブイベントをこなしながらプレイしていると、エンディングまでに70時間は掛かる。
A 千年時計(非18禁) (まむちゃん(同人))
いい響きだと思う。タイトルに目が止まったのがプレイしたキッカケ。
B Lunaris Filia ~キスと契約と真紅の瞳~ (Whirlpool)
自信たっぷりなシルヴィアも、自信なさげなフィリアも、どちらも可愛い。真衣たんやメリスのワガママも「どうどう」と宥めたくなってしまう。紫さんはパッとしない娘なんだけど、内省的なシナリオのお陰で、その人となりが奥ゆかしさとしてよく表現されていたと思う。
A Lunaris Filia ~キスと契約と真紅の瞳~ (Whirlpool)
フィリアは左右対称に描かれていて、少し神秘的な感じがする。あと胸が大きい(重要)
C Lunaris Filia ~キスと契約と真紅の瞳~ (Whirlpool)
何故にここまでモテるのか、サッパリ分からん。そういう筋書きとして納得するしかないのだろう。
A 光の国のフェルメーレ (幻創映画館(同人))
良かった。「挑む者たち」「鉄風」あたり。
A 去人たちZERO -prologue-(非18禁) (K2C(同人))
まだ情報が出揃っていないが、考えることはできる
A 去人たちZERO -prologue-(非18禁) (K2C(同人))
事件を解決させてください
B 去人たちZERO -prologue-(非18禁) (K2C(同人))
やっておいたほうが主人公を取り巻く環境がわかりやすいと思う
A 去人たちZERO -prologue-(非18禁) (K2C(同人))
独特のテキストが癖になる
A てのひらを、たいように (Clear)
前編のトゥルーに至るまでに薄い内容のサブルートを読まされるのでダレてしまう。後編もやはり外伝の域を出ていないように思う。ルート構成に疑問を感じた。
C てのひらを、たいように (Clear)
「がっこいこー」にはビックリした。
C みずいろ (ねこねこソフト)
……のはずなんだけど、主人公よオマエ寝過ぎだw 寝ているか食堂に居るか位しか学園っぽい感じがしない。
A みずいろ (ねこねこソフト)
雪希役の方が特に良かった。
A 素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
ざくろ役・涼屋スイが好きです。本の朗読がたくさんあるのも嬉しい。古びた文章を真面目に読み上げていても、神妙にはならず羽毛のようにハネて、ふわふわ焦ったり、もつれたり、おどけた風になる声のトーンがよい。なかでもいっとう好きなセリフは「――他のことは、笑いたまえ」。『荒野のおおかみ』において、子供っぽい老ゲーテ(!)とか今風なモーツァルト(!)が、クソ真面目さをいたずらっぽく戒めるシーンからの読み上げです。そこに線が引かれていたから読める、手のひらの文字。クソ真面目の権化だったウィトゲンシュタインをこんなかたちに描き直してしまう本作にぴったりの、解放感をともなう、ざくろの語りです。長い夜にじっと眠りを待つとき、よく聴かせてもらっています。
A グレイメルカ(非18禁) (シニカルとレトリック(同人))
色々とSSが出ていますが、ついにエッチシーンまで追加されたよ!
A コッペリアの墓標と廻る恋のはなし(非18禁) (Mal de Manege(同人))
これがウリの一つ。よく分からない世界にイキナリ放り込まれて右往左往するような話。
C MIND+REAPER (JANIS)
どの編も本筋は同じ。4、5周目は流石に飽きてきた。
A MIND+REAPER (JANIS)
敵側にもちゃんと理があるから、むしろ彼らの見解に共感するプレイヤーは多いんじゃないか? シスコンお兄さんやサングラスもホネのある好漢だ(ゲスいけど)。いかれたハゲもいい味出してる。
A さくらさくら (ハイクオソフト)
ヒロインの4名とも良かった。うん、本当に良かった。
A GEARS of DRAGOON 2 ~黎明のフラグメンツ~ (ninetail)
ガラっと変わる娘が一人いる。
A GEARS of DRAGOON 2 ~黎明のフラグメンツ~ (ninetail)
前作ほどではないけれども、今作もいい曲が多かった。酒場と次元迷宮のBGMが好き。
A 魔法の守護姫アルテミナ (Delta)
バトルライダーがやけにカッコいいぞ。
C 魔法の守護姫アルテミナ (Delta)
どのエンドも似たような感じになってしまった。仕方ないのかもしれないけれど。
C 停留所で会いましょう(非18禁) (お茶漬けソフト(同人))
分類するならこのPOVなんだけど……何て言うのかな、オチに脈絡が無くて、まるでムリヤリ鬱展開に持ち込んでいるような感じがする
C ウインドチャイムに連れられて(非18禁) (lunaria project(同人))
原画は割といいと思う。
A ウインドチャイムに連れられて(非18禁) (lunaria project(同人))
つい気になってしまう。ウィンドチャイムって何だろう? と不思議がる人は多いんじゃないか(もっとも、大半の人は実物を見れば「ああ、アレねw」と思い出しそうだが)。「連れられる」というのも謎めいているし、最後は接続助詞で切れているから、「その後どうなったの?」と突っ込みたくなる。
C 星空に馳せた想い(非18禁) (lunaria project(同人))
このサークルさんの作品を何本かプレイしてみたのだけれど、原画は結構いいと思う。彩色は普通の同人レベル。
C レコンキスタ (コットンソフト)
禁断の色恋を演じたいのであれば、もうちょっと後先を考えてください。危ない橋を渡ろうとするようなスリルを読者に提供できていないし、何よりバカっぽい。彼はもっと理知的な男性のように見受けられたのですが。
A 円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~ (Frill)
「null」オチからED曲への流れが印象的でした。
B 円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~ (Frill)
制服、陸上のユニフォーム
C 妹のセイイキ (feng)
最後の選択肢いらなかったのでは
B 妹のセイイキ (feng)
前作と比較すると
A 妹のセイイキ (feng)
店員ちゃん
C こころリスタ! (Q-X)
シナリオ理解には不要。前作ヒロインと同じ絵面になっており感慨を呼び起こされるなどのプラスアルファがあります。
A おしおき生意気ギャル ~エロいオシオキをしたら自分からエッチを求めてきた~ (ぱちぱちそふと)
ツンからデレへ移行していく距離感の描写が上手いと思いました

検索