matsuyoiさんのお気に入りユーザーのPOV新着コメント

matsuyoi

全ての評価の統計値 (2017-07-06; gamelistのmedianから中央値を算出; 他は全評価の統計値;)
平均: 73.12, 標準偏差: 15.88, 中央値: 65, 歪度: -1.22, 尖度: 5.57

だいたい平均73点、偏差15になるように評価するつもり。(58~88点)
これで批評空間全体の評価から大きく逸脱した点数をつけることはないかと。設定した平均点に対して加点・減点を行った結果がその作品の得点。未評価の作品は昔にやりすぎて記憶が風化したので,周回しない限りは未評価のまま。

えっ?○○ゲーが多いって?絵買いがほとんどだから仕方ないね。
2019年から評価方法を変更

新着コメント

A 殻ノ少女 (Innocent Grey)
陰惨な事件。灰色がかった風景。なのに感じる透明感。まだ冬の冷たさが残る春の空気を感じたのは今年の気温のせいか冬子のせいか。
A ロスト・エコーズ (petitlinge)
キャラもシナリオも後二歩くらい必要ですが。そのポテンシャルはあったかと。
B ロスト・エコーズ (petitlinge)
最強巫女を名乗る御方が。
A ロスト・エコーズ (petitlinge)
上手いとは思いませんが、キャラデザが好きなので。
A ロスト・エコーズ (petitlinge)
戦国時代末の九州。
A ロスト・エコーズ (petitlinge)
一番の強み。ギャグ調ではありませんが、会話劇が思いの外楽しいです。
A ロスト・エコーズ (petitlinge)
そういえば全員描写がありました。
A ロスト・エコーズ (petitlinge)
晶穂。妹はこれくらいの距離感が好きです。
B ロスト・エコーズ (petitlinge)
意外と容赦無くバッドへ突っ込むので注意。
A プラマイウォーズ (ASa Project)
まあ、バカよね。
B プラマイウォーズ (ASa Project)
個人的には妹ゲーというよりも姉ゲー。良くも悪くも。
B プラマイウォーズ (ASa Project)
アサプロは意外とここが強いのです。
C プラマイウォーズ (ASa Project)
ドカンと笑えるか、スベるか。常に長打狙いの強振をしてくる感じ。
A プラマイウォーズ (ASa Project)
脇の家族まで含めてみんな。
A ハピメア (Purple software)
どこまでが夢でどこまでが現実か。
A ハピメア (Purple software)
名演が3名ほど。
A ハピメア (Purple software)
終盤の怒濤のCG全てが名シーン。
B ハピメア (Purple software)
ダメと素敵を併せ持った良い主人公です。
A ハピメア (Purple software)
久々にBGMゲーと言えるクラスの作品がプレイできました。
A ハピメア (Purple software)
『ノベルゲー』としての総合力が高いので、この世界を知らない人には是非勧めたいところ。
A ハピメア (Purple software)
舞亜恐るべし。咲ちゃんを妹として考えるべきか否か。
A ハピメア (Purple software)
全員。キャラっぽさより人っぽさで。
A ハピメア (Purple software)
周回でややダレます。
B ハピメア (Purple software)
終盤けっこうキます。
A ハピメア (Purple software)
森崎亮人さんはこれ以上を創れるか。いや創ってほしいな。
A ハピメア (Purple software)
作品世界に惹き込む力の強さ。
B ハピメア (Purple software)
舞亜をどう捉えますかねぇ、あれ。
A ハピメア (Purple software)
女の子たちのセリフ回しが凄く好きです。
A ハピメア (Purple software)
他の方も言及なさってますが、舞亜の造形は完璧。
A ハピメア (Purple software)
業界最高を8月と争うか。
A ハピメア (Purple software)
演出がシナリオの良さをさらに際立たせている感じ。
A ハピメア (Purple software)
技術もセンスも抜群。
A ハピメア (Purple software)
幸せな悪夢。
B もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
みさき→琥珀→クレアの順をお勧め。ただ誰に分岐するのか分かりづらい選択になるので注意。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
みさき。単純な娘じゃないですが。
C もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
そこまで埋もれてない?ま、ライターさんの次作が話題になっているので、そこからこちらへ来る方々が掘り起こしてくれるでしょう。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
立ち絵の方が好みかも。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
光り過ぎてて脇役と言いたくなくなります。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
穿ち過ぎかも知れませんが、悪趣味な意味隠してませんか?←長文感想参照
C もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
やや出来にバラつきがありますが。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
全ての要素が面白い!へ繋がってる感じ。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
謎として提示したものについてはしっかりと。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
これ。息もつかせません。