feeさんのお気に入りユーザーのPOV新着コメント

fee

シナリオ(テキスト含む)重視です。点数はやや甘めなので、85点以上~大好き、80点以上~好き、75点~普通、70点~やや物足りない 70点以下は赤点だと思ってください。感動出来る物語、深く考えさせられるゲーム、こんな青春、恋愛がしたかったと心から思えるゲームがお気に入りです。引退する気はありませんが、プレイペースは落ちるかもしれません。

HP/BLOG :
止まり木に羽根を休めて
Twitter :
fee1109

新着コメント

B もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
みさき→琥珀→クレアの順をお勧め。ただ誰に分岐するのか分かりづらい選択になるので注意。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
みさき。単純な娘じゃないですが。
C もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
やや出来にバラつきがありますが。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
謎として提示したものについてはしっかりと。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
立ち絵の方が好みかも。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
光り過ぎてて脇役と言いたくなくなります。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
穿ち過ぎかも知れませんが、悪趣味な意味隠してませんか?←長文感想参照
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
これ。息もつかせません。
C もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
そこまで埋もれてない?ま、ライターさんの次作が話題になっているので、そこからこちらへ来る方々が掘り起こしてくれるでしょう。
B もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
姉妹ブランド(角砂糖)のノウハウですね。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
全ての要素が面白い!へ繋がってる感じ。
A もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
シンプルな面白さだと思うので。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
CGの方がやや美人さんになる感じ。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
尖ったところが無いので、嫌われにくい作品と思われます。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
理兎は他ヒロイン√で輝くタイプ。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
最終的には全員落としてます?これ。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
良くも悪くも賑やかで。なんだかんだ言いつつ家族が好きなヒロインたち。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
細かい笑いの連続で終始クスクスしていられる感じ。大笑いしたい人には物足りなく感じられる場合もあるでしょう。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
バリバリ癒されました。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
ヒロイン(家族含)と一緒の生活が楽しい。
B かりぐらし恋愛 (ASa Project)
落ち着いた曲が多いのが意外。
C かりぐらし恋愛 (ASa Project)
地味に妹に寝取られる誰かさん。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
合格。ひよりと理兎の初Hもいいが、絢花の初Hは我が理想。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
1周目2周目3周目と堕ちていく感じのヒロインたちがいい感じ。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
入りますねぇ。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
丸っこくて可愛いです。表情も豊富。
C かりぐらし恋愛 (ASa Project)
一応取りまとめてくれる杏姉に捧ぐ。
B かりぐらし恋愛 (ASa Project)
来るというか同居してるわけですし。あ、でも約1名来ないか。
A かりぐらし恋愛 (ASa Project)
個人的に最大の長所はこれ。
B かりぐらし恋愛 (ASa Project)
メイン4人は全員幼なじみの隠れた幼なじみゲー。ただ離れていた期間が長いので定番幼なじみ的なキャラはいません。
B かりぐらし恋愛 (ASa Project)
笑い中心でキャラを創っているので萌え度の上限はそこまで高くないかも。でも充分可愛いです。
B 乙女が奏でる恋のアリア (ensemble)
ツカーサちゃんのヒロイン(?)昇格を要求する
A 乙女が奏でる恋のアリア (ensemble)
『おとぎの国はあなたのもの』が好きです
B 乙女が奏でる恋のアリア (ensemble)
付き合う前にというのは女装モノならばこそ
C 乙女が奏でる恋のアリア (ensemble)
キレイ系の絵です
C 乙女が奏でる恋のアリア (ensemble)
意外や動きのあるCGがいい感じ
C 乙女が奏でる恋のアリア (ensemble)
この側面は確かにあります
B サナララ ~SA・NA・RA・RA~ (ねこねこソフト)
いずれの章もコンパクトに纏まっており、プレイしやすいという点で
C サナララ ~SA・NA・RA・RA~ (ねこねこソフト)
強いて言えば、二章の雄司を苦手とする人はいるかもしれない。
C サナララ ~SA・NA・RA・RA~ (ねこねこソフト)
雨にうたれるなかでキャラクターの立ち絵に変化があり、そのあたりの演出の細かさは光るところがある。

ログイン






検索