dquarterさんのお気に入りユーザーのPOV新着コメント

dquarter

新着コメント

A 走れティナ!! (えのきっぷ(同人))
これを見る為のゲームなので、グッドエンドを越える。初回は【囚われの少女】でプレイすることを強く推奨。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
強烈なテーマ性は合う人にはたまらないはず。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
画面サイズの4倍の大きさの1枚絵や背景を用意し、またムービーを部分的に重ね、非常に多彩な演出を実現している。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
杏が眼鏡を掛けるCGあり。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
あまり知名度の高いブランドではないので。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
物語全体を通してテーマが貫かれており、そのテーマに対する答えが描かれる。ハッタリではない感動。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
柊哉はダメな人はダメであるはず。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
雛菊。ただ内面の柔らかさが強調されているのでタカビーな印象は薄いかも。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
どの子も魅力的。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
安全地帯から偉そうに説教している感がややアリ。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
そこそこ実用性のあるCG、テキスト。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
幽霊との恋愛モノであるという点を除き、引っかかる点はないのではないか。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
要所要所で杏が出てくるので彼女にホッと安心するかも。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
幽霊は誰もが悪霊になる可能性があるという設定で、実際そうなる子が何人かいる。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
グランド、ifが1つずつ存在する。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
BADとGOOD、両方合わせて1つの物語といえる。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
死を描きながら恋愛を描いているので純愛感は強い。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
分かりやすい。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
やや恐怖描写アリ。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
杏は良く出来た妹。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
ごく僅か、ヒロイン視点が用意されている。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
現時点での業界の環境を考えるとほぼ極限の域に達している。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
結構難しい問題も扱っているが非常に分かりやすい。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
雛菊、杏に1つずつ。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
雛菊やまつりとはかなりバカップルになる。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
期待通り奏菜がしてくれる。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
構成を意識できる人でないと単なる萌えゲーに見えてしまうかも。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
杏がそう言えるかも。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
各キャラ私服・制服でのエッチがある他杏が裸エプロンを披露する。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
非常に綺麗で崩れも殆ど見られない。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
数は少ないが物語に大きな影響を与える、意味ある選択肢ばかり。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
ヒロインの成長物語。ただし主人公は一切成長しない。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
問題提起に対する答えは全て書かれている。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
萌えゲーで19シーンは十分な数だろう。1シナリオが短いのですぐエロに入れるのもバランスの良さに繋がっている。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
過不足ない環境。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
ほぼどのキャラとも同棲、半同棲が描かれる。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
幽霊が存在する世界ですから。
B キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
一樹、蘭子、由梨など数は少ないが個性的なキャラが活躍する。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
部屋の電気を点ける描写、キャラが立ち上がる描写など。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
どちらかというと主人公の反応の方が初々しかったかも。雛菊を除きヒロインは積極的。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
「死」という悲しみに対する希望と癒しを象徴している。
A キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
死生観について扱ったエロゲとしては知る限り頂点に立つ。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
まつりが時々起こしに来てくれる。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
シナリオはどれも単独でも楽しめるが、複数クリアするとより立体的に捉えることが可能になる。
C キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
テーマの回収という観点からはまつりを最後に回すと気持ちよく終われるかも。