Atoraさんのお気に入りユーザーのPOV新着コメント

Atora

(18/03/24)
【点数を除く文章投稿を休止中】世に作品を送り出した製作者様方、レビューに目を通していただいた方、
議論にお付き合いしてくださった方、注意をくださった方をはじめ、お時間を頂戴した全ての方に感謝します。

【自己紹介】
◆13年目。継続は力なり。趣味に生涯を捧げています。
萌えゲーユーザーでしたが、少しずつ幅を広げて雑食になりました。
レビュアーとしては、「批評は易く、芸術は成りがたし」という考えを持っています。
そのため、できるだけ作品を貶めない批評を意識しています。言葉がきついと感じましたら、遠慮なくご指摘ください。
筆削褒貶を旨とし、時おりレビューにリテイクを加えています(誤字脱字の訂正を中心に)。
皆さんのエロゲーライフの一助になれば、これ以上嬉しいことはありません。

※ ご質問がございましたら、投稿したレビューにレスをお願いします。

【採点方式】
0-5-9点方式 + 個人的な思い入れのある作品
バイブル 100 
秀作 99~91までの9作品・90 
良作 89・85・80
佳作 79・75・70 
凡作 69・65・60・59・55・50 
駄作 49・45・40・39・35・30

【音楽の点数について】
一つ一つの曲を果たして点数で表していいものか、昔から疑問でした。
こちらでは、心に残った曲にのみ、200点を投じています。
それ以外の聞いたことがある曲、まったく聞いたことがない曲にはいずれも点数を投じていません。
音楽観に関わるということもあり、“悪い”と思うものを見せないようにしたいからです。
本当に悪い曲なのか、単純に自分の感性が乏しいだけではないのか。
他の人から見れば、素晴らしい名曲に違いない……など、
その辺りの線引きが私の中で非常に曖昧で、明確に差をつけて評価するのが難しいと判断しました。

Twitter :
@bbmAtora

新着コメント

A 英才狂育 (九頭龍)
文言はないが修正パッチが必須のようだ。初回版に修正ファイルVer1.03適用にてディスクレス起動確認。
C Treating2U (BLUE GALE)
長いかどうかは微妙だが、ボイスなしの割に分量はあると思う。下手したら初期Key作品に匹敵するかも。
B Treating2U (BLUE GALE)
2000年1月発売ということを考慮すると割りと良い方。現在必須とされているコマンドだと既読スキップはないが未読部分はすぐに判別できるはず。
A Treating2U (BLUE GALE)
ボーカル曲に隠れがちだがこちらも良。どれか1つ挙げるならエンディングのシーンで流れる主題歌のBGMバージョンだろうか。
B Treating2U (BLUE GALE)
BGMがMIDI再生の場合は可、CD-DA再生の場合はゲームディスクなしだと音が鳴らない。MIDIを選択すると音質が大きく劣化するほかボーカル曲が作中で流れないようなので、可能な限りCD-DA選択を推奨する。
B 体育倉庫 ~少女達の散華~ (West Vision)
箱パッケージ初回版はCD-DA仕様なので機能制限あり。
A 体育倉庫 ~少女達の散華~ (West Vision)
・画面設定を16bitにした状態で、ウィンドウモードにてゲームをプレイすると、画面が正常に表示されない。
B つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
美文ではないが、ストレスなく読めて笑える
B つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
中央値85と考えると。
C つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
キャラが立っているので良いのだが、苦手なヒロインは結構多い。具体的には乙女さんが凄く苦手。エリーも割と。
B つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
スバルとの喧嘩。あと、なごみとのフォークダンスとかも好き。
B つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
乙女ルートの格闘大会やスバルとの喧嘩など。あとは戦闘ではないが、アクションという意味ではなごみルートのドッジボールとか。
B つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
シナリオゲーとか抜きゲーではないと思うので。
B つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
なごみは黒髪ロングですよね? 
C つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
一応エリーが日米ハーフ
C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
最後の着地で少しポカしましたな。EDで閉じるか、仲間達のCGで締めた方が個人的には良かったと思う。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
二つの”真実” 解明後の展開。個人的には難題:燕ノ子安貝終盤も他ルートと異質故、挙げたい所
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
新生として復活を果たした彼等のデビュー作、個人的にはもっと知られて欲しいと感じる所存です。取り敢えず、体験版が気に入った方はプレイして損は無い。
C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
惜しい部分も少なからずあります。主にキャラクターの出番やら扱い方やらですかね。後、難題:蓬莱ノ玉ノ枝ED後の展開!! 思わず惜しく感じてしまいました。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
つばめさんルートでありました。良い物です、うん。
A 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
「KAGUYAHIME」「twelve feelings」「mournful」「be impressed」「otherworldly atmosphere」そして何より「happties」が素晴らしかった。
A 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
田舎の村に隠された事実、謎多き仲間達の秘密、そして、世界の裏で紡がれた真実……最後まで痺れさせてもらいました。この設定と世界観はトップクラスと言えるでしょう。
A 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
これまでプレイしてきた作品の中でもトップと呼べる出来、Sをつけたい位です。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
クリアして分かる納得のタイトル、見事に感嘆させられました。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
涼介、武留、親父 etc……いやあ、彼なんで彼女に好かれないんですかね。
A 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
どこぞの某アドベンチャーシリーズが如く、らぶchu☆chu!!しても良いんですよ? まあ、真面目な話、本作の伏線やら謎の補完となるFDが出ればいいなあと思います。来たら必ず買うでしょう。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
タイトル画面クリア毎の画像変化、回想演出、難題:蓬莱ノ玉ノ枝におけるとある一枚絵の見せ方、ゲーム内におけるOP曲、ED曲の使い方 etc……
C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
音楽とシナリオがよければ特に大きく批判等致しません。しかし、そんな私でもデータ数49個とフルスクリーン時の下画面消失は流石にきつかったです。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
実は昔、本作と似た要素が多い、同人から出たゲームがありましてね、まあ、『ひぐらしのなく頃に』って言うんですけど(笑) この作品はそれに倣いながらも、これまであまり見た事がない作品へと昇華させています。通過儀礼を否定した彼等の物語、個人的には評価したい。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
「ただの人」が「英雄」に変容する必要はない、「ただの人」は「ただの人」のままでも、主人公になれる、誰かを救える。こういう青臭さ、私は好きです。
C 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
格好良くない、誰もは救えない、無力、主人公の地位すら危ぶまれる大馬鹿野郎、沖名 誠司君はそんな主人公。しかし、これはそんな彼だからこそ、終幕を飾る事の出来た物語です。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
根底が覆される雄大な叙情詩。青臭さの中に秘められた壮大な絶望は、仲間の想いを信じて進む主人公を度々、窮地に陥れました。それでも、諦めの悪い彼が最後に至った「真実」への「返答」 それは何よりも苦しく、切なく、けれども最も誇り高い結末を、見事な終幕へと導いた回答だったように思います。生き様を見せてくれてありがとう。
B 消えた世界と月と少女 (ひよこソフト(2008年~)(株式会社トゥインクルクリエイト))
重要箇所の大部分は神懸り的に上手く回収させています。ただ、体験版部分の血塗られた手紙や杏子ルート最後の輝久夜、カルマの詳細に月の使徒達の言葉等、考察が必要な部分も多々有り。

ログイン






検索