ubuさんのお気に入りユーザーの体験版新着コメント

ubu

ダメ人間が好きです。

体験版新着コメント

様子見
78かりぐらし恋愛 (ASa Project) (2018-03-30)
主人公が各ヒロインの家をローテーションで泊まり歩くという設定がユニークで良い。 どの家庭も個性的でキャラ同士の掛け合いも面白く終始楽しんで読み進められました。 ツンデレな理兎はともかく基本的にみんな主人公歓迎ムードですが世計家ではかなり理不尽な扱いを受けるのでこれを許容できるかどうかが分かれ目になりそう。 同月の体験版消化中なのでまだ保留ですが今月の二本目有力候補。
様子見
75夏色ラムネ (Carol Works) (2018-03-30)
プロローグ部分と各ヒロインの個別エピソードダイジェスト&Hシーン。 Carol Worksといえば主人公がヒロインに押し倒されて好き勝手おもちゃにされるような作風だったのですがいったいどうしたのでしょうか。 OPムービーが非常に良い出来でタイトル画面の演出センスもあって雰囲気はばっちり。 一方でシナリオの方は体験版範囲では大して盛り上がる展開もなく物足りない感じ。 7人の幼馴染男女グループの過去と現在の人間関係を軸にしたノスタルジックな物語(幼少時の立ち絵もちゃんとあるのがポイント高い)で好みなジャンルではあるのですが、 これまでシナリオを目当てに買うようなブランドではなかったのでその辺どこまで期待していいものか。 歩サラさんがオレっ娘の珍しい演技をしていて新鮮でしたがこれが役になかなかハマっていて破壊力高い。 Hシーンは主人公が割と理性的でがっつかない上に一部シーンはゴム有りと過去作に比べるとエロは大分控えめ(逆レ強制中出し上等のCarol Worksはいったい何処へ……)。 優希が期待以上に魅力的で惹かれましたが同月の体験版を一通り消化するまでちょっと様子見。
多分購入
78少女グラフィティ (pure more) (2018-03-23)
pure more少女シリーズ3作目。 1年前の恋人が亡くなった連続強姦殺人事件とその事件現場に次々に描かれる落書きの謎を追っていくお話。 序盤から主人公が節操なくやりたい放題で体験版にしてはHシーン多め。 人間関係ドロドロで不穏な伏線も見え隠れしており「カサブランカの蕾」並の強烈なしっぺ返しがありそうな予感が……。 体験版をプレイした感じ、相変わらずCGは素晴らしくて抜きゲーとしては期待通りの出来なのであとは話が面白ければ儲けものといったところ。
65IxSHE Tell (HOOKSOFT(HOOK)) (2018-02-23)
とにかく主人公は学園中からモテモテでヒロイン全員から告白されるところから話がスタート。 正直ヨイショが強引すぎて全然共感できないし各キャラの惚れる動機が薄いしでシナリオ方面は微妙。 確かにヒロインはかわいいんだけど(ツンデレアグミオンとポンコツ卯衣が良い)、それ以外にこれといって特筆する点が見当たらず(公式サイトにある3つのシステムは体験版に入ってない)。 キャラゲーとしてばっさり割り切れば有りかもしれないけど個人的にはあまり刺さりませんでした。
多分購入
78夜巡る、ボクらの迷子教室 (SAMOYED SMILE) (2017-11-24)
主人公含め人生に大きく挫折してしまった人たちの不器用な交流が丁寧に描かれており非常に良い雰囲気。 既に書いている方もいますが体験版時点でporori氏のテイストが強く出ていますね。 どのキャラもあからさまに何か暗い事情を抱えていて一癖も二癖もありそうな感じ。 特に門倉母の数分で「あっ、この人やべーな」と思わせる描写が秀逸で印象的でした。 そこかしこに仕込まれた違和感が個別ルートでどのような形を伴って正体を現してくるのか楽しみです。 ボイスカットが機能しない、音声が抜けている箇所があるなどちらほらバグが見受けられるのだけが唯一ちょっと不安(おま環?)。
様子見
70絆きらめく恋いろは (CRYSTALiA) (2017-11-24)
どこぞのラノベで見たような設定のお話。 折角のバトルものなのに大会で優勝するだとか宿敵を倒すだとかそういった物語を牽引する目標が欠けているため体験版時点では話がふわふわしていてあまり引き込まれませんでした。 せめてちゃんとした試合を一つくらい見たかったところ。 キャラの掛け合い、TIPSの小ネタなど全体的に笑えなかったのも辛い。 わざわざ公式サイトで視聴できるように推しているだけあってBGMはとても良かったです。 また出番少なかったけど椿さんは中の人の演技も相まってお姉ちゃんオーラ全開で個人的にはかなりツボ。 総じて致命的に悪いところがあるわけではないんだけど体験版の引きが弱いしエロも薄いしで11月の激戦具合を考えるとうーんという感じ。
様子見
75ニュートンと林檎の樹 (Laplacian) (2017-05-26)
PVが良い出来で気になってプレイ。 公式サイトのコンセプトでは「難しいことはあまり考えない! コミカル・タイムトラベル」とありますが思ったより話のノリはシリアス。 偉大な祖父と比較される重圧に耐えきれず科学に挫折した主人公だけでなく、宗教から科学への圧力、研究評価の男女差別など各キャラや時代の背景にあるテーマも大真面目。 もちろんおバカなシーンや謎の挿入ムービーで笑える場面もあるのですが最終的にギャグとシリアスのバランスがどうなるのかちょっと未知数。 体験版自体はしっかり伏線を張りつつテンポ良く話が進んでいくので読みやすく堅実な出来でした。 四五とラビは出番多めだけどアリスと春はまだまだ本領発揮前という感じ。
多分購入
75カサブランカの蕾 (DOLCE) (2017-05-26)
他の方も指摘されてますがドロドロした暗い話の割にかわいい系の絵柄でOPも明るい曲調と謎のセンス(BGMはしっかり不穏な雰囲気でしたが)。 とはいえ、彼女がいながら秘密をバラされない為にという建前でクラスメイトとずるずる関係を深めていく過程はなかなか面白かったです。 カナとの「彼女とじゃできない無遠慮な快感を求めるだけのセックス」がエロくて印象的でした。 ユリが何か性格に難があるとかえっちさせてくれないとかそういった欠点も無く普通にいい子なのも背徳感を煽っていて良い。 全体的に荒削りな感は否めませんが琴線に触れる部分もあったので同月の他作品の延期状況次第では買うかも。
様子見
75神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。 (Hulotte) (2017-03-24)
Hulotteのヤバいシリーズ3作目。 モテる為に古今東西のおまじないに手を出しまくった結果因果律が狂ってしまい、1年以内に運命の相手と結ばれないと一生DTのままという未来を告げられた主人公のお話。 体験版は別段強く惹かれるところはありませんでしたが同時にこれといったマイナス点も感じず手堅くまとまっているなという印象でした。 あまり難しいことは考えずにかわいいヒロイン達とのイチャラブをさくっと楽しむには良さ気な感じ。 底抜けに明るいノリで細かい気配りもでき、えっちな話題で主人公をからかってくる麗ちゃんが個人的にツボでしたが3月は結構な激戦区なので悩み中。
必ず購入
--妹がエロゲー声優だったんだが (やきうぶ(YAKI-UBU)(同人)) (2016-12-31)
個人的に、声優をダイレクトに対象にしてしまう馴れ馴れしさが好きになれず、デフォルト設定の声優名とかもちょっとアレなんで、そのあたり気分的にはかなりアレだったんすけど、いちおー体験版やってやった。でも絶対こんなシチュなんかには屈しな → いっ、妹フェラがほかほかすぎてもうお口のお外にでたくないよぉぉ。……屈しちゃいました。うん。タコ焼き絵にはやっぱり勝てなかったよ。おこたでみかん的な、あたたかみ彩色が好きです。ちなみにスク水の質感とかは、趣味はいってるレベルで手が込んでおりまして、ラメ塗りの濡れ表現とかはそっちフェチの人にも美味しそう。あの全身が気怠い午後の、塩素の残り香までただよってきそうで。その手の趣味が無いわたしですら、思わず、スク水特有のあの脇から内股へと伸びてる縫い目のとこをくわえて「やだやだお兄ちゃん、そんなワンちゃんみたいに引っ張っちゃだめだよっ」とか妹に言わせたくなるほど、よく描き込んであります。なおテキストはねちっこく実用性が充分。目の焦点が合わなくなるまで責めるシチュも有るっぽいです。
必ず購入
--千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST) (2016-09-23)
体験版(物語の導入部)としては完璧だったので購入決定。話がまとまるかに不安がないのはこれまでのAugustへの信頼があってのもの。『穢翼のユースティア』の主人公が(そもそも裏社会の中なので)陽に仕事をする一方で,本作の主人公は陰に仕事をするから「陽」の側に学園要素を入れる余地があるんだなあ,なるほど。
様子見
75フローラル・フローラブ (SAGA PLANETS) (2016-07-29)
公式サイトの印象とは打って変わって昔の作品のようなややシリアス成分強めなお話で少し驚き(新島シナリオとはまた違う方向性ですが)。 適度な緊張感で中弛みせず盛り上がる場面もあり、面白い話にしようという意気込みが伝わってくる良い体験版でした。 ただシナリオがなかなか読めるものになりそうな一方でいちゃらぶ成分がその犠牲になりそうな予感も。 ヒロインは妹ちゃんに期待していたのですが登場場面が少なく他キャラとの絡みもほぼ皆無であまりピンと来ず。 そして主人公との関係性の説明が不自然なくらい省かれているのが不気味なのですが何かの伏線なんですかね(というかこの感じだと義妹属性すら怪しいような)。 あとは他の方も言及されていますが七緒絡みのテキストで///やwwwが普通に使われていたり、描写がやけに説明口調でぎこちないのがちょっと引っかかりました。 ただでさえ宗教や教会関連の複雑な設定があって共有するのが難しそうなのに3人もサブライターがいてルート間で食い違いや大きな格差が出そうなのも不安。 今月はもう余裕がないのもあって予約買いはしませんが発売後の評判が良ければ後々購入するかも。
多分購入
80千恋*万花 (ゆずソフト) (2016-07-29)
さすがというかなんというかヒロインみんな安定してかわいいですね、CVもばっちりハマった良いキャスティングだと思います。 体験版プレイ前は茉子ちゃん本命でしたが、達観した部分と幼さのギャップが絶妙なムラサメちゃんが予想以上にかわいくてやられました(「ご主人」呼びいいですね)。 後はサブヒロインなのに小春ちゃんの髪型がストレート、ツインテ、おさげと豪華に3パターンもあるのがポイント高い。 主人公も察しが良く他人への気遣いができ、力不足をきちんと努力で埋めようとするなど好感のもてるキャラクターで良かったです。 シナリオはいくらでも重いものにできそうな設定ですが、萌えゲーとしてのバランスを損なわないようほどほどに抑えている感じ。 魅力的なヒロイン、FULLHD対応の綺麗なCG、印象的なOP、使いやすいシステムなどトータルで見てバランスが良く安定感のある作品といった印象でした。 体験版の中であまり不安要素も見当たりませんでしたし、ヒロインがサブ含めて割とツボだったので多分買います。
60恋と恋するユートピア (らぶまてぃっく) (2016-06-24)
絵に釣られてやってみましたが、CGと立ち絵の落差が酷く別人が描いたんじゃないのかと疑うような出来。 登場人物はヒロイン含めほとんど使い古されたテンプレそのまんまのキャラ。 サブキャラの大半は全然魅力ないくせにやたら人数が多く、更に全員立ち絵付きの誰得仕様。 テキストも全体的にちっとも面白くないしうーん……。 ラストに各ヒロインのエロ枠がありますが非常に短く淡白(体験版仕様?)。 体験版を通してCG以外に惹かれる点を全く見つけられず。回避。
様子見
70ハナヒメ*アブソリュート! (mirai) (2016-08-26)
近未来のVR対戦ゲームを舞台に優勝すると何でも願いをひとつ叶えてくれると噂の神冠大戦にプロゲーマーのヒロイン達と挑む恋愛バトルもの。 ヒロインは全体的にテンプレ気味な味付けですが底抜けに明るいキャラクターとポップな絵柄がうまくマッチしていてどの子も素直にかわいいと思いました。 一方で主人公はバトルパートに参加できないし、かといって軍師ポジションとしても別に活躍してないしでなんだかなといった感じ。 強キャラ設定でストーリーの中心に近い位置にいるはずなのに周囲に流されがちでいまいち行動理念がはっきりしないのも微妙。 シナリオは今のところ特に大した展開もなくなんとも普通。 作中で語られる神冠大戦とバトルパートの内容が全然噛み合ってないのが個人的には違和感があって気になりました。 距離の概念があって近づくと尻尾攻撃で離れるとロングレンジのブレスが飛んでくるとか、ボスと相性最悪な玲奈が助けてくれたおかげで勝ったことになっていたりとか。 バトルパートは前作未プレイなので比較はできませんが雑魚の硬さのせいか演出がカットできないせいかチュートリアル用バトルの割にテンポが悪くて一周したらお腹いっぱいに。 よく動くSDキャラにカットインの派手な演出とカッコイイBGMは良いのですが今のままだとやれることの幅が狭いせいですぐに作業ゲーになりそうな予感。 体験版範囲ではシナリオもバトルも特別心惹かれるものはなかったし、なにより個人的には一番ツボの杏子ちゃんがサブ扱いでHシーンもないらしいのが致命的。 様子見。
70なまラブ (oct-works) (2016-04-28)
いろいろな「なま(意味深)」をテーマにした学園青春恋愛もの。 日常シーンも会話の掛け合いも全体的に退屈でしたがヒロインの二面性だったり距離感の描き方はちょっと心惹かれました。 ヒロインの中では同じサボり仲間で少数派同士のなんとも言えない連帯感が心地良い後輩ちゃんがツボ。 立ち絵は一文の中でもっと表情や仕草に変化がないとせっかく動かしている意味がない気が。 エロシーンは連戦多くて構図も好みでしたがSEが変で萎え。 無気力設定のはずの主人公がこれでもかとがっつきまくってるのも違和感が。 システム面はテキスト速度上げてるのにMAX以外は全部遅かったり中出しと外出しの固定が逆になっていたりとちょっと不安な出来。 体験版の範囲だとシナリオは正直期待できないしその他引っかかる点も多かったけど、いちゃらぶはそこそこ良さそうかなぁといった印象。 個人的にはいっそのこと日常パートも微妙なサブキャラ勢もさっくりカットしてもっと抜きゲ寄りの構成にした方がいいんじゃないかと思いました(ライター陣も抜きゲの人みたいだし)。
様子見
--PURELY×CATION (hibiki works(暁WORKS響SIDE)) (2016-04-28)
後輩の澄怜が、とても慎ましやかでした。E-moteです。まずコンフィグで「胸の揺れ具合」をMAXに設定しておくのです。そうして、彼女とおしゃべりするたびウインドウを消してまなざしを注いでみたなら、ほら……。あぁ、揺るぎない。けして揺るぎのないものがここにはあって。ただ見つめるだけで、わたしは愛と静謐さに満たされてゆくのです。そんなプレイスタイルで、穏やかな恍惚にひたらせていただきました。しかし、ひとつだけ異見せねばならない。夕立にふられて濡れねずみとなったこの子を、自宅に避難させてあげたときのことです。着ていたものは洗濯へ回してしまって体操服に着替えたところ、そわそわ落ち着かない仕草の彼女。このときぐらいはね、揺らしてあげるべきだったと思うんですよ。わたし、もんのすごい凝視したのですけど、わずかたりとも揺れることありませんでした。制作者は鬼ですか。いくら澄怜ちゃんだってノーブラならちょっとぐらい! ちょっとぐらいっ!
多分購入
75聖鍵遣いの命題 (UnicoЯn) (2016-05-27)
体験版を見るまでは非常に癖の強い主人公が最大の不安要素でしたが、自己中心的な言動が結果的にヒロインを救ったり最もな正論になったりと不快なだけのキャラにならないよう上手い具合にバランスを取っていると感じました。 ただ良い意味でも悪い意味でも全くぶれない俺様な性格なのでこれがどうヒロインに惚れるのかちょっと想像がつきませんが。 シナリオはそこかしこに伏線があって先が気になるような作りになっていてさくさく読み進められました。 最後の引きの演出が上手かったのが特に印象的。 戦闘パートは全体的に緩急に乏しく強敵相手なのにあんまり苦戦してる感じもなくてちょっと微妙。 巨大なモンスター相手に銃と剣の派手なバトルでアニメだったら映えるんだろうなぁとは思いましたが。 システムはお気に入りボイスを登録管理できたり、(体験版では実装されてませんが)用語集があったりといろいろ凝った作り。 キャスティングはどれもばっちりキャラクターのイメージにハマっていると思いました。 相変わらず沢澤砂羽さんのギャグキャラが絶妙でヒロインの存在感喰ってたり、サブキャラのお子様三人組になんでこんな豪華なCV付けてんの!?ってなりましたが。 正直よくあるラノベっぽい設定のエロゲの一つくらいの事前印象でしたが、体験版は思ったより楽しめました。 ただ普通にアニメやラノベで良くね?と感じた点も多く、果たしてエロゲとして面白い作品になっているかどうかが一番気になるところ。 体験版もう一つ出す予定だそうで期待しているセレーネが良さそうなら多分買い。
様子見
75ワガママハイスペック (まどそふと) (2016-04-28)
本編発売前にアニメ放送が決まっている珍しいメディアミックス形式が話題になっている作品。 内容は生徒会に勧誘された主人公とそれぞれ一芸に秀でた才能を持つヒロイン達との学園ラブコメハーレムもの。 ヒロインは隙あらば主人公をおちょくってくる後輩の未尋ちゃんが小悪魔的な魅力があってツボでした。 あと割と真面目に鷹司さん攻略したい。 体験版の感想としては普通にヒロインはかわいいし普通に会話の掛け合いは面白いし普通にCGはエロいし普通に楽しめましたが、良くも悪くもどこをとっても普通で本編の出来も予想の範囲内に収まってしまいそうな予感。 恐らく大外れはしないと思いますがいきなりアニメ化という強気な姿勢に見合った内容かというとう~ん……。 様子見。
様子見
70ウィザーズコンプレックス (ういんどみるOasis) (2016-04-28)
魔力がある男は世界で主人公一人だけ、トップクラスの才能で炎使いのヒロイン、二つの生徒会の対立などどこかで見たような設定が目白押しの作品。 主人公やヒロイン達は優しくて気遣いができる性格だけど一部サブキャラの言動でげんなり。 西塔生徒会もキャラはしっかり立っているもののあんまりライバルとしての魅力を感じませんでした。 シナリオのメインになるであろう魔法バトルは試合の展開自体が平凡でどうにも印象に残らず(せっかく選択肢があるのに大して活かせてないし)。 またスマホで変身とか格ゲー大会とか細々したところでファンタジーな世界観への没入を阻害する要素があって個人的には少し引っかかる感じが。 グラフィック、演出、音楽、システム面なんかはしっかり安定した出来でヒロインも個性的だけど話の展開やバトルの盛り上がりなどには不安を覚える体験版でした。 ただアイリスは私服がかわいいし臆病ながら健気な性格で正直かなり好みなのですがそれだけで購入するかというと悩ましいところ。 様子見。
65間宮くんちの五つ子事情 (CUBE) (2016-02-26)
「『倉野くんちのふたご事情』の流れを汲んだ完全新作」とのことですが実家のカフェを舞台にした姉妹による主人公争奪戦という設定は使い回し。 姉妹のキャラも運動神経抜群でエロ積極的、ツインテツンデレ、引っ込み思案巨乳、耳年増ロリなどおもいっきり既視感のあるもの。 事前の情報や体験版を見た限り目新しいものはあんまり無さそうでなんだかなといった感じ。 両親が夫婦円満、いろんな姉妹の組み合わせのエロシーンがある(本番もあるのかは分かりませんが)など改善点も一応ちらほら見受けられますが。 ヒロインは某セイ○キを思い出すポンコツ気味なお嬢様が高飛車だけど嫌味になりすぎない微妙な塩梅のキャラでかわいくて良かったです。 ただ姉妹との絡みは大体前作と同様な感じなので体験版時点で既に食傷状態でした。 ふたご×3と比べて単なる姉弟(兄妹)にしか見えない五つ子設定のインパクトもいまいちだし、個人的に弥恵レベルでグッとくる子もいなかったので多分スルー。
様子見
65はにかみCLOVER (すたじお緑茶) (2016-01-29)
今回は登場人物が物語の内容を紹介していく形式ではなくシーンぶつ切りのダイジェスト形式の体験版。 OPを見たときは秘密=キャラの二面性だと思ってたけど会話の中で「普通の人間じゃない」とか「淫魔」とか出てくるし人外ファンタジー要素あり?(となると中二ツインテも実は本当に何かの能力持ち?) 公式サイトにはそういった記述がない上にかなり短めでシーン飛びまくりの体験版なのでどういう物語なのかいまいち見えてこない。 とりあえずいつもよりエロ押しなのは伝わってきましたがもうちょっと情報がないとどうにも手を出しづらい感じ。 ライターがよく分からないのも不安材料(キャラはいかにも氷雨氏っぽい感じがしましたが)。 グラフィックは個人的には立ち絵やCGの胸が大きすぎてバランスがちょっと気になるところ。 広瀬まどか氏のSD絵は相変わらずコミカルでかわいい出来で安定して良いと思いました。
多分購入
75オトメ*ドメイン (ぱれっとクオリア) (2016-06-24)
三人いるヒロインの短いエピソードが一つずつ入ったお試し体験版。 身寄りを亡くして拾われた主人公が女装させられてお嬢様学園に通うお話。 ヒロインは皆一見すると普通の美少女だけどそれぞれポンコツ、メシマズ家事音痴、中二病と残念属性を抱えている設定。 一方で主人公は家事全般が得意で面倒見も良いのでボケとツッコミのバランスが上手く取れている感じ。 グラフィックは立ち絵、SD絵共に文句無しにかわいい。 それと女装主人公に歩サラさんの声がこの上なくハマっていて個人的に相当ツボでした。 まだ作品のほんの掴みの部分しか見えていませんが今の時点では好印象。
様子見
70天文時計のアリア (Campus) (2015-12-25)
人に幸せをもたらす星霊が初めて主人公にその恩恵を断られたことをきっかけに人間にとっての本当の幸せとは何かを探していくお話。 無邪気で天真爛漫なアリアは表情がころころ変わるのが見ていて楽しかったし主人公も良い意味でお人好しで好感が持てる人物で優しい世界観が魅力的。 OPもどこか不思議で切なさを予感させる雰囲気がある曲で作品の持つ空気を上手く表現していて良い感じです。 読みやすいテキストでさくさく話が進んで行くのは良いのだけどお互い好きになる過程を端折りまくりであっさり結ばれてしまうのが残念。 『エロくて泣ける』がコンセプトとのことだけどHシーンたくさん用意するために肝心のシナリオ部分が犠牲になってないかちょっと心配になりました(体験版のHシーンも割と強引な流れだったし)。 低価格作品の制限の中で抜きゲーと泣きゲーをきっちり両立できれば拍手喝采ものですがちょっと様子見。
様子見
70賢者の贈り妹 (脳内彼女) (2015-12-25)
基本的には「な妹き!」と同様に妹に誘惑された兄が即堕ちを繰り返す流れで前作のマイナーチェンジ版といった印象。 内容や展開に対する安心感はありますがその半面あまり目新しい点もなさそうな感じ。 ヒロインは目覚ましフェラがエロくて言葉攻めもハマっている三女だけちょっと気になった。 様子見。
様子見
70QUINTUPLE☆SPLASH (Parasol) (2015-12-25)
合併された学園の水泳部を舞台にしたお話。 男子部員が主人公一人だけなのでよくあるイチャラブハーレムものかと思いきや教師の責任逃れや部員同士の対立など萌えゲとしては足を引っ張るタイプの誰得シリアス展開で萎え萎え。 BGMは良い感じに盛り上げてくれるんだけどシナリオで魅せる作品なのかといえば体験版の感触だとあまりそういう部分には期待できなさそう。 テキストもひたすら冗長でキャラの掛け合いも大して面白くないので正直微妙。 かといってキャラの魅力だけで引っ張っていけるような強烈さもない感じ(今回ちこたむ先生がいないのも痛い)。 ちょっとどういう方向に期待していいか判断に困る体験版でした。 唯一妹はキャラデザもCGも性格も好みで「おっ」と思ったけど私服でドン引き(リ○バスの○毬ちゃん思い出した)。 パジャマは普通にかわいいのにどうしてこうなった。 小鳥居&卯衣コンビは個人的に超ツボで妹ちゃんも気になるのだけどそれだけで購入するかというと迷う出来。 様子見します。
様子見
70JKトラブめいん”s (娘娘) (2015-12-18)
資産家の息子である主人公はクラスメイトに恋をするが、ある出来事からその子はなんと主人公の専属メイドに惚れてしまい……というヘンテコな三角関係もの(といっても大してギスギスした展開はなさそうな気配)。 コメディタッチの強いお話でかつ割とエロ押しな雰囲気。 登場人物はモブ含めほとんどみんな頭のネジが外れたキャラばかりで癖のあるハイテンションな掛け合いが面白くて結構笑えた。 ヒロインのクラスメイトは明るくおしゃれで人気者という定番設定だが、メイドの方は主人公の性欲処理をしているのにキスも本番もしてないというちょっと変わった設定。 個人的にはメインの二人よりもクラスメイトの妹が小悪魔的な感じで気になってたのだが体験版ではあまり出番がなく残念。 システム面については質問パートが序盤から既に作業感満載で正直苦痛でしかなかった。 選択したイベントによって自動的にプロフィールが埋まっていくとかそんな形式で良かったんじゃないかと。 エロ枠は六つで全体的に受け身な傾向。クラスメイトのパイズリ、メイドのフェラと足コキ、メイドとクラスメイトのWフェラ、クラスメイトの妹の手マンと手コキ。 エロエロ、事務的、挑発的とそれぞれの魅力が被らないようにしっかり属性を意識して書き分けられている。 クラスメイトがレズっ気もある子で3Pはメイドにちょっかいかけるシーンもあってエロくて良かった。
様子見
65お兄ちゃんティーチャー ~秘密の授業を希望します!~ (Galette) (2015-12-25)
教師である主人公が新しく赴任した分校の生徒はたったの四人でなんと全員自分の妹というお話(どんな状況やねん)。 一つ一つのイベントがかなり短めな上に体験版自体のボリュームが少ないので正直ざっくりとした雰囲気くらいしか分からず。 ヒロインはみんな好感度マックスのお兄ちゃん大好きっ子でかわいいのはかわいいのだが全員割とありきたりなキャラで取り立てて強烈な魅力は感じなかった(K子キャラのCGは問答無用でかわいかったが)。 学園ものと妹もので一粒で二度美味しいとのウリだが少なくとも体験版ではどっちつかずで中途半端な印象(というか主人公が社会人で妹達がロリロリしているため、その年齢差から兄というよりは親目線に近い感じ)。 家でも学校でもみんな一緒の常時ハーレム状態なのでメリハリに乏しくなんだか逆に魅力がぼやけてしまっているように思えた。 おに禁がシチュエーション特化型でインパクトがあっただけに余計そう感じてしまう部分があるのかもしれませんが。 エロ枠は各ヒロイン一つずつで全員本番。 以下細かい点。 風呂上がり直後なのにリボンとかヘアピン付いたままの立ち絵なのが気になる(るりの髪下ろした立ち絵ないんですかね)。 ボタンにカーソル合わせた際のSE大きすぎませんか(何故かSE扱いじゃないのかボリュームいじっても変わらず)。
多分購入
75嫁探しが捗りすぎてヤバい。 (Hulotte) (2015-11-27)
不思議な能力を持つ一族の主人公が予知夢を見たことをきっかけに幼いころ将来を誓い合った約束の女の子を探すお話。 まぁぶっちゃけシナリオはどうでもよくてこの作品の魅力はとにかくキャラ萌え&エロにあると思う(「能力がバレたらその人の記憶を消して二度と近づいてはならない」という掟の設定だけがやや気掛かりだけど)。 体験版は転校してきた主人公が一通り各ヒロインと仲良くなったところで終了。 それぞれの人柄と魅力が伝わるエピソードがコンパクトにまとまっている。 おまけのエロ枠はヒロイン5人分かつ2回戦多めでボリュームたっぷり(本編ではメイド、先生、ハーレムのエロ枠もあるとのこと)。 ヒロインは原画、塗りともにレベルが高く安定感あってみんなかわいい。 CGは全体的に立ち絵よりも胸が大きめだが(特に菜々華先輩はどう見てもAカップに見えないぞ……)。 体験版プレイ前は妹一強かな~と思ってたけど予想外に割とどの子も魅力的で良かった(もちろん銀髪+妹+世話焼き+ア○ミオンのコンボは大変強力でしたが)。 声優も各キャラばっちりハマっていて非常に上手いキャスティングだと思う。 またヒロイン含め登場人物がみんなしっかり気遣いのできるいいキャラだったのも印象的だった(他生徒によるヒロインの過剰な持ち上げだけちょっと気になったけど)。 あとBGMは何気ない日常シーンでも耳に残るものが結構多くてサントラ欲しくなった。 体験版の雰囲気のままシナリオが足を引っ張らずにイチャラブエロ満載であれば良作萌え抜きゲーとして期待してもいいんじゃないかと思いました。 多分買います。
様子見
70コドモノアソビ (Lump of Sugar) (2015-11-27)
恋心の本来の持ち主を探っていくシナリオは素直に先の展開への興味を引かれるものでサクサク進められた(公式サイトのあらすじはもっと物語が分かるように書いた方がいいのではないか)。 お話は萌えよりもややシナリオ寄りな印象。 設定は結構面白いけど体験版での展開は大方予想の範囲内だった。 複数ライター制と幼馴染7人+セーラの複雑な人間関係や儀式の心理戦は正直相性が悪いと思うがここをきっちり捌いて儀式の結末を盛り上げられるかどうかが勝負所か。 キャラはとにかくセーラがかわいい、押し倒したい。原画の差もあって他のヒロイン達と比べて頭一つ抜けた魅力があると思う。 楪は単なる毒舌お嬢様じゃなくてしっかり頭が切れるキャラでなかなか面白かった。 妹は独白がくどくて台詞回しもなんだかこなれてない印象を受けた。 絵については誰とは言いませんがCGはともかく立ち絵はいくつかちょっと厳しい。 システム面はちょこちょこ気になる点がいくつか。 まずセーブ画面が使いづらい。セーブもロードもいちいち実行ボタン押させる設計が不便だしそもそも選択中のデータがパッと見すごく分かりづらい。 あと選択肢の画面でセーブもバックログも不可なのは今時どうなの。その上スキップも所々引っかかるせいで遅くて周回プレイがしんどい。 以下個人的感想。 「二択の呪い」は設定だけ聞いたときはピンと来なかったけど体験版をやって確かにいちいちどうでもいい選択でこんなの差し込まれたらうんざりするなと思った。 しかし序盤だから仕方ないとは思うけどせっかくこの「選択すること」を強調しているのにいかにも重要な選択まで結果が予定調和になっているのはちょっと萎えた。 あと儀式のルールは結構ややこしいし初回の前にもうちょい丁寧に説明した方がいいんじゃないかと思った(そういえば票が同数になった場合はどうなるのだろう)。 適応範囲がよく分からないけどあの子のロールちょっと強力すぎやしませんか。 エロ枠のあれって何気にネタバレなんじゃないっすか(別に重要じゃないネタなのかもだけど)。
様子見
65空色イノセント (あかべぇそふとすりぃ) (2015-12-11)
親鳥に放棄された卵から孵った水鳥の雛を育て、ウルトラ・ライト・プレーンという航空機で一緒に空を飛ぼうというお話。なんか近年空系(?)の青春物をよく見るな。 テキストはギャグが全体的にきつくて日常シーンは退屈。特に重い展開もなく割ととんとん拍子に話は進んで行く。 ウルトラ・ライトで空を飛ぶシーンは作品の核となる重要な場面のはずなのに演出も描写も平凡すぎて肩透かしを食らった。 一方生物部のパートはほのぼのした展開で雛がかわいくて癒される。 シナリオは既に結構まひる寄りになっているけどここからどう個別へ繋げるのか。 ヒロインはどの子も普通にいい子なんだけどいい子すぎてちょっと個性が弱い(むしろピヨコの方がキャラが立っているような)。 イラスト関連は地味目な髪色(亜美は違うけど)や制服のデザインに塗りがうまくマッチしていて良い雰囲気を出している。 SD絵は特にかわいくて印象に残った。 システムは細かいところまで手が届いていて良好(特にBGM表示はありがたい)。 以下個人的感想。 主人公のキャラがどうにも寒くて無理。わざわざこんなに女の子に免疫ないキャラにしなくてよかったんじゃ。 あと転売イベントの行動も主人公として正直どうかと思った(ピヨコがいいキャラしてるだけに尚更)。 カーコはルックス抜群だけどマイペースで面倒くさがりの残念美人でCV:卯衣さんという属性だけ見たら個人的にドストライクなはずなのに全然萌えない。 言動がほとんど保護者ポジになってるしライターが足を引っ張っていると思う。セリフも説明的すぎてくどい。 ソファーに寝そべっているCGとか朝飯たかりに来るイベントとかすごくいいのにもったいない。
多分購入
75こころリスタ! (Q-X) (2015-10-30)
コミュ障オタク主人公が仮想現実の中に入れるようになる魔法のアプリを手に入れたけどそれを起動するには現実世界で女の子と仲良くして得られる「ナビ銭」を消費する必要があり……といったお話。 登場人物は大半が強烈にこじらせていてかなり個性的(自作の電子音声を使って会話する妹、正義感が強すぎて陰謀論に毒されているブラコン幼馴染など)。 昨今ありがちな最初から好感度マックスなヒロインがいないばかりか割とみんな恋愛感情の欠片もないフラットな感じなのがちょっと新鮮(雪音はそれとなく兄のことを気にしているような素振りがあるが)。 特に星歌は好意的ではないがそうかといって別段兄を毛嫌いしているわけでもなく微妙なバランスの珍しい妹ヒロインだと思った。 主人公は基本三次元なんて興味ないねー系のうじうじした後ろ向き思考なんで苦手な人はダメかも。 体験版はメルチェ(本編後に申し訳程度の出番はあるけど)以外の各ヒロインを一通り顔見せしたところで終了で割と短め。 シナリオもこころリスタやラウンダーなどの世界観を説明したくらいなのでこれからどう展開していくかはまだちょっとわからない。 二次元のために三次元との仲を深めるというこの本末転倒気味な構造をどれだけ活かせるか気になる。 以下個人的な感想ですが雪音の制服姿がコートや帽子含めてかわいい。スカート周り?の特徴的なデザインも良い。 真理歩のちょっとずれた会話の流れや急なテンションのアップダウンの描写がコミュ障の特徴をよく捉えていて上手い。 アルファのあざとい語尾によるキャラ立ては古典的だけど変にくせになりそう。 あと各ヒロイン上目遣いやジト目成分多めで大変素晴らしいと思いました。 正直小鳥居&卯衣コンビに釣られて体験版に手を出したけど独特なヒロインや世界観に予想外に引きこまれたので10月は激戦区だけど多分買います。
様子見
70天ノ空レトロスペクト (GLacé(GLace)) (2015-10-30)
哲学用語や小難しい設定が序盤からバンバン出てきてちょっと構えたけど要はヒロイン達とトラブルを一つ一つ解決していくというよくある形式のお話。 テキストはギャグもシリアスも平凡であまり引きこまれない。 祇典の設定自体はかなり便利で面白いシナリオに出来そうだけど少なくとも体験版の範囲では普通の萌えゲーの域を出ない感じ。 トラブルもみんな割と軽いノリであっさり解決していく。 絵、キャラクター、BGM、シナリオどれも悪いわけではないんだけど全てそれなりに無難で全体的に今一つ印象に残らなかった。
必ず購入
75恋×シンアイ彼女 (Us:track) (2015-10-30)
体験版は二章までで、二章の途中から星奏、彩音ルートとゆい、凛香ルートの二つに分岐してその後また各ヒロインに分岐する流れ。 直球の青春恋愛ものに見えるがライターに新島氏がいるだけにどうしても何かギミックが仕込まれていないか疑ってしまう(TG Smartのインタビューでは「もしかして、僕のシナリオでは初めてファンタジー要素がない?」と答えていたけど)。 テキストは終始平坦気味だがゆったりとしていて優しいBGMや気合い入った書き込みの背景のおかげで雰囲気は非常にいい感じ。 意図的なのかそうでないのか時間が急に飛ぶ場面が所々あり、ちょっと引っかかりを覚えた(伏線か何かの仕込み?)。 キャラに関しては基本ツンデレながらも大切なことは最後にきちんと言葉にして伝えるように変わった彩音が主人公と対照的で印象に残った。 個別は星奏ルートも彩音ルートも友達以上恋人未満のもどかしい距離感が丁寧に描かれており作品のコンセプトをうまく表現できていたと思う。 しかし問題は凛香ルート。対立する敵キャラ達が作品の雰囲気ぶち壊しまくりでギャグも滑りまくり。 その上共通ではよく気が回りそうに見えた凛香まで大した対策も打てないばかりか相手の挑発にも簡単に引っかかるような体たらく。 またゆいルートも問題の解決策があまりに安易すぎてちょっとこの先の展開が心配になる出来。 魔女こいにっきでもルート間格差が結構気になったけど今回はその二の舞にならないことを願うばかり。
多分購入
75私が好きなら「好き」って言って! (Chuablesoft) (2015-10-30)
恋の妖精の助言(?)に従いながらヒロインの好感度を高めて告白に持って行く比較的オーソドックスな内容。システム的には平日にエピソードを選択→週末に好感度チェックや電話→仲良くなったら告白の流れ。体験版はかなりボリュームがあり、エピソードのフルコンプ目指すと下手なロープラ作品より時間がかかりそう。千穂とリンカはほぼ出番が無いためどんな風に物語に絡んでくるのかは未知数(紹介ムービーだと二人とも半袖だけど季節が違うのか?)。各エピソードはぶつ切り感が強く(話の整合性を保つために仕方ないとは思うが)、週末の電話もあっさりした内容で普通の選択肢形式から手間が増えたわりにあまりこのシステムの魅力は感じられなかった。とはいえ塗りのレベルは高くどのヒロインも個性的でかわいい、読みやすいテキストでテンポよく話が進んでいくなど基本的な部分は安定感あって良い出来だと思う。ただサブキャラ攻略不可が確定しているくせに個別イベントが何個もあったり露骨に思わせぶりな態度を取ったりしてくるのは堪忍してください(しかもまやさん超カワイイ……)。
必ず購入
--サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- () (2015-10-23)
ややクラシカルなたたずまいをした、穏やかに手堅いつくりの作品といった所感。で、またしてもジムノペディ。普段使いのコーヒーカップをなでなで愛おしむときに "家具としての音楽" が流れてきて、言葉にしないままおかしみをさそわれるのは心地良いです。押井『劇パト2』まで小ネタにしてみたりと、リアルとフィクションへの関心をちらつかせるも、ひとまずは深入りせず。中原中也詩集の死臭をはげしく拒絶したロリ稟だったけど、やがておっぱいも大きく育つと「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」全身でもってブランコこいで歓声をあげる。そんな、ちょっぴり文学風味をも利かせた郷愁。しかしながら、引用等にとっくみあうことなくストーリーが進行していき、小難しさは後をひきません。それゆえわたしは、ただただ稟おっぱいに魅入られて衝動的にわしづかみしたくなる。おりこうな稟だからガチギレされてみたい (腹の底から怒鳴ってみせて欲しい)。そんでそんで、セクハラ現場を目撃してしまった藍姉ちゃんへは「大丈夫、ちっちゃい方が好きだ!」よけいなフォローをして涙目にさせたい。……キャラが期待してたよりも魅力的でした。何だかつらい話もあったようだけど、背筋を伸ばして今を暮らしている子たちです。
多分購入
80ヤ・ク・ソ・ク☆ラブハーレム (Chien) (2015-07-24)
WEB体験版終了。プレイ時間は約一時間強で、エロは各ヒロイン一人ずつ本編内でのフェラやパイズリ系と、オマケにのばら&かすみ3P、アイリス&ゆりこ3P、全ヒロインとのハーレムエチを用意。内容としては「日常系萌えゲ+エロハレーム許容シナリオ」って感じかな。昔の日常系萌えゲみたいに、一日の描写ルーチンが予めきまっていて、その反復の中で少しずつ物語を進めていくタイプ。物語と言っても、これまた昔の萌えゲのように「ヒロイン達の過去のヤクソク」によって、ヒロイン達の初期好感度はマックスで最初からエッチ可能な状態であるが、昔の萌えゲと違うのはそこで「でもたった一人のヒロインを選ばなきゃ逝けない」っていう縛りは無いところ。ヒロイン達はそれぞれ独占欲の強かったり、またハーレムを許容しそうなキャラとかいろいろいるけど、シナリオの作りとしては「主人公が一人を選んでも、または全員を選んでも良いような」雰囲気作りや伏線はちゃんと張られていて、無理矢理な展開でハーレムを正当するような「オマケハーレムシナリオ」に成らなそうなところは結構期待出来るかもしれない。
必ず購入
75幻聖神姫LINEAGE -セイクリッドリネージュ- (Triangle) (2015-06-26)
メインのティナが非常に魅力的で、ぴったりはまった声もすばらしい。従者のほうも設定が良く、いじめがいがありそう。それだけでなく、何故わざわざ変身ヒロインを陵辱するのかというお約束に対しても、納得のいく説明がなされていて面白い。ただ、肝心のHシーンに対して不満がある。まずひとつは、ややハードめなところで、これはライターがassaultだからある程度は覚悟していたものの、このブランドでやる分には少し手心を加えるだろうと思っていたのだが、これはちょっと…少しやりすぎな気が。少なくともエリクシルナイツに比べればややハードめになっていて、そこが残念なところ。まあ、恥辱系のHシーンもあるらしいので、そちらに期待すればよいのだろう。もうひとつは、舌を出しすぎなところ。これは本当に残念。舌を出されるだけで萎える自分としては、これは何とかならないものか、と思う。まあ、これに関しても素直に恥辱系Hを期待すべきなのだろう。設定もキャラも魅力的で、声もはまっているけれど、Hシーンの傾向がやや期待はずれで、少し不安がある。まあ、恥辱Hは大丈夫だと思うけど。
多分購入
70PENDULUM (KAI) (2015-06-26)
とりあえずマスターアップしてよかったよかった。正直、どうせまた延期して夏に発売だろうぐらいに思っていたけれど、どうやら間に合ったようだ。予約したのがかなり前なので、このソフトに対する熱意が若干醒めがちだけれども、興味を再燃させる意味もあって、一応体験版をプレイしてみた。驚いたのは主人公の真琴がチームの和を乱しがちな空気読まない系の、少しばかり患っているタイプの女の子として描写されていることだ。立ち絵の印象からして元気系のキャラとだとばかり思っていたけれど、どうやらそれは違うらしい。というか、キャラ紹介をきっちり読むと、「孤立している」とか「周囲との軋轢が絶えない」とか書いてあったりする。立ち絵の印象だけだとそんな感じはしないけれど、体験版をプレイする限り、やや陰性の、そして未熟な人間として描かれており、そういった主人公が、色々な経験をして成長するという感じの物語らしい。エロ的には、こういった性格の主人公は、むしろヤリがいがあって好印象。自信家で孤立気味のヒロインを屈服させるとか、さすがよく分かっていらっしゃる。他に印象に残ったキャラクターはというと、高慢黒髪ロングのイングリット。正確に言うと、印象に残ったというよりも、期待しているという感じだ。体験版では出番は少ないけれど、上から目線の黒髪ロングが作中でどんな風にヤラれちゃうのか、非常に楽しみだ。コスチュームのエロ美しさも、妖艶の二歩手前でとどまる絶妙なデザインで、かなり好み。はやくひん剥きたいです。
必ず購入
85らぶらぶ♥プリンセス ~お姫さまがいっぱい! もっとエッチなハーレム生活!!~ (ぱじゃまエクスタシー) (2015-07-31)
web体験版終了。ちょい変則的な形の体験版構成で、第一話全?収録と「全ヒロイン紹介」みたいな体験版オリジナルイベントが収録されており、全部合わせて約一時間くらいの分量。エチシーンはマリーだけが2回(第一話+キャラ紹介)で、その他ヒロインは全部ヒロイン紹介のかなかで一回ずつですね。基本的には第一話しか見られない状況なので、正直これだけでどーこー言えるレベルではないんだけど、ただ、ぱじゃまEXのハーレムゲーとしては最高傑作になりそうな掴みはありますねー。主人公のキャラと目的と、ヒロインのキャラと目的がハーレムという物語環境に上手く調和してる。主人公は基本的には「エロハーレム以外」は普通のイケメン君設定であり、ヒロイン達に対しても「ハーレム以外」のところでは恋愛ゲー的に接するので、ヒロインとのエロ導入がバカ抜きゲ的オンリーだけにならないところが良い。またヒロイン達も、主人公のハーレムに好意的なヒロイン、自分が第一夫人を狙っているヒロイン等々「ハーレム設定」と「ヒロイン恋愛」と「エロ」が上手く絡んでいて、例えばアナスターシャならハーレムでも何でもエロに積極的なのに、マリーは常識的にハーレムに反対してるだけかと思いきや、エッチが進むと結局は最後に自分だけ中だし孕ませピースサインエッチをしたいだけという安定のチョロ展開を見せてくれたりと、ハーレム環境を上手く生かしたエロシナリオ作りが期待出来そうな作品だ。
必ず購入
90イブニクル (ALICESOFT) (2015-04-24)
久しぶりのアリス良作の予感。RPGとしては基本ヌルゲーでアイテム消費でターン消費しないので、どんな下手な人でも回復アイテム使えばオマケボス以外は倒せる難易度だと思う。なんでこの作品はRPGゲーム性を楽しむつーよりも「RPGのゲーム性を使って物語体験を味わう作品」とでも言えて、その物語体験こそが「たくさんの嫁とともにハーレム雰囲気のなかで世界を歩きまわってイチャイチャする」ことだと思う。いや一夫多妻制を前提としたハーレム描写も素晴らしいのですが、MAP上イベンントの複数の嫁との会話もよくてねぇ。ヒロイン達と世界を旅する楽しさを味わえる、今までありそうで無かったエロRPGとして期待したい。
多分購入
--キミのとなりで恋してる! (ALcotハニカム) (2014-11-28)
「母乳で育たなかったから、本能的に寂しがってるのかな……」冒頭いきなり妹に乳首いじられる変態プレイ中に、寂しい話を仕込んでおく書き口はこのライターさんらしい。そしてお得意の、あえて才能を眠らせ人に尽くすぜ!主人公。女の子同士が協調的な三角関係にあり、そこからまずヒロインがひとり飛び出すと一生懸命に尽くしながらお話を牽引していき、第三のヒロインがお話を下支えしそうな位置に控えてるヒロイン配置は『リア妹』にも似ます。その一方、テキストからはやや毒が抜けたような。ヒロインの物腰も柔らかく揃っていてオフィシャルから広報されてるほどアクは無く、暴走・進行役をサブ妹が引き受けてることもあり、明朗なお話へ仕上がりそうな予感はする。そんな話はさておき、星野なぎさ役・歩サラのCVは、よがらせてやりてぇ感じの清純さにとても興奮しましたゴメンナサイ。なぎさの声の化粧っけなさが"ペースメーカー"となって、他キャラの緩急がいっそう引き立つお芝居とも感じる。なにより重要もとみやみつき。ぼんやりとした目もとはあまり動かさず安心感を供給しつつ、小さく唇を結んだりお口とろけさせたりと動かし、そこに感情のっけるキャラ絵。ゆるゆると漏れるエロさは、下ネタで駆動するライターさんの作風にもマッチ。絵買いするやも。
様子見
60彼女はエッチで淫らなヘンタイ (ensemble SWEET) (2014-07-25)
金髪ロングのドMヒロイン神宮寺怜華が好みすぎてやばい。普段ツンツンしているくせにドMで、いったんスイッチが入ると敬語モードになるというのが素晴らしい。声も、ピッタリとしかいいのようの無いピッタリ加減で、文句なしに良い。4人いるヒロインの中ではもっとも好み、っていうか、好みの娘が彼女1人しかいないので、購入は非常に迷うところ。それと、もうひとつ購入を迷わせるのが主人公の積極性の無さだ。これが淫乱ヒロインなんかだと、主人公の積極性の無さがプラスの方向に作用して、いい感じになるのだけれど、相手がドMヒロインだったりすると、積極性の無さが、エロに対して淡白という印象に転化してしまい、なんだか残念な感じ。せっかくの良Mっ娘だもの、もっとねちねちしつこく責め立ててほしいものです。自分からおねだりするまでイカせない、とか、逆に「もう許して・・・」と言わせるまで責め続けるとか。頑張れ、主人公もっと頑張れ。
様子見
--魔女こいにっき (Qoo brand) (2014-05-30)
新島夕シナリオについて。これまでは後ろに控えてた枠物語的なスタイルが前面にまで出てきた印象で、「物語を読むという行為はあーだこーだ」というテキストがよく目につきました。本質的には変わらなそうだし、先生の立ち位置、新しい場所と古い場所の対置、不可解な主人公といった点で以前からの様式を引き継いでもおり、大きな方針転換は無いように見えます。思わせぶりな文章をところどころに伏せ、"ジャバウォック"を持ち出してくるあたり、良くも悪くも冗長な解釈をゆるすタイプのお話となる予感。ヤリチンで早漏でナイーブで「キミとの恋は、ひとつの物語」とか言いそうな主人公に、個人的にはエロゲユーザーとして共感のとっかかりを感じました。他に参加しているライターさんがどのくらい活きるのかは未知数。キャラにぐいぐい惹かれることがなかったので、見送り。
必ず購入
70クリムゾン・ルナティクス (Triangle) (2014-05-30)
とにかく主人公の小物感が半端なくて、巫女が強気で片倉さんなのでイジメがいがあって楽しいという以前に悲鳴を聞くだけで股間が元気になるだとか、ヨーヨー使いがマジで強くてびびったとか、モルフェリスが意外と可愛くて魅力的だとか、そういった印象が吹っ飛ぶほどではないにしても多少薄くなってしまった。どのくらい小物かというと、そこらをうろついている平均的なクズ市民レベルの小物っぷりで、自分の命が惜しいから悪に手を染めて、ついでに美少女を犯せてラッキーという、異様なまでに説得力のある小市民的な行動理由に涙が出ます。悪堕ちに関しては、体験版では全く描かれず、どういった形で描かれるかはいまだわからないままだが、まあ、片倉さんの悲鳴を聞いてゾクゾクしたので、なんだかんだ言って買うつもり。
多分購入
75憑依変身エクストラソウルズ (Studio 邪恋) (2014-03-28)
assault氏の新作それも本格臭漂う変身ヒロインモノということで、結構注目していた作品なのだが、タイトルからもわかるとおり、「憑依」して「変身」するというのがウリらしい。体験版をプレイした感じでは、「憑依」をエロに対してどう生かしているのかが、半分見えて半分見えないという感じか。プレイしてみればわかるけれど、この作品、犯された後の気まずい雰囲気を執拗に描いていて大変興奮させられる。しかも、ダリアに憑依される側は、彼女がどんな風に犯されてどんな風に気持ちよくなってしまったかを、リアルに感じ取れてしまうらしく、「あんな事された彼女に、どんな風に話しかけよう・・・」的な、気まずい空気が流れまくって素晴らしい。あとあれね、犯されている最中、ダリアが、見られていることを意識するという描写も良いね。それからダリアのエッチな声が大変可愛らしくてギャップがあって興奮する!
多分購入
80妹のおかげでモテすぎてヤバい。 (Hulotte) (2013-11-29)
9割5分聞いて7話途中?で2時間強+5人のエロダイジェスト(CG1枚分ずつ。3回目以降っぽいキャラも)。音声設定で10分は堪能した。かわいい楽しい。セーブ箇所900に機能も揃ってる。BGVは一枚につき序盤、終盤用で計2-3種類(20秒くらいずつ)かな? クラスメイトといったモブが全然出ないなど世界は狭い。ヒロインを振る(構成はムカデゲーム型)心苦しさを除けば、不快なキャラ・言動もない(共学化初年度なのに波風ゼロなど)、超絶優しい幸せ空間に包まれた萌えゲーになる気色。 遥そらが妹役をやっているけど、年下+丁寧語+大人しめ+包容力ある家族愛の破壊力が異常ですわい。焼きもちといった恋愛感情は、理性が優っているのかまだ男ではなく兄なのか、特に表に出ていない。(スタッフブログによるとグランドエンド的存在だそうな。)さっぱりとした友だちポジの舞奈も最高。 術によって一ヶ月間「モテ期」になり他を振りつつ本命を目指すシナリオ上、恋人までの過程は短いが、その分イチャラブでカバーしてくれるはず。きっと。が、無駄を省いてキャラに集中しているにも拘わらず会話不足等ボリュームへの不安を感じさせるものだったのが一番のネック。
様子見
76ココロ@ファンクション! (PULLTOP) (2013-10-25)
6-7割ほど聞いて3時間。SFにおける演出過剰はありだなと。メインCV遥そらが当たりキャラとしか思えない。「演技」も素もかわいい。 曲がりなりにも生徒会長として信頼をあつめ、並程度には機微を解すし突飛なものごとにも順応性のある主人公が、自分の「心の声」が漏れている現象にあまりに無頓着なのには違和感を覚えたり、ヒロインの感情の動きで納得いき難い部分もあったが、一気にやってしまうくらいには楽しかった。まあ(学園の底辺から、超能力を授けるアプリ解明へと立ち上がる)舞台が整ってから(=体験版終わりから)が本番なんでしょう。双子outで副会長inしてほしい…。というか双子はヒロインなのに存在感なさすぎて不遇。
73夢か現かマトリョーシカ (エフォルダムソフトcrown) (2013-09-27)
ザックリやって2時間。FFXみたいに主人公の回想形式キター!と思ったら、ナレーション全く入らないし一本道ってわけでもないみたい(もしかしたら『車輪』形式かもしれないが)だし、がっかりです。悪役は崇拝されるシーンが薄くて島民の態度に引っかかる部分もあるが、しっかりクズで権力者なのがいい。がんじがらめにされてるヒロイン視点も多いから、逆らえないという圧迫感が真に迫っているのもGood。だからこそ主人公視点との対比が活きてくる。 ただ、主人公→ヒロインへの恋愛はおざなりになりそうなのと、取り戻すべき「日常」における仲間が集うのはかなり遅いのだろうか。いすかだけ特別ならそれでいいけど、接点薄いし体験版だと1章1ヒロインって感じで進んでる。あとテキストは少し削ったほうがメリハリでるなあと。
70カルマルカ*サークル (SAGA PLANETS) (2013-09-27)
7割ほど聞いて1時間強。あのキャラデザの杏がメインじゃないのはおかしい。主人公ははつゆき系で、「憤怒」による事件?からか人を遠ざけていたが、やれやれとヒロイン'sと関わっていくお馴染みのパターン。七つの大罪がテーマで、それを消す儀式が七夕。体験版ですでに7月に入るけど、すんなり行かず二転三転しそうな流れ。立ち位置が主人公に近く、理知的なところも垣間見せた晴がヒロインとしてもいい働きしそう。

検索