armchairさんのお気に入りユーザーの体験版新着コメント

armchair

ブログで簡易評価してるうち☆→90、◎→80、○→75、●→65、△→55、×→30を基準に±5点したりしなかったり結構適当に。
そんなわけで点数そのものには意味がなく、相対的な序列のようなものがあるだけです。80点以上はオススメ。
プレイしたことによって自分の中に残ったものが評価の基準です。その内容は感動であったり考察であったり、はたまた愛着であったりとまちまちではありますが。
女の子がキャッキャしてる作品が辛くなってきた(エロゲーマーとして致命的)のでこれまで以上に同人に傾倒する予感。女性向けをもっと開拓したいところ(やはりキャッキャしてるのは辛いので創作ユニくらいまでの予定ですが)。

HP/BLOG :
机上の空想
Twitter :
on_the_armchair

体験版新着コメント

様子見
70金色ラブリッチェ (SAGA PLANETS) (2017-12-22)
体験版プレイ(1時間45分くらい、私がプレイした範囲ではエロ無し)。テキスト読みやすいけれどシナリオは特別先が気になるわけでもない。少なくともひこうき雲の向こう側以上のものにはならなさそう。攻略対象と思えるヒロインで特別良さそうだったキャラもいないし、設定はエロゲー、ギャルゲーとしてはありがちに感じた。たぶん様子見。
様子見
70夜巡る、ボクらの迷子教室 (SAMOYED SMILE) (2017-11-24)
体験版プレイ(1時間くらい)。体験版部分のシナリオは悪くなかった。この時期の商業作品にしてはシステム面がそれほど充実しているとはいいがたい。絵は違和感無いが特別好みでは無い。攻略できるヒロインは3名と思われる。そのうち攻略したいキャラが1名しかいない。でもそれ以上に攻略対象が3名でライターが4名っていうのが不安。フルプラでこれ買うなら1500円で冬コミの新作買ったほうが外れないだろうし、こっちのほうが絵も好みだし。たぶん様子見。
様子見
75GranEndeII (樋渡本舗(同人)) (2030-01-01)
体験版プレイ済み(1時間10分くらい、エロあり)。男性主人公でメインヒロインとはエロだけでなく日常会話もそれなりに多い。女性主人公なら凌辱系でいいのだが、この設定だとメインヒロインがモンスターとかに犯られる凌辱系とは合わなさそう。体験版やった限りでは凌辱は無かったが、どっちなのかな?【追記】サークルのブログ見る限り凌辱系は無いみたいだ。
0_必ず購入
--妹がエロゲー声優だったんだが (やきうぶ(YAKI-UBU)(同人)) (2016-12-31)
個人的に、声優をダイレクトに対象にしてしまう馴れ馴れしさが好きになれず、デフォルト設定の声優名とかもちょっとアレなんで、そのあたり気分的にはかなりアレだったんすけど、いちおー体験版やってやった。でも絶対こんなシチュなんかには屈しな → いっ、妹フェラがほかほかすぎてもうお口のお外にでたくないよぉぉ。……屈しちゃいました。うん。タコ焼き絵にはやっぱり勝てなかったよ。おこたでみかん的な、あたたかみ彩色が好きです。ちなみにスク水の質感とかは、趣味はいってるレベルで手が込んでおりまして、ラメ塗りの濡れ表現とかはそっちフェチの人にも美味しそう。あの全身が気怠い午後の、塩素の残り香までただよってきそうで。その手の趣味が無いわたしですら、思わず、スク水特有のあの脇から内股へと伸びてる縫い目のとこをくわえて「やだやだお兄ちゃん、そんなワンちゃんみたいに引っ張っちゃだめだよっ」とか妹に言わせたくなるほど、よく描き込んであります。なおテキストはねちっこく実用性が充分。目の焦点が合わなくなるまで責めるシチュも有るっぽいです。
様子見
--PURELY×CATION (hibiki works(暁WORKS響SIDE)) (2016-04-28)
後輩の澄怜が、とても慎ましやかでした。E-moteです。まずコンフィグで「胸の揺れ具合」をMAXに設定しておくのです。そうして、彼女とおしゃべりするたびウインドウを消してまなざしを注いでみたなら、ほら……。あぁ、揺るぎない。けして揺るぎのないものがここにはあって。ただ見つめるだけで、わたしは愛と静謐さに満たされてゆくのです。そんなプレイスタイルで、穏やかな恍惚にひたらせていただきました。しかし、ひとつだけ異見せねばならない。夕立にふられて濡れねずみとなったこの子を、自宅に避難させてあげたときのことです。着ていたものは洗濯へ回してしまって体操服に着替えたところ、そわそわ落ち着かない仕草の彼女。このときぐらいはね、揺らしてあげるべきだったと思うんですよ。わたし、もんのすごい凝視したのですけど、わずかたりとも揺れることありませんでした。制作者は鬼ですか。いくら澄怜ちゃんだってノーブラならちょっとぐらい! ちょっとぐらいっ!
0_必ず購入
--サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- () (2015-10-23)
ややクラシカルなたたずまいをした、穏やかに手堅いつくりの作品といった所感。で、またしてもジムノペディ。普段使いのコーヒーカップをなでなで愛おしむときに "家具としての音楽" が流れてきて、言葉にしないままおかしみをさそわれるのは心地良いです。押井『劇パト2』まで小ネタにしてみたりと、リアルとフィクションへの関心をちらつかせるも、ひとまずは深入りせず。中原中也詩集の死臭をはげしく拒絶したロリ稟だったけど、やがておっぱいも大きく育つと「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」全身でもってブランコこいで歓声をあげる。そんな、ちょっぴり文学風味をも利かせた郷愁。しかしながら、引用等にとっくみあうことなくストーリーが進行していき、小難しさは後をひきません。それゆえわたしは、ただただ稟おっぱいに魅入られて衝動的にわしづかみしたくなる。おりこうな稟だからガチギレされてみたい (腹の底から怒鳴ってみせて欲しい)。そんでそんで、セクハラ現場を目撃してしまった藍姉ちゃんへは「大丈夫、ちっちゃい方が好きだ!」よけいなフォローをして涙目にさせたい。……キャラが期待してたよりも魅力的でした。何だかつらい話もあったようだけど、背筋を伸ばして今を暮らしている子たちです。
0_必ず購入
85フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー)) (2015-07-24)
――ロールプレイ。それは、訓練でもあり、演劇でもあり、ゲームでもある。登場人物たちの言動がいちいち面白い。少女たちの“夢”を壊さないように、“ごっこ遊び”に付き合ってあげるシチュエーションはとても新鮮で面白かった。――そして、精神疾患を患っている相手の“勘違い”に付け込んで、“運命の人”を演じるというシチュエーションは、ある意味、“催眠系”に近いものがあると言える。これは非常に背徳感を感じさせるものである。アリスちゃんはハイテンションで気遣いもできて普通にかわいい。ゲルダちゃんはクールビューティー民族衣装かわいい。真面目な委員長タイプである。そして、グレーテルちゃんである。内気で可愛らしい女の子で義妹。声が草柳順子さん。“鉛筆削り器のように”パンを美味しそうに頬張るグレーテルちゃんかわいい。意外な面白さがあったのは、オデット&オディールで、このようなキャラクター造形、あるいは台詞回しは、女性作家でなければ思い付かないのではないだろうか。(私の勘違いである可能性は否定しないが)――さて、この作品は“名作”になり得るのだろうか。大石竜子氏の極彩色の美麗な絵柄とメルヘンチックなシチュエーションだけでも、90点を付けても構わないと思う。このプロデュースには諸手を挙げて拍手を送りたい。ただし、問題はシナリオである。『かまいたちの夜』のようなサスペンス要素が強いことは評価できる点であろう。ただし、二十年前のエロゲーのような展開に終始するのであれば、“陵辱エロゲー”との謗りは免れないだろう。そうならないことを切に願う。“メルヘンの世界に囚われた少女たち”という最高の題材を昇華させ、傑作を見せてほしい――私はそれだけを願っている。ちなみに、ウィンドウを透過率100%にするために、テキストのフォントに「白抜き文字」を実装してほしいと感じた。
0_必ず購入
--花咲ワークスプリング! (SAGA PLANETS) (2015-03-27)
カルマルカ体験版プレイした時のような絶望的に駄目な感じはありませんでしたので期待。今のサガプラに名作は求めません。ののかちゃんとイチャイチャできればそれで満足です。
多分購入
--キミのとなりで恋してる! (ALcotハニカム) (2014-11-28)
「母乳で育たなかったから、本能的に寂しがってるのかな……」冒頭いきなり妹に乳首いじられる変態プレイ中に、寂しい話を仕込んでおく書き口はこのライターさんらしい。そしてお得意の、あえて才能を眠らせ人に尽くすぜ!主人公。女の子同士が協調的な三角関係にあり、そこからまずヒロインがひとり飛び出すと一生懸命に尽くしながらお話を牽引していき、第三のヒロインがお話を下支えしそうな位置に控えてるヒロイン配置は『リア妹』にも似ます。その一方、テキストからはやや毒が抜けたような。ヒロインの物腰も柔らかく揃っていてオフィシャルから広報されてるほどアクは無く、暴走・進行役をサブ妹が引き受けてることもあり、明朗なお話へ仕上がりそうな予感はする。そんな話はさておき、星野なぎさ役・歩サラのCVは、よがらせてやりてぇ感じの清純さにとても興奮しましたゴメンナサイ。なぎさの声の化粧っけなさが"ペースメーカー"となって、他キャラの緩急がいっそう引き立つお芝居とも感じる。なにより重要もとみやみつき。ぼんやりとした目もとはあまり動かさず安心感を供給しつつ、小さく唇を結んだりお口とろけさせたりと動かし、そこに感情のっけるキャラ絵。ゆるゆると漏れるエロさは、下ネタで駆動するライターさんの作風にもマッチ。絵買いするやも。
多分購入
80紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ) (2014-12-19)
「魔法の本が開かれたとき、配役になった登場人物はその本に沿うように動かされる」。本作は、萌えゲーのキャラデザだが、決して萌えゲーではない。想像以上にダークな展開もある。キャラクターは、魔法の本の影響で設定が歪むため、あくまで外見上が同じの容器となり下がる傾向にある(しかし、単純に、器に成り下がるわけではないのが、この作品の絶妙な点である)。この作品は、存外珍しく、絵やキャラやエロを排除した、純粋なシナリオの直球勝負だ。この作品が生きるも死ぬも、製品版のシナリオ展開次第。キャラがどんなによかろうと、エロシーンがどんなによかろうと、この作品の絶対的な評価には関係しないだろう。まるで古色迷宮輪舞曲のような本作を、一体どう料理するか、楽しみである。……おかしいな、プレイ途中まではこんなに褒めるつもりはこれっぽっちもなかったんだ。きっと何処かで魔法の本が開き、俺にそう書けと言っているに違いない。
多分購入
80あの晴れわたる空より高く (Chuablesoft) (2014-09-26)
王道系部活青春もの。初心者でもわかりやすい用語解説と説明図で、ロケット部の雰囲気をプレイヤーに伝えてくれる。ひたむきに上へ上へ目指すキャラクターたちの姿勢に胸を熱くするか、自分と見比べて自己嫌悪するかはプレイヤー次第。個人的に凄く応援したいのだが、悲しいかな、ヒロイン達の扱いにくさが鼻につき、合わない人も多そう。特に先輩と後輩は、頭の弱さの言動の数々にイライラさせられる先輩、思わせぶりな態度を取りながらしっかりと保険を確保するしたたかな後輩は、合う合わないがはっきりしてそう。これに付き合えるのは、「うぐぅ」や「がお」や「カナ?」が許せるおっさん世代だと思うし、若手世代の売れ行きは芳しいものとは言えないと思われる。また、個別ルートの分岐点がフォーセクションズの参加種目ということもあり、部活動が正式に認められた後の話は、消化試合というかほとんど語られずに終わりそうで、肩透かしを喰らいそうな予感はある。なお、主題歌のテンポはかなり好き
様子見
--魔女こいにっき (Qoo brand) (2014-05-30)
新島夕シナリオについて。これまでは後ろに控えてた枠物語的なスタイルが前面にまで出てきた印象で、「物語を読むという行為はあーだこーだ」というテキストがよく目につきました。本質的には変わらなそうだし、先生の立ち位置、新しい場所と古い場所の対置、不可解な主人公といった点で以前からの様式を引き継いでもおり、大きな方針転換は無いように見えます。思わせぶりな文章をところどころに伏せ、"ジャバウォック"を持ち出してくるあたり、良くも悪くも冗長な解釈をゆるすタイプのお話となる予感。ヤリチンで早漏でナイーブで「キミとの恋は、ひとつの物語」とか言いそうな主人公に、個人的にはエロゲユーザーとして共感のとっかかりを感じました。他に参加しているライターさんがどのくらい活きるのかは未知数。キャラにぐいぐい惹かれることがなかったので、見送り。
0_必ず購入
--魔女こいにっき (Qoo brand) (2014-05-30)
体験版二本やった率直な感想。これまとめるの無理でしょ・・・。この展開で主人公=アリスとかバラゴン=主人公とかやられても、ああそうで終わっちゃうわけですよ。この意味不明な広げ方に見合う予想しなかったたたみ方にしないと満足させられないと思うのですよ。まあだからこそ楽しみなんですが。
0_必ず購入
--カルマルカ*サークル (SAGA PLANETS) (2013-09-27)
新島テイストなややシリアスファンタジーエロゲが作りたいなら新島氏を意地でも引き止めればよかったんじゃ・・・。いや買うけどさ。もうちょっと新生サガプラらしい新しい方向が見たかったです。
多分購入
85ギルティクラウン ロストクリスマス(非18禁) (NitroPlus) (2012-07-26)
――流石、ニトロプラス。その圧倒的なクオリティ――。[Ver2.0] プレイ時間は30分程度。まず、音楽。「塵外魔境」で顕著であった民族調を取り入れたエキゾチックなサウンド。その重厚さは他の美少女ゲームメーカーとは一線を画しています。映像の美しさ、声優陣の豪華さはもはやお家芸。ギルティクラウンのアニメの方は未見ですが、ゲームの完成度の高さに期待できそうです。とにかくヒロインのキャロルちゃんが可愛らしかった。『まどマギ以後のニトロプラス』の先陣を切る、フロンティア的作品なのではないでしょうか。 映像が動く動く。土壇場で挿入される挿入歌。流れるアニメーション。これは――もはやノベルではない。アニメとビジュアルノベルの融合――“アニメーション・テイル”。これが、ニトロプラスの“答え”なのか――。
0_必ず購入
80屋上の百合霊さん (Liar-soft(ビジネスパートナー)) (2012-03-30)
とっても甘い砂糖菓子に上から蜂蜜をかけて仕上げにホイップクリームをたっぷりとデコレーションしたような――そこは男子禁制の秘密の花園。少女漫画の世界――。思わず顔から火が出てのた打ち回ること請け合いっ! 白セーラー服が可愛らしい恵さんのヴォイスが草柳順子さんであるという時点で購入決定です(爆) 比奈ちゃんはジャージ可愛い。なんか見ちゃいけない世界を覗き見している気分になってきます。特筆すべきは、“ただ甘いだけじゃなくほろ苦さも見え隠れしている”こと。孤高の無常少女・主人公がとてもよい味を出していて、彼女の過去に興味が湧いてきます。
0_必ず購入
70花散峪山人考 (raiL-soft) (2011-11-25)
――これは酷い。自暴自棄になった狂人が周りの人を巻き込み悉く不幸に陥れてゆく話。久しぶりの『鬱ゲー』でした。文章も若干読み易くなったようですし、娯楽として面白い工夫もなされているようですが、主人公が酷すぎて庇いようがない。『霞外籠』や『紅殻町』で多くの人が期待したであろう、“瀟洒な和風文学作品”からどんどん離れていってしまうよう。だが、私は買う。最後まで見届けたい。希氏作品の行く末を。
0_必ず購入
80オイランルージュ -花魁艶紅- (Liar-soft(ビジネスパートナー)) (2011-07-22)
たとえば、古典の和歌物語。夫が通わなくなった家で独り月を見上げる側室の横顔、その風情――。かわしまりのさん演じる氷笹姐さんはガチ! まさにハマり役ですね。やはりというか、「霞外籠逗留記」のレイルソフト作品が彷彿とされて。今更ながら自分はレイル作品好きだったのだなぁと再認識してみたり。しかしながら、やはり目玉はお玉ちゃんですね! ビバ・妹ッ!
0_必ず購入
85魔法の守護姫アルテミナ (Delta) (2011-05-27)
これはよいエロゲーですね。ユーリ姫の調教シーンがもう二回ほどあるなら、永久保存確定です。
0_必ず購入
90恋ではなく -It’s not love, but so where near. (しゃんぐりらすまーと) (2011-05-27)
いつもの如くカメラは味付け程度の青春モノ。今後、どういう方向に話が動いていくかが非常に楽しみ。
80Vermilion -Bind of Blood- (light) (2011-05-27)
神咒に隠れているけれど、何気なく良作臭を漂わせている本作。よく雰囲気を練り込んであり、安っぽさが見えないのは好印象
--猫撫ディストーション (WHITESOFT) (2011-02-25)
GENESIS以上のカタルシスの予感が、体験版からビンビンと伝わってくる。圧倒的な楽園に行きたい信者は、購入待機列に参列せざるを得ない感じ