kabugikoさんのお気に入りユーザーの発売前新着コメント

kabugiko

このサイトにはいつもお世話になっておりましたが、個人的な感想を残しておくためIDを作ってみることにしました。
満足ポイントがズレてて改善要望ばかり書いてる気もする(でも点数高い場合もある)ので他の人にはあまり参考にならないですね(^^ゞ
採点は縦(同一ブランド作)や横(同一ジャンル作)の比較をしながら最終的にエロい分を加点する感じで、
前作より進化してるかおかずに使える方が補正掛かって高くなりがちかも…
終わりエロければ全て良し!?(そのための18禁ですしね)楽しくエロいゲームが増えていくと良いなぁ(*´∀`*)
このご時世、頑張ってるところは応援したい。でもシナリオが足引っ張ってるの多くないですかね(涙)

◯積みゲー内プレイ中ゲーム一覧

パサージュ! passage of life. : 評判良くないが…絵と声で勝つるハズ!と開始。最後の一人攻略中
宿星のガールフレンド3 : ブランド買い。作風大好き^^
抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか? : 一人終わったがかなり苦痛で放置気味
恋愛、借りちゃいました  : ライター信者なので。安定。期待には応えている
1/7の魔法使い : 評判良くないが…結構長めな気がする
エッチでヘンタイ!ヤキモチお嬢様!! : エロは期待できないだろうなぁ…→くすはらさんのお口テクは光る部分
ネコ神さまと、ななつぼし -妹の姉- : まさかのjkとら…の主人公再来とは><
純情化憐フリークス! : 前作あれだったけどインストールだけしてみたが未プレイ
死神の接吻は別離の味 : 付録。プレイ順番誤ったかな。重くて辛いので放置中
ココロネ=ペンデュラム! : 買うしかないので。これは長期戦になりそうである…

発売前新着コメント

0_必ず購入
80スタディ§ステディ (ま~まれぇど) (2019-09-27)
プライマルハーツが1,2共に面白かったので勢いで予約済み。体験版すら出ていない時点での予約は無謀かもしれんが・・・期待してます
0_必ず購入
--恋愛、借りちゃいました (ASa Project) (2019-07-26)
「恋春アドレセンス」ほど尖りはせずともアサプロらしい個性的で楽しい作品であってほしい。シナリオ単独の安心感はある。
0_必ず購入
--猫忍えくすはーと3 (Whirlpool) (2019-07-26)
コンプリートパックも出るし、おそらくキャラ数的にもこれで結末かなと。最後までこの緩い空気を保ったまま賑やかに締めてほしいと思う。
多分購入
--宿星のガールフレンド3 -the destiny star of girlfriend- (mirai) (2019-07-26)
ビジュアル的には一番好み。1・2との差別化をしつつ、全3作の結末としてしっかり描けるかと難しいところだが良いものになってほしい。
0_必ず購入
80和香様の座する世界 (みなとカーニバル) (2019-04-26)
体験版を最後までやった作品はひさしぶり。予約済み。
0_必ず購入
60夢と色でできている (feng) (2019-02-22)
いや発表から何年かけるつもりや・・・
様子見
--言の葉舞い散る夏の風鈴 (シルキーズプラスDOLCE) (2018-12-21)
声優モノってことと関係あるかは知らないけど、範乃秋晴さんの作品って「はれたか」から今作まで主要キャストがほぼ被ってるんですよね(秋野花さんはメイン皆勤賞)。最初から傾向の分かる役者さんの声や演技を踏まえた上でシナリオ書いてるのかな。
多分購入
--金色ラブリッチェ -Golden Time- (SAGA PLANETS) (2019-02-22)
代表の人が「FDは作らない」とか前に言ってませんでしたっけ?色々と本編の補完を出来る余地はあるけど、それと同じくらい蛇足になる可能性もあるので不安。あと難癖ではないけど本編のグランドルートである「Golden Time」をサブタイトルにするのは複雑な気分。
0_必ず購入
--Pieces/渡り鳥のソムニウム (Whirlpool) (2019-03-29)
Whirlpoolでの近江谷さんは良い仕事してるので買うとは思うけど、和泉さんも含めて最近の仕事量が多すぎるのが心配。こなす量が増えると明らかに質が下がる2人なのでどうなるか。あとシナリオ重視の作品らしいが、個人的にはそっち方面は止めてほしかった。
0_必ず購入
--出会って5分は俺のもの! 時間停止と不可避な運命 (Hulotte) (2018-10-26)
Hulotte=シナリオ:深山さんのイメージだったので「ヤバい。」シリーズじゃないことよりも、姫ノ木さんメインで他ブランドとの差別化を図ってHulotteらしさを出せるかが期待であり心配。
--姫と乙女のヤキモチ★LOVE (Princess Sugar) (2018-09-28)
ブランドとしてお姫様ってコンセプトに縛られすぎていないかって不安だし、そもそもコンセプトの概要がよくわからない。近江谷さんの武器はノリの良いテキストなのだからキャラゲーにするならするで中途半端な装飾をしないか、もしくは主題が明確であるほうが良い気がしている。
0_必ず購入
--宿星のガールフレンド -the destiny star of girlfriend- (mirai) (2018-07-27)
高飛車なようでいて憎めないポジティブヒロインと、無個性そうで意外とやんちゃな主人公。なりゆきのコンビにしてはやり取りが軽快で楽しい。
様子見
--ラズベリーキューブ (まどそふと) (2018-09-28)
近江谷さん単独シナリオなら嬉しいような仕事多すぎて危ういような。ワガハイ見る限りでは内部のライターも良いもの書けてるので、複数で上手くまとめて欲しい気もしてる。
様子見
--君とつながる恋フラグ (みらーじゅそふと) (2018-05-25)
ライターが誰かの変名なので緑茶のあの人でないことを祈るしかない…がOHPのキャラ紹介の文がもうおかしいので期待は出来ない。
0_必ず購入
90フルウソ -Complete Four Seasons- (Campus) (2018-02-23)
新規追加要素は各キャラの後日談アフターアフターシナリオ、新規シナリオ「ハレウソ(仮)」(←これは既存4本持っている人限定?)、OPムービーDVD、ボーカルアルバムCD。単品3000円×4より安くて特典満載、新規で始める人にはすごくお得。でも既に購入済みだと割高感は否めない。ウソシリーズ好きなので購入するつもりだけど・・・セット商品なのに店舗特典はガッツリつくのが嬉しいけどつらい、ただでさえ割高感あるのに複数本買いすべきか悩ましい。(メロンブックス特典の桜月タペストリとげっちゅ屋特典の葵タペストリが欲しい。)※気になるのは既存のハル~アキはネット認証不要だったが、今回同梱されるパッケージは要ネット認証なのかどうか。また皆さん期待のツユウソはどうなったのか(笑)。雫の書き下ろし色紙も特典につくが、それだけで終わったら雫が怒るぞえ。
0_必ず購入
90天結いキャッスルマイスター アペンドディスク (エウシュリー) (2017-12-15)
購入確定。エウシュリーのパーフェクトガイドブック+アペンドDISCはプレミア価格になりやすいし。
多分購入
90景の海のアペイリア ~カサブランカの騎士~ (シルキーズプラスDOLCE) (2017-12-22)
アペイリア本編はすごく楽しめたのでこちらのFDもすごく楽しみ!ただし、FD出るの早すぎない!?が正直なところ。必ず購入にしたいところだが、ひとまずは詳細情報待ち。中途半端な蛇足作品にだけはならないで欲しい。(10/22追記):発売2ヶ月前で情報公開ほぼなし(シナリオ・原画が担当変更なしらしいのは嬉しいが)。素直に延期して良い作品にして欲しいと切実に願いたい。
0_必ず購入
80円交少女2 ~JKアイドル真鈴の場合~ (Frill) (2017-11-24)
ロープライズであること、前作のゆっきー編が好印象だったこと、から迷わず購入する予定。ただ前作のゆっきー編は、すごく真っ直ぐで「援交なんてありえない」の普通の女子学生 から変わっていくところに魅力があっただっただけに、アイドルが主人公だとどうなるのかが期待半分不安半分(他メーカのよくあるアイドル枕営業モノとは違った展開・結末を期待したい)。前作の重要ポジションだったマコさんが再登場してくれたのは素直にうれしい。
様子見
30お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!2 (Galette) (2017-09-29)
前作の評判があるし安心して購入できそう~と思っていたがコレはやばいね。 原画・シナリオ担当は前作スタッフが1人も関わっていない(今はおにキスの方へ行ってるから仕方ないけど。どこぞの2学期の真似事になりそうで怖い)。それどころか声優まで全部変わっている・・・声色が前作とは全く違うので別人といっても過言ではない。購入予定の方はまず公式HPでサンプルボイスを聞いて許容できるかを確認に行くべき、少なくとも私は全く許容できなかった。前作のキャラが気に入っている人ほど買ってはいけないように感じた。[9/8追記]マスターアップ済、なのにサンプルボイスが各1つずつから増えない。ますます心配ですね。
様子見
70癒しの女神の実験台 (しろくまだんご) (2017-09-29)
【ビジュアル】◎【シナリオ】○【エロ】〇【寸評】エロゲーの今後を占う試金石のような存在。奇しくも、タイトルと同じく“実験台”としての役割を担う作品である。◆時はまさにバイノーラル戦国時代。強烈な耳舐めが印象的なサークルさんの事実上の商業作とあって、作品に対する期待は極めて大きい。◆ところで、現行の音声作品は、どうしても視覚という要素が邪魔になりがちだ。また、擬似的な距離感を維持するため、限られたシチュエーションで濡れ場を設けてきた事実も見逃せない。一見すると、AVGとバイノーラルは水と油の関係に近いように思える。他の作品との差別化を図る上で、この作品がそれらの難題とどう向き合い、いかなる解決方法を提示するのか、そのあたりに大いに興味がある。◆アダルトゲーム史上、はじめてバイノーラルで録られた『星空へかかる橋』から、はや7年。音声技術の高まりを確認する意味で、意義深い作品となることを願っている。◆作品とはまったく関係ないが、他のメーカーの特典ドラマCDでも、バイノーラルを生かしたストーリー作りに挑戦していただきたいものだ。
様子見
80タンテイセブン (Digital Cute) (2017-06-30)
【ビジュアル】☆【シナリオ】○【エロ】◎【寸評】割と玄人好みなブランドだと思う。ガチのロリゲーを作ったかと思えばシューティング、女体開発(?)ゲーを作ったかと思えば女装ゲーを作るなど、何気に器用なブランドな印象がある。惜しむらくは、毎度のごとく大きな瑕疵があることだ。これさえなければ、とんでもない高みへと行けそうなブランドなのだが……これも味のあるブランドならではの癖なのだろうか。立ち絵の動きは相変わらず職人芸的。マリオネット然としてないあたりが大変素晴らしい。
0_必ず購入
80蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1 (sprite) (2017-06-30)
【ビジュアル】☆【シナリオ】○【エロ】○【寸評】この手のファンディスクでは、純粋に“恋人同士ですること全部”を見てみたい。そんなタイトルが10年ほど前に話題になったが、エロゲーのバカップル模様では、あますところなくイチャラブを堪能したいところだ。必ずしもエロい作品づくりを目指してほしいわけではなく、そのヒロインと一緒にいつまでも過ごしたくなる作品を期待したい。さほど刺激の強い作品にはならないと思う。
0_必ず購入
85天結いキャッスルマイスター (エウシュリー) (2017-05-26)
最近のエウを見ると心配だらけだがマイスターシリーズ全般好きなので購入。様子見して予約特典DISCが高騰したら目も当てられん。神採りではハンナ追加DISCとパーフェクトガイドブックのアペンドDISCに泣かされたので今回は真面目にそっちも予約したい。
0_必ず購入
95美少女万華鏡 -罪と罰の少女- (ωstar) (2017-07-28)
【ビジュアル】☆【シナリオ】☆【エロ】☆【寸評】言わずと知れたロープライスの王者。味わい深いテキストはたいへん読み応えがあり、実用性も極めて高い。これほどのクオリティを複数回にわたって維持すること自体、並大抵のことではない。今や、他のブランドがこの作品に価格で対抗するのは難しくなってしまった。低価格の範となりうるクリエイター集団による、もっとも期待すべき一作と言えるだろう。
0_必ず購入
89お家に帰るまでがましまろです (ま~まれぇど) (2017-07-28)
【ビジュアル】☆【シナリオ】〇【エロ】☆【寸評】数ある萌えゲーブランドの中でもとくに美麗なグラフィックまわりは、まさに白眉の一言。シナリオの成長ぶりも如実に見て取れる、老舗の仲間入りに近いブランドだと思う。実用性をも兼ね備えた萌えゲーなので、素人から玄人まで楽しめること請け合いなのも評価材料の一つだ。それらに鑑みて判断すれば、この月では極めて引きの強いタイトルと言えるだろう。特典も悩みどころ。
0_必ず購入
90景の海のアペイリア (シルキーズプラスDOLCE) (2017-07-28)
【ビジュアル】◎【シナリオ】☆【エロ】〇【寸評】構成力が問われそうなゲーム。このライターさんはイチャラブを描いた作品にも親和性が高く、読み手として器用な印象を受けたが、インテリなストーリーの方がより期待できそうに思える。“ネオ”シルキーズらしいハイクオリティな読み物として、今後の情報に注目していきたい。ビジュアルに問題はないだろう。
多分購入
80援交JKアヘらせサプリv(°ロ° )v☆アヘ (pin-point(同人)) (2017-02-24)
【ビジュアル】◎【シナリオ】〇【エロ】☆【寸評】安い。エロい。Pin-Pointのエロはブレないから安心できる。ただ、売り方がちょっと残念。何はともあれ声優さん、喉はご自愛ください。
0_必ず購入
89初恋*シンドローム (Campus) (2017-04-28)
【ビジュアル】◎【シナリオ】◎【エロ】〇【寸評】ポテンシャルを存分に感じさせる制作陣の陣容。新旧と言うと語弊があるが、原画家さんの動向に大いに注目している。お二方ともエロゲーのイメージはまるでないが、永山ゆうのんさんは個人的に目にする機会が多く、「ようやく来たか」という感じがした。九条だんぼさんはSDとは言え、与り知らぬところでメインを担当していそうな力があると思う。諸々の理由から原画陣の“エロゲー一作目”と思えぬ安心感がある中、シナリオにも耳目が集まるのは必至。Campusはウソシリーズ以外の作品がやや弱いので、ここらで一つ、それ以外で良作を出してほしい。そして、その可能性は十分にある。期待大。
様子見
75呪いの魔剣に闇憑き乙女 (ソフトハウスキャラ) (2017-03-24)
【ビジュアル】〇【シナリオ】〇【エロ】〇【システム】☆【寸評】ソフトハウスキャラというのは面白いメーカーで、ガッツリ中毒系の洋風ファンタジーSLGとか腰を据えてやる迷宮探索SLGとかを作ると、商業エロゲーでは一風変わった面白い作品が出てくる。ところが、洋風でなかったりファンタジー色が薄まったりすると、不思議と微妙な作品が多くなる気がする。本作は洋風に見えるから買い……というのは根拠に乏しい冗談と思って聞き流してほしいところだが、何れにせよシステムには注目したいところである。ただまあ、このところそのシステム面ですら、同人作品に押されてるのは否めない。ここで劣勢なのは庇いようがないから、昨今の微妙なラインナップともども、汚名を返上してほしいところだ。
様子見
75新妻LOVELY×CATION (hibiki works(暁WORKS響SIDE)) (2017-04-28)
【ビジュアル】◎【シナリオ】〇【エロ】◎【システム】?【寸評】絵は紛うことなき2010年代だが、システムが1990年代という、地味な作業と化しやすいゲーム。CATIONシリーズのアイテム集めは、遊び心にしてもストレスが溜まる要因だと思う。別のシステムに転換するか、いっそのこと撤廃したほうがいい。また、何かこう雰囲気的に『アマカノ』シリーズとの距離感が縮まってきて、そろそろ差別化が難しくなってきた気もしないではないが、ともに評価できる内容でしかもアフターサービスも充実しているとあって、甲乙がつけがたいところである。なお、キャラクターのテーマカラーは、某アイドルゲーかと思うほど分かり易い。
様子見
80桜花裁き (IRODORI) (2017-02-24)
【ビジュアル】〇【シナリオ】◎【エロ】〇【寸評】全体的にいい雰囲気をもっている。すいかやさんの原画をエロゲーで見るのは久しぶりだが、東方で実績のある方なので、ビジュアル面ではさほど心配していない。ライターの前作である『はるかかなた』にはあまりいい思い出がないが、毛色の異なる今作には期待してもいいだろう。それにしても山形……もはや見渡すばかりの山形である。
多分購入
75妹が痔になったので座薬を入れてやった件 (lyricbox(同人)) (2016-12-29)
【ビジュアル】◎【シナリオ】〇【エロ】◎【寸評】れーさーさんの絵が好きならもちろん買いだが、シナリオはどうだろう。美少女文庫から出た小説版とはちょっと様相が異なるかもしれない。小説版と違って、イラストレーターが変更されてロリに傾いているため、背徳感は上がっている。原作は原作で、レズや座薬といった魅力的な要素はあるのだが、どれも極めきれてない気がした。今回のゲーム化でどうなるかが楽しみである。
0_必ず購入
85アイカギ (あざらしそふと) (2017-01-27)
(多分購入→必ず購入) 声優決定(八尋まみ)により購入決定。自分が想像していたヒロイン像と声優さんがすごくマッチしている。CG、幼馴染との同棲という設定も良好。シナリオがやや心配だが、ロープライスなので十分元は取れるはず。
多分購入
89シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~ (Azurite) (2016-12-22)
【ビジュアル】☆【シナリオ】☆【エロ】〇【寸評】ライアー×シルキーズという、たいへん興味深いコラボレーション。ライアーほど癖がある老舗ブランドは他にないと思っているが、そこに気鋭のワサビをぶち込んだらどうなるか……最近、あまりライアーをプレイしていないのだが、ともにシナリオに強みがあるメーカーという共通点があり、このコラボにはわくわくを隠せない。クリエイター的には古参ユーザーが好みそうだが、若年層にもプレイしてほしくなるような、質の高い読みごたえのある作品になることを願っている。そして願わくば、ライターさんには七橋の忘れ物を取りに来てほしい。
0_必ず購入
90アマカノ+ (あざらしそふと) (2016-12-22)
【ビジュアル】☆【シナリオ】◎【エロ】◎【寸評】まあ、王道。それ以外の表現が見当たらない恋愛ゲームの後日談。本編は当たりと言っていい部類だし、2も期待通りの作風だった。外す要素がさほど見当たらないし、比較的万人に受けのいい絵柄なので、期待していいのではないだろうか。ただし、ロリ好きな人やハート目を受け付けない人は回れ右。エロも濃い目なので、プラトニックを求めるのであれば、もう少し軽いタイトルをチョイスすべきかもしれない。
0_必ず購入
79はるるみなもに! (Clochette) (2017-03-24)
【ビジュアル】☆【シナリオ】◎【エロ】◎【寸評】御敷さんのラインと比べると、かなりシナリオ面で不遇という印象がある。まあ、それでも安定はしていると思うし、クロシェットと言われてパッと2人の原画家さんを思いだせるのは、決して悪いことじゃないはず。ただ、今作もシナリオに不安があって、またもや“神様もの”というのがちょっとしたネック。ネタとして食傷気味といったところで、結局、『かみぱに!』や『あまつみそらに!』と比較されてしまうのが心配の種となっている。ところで、せせなやうさんは繋ぎの起用だったかもしれないが、新しい色として起用する意味では悪くなかった。現段階では谷間にしか見えないが、今後の氏の起用に期待したい。
0_必ず購入
95天結いキャッスルマイスター (エウシュリー) (2017-05-26)
【ビジュアル】◎【シナリオ】〇【エロ】〇【システム】☆【寸評】期待値は高いが、さすがに現段階では様子見とさせていただきたい。どんな作品群にも、良作神話は通用しない。ここのところ2作続けてやらかしている上、昨今のソーシャルゲームの出来を鑑みれば、一歩引いて見ざるを得ないというのが正直なところだ(ただし、どれくらいシステムに噛んでいるかは分からない)。いずれにせよ、ゲームシステムを最重要視すべきということを、失敗から学んでくれていると思いたい。ベースが『神採りアルケミーマイスター』であれば、それほど低調なパフォーマンスになるとは思えないのだが……。それにしても、GWを外しているのは意外だった。こんな書き方ではあるが、2017年の大作筆頭ではある。
0_必ず購入
--星降る夜のファルネーゼ (ミィティ) (2017-09-29)
ゆき恵さんは自分にとってここ1~2年、一番ホットなお気に入り絵師。楽しみです。
様子見
80星恋*ティンクル (きゃべつそふと) (2017-01-27)
【ビジュアル】☆【シナリオ】◎【エロ】△【寸評】ちょっと塗りが気になるものの、絵は文句なし。ライターは好き嫌いが分かれやすい作風でエッチシーンに課題が多いが、唸らせる構成といちゃラブの高さ、キャラクターの扱いには期待が持てる。キャラクター設定は抜け目がなく、声優との相性が非常に良い。絵買い、キャラ買い、声優買いができる中、シナリオが遅れを取らないかが鍵となる。なかひろシナリオの実用性が高くなってくれば、手の付けられない作品となりそうだ。
0_必ず購入
95VenusBlood -RAGNAROK- (DualTail(DualMage)) (2016-12-22)
【ビジュアル】〇【シナリオ】◎【エロ】◎【システム】◎【寸評】前回でラストと思っていた。制作してくれることを、ユーザーの一人として歓迎する。特異な凌辱路線はこれまでに確立済みで、もはや心配は無用。硬派なテキストは世界観とマッチし、物語を盛り上げてくれるはずだ。課題と言えば、中毒性の高いゲームシステムの精度をどこまで上げられるか。そのあたりのバランス感覚が問われるゲームになるだろう。遊んで、読めて、そして抜ける。エロゲーならではの壮大なファンタジーに期待したい。
0_必ず購入
90トリノライン (minori) (2017-03-31)
【ビジュアル】☆【シナリオ】◎【エロ】◎【寸評】『eden*』ほどの壮大さには欠けるが、舞台設定やシナリオの方向性に、いくつかの類似点を見出せる。圧倒的な清涼感や透明感、そして微かに感じる仄暗さは、minoriならではのセンスに溢れている。◆開幕以前に主人公の妹を死なせており、もはやシリアスものであるのは疑いようがない。妹そっくりのアンドロイドをメインヒロインに据えている以上、彼女の物語が作品の軸となるのは明白だ。過去の作品よりもシリアスが強くなり、シックな作品に仕上がる可能性もある。◆この素材の重さゆえ、いま一度、minoriの手腕が問われる作品になるだろう。スケールの大きな設定の中で、繊細な心の描き方に注目したい。◆minoriのレビューを書く際、毎回のように話題にしてしまうが、『夏空のペルセウス』以降の安定感は、本当に素晴らしい。ビジュアルは言うに及ばず、シナリオやサウンドも、一線級のものを保持し続けている。これを継続できるのは、今やminoriにしか不可能なのではないか。◆個人的な感触としては、澄んだ水に垂らした墨をどう魅せるかということ。汚く混ぜるか、コントラストを生かすかは、ライターの腕にかかっている。
様子見
60アリスティア・リメイン (アストロノーツ・コメット) (2016-07-29)
微妙じゃね。7月12日体験版プレイ済。魔法と科学の発達した近未来が舞台。ヒーローとダークヒーローの男二人が主役になるのだろうか? ダブル主人公物のように見える。設定の説明がかなり下手だと思った。特に複雑な設定じゃないのに長々と喋るし聞いていて眠かった。説明に尺を喰われているせいかヒロインの魅力もあまり見えてこない。絵はそこそこなだけに勿体無い。エロ枠5つ。特筆するようなシチュはなかった。体験版でこれではまあ買わないです。もう少しライターさんには頑張ってほしい。アストロ系列は絵だけならかなりの良メーカーなので、もう少し読めるようなテキストを書いてくれたら毎作買うんだが……。
0_必ず購入
80キミトユメミシ (Laplacian) (2016-07-29)
夢の中でエロい願望を叶えられるという設定が主人公の煩悩にいい感じにマッチしている。男友達が積極的に活躍してくれるのもグッド
多分購入
80春音アリス*グラム (NanaWind) (2017-06-30)
【ビジュアル】☆【シナリオ】○【エロ】◎【寸評】おっぱい星人御用達のブランド。『ユユカナ』からよくぞ立て直したと言うべきか、明確な指向性がついてきたのはグッド。萌エロ方面の中堅どころとして、無難な作品を出してくれることを期待したい。前作のアペンドの頒布方法と言い、バンドルパッケージの販売方法と言い、商売はあまり上手くなさそうなので、そこが心配の種。中身でも冒険しないほうがいいだろう。情報は少ないが、藤乃雪は人気が出る。ビジュアルがとてもズルい。(16/12/8追記) 大幅な延期は印象が悪い。80点から5点下げて様子見にした。 (17/06/18追記)エロシーンが作品を追うごとに良くなっている。下品にならない程度の質の高い萌エロを供給できる、数少ないブランドだと思う。今回もエロは良さげ。5点加点。
0_必ず購入
100BALDR HEART (戯画) (2016-08-26)
【ビジュアル】◎【シナリオ】◎【エロ】○【システム】☆【寸評】どのメーカーの作品もそうだが、SLGやRPGは肝心のゲーム部分が面白くないと話にならない。奇しくも今年の4月にどこかがそれを体現してしまったが、体験版からの悲惨な流れはこりごりである。10年以上の長きにわたり続いているシリーズにかかる期待は大きく、本作では前作“ゼロ”における不信感を拭い去ってくれるくらいの遊戯性を期待したい。戦闘システムが2Dに戻ったことは正解。7年前の“バルドスカイ”のシステムが現在においても色あせていないことを思えば、下手に3Dを重視する必要はどこにもないからだ。爽快感の高いバトルを体感させてくれれば、また心躍る熱いシナリオを読ませてくれれば、周回するのも苦痛にならない。延期しなければ、7月の一番手。
多分購入
90千恋*万花 (ゆずソフト) (2016-07-29)
【ビジュアル】☆【シナリオ】◎【エロ】◎【寸評】前作で殻を打ち破って、リーディングカンパニー化した。萌えゲーやキャラゲーとしては長く一線級の存在だったが、シナリオ、エロともに前作で大幅に良化していた。円熟を予感させた前作の内容を鑑みるに、本作も期待しないわけにはいくまい。総合力の高い作品を期待したい。
様子見
80生命のスペア I was born for you (あかべぇそふとすりぃ) (2016-08-26)
【ビジュアル】◎【シナリオ】◎【エロ】△【寸評】ミドルプライスのシナリオゲー。あかべぇそふとすりぃは多彩な方向に展開しているので、個人的に支持したいメーカーだ。秋空もみぢさんの仕事量に脱帽の一言。あくまでもユーザーの一人として、そろそろ泣きゲーが復権してもいい頃かもしれない。期待値高めで情報待ち。
多分購入
80死に逝く君、館に芽吹く憎悪 (バグシステム) (2016-07-29)
【ビジュアル】◎【シナリオ】◎【グロ】☆【寸評】かわいい系の絵で、抜きんでたグロテスクを味わえるたいへん魅力的な一作。原画担当はるび様さん。純粋にキュートなヒロインに“アンナコトコンナコト”できるとあって、好事家は間違いなく飛びつきたくなる作品である。ニッチなジャンルなのは言うまでもないが、柔らかさのあるイラストを用いたグロゲーは、なかなか他に類を見ない。このご時世でこんな際どい作品を出すこと自体に賛否はあると思うが、個人的に成功してほしい作品である。ただし、バグシステムは前作で大ポカをやらかしているので、そこが心配。完全にライター任せでいいんじゃないか。そのくらい、スプラッターにおける和泉万夜さんの安定感に期待している。なお、声優の人選には納得の一言だ。
0_必ず購入
89清楚で真面目な彼女が、最凶ヤリサーに勧誘されたら…? (Frill) (2016-05-27)
【ビジュアル】◎【シナリオ】◎【エロ】◎【寸評】どこかの同人ゲームやSOD系のAVを彷彿とさせる流行りのタイトルだが、題名からは想像しにくい意外なシナリオの引きが魅力的な一本だ。ハイクオリティ&ロープライスの流れに乗った一作で、一見してコスパの良さが見て取れる。実績とクリエイター陣から察するに、余程のことがなければ躓かない点もプラス要素。抜きとシナリオのバランスもよく、フルプライスついでの一タイトルとして、最適な選択肢としてプレイ予定に入ってくる。比較的玄人向けの一作と言えるだろう。

検索