oBtさんのお気に入りユーザーの新着コメント

oBt

プレイ速度遅いのでプレイ時間は記述しない方向。ストーリー・エロ・キャラ・音楽・システムを総合して点数化。特記事項がある場合は若干の変動アリ
平均点は50点。プレイ終了時の満足感・納得などを元に何点台かを判定。そこから加減点という採点方式です
90~名作
75~良作
50~凡作
40~もう一声
30以下オススメはしない

Twitter :
@oBt_erg_new

新着コメント

95WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ (Leaf)
凡俗極まりない主題をここまで非凡に描いた作品はほかに類を見ない。 → 長文感想(279)(ネタバレ注意)
80向日葵の教会と長い夏休み ()
自己が常に他者との関係によって形作られることを改めて教えてくれる秀作。 → 長文感想(176)(ネタバレ注意)
90パルフェ ~chocolat second brew Re-order~ (戯画)
いいものにはいいと言われるだけの理由があると思っている。 → 長文感想(262)(ネタバレ注意)
90最果てのイマ (XUSE)
マルチエンディングならぬマルチナラティヴとでも言うべき傑作。 → 長文感想(240)(ネタバレ注意)
90ファタモルガーナの館(非18禁) (Novectacle(同人))
非常に文学性の高い作品ながらも、ヴィジュアル・サウンド・ノベルの特性を余すことなく活用した、魂の傑作と言わざるをえない。 → 長文感想(248)(ネタバレ注意)
85らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~ (TerraLunar)
エロゲーマーのバイブルとしていまだ人気を誇る言わずと知れた名作である。 → 長文感想(166)(ネタバレ注意)
95SWAN SONG (Le.Chocolat)
オウムの事件は“物語”という天災がひき起こした変事であったが、本作もそれに近く、非人道的な物語がイデオロギーとして人々に根づいてしまうさまが描かれる。 → 長文感想(296)(ネタバレ注意)
90水葬銀貨のイストリア (ウグイスカグラ)
ノベルゲームに文学の色をもちこんでくれるルクルの物語は読んでいて本当に楽しい。 → 長文感想(464)(ネタバレ注意)
80遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
不器用な心を肯定する王道の物語はやはりすばらしい。 → 長文感想(182)(ネタバレ注意)
80なついろレシピ (PULLTOP Air)
音楽のリズムに様々な料理の音を駆使して気持ちのよいBGMをつくりだした功績の大きさよ。 → 長文感想(156)(ネタバレ注意)
85明日の君と逢うために (Purple software)
サブカルチャーの世界で特に描かれてきた“踏みこえ”の主題が光る。 → 長文感想(228)(ネタバレ注意)
70最終試験くじら (CIRCUS)
あまりにもひどいテキストなのになぜか擁護したくなる作品のひとつ。 → 長文感想(230)(ネタバレ注意)
85CROSS†CHANNEL (FlyingShine)
生きるためにゆがまざるをえなかった子供たちが、ゆがんだままでまっすぐに生きようとする物語。 → 長文感想(239)(ネタバレ注意)
90ノラと皇女と野良猫ハート (HARUKAZE)
当意即妙なやりとりだけでなく、なにげない科白や独白も、全篇にわたって読ませる言葉で語られていた → 長文感想(301)(ネタバレ注意)
85ナルキッソス -ゼロ-(非18禁) (ステージ☆なな(同人))
これからも長く語りつがれてほしいすばらしいシリーズ。 → 長文感想(196)(ネタバレ注意)
90アマツツミ (Purple software)
日本のお家芸、異類婚姻譚の類型・亜種とも言える物語。 → 長文感想(259)(ネタバレ注意)
90narcissu -SIDE 2nd-(非18禁) (ステージ☆なな(同人))
死について考えることは生について考えることである。 → 長文感想(159)(ネタバレ注意)
90narcissu(非18禁) (ステージ☆なな(同人))
「死んでしまう」という気持ちではなく「生きている」と強く感じる物語。 → 長文感想(245)(ネタバレ注意)
85水月 -すいげつ- (F&C)
予想以上によくできた物語であり、魅力的な主題に溢れた名作である。 → 長文感想(205)(ネタバレ注意)
85AIR (Key)
私たち日本人が内的に累々と受けついできた伝統的精神に根差した物語。 → 長文感想(351)(ネタバレ注意)
90CARNIVAL (S.M.L)
世の正しさと相いれなかった人間が、ゆがんだ正しさによって崩壊した自己を築きなおす物語。 → 長文感想(326)(ネタバレ注意)
90紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
ここ数年で発売されたノベルゲームのなかでは最も高く評価している作品。 → 長文感想(343)(ネタバレ注意)
95神樹の館 (Meteor)
私たちの想いが生んだ文化の一端である神がいまも奥に息づくことを思いださせてくれる珠玉の名作である。 → 長文感想(373)(ネタバレ注意)
100CLANNAD(非18禁) (Key)
いまなお決して色あせない、様々な家族の形を描いた不朽の名作である。 → 長文感想(255)(ネタバレ注意)
100腐り姫 ~euthanasia~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
このひどく内側に閉じた息苦しさこそ、私たちが脈々と受けついできた日本の文化そのものである。 → 長文感想(270)(ネタバレ注意)
95ぼくのたいせつなもの (TerraLunar)
こういう作品に出逢うたび、エロゲやめるわけにはいかないな、と思うのは私だけじゃないはず。 → 長文感想(268)(ネタバレ注意)