metan114さんのお気に入りユーザーの新着コメント

metan114

新着コメント

79金色ラブリッチェ (SAGA PLANETS)
ユーザーの萌えゲー認識から生まれるギャップがそのまま作品の平均点に比例している感じがする。確かに悪くない掴みだとは思うが、冷静になって作品を見返すと「そこまでか?」となってしまうお粗末な部分が随所に存在しているし、全体的に見てもかなり粗さが目立つ。一方で、だからこそ「ゼロ年代泣きゲー」と「今風のキャラゲー」の融合が実現できていると思ったので、端から否定したいわけでは無く、「もう少し…」と呟いてしまうそんな作品。ライターの技量不足というよりは、作りたかったものとメーカーの作って欲しかったものが噛み合わなかったのかなという印象。 → 長文感想(4070)(ネタバレ注意)
69は~とふるママン (ALICESOFT)
リアルなエロさの追求はつまるところ二次元らしいエロさを消してしまう。二次元の母乳ってもっとこう、ビュルルル~って感じだろ?な?確かに人妻的エロスを抑えてるんだけど、漫画的、エロゲ的な表現が欲しかった。斬鬼楼の同人誌のラストみたいなアヘアヘ母乳びゅうびゅうみたいのが見たかったです。
総プレイ時間 : 15h
79眠れぬ羊と孤独な狼 -A Tale of Love, and Cutthroat- (CLOCKUP)
「フルプライスのエロゲは長い」という固定観念を払拭してくれるようなまとまったストーリーだが、どうしても短くなった分のクオリティの見返りがどこに行ってしまったのかが分からない。表面的な部分で見れば「鬼哭街」や「ブラックラグーン」を彷彿とさせるような雰囲気を兼ね備えながら、任侠を否定するハードボイルドにまとまった一本。 → 長文感想(2586)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 9h
75ワルキューレロマンツェ ~少女騎士物語~ (Ricotta)
上質なHシーンこそがこのエロゲをエロゲたらしめ、「エロゲにエロはいらない」理論のアンチテーゼとして君臨する一本。このゲームからエロを抜けば何も残らない。それでいながら馬に乗りすぎて尿道が緩くなってしまった女の子たちのいる世界線で、日本人が持つ「ヨーロッパへの理想像」を都合よく具現化する。子曰く、「上品な娘ほど下品であれ。」
総プレイ時間 : 20h
70未来ノスタルジア (Purple software)
グラフィック面で鋭角的なキャラクターと本来のエロゲにあったような古典的なキャラクターの造形が衝突を起こして、ある意味では鋭角的な方が光り、一方で古典的な方はそれを持ち上げる為の役回りとして成立してしまっている。だから、もちろんこの作品で双子が好きなプレイヤーってのは少ない訳で、更にはその個別シナリオが何の変哲もない展開だとダレてしまう。ましてやそれを半ば強制的にプレイしないと最後に待つカタストロフに辿り着けないと思うと、物語そのものにもあまり移入できない。地味なキャラクターにも、それなりにスポットを当てて欲しいと思う作品でした。未来も過去も、詩を愛してる。
総プレイ時間 : 25h
55はにデビ! Honey&Devil (eufonie)
この作品を通して見えてくるべき本質「何を伝えたいのか」「何を感じて欲しいのか」が霞んでしまっている。ゲームジャンルと食い違った主人公や取り巻くキャラクター達の価値観。作品自体をどこか勘違いしているかのようなシナリオ。それらの要素がお互いを打ち消し合い、見えていたはずのものを見えなくさせてしまった。昨今の危機的状況に置かれたエロゲ業界において、主体性のないブランドの作るフルプライスの商業エロゲが生き残れるのだろうか。 → 長文感想(6365)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 14h
69パコマネ わたし、今日から名門野球部の性処理係になります… (Frill)
「どこまでが正しくて、どこからが間違ってるのかな…?」「…マネージャーって、何なんだろう」 → 長文感想(1245)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
80美少女万華鏡 -罪と罰の少女- (ωstar)
シリーズの中でもダントツで良かった。雰囲気の統一感が”狂気”というテーマを上手に引き立てている。もともと抜きゲーとしても実用性がある上に、ストーリーまで良くなって、3000円というロープライス作品の中でどこまで伸びていってしまうのか逆に心配になる。 → 長文感想(10360)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
75超昂神騎エクシール (ALICESOFT)
低評価を付けるプレイヤーにも、この作品を世に送り出したアリスソフトにも以前のある作品の事例をダシにして、互いに似たような言葉をかけたい。それとは逆に、このような評価が出てしまう事もまたシリーズモノの宿命という事を再確認せざるを得ない。「なぜメーカーは大帝国の時の酷評の原因を突き止め、活かせてないのか」「なぜユーザーは大帝国のようなガッカリをたった6年という年月で忘れてしまったのか」…でも私はこの作品を全力で擁護しますよ。だってエクシールがすごい自分好みのキャラクターで、声優がドンピシャで、ちゃんとボテ腹描写と母乳シチュを残しておいてくれたから。 → 長文感想(2474)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h / 面白くなってきた時間 : 1h
78千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST)
AUGUSTは贔屓のメーカーなので、新作が出るたびに私は「いつものAUGUST」と毎度ながら太鼓判を押してきた。が!今回の作品は行ってしまえば「いつものAUGUSTの下位互換」としか言いようがない。話の内容も広げた風呂敷を畳みはしたが、まとめた風呂敷を持ち上げると中身がボロボロと零れそうな粗さが見える畳み方という印象。でも、キャラクターで見るとやっぱ「いつものAUGUST」と言いたくなってしまう一本。「もうエルザの事しか考えられない!!」 → 長文感想(5663)(ネタバレ注意)
75フラテルニテ (CLOCKUP)
傑作『euphoria』と比べてしまうと劣る。非常にオチやキャラクター像が弱いのでシナリオを重視できるゲームでは無いだろう。プレイ自体も前作と比べるとやや物足りないと言った感じで、そこまでハードだとは言えないが趣向は相変わらず徹底されていて凄い。救いは無いが、終わってグッと来るものも特にない。 → 長文感想(2258)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h
80サクラノモリ†ドリーマーズ (MOONSTONE)
無駄を省いたようなテキスト、相変わらず読みやすくて好き。暮葉√は最後に。 → 長文感想(184)
79美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち- (ωstar)
オカルティック官能アドベンチャー第3弾。前の2.5作とは打って変わりSFな世界観を引っ張って来ましたね。メイドロボットの登場で感無量!と思いつつも引っかかるものが…。 → 長文感想(2258)(ネタバレ注意)
73影人葬 (TinkerBell)
舞台やシナリオが自分好み。今回みたいに触手なしの方が個人的には好き。
79千恋*万花 (ゆずソフト)
近5作品までしかプレイしてないけど、ゆずで一番面白い。あと口塞ぎBGVは画期的ですよ。 → 長文感想(134)
--ギラ星アイドル裏プロジェクト (BELLOTA)
シナリオ結構楽しめた。ゲームパートも初回だけなら。
94穢翼のユースティア (AUGUST)
2011年4月、都市AUGUSTは穢れた翼により空へと飛び立った。娼館が舞台、そして今まで築き上げてきた世界観とは真逆のダークファンタジー。数多のプレイヤーの叫び声が聞こえた。「…売女を殺せ!」「売女を殺せ!!」しかし、2013年1月に大図書館の羊飼いにより再び地面へと降り立った都市AUGUSTは、宙へ浮かぶ間に、更なる飛躍と秘めた可能性をプレイヤーにこれでもかと見せつけ、一切の混沌を断ち切ったのである。この空中浮遊は都市AUGUSTをAUGUSTたらしめ、確固たる地位を得た。これは奇跡だ。
総プレイ時間 : 35h / 面白くなってきた時間 : 1h
70どすこい! 女雪相撲 ~胸がドキドキ初場所体験~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
理不尽ビンタADVという名の通り、プレイヤーを理不尽の嵐に巻き込む嘘屋屈指の”超迷作”。ワンコインで手に入る今だからこそ、プレイして欲しい。自分はこういう作品が大好きです。 → 長文感想(3267)(ネタバレ注意)
20クドわふたー (Key)
(GiveUp) 自分の中でのKeyというメーカーの印象がガラッと変わった。というか、もうこのメーカーからはエロゲは出さないんだろうなぁ…と思った。自分がつけたGive upはゲームとしてのgive upではなくこのメーカーに対してのgive upです。エロゲブランドとしてのKeyの長所を一切活かし切れてません。プレイ当時は自分の中でガッカリどころの騒ぎでは無かったです。
69まいてつ (Lose)
もう少しライターは挑戦してもいいと思う。鉄オタから見れば鉄要素は薄っぺらくて、鉄オタじゃない人からすれば専門用語が羅列されてるだけのテキスト。話が長い割にハチロク以外は蛇足。 → 長文感想(4885)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
80そして明日の世界より―― (etude)
終末ゲーだけど優しい雰囲気に飲まれたい、癒やされたい人にとにかくオススメ。 → 長文感想(3369)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 5h
75あけいろ怪奇譚 (シルキーズプラスWASABI)
佳奈ちゃんが居る分、前作よりは好き。
--夏ノ鎖 (CLOCKUP)
シナリオ面白いしテキストも良かった。ただ抜けないっていう。
73罪ノ光ランデヴー (minori)
飛ばさず最後まで読むくらいには面白い。風香√が一番良かったな。主人公がイマイチな印象。
--ランスIX -ヘルマン革命- (ALICESOFT)
ランスシリーズで一番楽しめたかも。シナリオも一番とは言わないけど。主要キャラに陵辱シーンが用意されていたのはうれしい。
--魔将の贄3 ~白濁の海に沈む淫辱の隷姫~ (Liquid)
輪姦、陵辱ゲーの最高峰。至高の作品でございます。BGVをもうちょっとだけ頑張ってほしかった。あと16:9に
--PRETTY×CATION2 (hibiki works(暁WORKS響SIDE))
~CATIONで一番合わなかった。比べなければそこそこ。
--ウルスラグナ ~征戦のデュエリスト~ (アストロノーツ・シリウス)
数少ない陵辱シーンをみるためにカードゲームを頑張った。結構面白かったように思う。
--LOVEREC. (ALcot)
CG好き。内容はあまり。
--僕と恋するポンコツアクマ。 (スミレ)
内容もぼちぼち良かった。期待していた通りのおかずっぷりでよかった。
--PRIMAL×HEARTS2 (ま~まれぇど)
エロシーンがしょぼくなってる。前作が良かっただけに残念。
--キミのとなりで恋してる! ~The respective happiness~ (ALcotハニカム)
抜きゲーとして大好きです。また気を失った莉奈が見れて良かった。
--お兄ちゃん!! 射精の管理は妹に任せて!! (アトリエかぐや)
もうちょっとBGVをですねぇ、満遍なく散りばめてほしいんですよぉ。CGはいつもどおり好きです。
--甘えかたは彼女なりに。 (戯画)
シナリオの出来がちょっと。ただのキャラゲーなのにそれでも足を引っ張るくらい。
--妻みぐい3 (ALICESOFT)
あまり使えなかったという。
70恋する彼女の不器用な舞台 (CUBE)
キャラゲーとしては充分な面白さ。
--アマカノ (あざらしそふと)
思ったほど使えなかった。えれくとは使えるのに。