mastomさんのお気に入りユーザーの新着コメント

mastom

きまぐれで更新します。
基本的に5点単位でつけますが、おまけ加点とかがあります。

HP/BLOG :
まったりgdgdロリコミュ空模様
Twitter :
mastom75_yot

新着コメント

75アイカギ2 (あざらしそふと)
いかにも、って感じな甘々ではなく、距離が近い生活の中での自然な甘さをたっぷり詰め込んだ、胃がびっくりすることのない優しいお話だったと思います。ボクは綾乃ちゃんがもうちょっとダメな子でもよかった気はするけど、お世話したくなるダメ加減はしっかり保たれていたので安心しました。綾乃ちゃんみたいな子を養育したいし綾乃ちゃんみたいな子に懐かれたい、そんなオタク人生でした。
70まじかるありーな (アントニオ・オナニウスを偲ぶ会(同人))
システムとかいろいろ不便。でもこの絵は可愛い。 → 長文感想(572)
総プレイ時間 : 2h
75スミレちゃんのおにいちゃん (アントニオ・オナニウスを偲ぶ会(同人))
CG集で販売されているが、ゲームとして遊べる。この絵は可愛い。 → 長文感想(321)
総プレイ時間 : 1h
90愛欲姉妹ロリータ (夜のひつじ(同人))
サークル最高傑作。あとりちゃんの間の取り方が実にイイ! → 長文感想(265)
総プレイ時間 : 3h
80シオとあやかしの森(非18禁) (犬と猫(同人))
相変わらずの時間泥棒。 → 長文感想(494)
総プレイ時間 : 49h
75少女勇者 (はっぴーすとろべりー(同人))
敗北エロ見るのが中心の18禁RPG → 長文感想(556)
総プレイ時間 : 4h
70Fortune Sister (SLAVE RAVE(同人))
(GiveUp) 戦闘システムは工夫があるが、クリアできなかった。だが、が名作になり損ねた作品と言えるかもしれない。 → 長文感想(1258)
総プレイ時間 : 12h
75Dungeon of Retina (あさきゆめみし(同人))
女性主人公脱衣エロRPGのツボはおさえているが、難易度高くゲームバランスが微妙。 → 長文感想(1080)
総プレイ時間 : 14h
85てりぶるラボラトリー (あぶらそば日和(同人))
コニカちゃん可愛い。このキャラが公衆の面前でいろいろいやらしいことされるのがたまらない。久しぶりの大当り作品。 → 長文感想(572)
総プレイ時間 : 3h
75ナイトオブエリン (sugar star(同人))
戦闘も場所移動もテンポが良く、プレイ時間の割に中身が濃い。 → 長文感想(604)
総プレイ時間 : 3h
70くノ一アヤメ (ハウスゲーム(同人))
(GiveUp) 体験版は悪くなかったのだが、途中で行き詰まった。絵はエロくてイイ。 → 長文感想(283)
総プレイ時間 : 4h
80もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
隣人を忘れる、限界突破は印象に残ってる
72Strawberry Nauts (HOOKSOFT(HOOK))
イチャラブメインのゲームではあるものの、実際付き合ってからという部分よりも、ちょっといい仲から実際に付き合うまでの部分を長めに描くことで、愛おしくて仕方ないヒロインというものをうまく堪能させることができている作品になっているなと感じました。加えて濃密な描写も十分にありましたので、総じてよくできている作品なんじゃないかと思います。ただ、個人的には、持て囃されているPITシステムはいちいち画面を変えて追いかけないといけなかったので、これならなくてもよかったかなぁと。長文部分はただのメモです。 → 長文感想(1695)(ネタバレ注意)
77アマカノ+ (あざらしそふと)
出会ってから恋に落ち、結ばれてというところをあれだけ丁寧に描いた作品のファンディスクなのだから、そりゃあ丁寧にその先が描かれているわなと、ただただ感服するのみでした。平和な恋愛モノとして本編を愉しめた方には間違いなく楽しめる作品だったと思います。分量の割にイベントは盛り過ぎかな、という気もしなくはないですが、ふたりが幸せならオッケーですよね。アマカノクイズ難しいです。
78百花繚乱エリクシル (AXL)
よく言えば王道、悪く言えば目新しさのないお話ですが、読み手が読み終わってしまうまでそのことに思いを向けさせないほどに丁寧に描かれていて、とにかく読後感の良いお話になっていると思います。伏線やどんでん返しなどは一切ありませんが、あらすじ通りの話を展開してくれるという意味では、終始落ち着いた気分で読み進めることができるので、ちょっとした合間合間で息抜き程度に触れる物語として、十分に楽しむことができる作品なんじゃないかと思います。このメーカーのほのぼのした空気は、こういう牧歌的な舞台設定にこそ合うんだよなぁ、ということを再認識させられました。ミルトスの住民としてほのぼのと過ごしたいですね。長文はメモのみです。 → 長文感想(2452)(ネタバレ注意)
68Alive Renewal (Witch)
愛する二人を襲った悲劇と、それに向き合う登場人物たちそれぞれの思い、というのを表わそうとして、明後日の方向に飛んで行った話、ということでまとめておけばよいのでしょうか?疑問符をつけてしまいたくなるくらいには、途中からいろいろととんでもない方向に話がどんどん膨らんでいくせいで、頭の処理が追い付かないゲームでした。色々と考察とかをする余地もあるのかなと頭を少しは捻ってみましたが、結果として、登場人物はおそらく幸せになれたのでしょうから、もうそれでいいんじゃないかなって、そう思います。Witch作品は世界観が連動している、といわれていますが、本当に後発の作品との関連がそこかしこにありますから、MilkyWayシリーズなどに興味のある方は、まずこの作品からやっておくと、超展開への耐性もついていいんじゃあないでしょうか()。柚木が可愛くて仕方ないけれど、ボクは久遠を責めることなんてできません。
76W.L.O.世界恋愛機構 未来のために、いま恋をしよう。 (あかべぇそふとつぅ)
適度に練られた設定と丁寧な描写を武器にしながらも、膨大な人数の登場人物と膨大なテキスト量で圧倒した作品、という印象です。ヒロインの心情をメインに描いたルートはその丁寧さもあって軒並み好印象な反面、どちらかといえば設定に寄った物語を描こうとしたルートは、その設定に引っ張られている面が強く、せっかくのいい登場人物ももったいないと感じられたのが残念でした。もうちょっと描写量にメリハリがあれば、良かったのかもしれません。とはいえ、登場人物ほぼすべてのキャラ付けに成功していて、人物関係を把握したうえでその世界に入り込めるため、物語の一員として楽しむことができる長編恋愛ものとしては、とっても良くできた作品だと思います。優梨子の妄想を聞きながらお世話する楓ちゃん、というあの空間が大好きです。長文部分はメモの貼り付けです。 → 長文感想(3062)(ネタバレ注意)
74アマカノ ~Second Season~ (あざらしそふと)
落ち着いた雪景色の中で繰り広げられる初々しい恋愛といった部分を、前作の心地よい雰囲気を丁寧に踏襲したうえで書き切っている、微笑ましい恋愛ものとしては出来のいい作品なんじゃないかと思います。やっぱり、初々しい恋愛っていいですよね。ほんのり甘い和菓子みたいな感じで、心が満たされますよね。涙香さんがどや顔で間違ったことをしているところを訂正せずに放置して、そのまま間違いに気づいて慌てふためくまでを観察したいです。
68わんこの嫁入り ~ようこそ! いぬのしっぽへ~ (あるみそふと)
アズキちゃんの癖になる甘ったるい声が好きです。かわいさ以外はよく覚えてないんですけど、ほのぼのしているロープライスのゲームとしては及第点はあるのではないでしょうか。細かな中身はそもそも気にする人もいなそうですし。アズキちゃんの癖になる甘ったるい声が好きです。
75きゃらぶれーしょん! ~乙女は恋してキャラぶれる~ (あかべぇそふとすりぃ)
ほぼほぼコンセプト通りに、ヒロインの二面性を存分に生かして、その可愛さを見せ切ったゲームだったと思います。お話としてよくできている、というよりはとにかく、「登場人物のこういうところがかわいい!」ということをはじめとしたヒロインの魅力を見せることに振り切ったお話でしたので、後者だとわかって手を出しているならともかく、前者のような期待を持ってしまうと、期待外れになってしまうのかなという気がします。キャラクターをかわいがるゲームとしては、よくできているんじゃないでしょうか。この灰被り姫、本当に性格悪いな!長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(3858)(ネタバレ注意)
70少女神域∽少女天獄 -The Garden of Fifth Zoa- (Lass)
ずっと前に買って積んでいたが、ここでの評判もあまりよくないみたいだし、テキスト読むのもかったるいので、Save埋めて祥那のシーン見ただけ。エロはこの系統のゲームとしては普通。なお、Win10でも起動した。よってプレイ時間は出せない。
80アメイジング・グレイス -What color is your attribute?- (きゃべつそふと)
壁画のシーンが鳥肌立った。桜上水琥珀の演技が若干うまくなっていくのが面白い。
77Purely ~その狭い青空を見上げて~ (RUNE)
タイトルがしっかりと作品を表している、そんな作品だなと、強く感じました。メイン級の2人が設定という名の物理力で涙腺をぶん殴ってくる感じで、本当に話としてよくできているのですが、バグに次ぐバグでろくに文章を読むことさえもできないような部分まで発生しているというのが、本当に勿体なかったです。かわいい絵柄の割に、という意味では期待を裏切られるところもあるのかもしれませんが、これは評価されるのも納得ですね。「……いってきます」。長文はいつもの。 → 長文感想(1658)(ネタバレ注意)
60PARADISE LOST 新装版 (light)
作品単体としては全然面白味は感じない。シリーズの一つとしてプレイするならアリ。
77あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ (ALcotハニカム)
くっだらないんだけど、飽きはしないやりとりだとか。どうしても先が読めてしまうんだけど、つい気にしてしまうお話の展開であるとか。そんな、少し盛り過ぎな感もある「創作」くさい部分も含めて、イイ感じに「青春」している物語だったんじゃないでしょうか。どっぷり世界に染まってプレイするのが一番楽しめる気がするので、ちょっとプレイ時間が空いてしまったのは自分でももったいなかったと思いますね。南先輩となら僕は真夏でも鍋を食べられる()。長文部分はいつものです。 → 長文感想(1504)(ネタバレ注意)
80アストラエアの白き永遠 Finale -白き星の夢- (FAVORITE)
ベイマックス修正パッチがすごく優秀でした。
76恋しよっ? (とりぷる・すれっと)
恋愛至上主義な空間に放り込まれた「恋愛に負の感情を抱いている」主人公が、ヒロインと触れ合うことで、変わっていく。「恋愛」を題材とする上ではこの上ない王道な展開を、それぞれの方向に個性のある6人のヒロインそれぞれと「恋愛」していく中で丁寧に描かれていて、まさに「恋愛ADV」たるものなんだろうなと思える作品でした。十分に作中にいちゃラブシーンがあったにもかかわらず、「もっと、もっと!」と求めたくなるほどには、どっぷり世界に入り込んでしまっていましたね。綾ねぇと優美、ぼくはいったいどちらを選べばいいのだろう(何。長文はいつものプレイメモです。 → 長文感想(2326)(ネタバレ注意)
73くるくるファナティック (Chien)
「ヤンデレ」を堪能できるゲームとして面白いのかというと、そうではない気がします。ですが、ぶっ飛んだヒロインを眺めながら、一部ではあるものの、その強い愛を感じることができるという、そんなゲームとして眺める分には、それなりにいい出来なんじゃないかと思う次第です。わずかさんの心の隙間を埋めてあげたいと思ってしまうぼくはまだ正常です。
67ユニティマリアージュ ~ふたりの花嫁~ (UNiSONSHIFT Accent.)
ヒロイン一人一人の背景をはじめとした、物語全体の設定等はしっかりとできていたとは思うのですが。それを全く生かす気がないとでもいうほどに淡泊な日常シーンと、どこに重点を置いているのかわからない展開のバランスの悪さのおかげで、読んでる途中の感触は正直最悪でした。しっかりと話を〆てくれているので読後感だけは悪くないですが、よほどヒロインの属性が好みであるとかそういうのがないと、かなり厳しいかなと思います。乙女ねーちゃんは本当に可愛かったんだけどなぁ……。長文はいつものプレイメモです。 → 長文感想(1663)(ネタバレ注意)
78Present for you ~わたしをあ・げ・る~ (Nail)
生きる上での「幸せ」とは、ということを大きな柱として作られた、優しい雰囲気を纏ったお話だったように思います。演出の仕方やシステムなどに気になる面はあるのですが、手軽にできる長さの「いいお話」として楽しめるゲームですので、登場人物が作り出す、癪に触るところもありながらものめり込んでしまうような雰囲気を愉しむことが好きな方には、お勧めできる作品かと思います。ぼくはむしろ千春のお世話をしたいです。長文部分はいつも通りのプレイメモです。 → 長文感想(2676)(ネタバレ注意)
68ショタコン寮母さんに可愛がられる素晴らしき日々 (ソーラレイ(同人))
結局おねショタ好きにとっていいシーンなのかどうかはわかりませんでしたが、いい感じに「年を取っている」感が出ているエロい寮母さんとえっちぃことができるゲームとしては良かったんじゃないかと思います。シーンだけ主人公のショタにも声があるっていうのは、あまり見たことがないパターンですね。
75PRINCESS WALTZ (PULLTOP)
作りこまれた設定と、それをゆっくりと丁寧に読み手に伝えきるよく練り込まれた文章がうまく混ざり合っていて、ふたつの世界を並行して題材に扱うという、なかなかにファンタジーストーリーとしてはハードルも上がる設定の物語を、うまく完成させていたように思います。 前半と後半で空気が変わる、というのに批判もあるのでしょうけれど、良くも悪くも、ファンタジーの世界からすれば、信じていたはずの世界が崩れてからが本番ですから、ぼくはいいんじゃないかと思います。 もう少し、風呂敷を丁寧に畳めていれば、というところは思わなくもないですが、ファンタジー系のお話なので、これはもう仕方ないのかなとも。このジャンル、とっても好みが分かれてしまいますので。
70FairlyLife (HOOKSOFT(HOOK))
評判ほどテキストやシナリオ展開それ自体に悪い点というのも思い浮かばないですし、擬人化した「モノ」たちとの生活の中での恋愛話、という形としてはそれなりに出来ていたんじゃないかとは思います。ただ、長さの割の展開の多さや、度を越した登場人物の空気の読めてなさは、「そのような展開・登場人物」という描写の枠を超えて、ダイレクトに読み手の気力を削いできていて、この評判にも納得がいく部分はありますね。やっぱり無言で主人公に引っ付いて甘えてくる女の子はかわいいと思います。
70魔女っ娘の災難 (うにとなすび(同人))
さらに安くなって200円だし、やっぱりこんなものかな。 → 長文感想(199)
総プレイ時間 : 1h
70アメリアと血の取引 (うにとなすび(同人))
やっぱり300円ならこんなものかな。 → 長文感想(364)
総プレイ時間 : 1h
60みにくいモジカの子 (NitroPlus)
インパクトは強いけど、面白くはないです。
79朝凪のアクアノーツ (Fizz)
慧本 友里子とかいうヒロインにその全てを持っていかれました。理屈じゃないっていう感情を、しっかりと理屈を積み上げなければ作り上げられない「物語」という中で素直に抱くことができるんだという、すごいものを見た感じがします。正直友里子を気に入りすぎて、他のこと書こうという気が起きないレベルです。長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(2337)(ネタバレ注意)
77竜翼のメロディア -Diva with the blessed dragonol- (Whirlpool)
細々とした説明よりも、物語としての爽快感を重視した作品で、まさに子供の頃に憧れたともいうべきコッテコテのファンタジー作品に仕上がっています。ファンタジー作品らしい世界観の独特さと、そこに読み手をしっかりと引き込む魅力のバランスがうまく取れていて、とにかく面白いと純粋に思うことができる作品のように思います。歌を題材にしているだけあって、物語を彩る楽曲も素晴らしいですし、とにかく満足しました。シンシア先輩と一緒に子供たちに囲まれて過ごしたい。長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(3089)(ネタバレ注意)
85プリマ☆ステラ (アトリエかぐや)
王道な設定と王道な展開が、登場人物全員を読み手にとって「馴染み深い」存在に仕立て上げているからか、エロシーンに留まらず物語全体を自然と「受け入れて」しまう。エロシーンを楽しみつつ、対象となるヒロインを心から好きになることができるという、まさに「恋愛エロゲ」としての理想形ではないでしょうか。これだけの評価も十分に納得です。くすねぇの介護がしたい。長文部分はプレイメモです。 → 長文感想(2666)(ネタバレ注意)
80ノノの魔法雑貨店(非18禁) (犬と猫(同人))
探索パートがツボ、だが一気にプレイする気にはなれなかった。でも面白い。 → 長文感想(792)
総プレイ時間 : 75h
80わんしょっと・みにっと シンプルHアクション 悪魔っ娘ver. (エロフラッシュの辺境(同人))
過去のわんしょっと・みにっとシンプルHアクションシリーズよりかは長くて、これまでのルナティックレコードシリーズよりかはシンプルで短い。 → 長文感想(447)
総プレイ時間 : 1h
70恋と恋するユートピア (らぶまてぃっく)
ヒロインの設定自体は王道な子が多かったようには思うんですけど、その設定をそのまま提供、とてもいうようなおざなり感があって、どうにも雰囲気になじみづらかったゲームかなぁと思いました。その分、設定自体が好みで、とにかくその設定を愉しみたいという人には、アリなのかもしれません。ただ、温泉を期待している人はほぼ関係ないので回避ということになるのかと思います。高杉奈々緒はましょーの女。長文はプレイメモのみです。 → 長文感想(1700)(ネタバレ注意)
72コムスメ【孤高娘】 (あんでる)
策略もあり、友情もありといった権力も絡むお話としては、なかなかいいものに仕上がっていたんじゃないかとは思います。とにかく説明を必要十分で済ませ切っているので、読みやすい物語になっているのが、こんな読後感を与えてくれているんじゃないかなという気がします。ただ、そうすると、この作品はほぼ「一本道」の作品でもあるというわけで、フルプライス作品としてこの分量はどうなのか、という思いもなくはないのですが……、良いものを見せてもらったことは事実なので、まぁ、いいかな()アメリアをもっと追い込んでいぢめたい。
65夏色小町 (Purple software)
分量の短さそれ自体は、その当時の他作品と比べればさほど短いというわけでもないので、別にいいのですが。王道に王道を行くと言わんばかりのおいしい設定の割には、その設定のほとんどが存在自体を仄めかすのみで、ほとんどは予定されている結末に向かっていくためのピースとしてしか利用されないという、完全に設定を作り上げることに頼り切ってしまっている感が、ただただ残念でした。どんな形でもいいので、美琴には幸せになっていてほしいですね。長文部分はいつものメモです。 → 長文感想(2258)(ネタバレ注意)
73俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!? (onomatope*)
まさにタイトル通り、と言わんばかりに全てが展開していくゲームで、いい意味で期待通りに楽しむことができた作品でした。ぶっ飛んだ展開や設定の大雑把さが気にならないといえば嘘になりますが、それを十分に補ってくれている甘さ・エロさがあったのがよかったと思います。優月のちょっと抜けてる感じがすっごくかわいくて好きです。長文部分はいつものメモになります。 → 長文感想(2879)(ネタバレ注意)
70夏の幼馴染と、冬のカノジョ (Nephrite)
設定と、それを魅せようとした全体の流れはいいものだと思います。ですが、全体的にやや駆け足で、設定の魅力を感じることまではできても、どのルートもそれを生かしたお話というものを感じる前に終わってしまうのが、ただただ残念でした。玩鼓の可愛いところを余すことなく保存したい。長文部分はいつも通りです。 → 長文感想(1902)(ネタバレ注意)