leonidaskunさんのお気に入りユーザーの新着コメント

leonidaskun

ブログ更新をメインに、ネタバレを含む感想をこちらにUPしていきます。
プレイ時間は長め、点数は評価が低くなるほど甘め、基本的にプレイ直後のテンション高めな感想です。

HP/BLOG :
槍街
Twitter :
leonidaskun

新着コメント

80西暦2236年 -Universal Edition-(非18禁) (Chloro(同人))
自身の連続性とそれを受け入れる話。 → 長文感想(269)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
85ウチはもう、延期できない。 (Sonora)
エロゲー製作に関して(フィクションもあるんだろうけど)予算や納期とか商業で出すうえでかなり現実的な話が多く興味深かった。 → 長文感想(720)(ネタバレ注意)
70ま〜じゃんコネクト! (SPLUSH WAVE(同人))
絵がかわいい。こういう麻雀ゲーム始めてやりましたが自摸牌が選べたり敵の手牌破壊できたりして草。
78ま〜じゃんコネクト! (SPLUSH WAVE(同人))
相変わらず北都南さんとか木村あやかさんとか伝説級のエロゲ声優さんが出演なさっているサークルの同人エロゲであるが、今作はかなりあっさり気味なゲームシステムで、3時間もあればクリアできる簡易インチキ麻雀ゲーである。このサークルさんに「ゲーム性の良さ」を求めている人には不満だろうけども、今作は麻雀中でも自分のパーティーが可愛くしゃべってくれたり、ヒロインページでキャラがデレデレな台詞を発してくれたり、メインヒロインはエロシーンが2~3回あったりと、きちんと「ヒロインを可愛くエロく感じさせる演出」が整っており、いつものような「色んなヒロインのエロシーン一回だけを用意しました」というようなエロマンネリからは脱しているのは素晴らしい。プリコネのボイス付きエロ同人エロゲを探していて、昔のエロゲに出ていた声優さんでエッチしたいという人にはお勧めのお手軽同人エロゲであるとは思う。
80アサガオは夜を識らない。 (MELLOW)
今の時代にコミカルな要素をほとんど排除したシナリオで作ったことがまずすごいです。アサガオの思考は常人と相当違うので、もっとそこを掘り下げて描写しても良かったかなと思った。
83Monkeys!¡ (HARUKAZE)
展開や言い回しが喜劇舞台を見てるような印象でした。なので、エンタメに振ってるって意味で飽きなかったのが良い点で、感情描写の部分はいまいち入りきれなかったところが悪い点かな あと原画、曲、UIなどが良かったです。閉塞的な既存のエロゲ文化に風穴開けてくれたように思います。
80囚われの冒険者 (山田工房(同人))
別に深刻なバグや未完部分が残っていたわけではないが、本編には十分足りていたエロシーンの追加を行うアップデート作業が発売日に4月02日から11月まで続いて、おそらくこれで「ほぼ完成品」今作なのである。んで、作品としては基本的に「エロシーン以外」無いような内容であり、RPGもエロシーンを配置するために用意されたようなもので、そこは流石にエロRPGとしてもう少し頑張ってほしかったものの、エロシーンだけは全キャラのエッチがパイズリオンリーで、しかもキャラによっては3回以上もおっぱいがいっぱいな敗北誘惑堕落エッチ満載で大満足じゃあ。ここまで頑張ってエロテキストとシーンを増量するんだったら、もっと初めからキャラを絞ってシナリオとエロ重視なエロRPGを作った方が良いのでは?とかシチュがマンネリ気味なのでは?疑問もあるものの、通常の敗北エロはその後の堕落エッチが弱いと感じてる人には天国のような作品だろう。 → 長文感想(13930)(ネタバレ注意)
81保健室のセンセーとシャボン玉中毒の助手 (Citrus)
全体的な優しい雰囲気が心地よかった。シロバナとの愛の深さにジーンときたし、蒼空が命についての考えを深めていく過程が穏やかに描かれていてとても良かった。低価格シナリオ寄りという点で評価が高い。 ただ話の長さの割に登場人物が多いので、それぞれのキャラクターをシナリオの中で消化しきれず、中盤までの話要るか?ってなってしまったのと、他のサブヒロインもみんな魅力的なのでエッチしたかった。純粋に作品としては十分楽しめたが、欲を言うならここまでやるならフルプラで良いのでは?と思った。
総プレイ時間 : 8h
40淫魔制服狩り (アイル)
PC98時代のコマンド選択式の抜きゲーをWindowsに移植した作品で、スタッフコメントを読む限りでは移植元からほとんど内容が変わっていない模様である。大昔の抜きゲーを遊んでみたい!という人にはおすすめ出来るが、内容的には「空を飛びながらのHシーン」が面白かったくらいで、さほど見るべき点もなかった。
総プレイ時間 : 1h
60I.D.調教アーカイブス (姫宮夕日(同人))
同人で出ているが、スタッフ的には白濁系/ミルククラウン系列っぽい趣がある。人類が衰退し、地下コロニーで義務的に子作りをする世界において、女の子たちを”指導”する立場にある主人公とヒロインの交流を描く作品だが、どちらかというと抜きゲー寄りの内容であった。気に入ったヒロインがいればやってみてもいいと思う。
79ハジラブ -Making*Lovers- (SMEE)
テキストはコミカルさが少なくなっていちゃいちゃシーンが増えた印象?これはこれでありだが、尖ったところがなくなってしまったのはうーん…といった感じ CGとエロはとてもよくなっててかなりしこった。アナル標準装備やめろ
総プレイ時間 : 20h
60妖花の園II (WendyBell)
無印の続編だが、ホラーや伝奇要素が薄まった代わりに百合要素が強まっている。前作で何を評価したかによって好みが別れる一作になりそう。 → 長文感想(1318)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
78放課後⇒エデュケーション! ~先生とはじめる魅惑のレッスン~ (Escu:de)
ここ最近のエスクードは手堅い良作を出し続けているが、今作も「ヒロイン全員先生」でありながら「熟女女教師」モノとは一線を画した作品になっている。アトリア先生のような「主人公を母星に取り込むための誘惑エロ」物語から、センターヒロインの天川先生のように「一緒にロケット作りを目指す」ような物語も出来て、佳音先生のように「上品な先生にただただ甘えるだけエロ」もありと「先生×生徒の主人公」という関係性を利用しながら、学園エロゲでは余りフォーカスされない色んな授業を受けて世界が広がっていく学生生活を堪能できる。パイズリもヒロインにはよって2回もあるし!ただゲーム性としては、複数攻略をしないと全ヒロインクリアが面倒くさい割に、ハーレムや複数ヒロインシナリオが無く、好感度とパラ上げゲーム性と作品物語が上手く連動してないのは弱点だ。ちょい年上の先生ヒロインに若干リード気味なエロと恋愛を楽しみたい人にはお勧め。 → 長文感想(11794)(ネタバレ注意)
72PARQUET(非18禁) (ゆずソフトSOUR)
いつものゆずからエロを抜いた感じなのでエロゲーマー的には微妙でした。非エロゲーマーの感想が気になります。 → 長文感想(652)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h
76LustGrimm Again (むに工房(同人))
「LustGrimm」というこのサークル処女作を新規CGやら新規エロと合わせて、さらに「リメイク」であることを匂わせたメタ設定シナリオをぶち込んだ意欲作である…んだけれども、流石に同人ゲーといえども、更には前述した作りをしておいて「最後の謎はver2までまってね♪」っていうのは酷いんじゃないですかねえ。最初から表のメインシナリオをver1で終わらせて、裏のメタ真相みたいのをver2でやるのはまだ我慢できるけども、これ最初から「メタ真相は何か?」みたいな作りで引っ張ってりるから、表のメインシナリオも結構スカスカだし、メタ裏を全部読んで綺麗にまとまる話っぽいのでver1の消化不良感が物凄い。エロRPGとしてはゲームとしてもそれなりに面白くて、エロは全キャラパイズリ用意とおっぱいを生かしたセックスがメインなので、早漏れを除けばそこそこですが、きちんとシナリオも楽しみたい人はver2まで待つべし → 長文感想(6210)(ネタバレ注意)
82まどひ白きの神隠し (Lump of Sugar)
最近の角砂糖作品の中では、特にこれといった欠点も無く、素直にヒロインの可愛さとそれに応じたエロさを楽しめるスキのない良作だ。まぁ前作の「ひより」同様に今作も「娘ヒロイン」展開で煽りながら結局は「娘じゃなくて恋人になる」みたいなシナリオはあるとして、それ以外のヒロインは何気ない日常描写からあふれ出るヒロインの魅力やエロさ上手く生かしたシナリオになっており、千代さんなんて「私を道具として使ってください」という台詞や振る舞いに隠されたエロさだけで後半まで突き切っるような良い意味で内容が無いようのシナリオにも拘らず「ましろ」シナリオは存在の境界線を感じさせるような幻想話であったり角砂糖ならではの雰囲気も楽しめる。実妹の「椎凪」が物語的にトゥルーの位置を占めているのも久しぶりな感じで、実利功利的な振る舞いをリアルとして是とする最近のエロゲに疲れながらも、癒しなエッチを求める人には強力にお薦めしたい。 → 長文感想(18836)(ネタバレ注意)
97天ノ少女《PREMIUM EDITION》 (Innocent Grey)
完結を見届けられて本当に良かった。ありがとうイノグレ
70ISLAND DIARY (わたくび(同人))
無人島に流された主人公が、現地に住む女の子3人とサバイバル生活を送る話。 萌えゲー方面の作風ではあるが、最初は関わりを絶っていた3人が再び集い、島に遺された先人の資料を元に共同生活を送る姿はさまになっているのではないだろうか。 第三勢力の強襲など物騒な事件は起こらないが、先人が結局亡くなってしまったという事実に怯えながらどうにかして生きようとするさまは、十分サバイバル生活を感じることが出来る。 惜しむらくはこれからという場面で物語が終わってしまったことだが、続編は頒布されるのであろうか。
総プレイ時間 : 2h
85あまいろショコラータ2 (きゃべつそふと)
FDというか続編っぽい内容。特に苺華ルートは1をプレイして「設定をもっと掘り下げてよ!」と思った人ならやっておいたほうがいいだろう。もっとも、別の方向でも突き抜けた要素があるので好みは分かれると思う。 → 長文感想(2625)(ネタバレ注意)
93ゆびさきコネクション (HOOKSOFT(HOOK))
恋愛の過程の描き方がこのゲームの1番の特長だと思う。付き合うまでの関係の深まり方、恋人になってからの人生の進め方などリアル感を持って描かれていた。ヒロインそれぞれ◯校生、大学生、社会人と年齢や立場が違っているため、描かれる人生もそれぞれ異なる。このためルート毎に主人公とヒロインの関係性や扱われる話題などがはっきり異なり、それぞれ特色が出ていた。CGもどんどん進化していて、今作はグラフィック関連ではHOOKで1番良かった。エロシーンも陰毛ありが選択できたり、声優さんの演技がかなりエロかったりで思ってたよりシコってしまった。お話としては壮大なものではないにも関わらず、日常にあり得そうな、しかし誰もが憧れる青年時代の生活を親しみやすく描くという独自のスタイルでHOOKは純愛を確立したように思う。楽しかったです。
総プレイ時間 : 20h
75異世界酒場のセクステット ~Vol.2 Adventurer's Days~(NS)(非18禁) (qureate)
とても美麗なCG、emoteがこの価格帯で楽しめるってだけで満足度は高かった。1、2時間で終わるのでお話はほぼダイジェストだが起承転結はしっかりしていた。このクオリティをバンバン続けて出せるのは強いと思う
80パパ活あやちゃんと種付けおじさん (Frill)
エロのテキスト、構図、水野さんの演技とどれも精子を出す為だけに作られた作品。性の知識なかったのにどんどん淫乱になってくあやちゃんがめっちゃエロかったです。最後にはボテ腹もあって最高。不満な点は種付おじさんなのに腹筋割れてたことだけです。
総プレイ時間 : 5h
78嫁探しが捗りすぎてヤバい。 (Hulotte)
やっぱり絵がかわいいし個別での各ヒロインもそれぞれ特徴出てて良かった 全ヒロイン可愛い キャラゲーとしてはややシリアスが多いと思うので好み分かれるかも シナリオは完全にご都合主義ですが場面場面で素敵なシーンはありました、特に菜々華にドキドキしたりキュンとしました
総プレイ時間 : 20h
75サキュバスに囲まれたっ!? (サモナベール(同人))
原画とかサキュバスとかどうでもいい人にとっては、75点からマイナス25点ぐらいしてもいいぐらいに「エロ以外は基本何もない」作品である。狭い館の仲をうろついて、ヒロインと会話するとエロイベントが直ぐに発生するだけの作品なので、物語どころかキャライベントすらなく「エロ目的作品とはいえ、もう少し工夫のしようがあるだろう」と言わざるを得ない50点作品なのは間違いないだろう。ただし、そのエロが結構いい。そのエロも「1ヒロインのうちアニメは基本一種類」なので、これも流石にどうかなぁとはおもうのだが、同人エロゲのエロアニメとしては最高レベルのクオリティを維持しながら、テキストも長くフルボイスなので、これ等のエロアニメボイスを見るだけで75点は軽く付けられてしまう。同人エロゲのアニメは良いがエロボイスが無いのが 不満という人には、作品内容のスカスカっぷりを覚悟するなら、購入しても損はないだろうと思われる。
40DOR ベストセレクション下巻 (D.O.(ディーオー))
ベストセレクションの上巻はショートストーリーを3本収録しているが、本作では2本となっている。個人的には、内容でも上巻のほうが満足度が高かった。
55DOR ベストセレクション上巻 (D.O.(ディーオー))
レトロゲーにありがちなオムニバス作品。「あくま」と名乗るパッケージの女の子がそれぞれのストーリーを案内してくれるが、作中に出てくるわけではない。詳しい内容についてはWikipediaなどに譲るが、テレクラを題材としたショートストーリーは今の御時世だとかえって新鮮に感じられた。
78Re:BF (アスガル騎士団(同人))
同人エロRPG界隈大御所「アスガル騎士団」のROBFシリーズから続く「新シリーズ」のBFRPG新作である…と妙に長ったらしい説明であるが、実際にこの作品の位置づけも複雑だから仕方がない。確かにメインププロットは「完全新シリーズ」で登場人物も「全員新キャラ」に見えるものの、実際は「今までのシリーズに続いていた」みたいな話なので「初心者でも楽しめると思いきやトゥルーエンドで過去作品をやらなきゃ」になってしまう感じはある。まぁ過去作品に比べると、今回の作品はシリーズ連続性も薄く、シナリオやサブクエストや育成ルートの自由度調整も非常にスマートに纏められているし、敵もんむすを減らしたぶん、エロCGや動画のクオリティも格段に上がっているので、アスガル騎士団のBFシリーズを始めるなら今作から始めるというのもアリだろう。ただ欠点は前作同様エロテキストが薄かったり愛人システムが動画鑑賞に終わってるところか。 → 長文感想(12612)(ネタバレ注意)
84Daydreamer ~淫魔と天使ともんすた~娘の思い出~ 前編 (さんとり(同人))
84点というかなり高めな点数を付けているものの「色仕掛け」とか「誘惑エロ」とか「甘々堕落エロ」といったジャンルに全く興味の無い人にとっては74点前後が妥当な点数だろう。エロ嗜好を除けば作品それ自体は「そこまで悪くはない」レベルで、他の凡庸なエロRPG傑作のように「エロ抜きでもRPGとしての楽しめる」ような作品とは言い難い。但し「色仕掛け甘々堕落」に特化した作品としてはこれは超良作レベルといってもいい。基本は「質より量」の典型的エロRPG仕様ではあるのだが、そのエロ全体が妙に甘ったるく、世界観も程よいシリアスのファンタジーの中で「主人公である勇者をサキュバスたちの虜にしよう」と誘惑を仕掛けてきて、敵に負けても主人公はサキュバスたちに丁重に可愛がられますたみたいな「もう世界なんて救わなくて良くね?」というイチャラブ退廃誘惑エロを思う存分味わえるのだ。単に絞られるだけエロRPGが苦手な人は是非。 → 長文感想(7778)(ネタバレ注意)
70天冥のコンキスタ (エウシュリー)
相変わらず、素材はいいが調理で台無しにするメーカー。 拡張発売後なのでもはや何もかも遅いが、一応今後の改善希望を書いておきます。 → 長文感想(761)(ネタバレ注意)
85フォーリン・ラビリンス -隷属の少女たち- (ジュッカクゲームス(同人))
同人エロゲRPGやらSLGやらの大抵の問題点とは「個々のエロシーンが薄い」ことであるが、これが何故起きるのかというと同人の予算制約以外の側面を言えば「個々のシーンの質」よりも「色んなエッチが出来るというエロシーン可能性の量」を優先するからで、結果として個々のシーンはハクオロ×2ぐらいの長さになってしまう。その点この作品は同人エロゲなのに「フルボイス」且つエロ重視ヒロインをメインの2人に調教限定したうえで、RPGと調教SLGを組み合わせながらも、一つ一つのエロシーンもハクオロ×40くらいの濃さを維持しているのがじつに素晴らしい。サブヒロインもエロは4回くらい用意されているし、RPGとしての完成度や物語の内容「調教純愛RPG」としては多少粗削りなところはアリながらも読ませる内容にはなっている。「同人エロRPGは商業に比べるとエロシーンが駄目だから」という人は是非プレイして欲しい良作だとおもう。 → 長文感想(11227)(ネタバレ注意)
70サキュバスアカデミア (SQDT(同人))
矢鱈出血とか残酷とかリョナ描写が頻出するのは「ハードM向けのサキュバスゲーなんですねこれは。趣向が合わなかったな」で仕方がないとしても、ミスを誘発させる巧妙なる雑魚キャラの配置、ノーマルでも1コマンドでもミスると即死レベルで、最適解以外を選ぶと難易度が異様に上がるうえ、2~3週同じダンジョンを何周もさせるような「歯応えのあるRPG」バランスは既にエロRPGを悪い意味で超えてしまっており、雑魚やサキュバスからお前早く死ねばとか言われ俺のミソジニーが超マッハで愚息が有頂天になれないのである。エロ動画と効果音と演出フラッシュに頼り過ぎた結果、アッサリ目になっているエロテキストは許容しがたいし、物語もメタ視点を取り過ぎて感情移入の焦点が散漫になり過ぎており、前作同様に悪夢めいた世界観を体験できる作り込みの緻密さはあるものの、前作ファンしか満足できないような独りよがりと紙一重な作品とも言えてしまう。 → 長文感想(20624)(ネタバレ注意)
82冥契のルペルカリア (ウグイスカグラ)
登場人物の演劇に対する思いを一人一人描いてくれたのが一番良かったかな。 ストーリーは中盤まではめちゃ良かったが、後半かなり観念的な話になってうまく入り込めなかった部分もあった 正反対の感情が同居するような兄弟愛や家族の描き方はやはりかなり独特で面白かった
面白くなってきた時間 : 20h
82三枚のおふだ 鼎 コドクの妖己 (ミンワ(同人))
三枚のお札シリーズの第三作目。物語内容としては「今作の主要登場人物は主人公以外全員新キャラ」であるし、前作らと特に深い繋がりがあるわけでもないので全くの初心者でも楽しめる内容になっている。さて、基本は「妖怪系もんむすに逆レイプされたり誘惑されたりするソフトM系エロRPG」なのであるが、今作の売りどちらかと言うと「ショタ主人公を生かした意外にシリアスなシナリオ」であると言えるだろう。「大義の為に人を犠牲にするべきか、或いは自分の命を犠牲にしてまで他人を助けるべきか?」という古典的なテーマを中心に物語は動いていくが、この作品の見どころは「主人公がそんな重い問いに答えられない」という優柔不断リアリティを「ショタ主人公がもんむすに慕われるる理由」としてうまく描写出来ている点だ。パズル要素はやり過ぎだが、エロ描写も中々に上手く、テーマやエロ等々に気になった人はやっても決して損はしない作品ではないか。 → 長文感想(9958)(ネタバレ注意)
95ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう (ALICESOFT)
遊べるしキャラがいいし見た目豪華。サンキュージョーカーちゃん。
71神・妖魔大戦オヒイサマナー (ya-ho-games(同人))
同人エロRPGにはいろんなジャンルがあり、色んな傾向があるんだが、この作品は「ギミックを仕掛け過ぎて、誰もがこの作品を本当にクリアしたのか良く分からん感じになってしまう」という一例になってしまっている。まぁ「やり過ぎギミック」以外はエロRPGとしては良い作品で、商業エロゲにも出演している声優さんを動員し、エロシーンもフルボイスで「ヒロインにやられてしまう逆レイプ」をサキュバスから異形系までそろえているのでエロ満足度も高く、RPGとしても最初からやり方次第では最強レベルの武器をゲットできるとか、いろいろと工夫しがいがあって面白いのだ。ただ、先にも言ったとおりに、条件が厳しいというか条件が謎な「隠しイベント」的なものが多過ぎで、物語的にはどんどん伏線をちりばめていくタイプで、そのうえ「次回作に続く」的な終わりがするので、自分がこの作品内で「何処まで物語を進めたのか」よく分からなくなってしまう。 → 長文感想(5286)(ネタバレ注意)
77リメインズリバース (ゆめなまこん(同人))
同人エロRPGには珍しく、メインエロシーンにはきちんとエロ音声がついている作品だ。エロシーンは音声アリだけで言うと1人あたり5回以上で、エロシーンの長さも質も一定程度確保されており「エロRPGは好きだが、エロ音声が無いのは嫌だなぁ」と言う人にはお勧めできる内容になっている。ただ、内容の方は「エロを推している」割りにはキャラクター描写が弱くて、わりと本格的な「この世界の謎を解き明かそう」探索系RPGになっており、それはそれで面白いのだが、キャラクターの魅力が深掘りされるような仕組みにはなっていないのね。隠し部屋の探索、自由の高いゲーム進行等々とRPGとしてよく出来ているものの、すぐにレベルがカンストしちゃうので後半は敵から逃げ回るだけになってしまうし…良い部分はそれなりにあるものの、総合的には「濃いエロシーン付きの同人エロRPG」程度の評価になってしまうところが残念ではある。 → 長文感想(4236)(ネタバレ注意)
80ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう (ALICESOFT)
ソシャゲらしいアシッドカラーに染まった世界の中で、強制売春陵辱なんでもオッケーのダークエロに塗れた「エロゲの最先端らしさ」に溢れた作品。大悪司のようなハルウリシステムも世界を相対的に引き立てる要因としてしっかり機能していて、マイルドな陵辱を味わえるので、エロ方向に関しては誰でも触れる作風に仕上がっている。ゲームシステムについてはいつものアリスソフトらしい試行錯誤感が少なめかなと感じる要因もあるものの、全体的には非常にバランス良く、終始楽しんでプレイできた。こういうゲームを出せるのはアリスソフトだけっすよ…本当に。 → 長文感想(2941)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
50天使に恥辱の洗礼を… (VISION)
成仏し天使になった主人公が自分の街を移動し、それぞれの施設にいる女の子を襲うだけの抜きゲー。選択肢の選び方で白か黒か判定され、その結果如何でエンディングが変わる。進捗状況は作中の教会で確認できるので、それを参考に進めていけばクリアできるだろう。Hシーンはアニメーションもあり、99年作品としては良いほうだと思う。
総プレイ時間 : 2h
70拘束超人 (FOSTER)
体育館にあるカツラをつけることで超人に変身することができる主人公が、女生徒を襲う体育教師と対峙する短編。変身するさい人間離れした能力を得られることと引き換えに中年の体型になり、おまけに下半身が露出してしまうのだが、そんなバカっぽい設定にまつわるドタバタよりは正義のヒーローものとして描かれている作品だった。最後の大団円的な終わり方も含めてまあまあ好き。
総プレイ時間 : 1h
70大ひんみん王 (ACID PLAN)
その名の通り大貧民(大富豪)ができる作品。ストーリーは特になく、ゲーム開始後すぐに大貧民に移行する。女の子が最下位になるごとにCGを見ることが出来、5回CGを見るとキャラクター選択画面に「済」のマークがつき、リセットするまで選択できなくなる。イカサマも基本的に無いので、純粋に大貧民をプレイしたいときにいいかもしれない。 → 長文感想(435)(ネタバレ注意)
60デンジャラス・トイズ (LOVE-GUN)
女の子総勢10名がHな体験談を語るオムニバス作品で。1本1本は今の作品でいうHシーンとピロートークのような構成で非常に短く、♀×♀ないし一人でするものが多い。レトロゲームにありがちなものだが、CGの一部のみが動くアニメーションあり。
総プレイ時間 : 1h
70星の砂物語 (D.O.(ディーオー))
ペンションに宿泊中のグループのうち1人が殺された事件から始まる探偵もの。作中に漂うどこか牧歌的な雰囲気がこの題材としては新鮮で、他作品なら大ぽかになってしまうであろう〆も含めて思いの外楽しめた一作だった。主人公の相談役(?)として13歳の女の子が出てくるが、Hシーンがなかったことは残念。 → 長文感想(66)(ネタバレ注意)
80推しのラブより恋のラブ(非18禁) (SukeraSomero)
女の子は女の子同士で恋愛するべき
総プレイ時間 : 4h
85さくらの雲*スカアレットの恋 (きゃべつそふと)
今作も叙述トリック、伏線回収は圧巻でした。一緒になって謎解きを楽しめました。もう少し歴史、推理小説に学があればもっと楽しめたかな。あと所長ルートの感動はずるいですね。グラフィックもレベルが一段上がってたのも良かった。とても良いゲームでした。
面白くなってきた時間 : 25h
83恋愛×ロワイアル (ASa Project)
かけ合いが楽しかった。あと、どえろかった。
総プレイ時間 : 20h
83ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう (ALICESOFT)
以前の作品はセンスと熱意で作られた作品、新体制の作品は頭がいい人が今のニーズと客がアリスソフトに求めてるものを分析して組み立てたものに「アリスソフトらしさ」を振りかけた作品って感じがします → 長文感想(1406)(ネタバレ注意)
60恋と選挙とチョコレート (sprite)
千里さんは不快ではないけど、態度に一貫性がなかった。 → 長文感想(393)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 21h
97白昼夢の青写真 (Laplacian)
間違いなくエロゲー界に名を残すレベルの名作です。どんな感想を語っても陳腐に聞こえてしまうのでもう何も言えません。本当に素晴らしいゲームでした。
総プレイ時間 : 20h