daga_masaさんのお気に入りユーザーの新着コメント

daga_masa

・設定が独自だったり、日常シーンのテキストが面白い作品が好み
・80点以上を好きなゲーム(個人的良作)としてパケを所持する基準にしています
・登録外のノベルゲーム点数
85 夏空のモノローグPortable
75 死神と少女
65 デザート・キングダムPortable
60 Sweet Present for Shin
60 ちぎみちゃん
55 Phase D 蒼華の章
55 Phase D 白影の章
55 Phase D 黒聖の章
55 Phase D 朱姫の章
50 マジてん ~マジで天使を作ってみた~

Twitter :
daga_masa

新着コメント

72D.C.4 ~ダ・カーポ4~(非18禁) (CIRCUS)
こんな化石のようなもえげーを2019年にプレイできるとはおもわなかった。 二乃がすき。
総プレイ時間 : 20h
55Re;boot (Rythme/Ark(同人))
キャラが道具になっている感じがするのが残念でした。あくまで自分がそう感じただけなので意図はわからないけれども魅力的なキャラもいるのでもどかしい。
70最果てのイマ COMPLETE (XUSE)
考察する人には考える余地があり脳足りんには日常会話で笑うことができるすぐれた作品でした。僕はもちろん脳足りん側。話を理解するのをあきらめた人が真に物語を楽しんだかは怪しいけれども、それでも自分が面白いと感じたらいいのかなと。いやもうほんとに頭空っぽだったからSSのコメディ集でした。
55品評会 ~オークション~ (ERROR)
開発にBLACK PACKAGEが参加しており、本作もブラパ初期の凌辱系抜きゲーに近いものになっていると言える。ようするに「作品全体の尺は短め・シナリオも薄く堕ちるまでが早いが、絵やUIは安定しておりそこそこH」というところだろうか。ボイスが無いこと、また女の子を落として品評会(オークション)にかけることを目的としているためエンディングが画一化されてしまう点はマイナス。
60誰も知らない天体への涙 本編3巻(非18禁) (ANAGRAM)
今回は今までより2,3倍ボリュームがありました。いまだに何がどうつながってくるのか全く予想ができず楽しみではあるがそろそろがっつり話が動いてほしいと感じてしまいます。もしかして自分が気が付かず動いていたり...ね?
60リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION (FLAT)
デスゲームものは一見珍しく見えるけれどもその中に作品差が出ているのが良い。いろいろなキャラの見せ場があるのは良いことだけれども少しゴチャついていた印象。ただ、話のつけ方はやる気があってとても好みでした。
84アオナツライン (戯画)
まさに青春だった。登場人物の人生観や恋愛観が若さゆえの未熟さも含めて描かれていて非常に良かった。あとエロシーンもわりと好き。
総プレイ時間 : 15h
75流星ワールドアクター (Heliodor)
個人的に楽しかったのでおっけーですが衣笠だから未完成でも許されるってわけでもなく妥当な評価かなと。これで完成とも言えるので続編はどっちでもいいです。ギャグっけは少ないが魅力的なキャラの事件捜索劇は読んでいて飽きないものでずっと見ていたかったです。エピローグのワクワク感もよい。
65たいせつなきみのために、ぼくにできるいちばんのこと (だんでらいおん)
主人公がうじうじ悩み続けている姿が好きでしたね。だからすずルートは良いし小鳩ルートもちょっと良い。一生妹のことを考えて生きていけ。
65学園☆新選組! ~乙女ゴコロと局中法度~ (May-Be Soft(有限会社リエーブル))
あかざの表情豊かでユニークな立ち絵が作品の雰囲気を引き立てていて良かったです。共学化のシナリオは面倒くさい展開が見えているものですが作風がコメディなので嫌な気持ちにならなかったのも嬉しかったです。主人公がボコられて楽しめる人はさすがにM。
75ガールズ・ブック・メイカー -幸せのリブレット- (ユメミル)
ぜんいんガイジでおもしろかった。あとけっこうえろかった。
総プレイ時間 : 20h
40紅き諍い女 (VEGA)
本作のシナリオは方々で論じられているので特段自分から言うことはないのだが、初回版同梱特典のドラマCDの内容が本編とほぼ同じだったことには失笑してしまった。ゲームは音声スキップが一切出来ない仕様なので、ドラマCDで内容を追うほうがいいまであるのが悲しい。グラフィックが美麗である点が救いなのだろうか。 → 長文感想(144)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 1h
40通勤快楽AD 小悪魔JK痴漢の巻 (覇王)
パケ裏の内容そのまんまのなんちゃって痴漢ゲー。ヒロイン個別のCGは9枚ずつ、ハーレムが10枚という配分で、ハーレムでは他の竿役(林間or共同で痴漢する人)が絡む。美音ルートの片割れで純愛エンドがあるが、あとは基本的に快楽落ち。一部のCGでアヘ顔差分が存在する点は好みが分かれるだろうか。システムの動作がもっさりしていて、セーブを開くのですら数秒かかった点が一番気になった。
総プレイ時間 : 1h
81まおてん (CandySoft(きゃんでぃそふと))
ラストルートで急に面白くなりました。伏線をちゃんと回収してるし、変化と恒常というテーマ?についてもうまく物語に落とし込んでいたのかなと思います。ゲームとしての一つの結論があり、それを裏付けるようなストーリーだったので、スッキリ読み終えることができました。 → 長文感想(143)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
40のぞきみユ~レイ!! (Studio Ebisu)
「幽霊となった主人公が煩悩を払うためこの世に滞在する」という設定そのものは興味深いが、登場するヒロインに霊感がある人物を登場させなかったことは致命的なミスだったようだ。結果としてヒロインを4~5週(ゲーム内時間)にわたりストーキングし、行動を観察しながら独り事をぶつくさ呟くだけという想像の斜め上を行く内容となっている。主人公のヒロインたちとの繋がりも最終盤に突如降って湧くだけ、個別エンディングがない、絵が安定しないなど穴だらけの構成で、ADVの主人公で観測者の経験をしてみたい方以外には薦められない作品だ。
81HarmonEy (はちみつそふと)
山も何もなく何気ない結婚生活を垂れ流してひたすらいちゃいちゃするだけのゲーム。理想的な夫婦生活ですごいよかった。疲れた現代人に刺さりそう。あとグラフィックが綺麗なのもポイント高い。
総プレイ時間 : 5h
75援女交際 ~亜梨紗の情事~ (ぱちぱちそふと)
真面目な亜梨紗ちゃんが、初えっちのいやいや感から徐々に淫乱になってく描写が興奮した。 ただエッチ相手は主人公?一人のみで、思ったより和姦チックが多かった、援交っぽさは最初の2回くらいのみだったのは期待と違った。
総プレイ時間 : 5h
68さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation- (FAVORITE)
クロルートのお互いを思う気持ちの描写と、全体の雰囲気は好きだけど、物語があまりに複雑すぎて合わなかった。 → 長文感想(440)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h
75D.C.4 ~ダ・カーポ4~(非18禁) (CIRCUS)
やっぱり杉並は仲間内にいた方がいいなあと思った。魔法が前面に出すぎていたⅢよりも、学園でのドタバタが面白かったⅡに近い雰囲気で好き。個別もちょっと不思議な現象に戸惑いながらも背中が痒くなるような恋愛を繰り広げてくれるし、D.C.感あって良かった。 → 長文感想(1284)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 34h
60デモニオン ~魔王の地下要塞~ (アストロノーツ・シリウス)
えっちな絵を見るためにひたすら頑張ってプレイしました。何の知識もなかったガキのころ脱衣ブロック崩しにむきになったのを思い出したり。エロシーンのためにゲームを頑張れるくらい面白かったです。
60家の彼女 (Argonauts)
今、この手の低価格ゲーが流行りの中個性を出すのが難しくなってきていると思いました。いちゃらぶ系はヒロイン1人の2,3時間で終わるゲームが大半だと思っていますが短いだけにプレイヤーの記憶にも残りやすいです。このシーンが、描写が、主人公がよかった、何か感じるものが欲しいです。つまりこのゲームには何もなかった。
83イブニクル2 (ALICESOFT)
絵柄や雰囲気、小ネタまでポップで楽しい感じが好きで、飽きずにプレイできた。バトルシステムは前作同様比較的シンプルで手軽に楽しめた。
総プレイ時間 : 50h
97親愛なる孤独と苦悩へ(非18禁) (楽想目(同人))
本当に感動してボロボロ泣いてしまった。 → 長文感想(545)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
65ひなたぼっこ (Tarte)
最初から最後まで優しい雰囲気に包まれている作品。日向は太陽のような触れてはいけない存在なのではないかと思った。人間離れした人格者ぶりには度肝を抜かされるし、こんな人が主人公を好きになるのはちょっと無理があるよなあ…
総プレイ時間 : 7h
55母性カノジョ2 -知性 崩壊編- (あかべぇそふとつぅ)
何をどう母性と感じるかはプレイヤーによって違うはずですが誰が見ても雑な母性だなと思う作品だったと思います。今現在流行っているとは言えなくなってきているコンセプトにあまり熱意のない作り手のママ感を出されるとなかなかにしんどい。ママじゃなくて母性ってことを理解していてもそっちですらいまいちに感じてしまう。自分はママ研究家なのでこの手のゲームはできる限り手を出していますが実際どの層をターゲットにしているかは謎です。
80リアライブ (Purple software)
個別では各ヒロインの成長の為の、つかの間の逃避…という印象を受けとても好みの雰囲気だった。…のだが、グランドルートの描写を見る各ヒロインの成長が促されたのはある意味成り行きだったようで、彼女たちの物語のスタートが彼女たちの意思ではなかったところが残念だった。 逆にいうとレヴィが全部仕込んだ物語なので、レヴィルートが気に入ればめっちゃ面白いと思うのだが、ちょっと理屈っぽすぎたのと極端な自己犠牲精神が描かれていたので、僕はあまり好みではなかった…のが正直なところ。とはいえ世界観の設定には唸ったし綺麗なラストではあったので読後感は良かった。良かったのはいつもながらのCGの綺麗さと、あとifストーリーがエロすぎたこと。purpleの過去2作(アマツツミ、アオイトリ)よりは萌えエロゲらしい雰囲気なので比較的手軽に楽しめると思います。
総プレイ時間 : 20h
60ルーデシア Spidering with Scraping(非18禁) (talestune(同人))
/のせいでテキストが読みづらかった。何を目的として/を多用しているのか不明。正直、話も最後の最後までよくわからなかった。 → 長文感想(96)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 9h
60アイよりアオい海の果て (AXL)
自分の中でAXLをプレイしている人は他のAXLもいっぱいプレイしていて突然この作品からはじめる人はいないイメージです。見ているとAXLとしての評価が多いので初AXLがこの作品だったらどのような評価になるのか少し気になりました。自分は結構好きでした。よくない箇所やイラつく場面もあったけど楽しい作品ではあったと思います。
84Deep One -ディープワン- (Nameless)
勢い任せなところはあるけど、怒涛の展開とかなり凝った設定と演出で想像以上に楽しめた。文体が独特だったりキャラも癖が強いので合うかどうかはあるものの総合的には大満足に近い。エロは少ないながら濃かったのでこれもアリだと思う。これなら全然叩かなくてよくない?
70リアライブ (Purple software)
この手のシナリオが流行りだと思うのでこの先もっと増える思います。比較的カジュアルな作風なのでとっつきやすそうです。
82Golden Marriage (ensemble)
全ヒロインの視野の深さや度量の広さが若干大人びている感じがして、プレイしていてストレスなく安心感があったのが一番良かったところです。ヒロインみんな魅力がありました。個別がかなり短かったのだけ残念。
総プレイ時間 : 15h
55SilveryWhite ~君と出逢った理由~ (桜月)
那由里ルートの主人公がウジウジしすぎてて辛かった。それで宮辻先生は一体何者なの?最後までやってもわからなかったんだけど(池沼) → 長文感想(176)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 17h
71少女アクティビティ (pure more)
エロ絵の肉感がよかったです。おはなしはつまんなかったです。
総プレイ時間 : 6h
89空に刻んだパラレログラム (ウグイスカグラ)
個々人の才能や努力に対する想いを中心とした心情描写が、皆が普遍的に感じるであろうものが多かったおかげで、キャラクターがとても身近に感じられた。グランドエンド?の、王道を地で行くとても綺麗なラストも、ヒロイン達のこれまでの苦悩が報われて感無量だった。後半のスポ根っぽい展開も良いけど、個人的には序盤~部内戦決勝くらいまでがとても好き。個別はおまけみたいな感じだった。キャラクターとしては、玻璃になぜか惹かれた。めっちゃわがままで子供っぽいから割とイライラするんだけど、基本的にお兄ちゃんの為ってところがあるので結局は憎めない。あとは里亜との距離感がすき。FDやりたいです。
総プレイ時間 : 20h
55ソーサリージョーカーズ (3rdEye)
神前・フィオナ・アンナベルはここまでやる…げにフェアじゃない → 長文感想(1217)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
70スワローテイル -あの日、青を超えて- (NIKO)
いつものmore...とはちょっと違ったかもしれないです。彼女付き合った状態でスタートするゲームは他のルートに行く時が見どころってメモオフ2が教えてくれていたので楽しみにしていましたがいろいろあって叶いませんでした。今回は大学生が主人公なのでFラン大学卒陰キャキモオタにはとてもしんどいゲームでしたね。主人公がとにかく流されやすいのがダメダメポイントですがヒロイン一人一人の思いはしっかりしていてよかったです、どちらかというとヒロインが主人公を攻略するタイプ。CGも相変わらずきれいでここぞというタイミング出すのがうまかったです。他のゲームにも言えるけれども感動のED後にエロシーンが始まってそのまま何もなく終わるのは余韻が台無しなのでやめてもらいたい、入れる枠なかったらギャラリーで開放でいいんじゃないですかね。
75金色ラブリッチェ -Golden Time- (SAGA PLANETS)
理亜ルートの是非が評価の分かれ目ではないのでしょうか。メインヒロインのアフターがあってサブヒロインのルートがあってと、ここまでは基本的なFDの構成でした。追加の理亜ルートどう思いましたか、僕はよかったんじゃないのかなと思います。最後の最後のシルヴィのセリフはよくもまぁやってくれたな○○っていった感じでしたけれどもね。間違いなく嫌いな人もいるだろうし気持ちはよくわかります。
80オモカゲ ~えっちなハプニング!? なんでもどんとこい!~ (あかべぇそふとすりぃ)
ほぼ全シーン舌出しアヘ顔です。エロシーンでの無駄な状況説明の語彙力や声優さんのエグい演技も最高でした、エロ的にはかなり満足度の高いゲームでした。
総プレイ時間 : 15h
83アオイトリ (Purple software)
あかり以外は並だけど、あかりだけは流石に頑張ってた。あかりのような「普通の人間」が持つ考えや行動に理解できる部分が大いにあった。とはいえ全体としてよく言えば幻想的、蠱惑的だったけど、悪く言えば概念的過ぎて理解が及ばないところは多々あった。何とも捉え方が難しい作品だった。エロシーンはここ最近で一番良かった。
総プレイ時間 : 20h
75ショコラ ~maid cafe ”curio”~ Re-order (戯画)
真子さんルートも趣味が悪い。個別はどれも短く余分な要素0の面白さでした。チロル絡みの演出が良くBADエンドのヒントも面白くてついつい見てしまいました。あと仕事中の場所選択して出てくるミニキャラがとても可愛かったです。
30凌辱同窓会 (ZERO)
初期のZEROのタイトルに多い「一風変わった題材を取り扱ったが中身が伴っていない出オチ」のような作品だ。「学生時代にはできなかったこと」をテーマに偽の同窓会を開き、薬を盛って罠に嵌めるまではいいのだが、凌辱した女の子を拘束するでもなく校舎内に野放しにしたり、はたまた家に帰そうとする緊迫感の無さや、7個あるエンディングのうち複数で同じ展開が発生するなど手抜きが目立つ。CGも非常に雑で、同時期の「凌辱バスツアー」と比較すると本番が少ない点以外で劣っている。
総プレイ時間 : 1h
70高貴なお嬢様を片っ端から孕ませたら、どうなるか? (すたじおもみじ(同人))
このサークルの孕ませ系抜きゲーは何れも内容がほとんど同じだが、本作もそれに漏れず金太郎飴のようなな作りとなっている。美麗なイラストや書き文字、ボテ腹や妊娠検査薬を使ったHシーンなどが特色だが、一方で凌辱ものの悪役を彷彿とさせる破綻した性格の主人公の存在や、ヒロイン別でシナリオの展開はおろかHシーンのシチュエーションすら瓜二つであることなどがマイナス点として挙げられる。脱落型のBADエンドがやや多い「孕ませ王国」はさておき、興味が有る方はその他の3本の中から1つ手に取ると良いだろう。
総プレイ時間 : 1h
50MQ ~時空の覇者~ (AbelSoftware)
多次元世界を渡り歩き意中の女性の魂を具現化したような存在である「フィル」を3日以内に集めるのが主人公「アヴァタール」の目的で、一方その「フィル」を持った女性が亡くなってしまう悲恋ものとしての側面も存在する作品だ。前半~中盤までは中々に楽しく読ませてもらったが、終盤衝撃の事実が明かされると同時に急転直下で打ち切られてしまう尻切れトンボのような作りとなっており残念。価格帯に見合った作りではないが、バトルの描写や多次元世界の演出などには力が入っており、またHシーンも1人1回とはいえCGを何枚も使って連戦させるなど、後世のアーベル作品と比較するとマシな部類のタイトルになると思われる。
総プレイ時間 : 2h
30トリノライン (minori)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
65絆きらめく恋いろは -椿恋歌- (CRYSTALiA)
椿FDであるとともに絆きらめく恋いろはのFDでした。本編椿ルートでは薄かった呪いやら伝承やらの話も盛り込み椿ルートをもう1ルートやっているような感覚。好きだった部分はそのまま好きで嫌いだった部分は嫌いで本編そのままFDの見本みたいです。個人的に好きな演出展開があったので満足です。
65魂々(非18禁) (Festival(同人))
面白かった。タイトルが上手い。 → 長文感想(219)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
91アメイジング・グレイス -What color is your attribute?- (きゃべつそふと)
すげーよく出来た物語だなと思った。ここまで見事に伏線回収してきたゲームは初めてかもしれない。 ぼくはサクヤ派です → 長文感想(726)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 13h
60その日の獣には、 (minori)
仰々しいあらすじ、設定だけれどもふたを開ければこじんまりしていた作品。劇は舞台設定としてあり主題はまた別のところにあります、演劇ゲーがやりたい人はそこに注意。欲と代償についてはそこそこよくできておりプレイしていてプレイヤーである自分のコンプレックスも刺激されました。ただ同じ展開が多いのですぐに飽きてしまうのが残念。結論、劇について触れる箇所が少なくなってしまってるせいで良くも悪くも普通の作品になってしまっている印象を受けました。
75幻創のイデア ~Oratorio Phantasm Historia~ (3rdEye)
人間よりも人間らしい心を持ったイデア達の生き様に心が打たれた。幻創界にいたままでは気付けなかった心の弱い部分を、人の器に収まることによって知る。イデア達は物語が進むごとに人間に近づき、人間を追い越して行った。「人間が好き」と堂々と言うことができる、人間の目指すべき“幻ビト”に目を焼かれる素晴らしい作品だった。 → 長文感想(65)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 27h
81愛欲姉妹ロリータ (夜のひつじ(同人))
少女たちの問いかけにぐるぐる思考をめぐらしていたら、いつのまにか心も体も不思議な空間に溺れていくような、麻薬のようなゲームでした。あとだいぶエロかった。
総プレイ時間 : 6h