cherobeさんのお気に入りユーザーの新着コメント

cherobe

cherobeと申します。まだプレイ(クリア)した作品が二桁の未熟者ですが、よろしくお願い致します。

新着コメント

87D.C.III ~ダ・カーポIII~(非18禁) (CIRCUS)
何の話なのか、「もしかして・・・」が浮かんだ瞬間、何とも言えない気持ちになりました。見せ方も好みに合っていて、このシリーズが好きな私にとっては、嬉しい限りです。 → 長文感想(729)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
71同棲ラブラブル (SMEE)
ラブラブル各ルートの後日談。1~2年後のカップルの生活が本編個別ルートに近い分量楽しめる。イチャイチャラブラブするのもネタが尽きかけそうな感じのところを「同棲」という生活の変化(一部除く)と、ちょっといい話の締めくくりで、まずまずの展開になっていると感じた。花穂(実妹)を中心に見ると、ちょっと違う見方ができるかもしれない。 → 長文感想(1672)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
96WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ (Leaf)
introductory chapterの時に抱いた期待に十分に応えてくれた作品。「私が今までにプレイした全作品」の中で、最も、積み上げ、盛り込み、つながりがあり、私が耐えられるギリギリまで攻めていた作品。 → 長文感想(26292)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 33h / 面白くなってきた時間 : 18h
81ef - the first tale. (minori)
紘の選択や、みやこが自由な生き方をしながらも欲するもの、これらが心に残る物語。 → 長文感想(2409)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
73晴れときどきお天気雨 (ぱれっと)
願いを叶えるのは「神様の奇跡」ではなく、「優しい人達の想いの力」といったところか。絵はもちろん、なずなと香奈恵が気に入っていて、少々重めの話や、主人公ヘタレの三角関係に抵抗感がなければ、大きくは外れないだろう。
74SuGirly Wish (HOOKSOFT(HOOK))
まったりとした、安定感のある、より一層予定調和な『良い話』。展開を気にするわけでもなく、先行きに不安に感じることもなく、ただ、今の場面の微笑ましさを楽しんでいければ、十分に楽しめると思います。そんな中、「屋根裏に住む不思議少女」月ヶ瀬杏奈は、見慣れないタイプ。もっと、何者であるかが判明していく展開であれば、一層魅力的になったと思う。 → 長文感想(2657)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h
79未来ノスタルジア (Purple software)
杏奈がやってきた目的に関係するところは面白かったし、感動したところもある。一方で、それ以外の部分は、本筋への絡み度合いで見ても、あるいは、別方面での面白さという点で見てもイマイチな感があった。(2012年1月修正) → 長文感想(3417)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 22h / 面白くなってきた時間 : 18h
72いろとりどりのセカイ (FAVORITE)
絵は綺麗だった。真紅は可愛かった。でも、私はこの作品に「いろとりどり」は見出せなかった。 → 長文感想(1658)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 22h / 面白くなってきた時間 : 17h
76すきま桜とうその都会 (propeller)
優しくて暖かい──そんな「うそ」を通じて、何かを取り戻す物語。独特の雰囲気も、演出も音楽も良かったと思うが、そうして上がった期待度の割には、核心の部分でインパクトが弱かったのが残念なところ。 → 長文感想(1334)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 16h
81カミカゼ☆エクスプローラー! (Clochette)
「なんで、ニヤニヤしっぱなしでいられる作品にならなかったんだろう。こんなにハーレムとバカップルが楽しいのに。」と、シリアスな展開や予想されたり陰謀が見えたりするたびに思ってしまうくらい、日常の部活動とガールズトークが楽しかった。 → 長文感想(2292)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 21h / 面白くなってきた時間 : 1h
79恋ではなく -It’s not love, but so where near. (しゃんぐりらすまーと)
恋ではない、だけど、それと比べようのない大切な想いを抱いていたことに気づいた2人の物語。 → 長文感想(3472)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h
70Marguerite Sphere -マーガレット スフィア- (Meteor)
萌えゲーとしては無難と言うか、物足りないと言うか、といったところで、マーガレットの花の物語として見ても、もっと込められるものがあったのではないかと思う。ヒロインでは、内では甘えんぼ、外ではクールの二重人格な実妹・茉莉の可愛さが好印象。 → 長文感想(972)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 10h
85穢翼のユースティア (AUGUST)
「オーガストが、この舞台設定でどう楽しませてくれるか」という点では、期待していた方向で、安定感のある、十分の内容。描写は丁寧で、導入部での世界観の構築、物語への引き込みと、先が気になる展開があり、主人公の活躍やヒロインの成長を飽きることなく読んでいくことができました。 → 長文感想(2226)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
76ラブラブル ~lover able~ (SMEE)
恋人になってからのイチャラブ特化型。それは、恋人になるまでの過程が足りないのではと思うくらい(でも、初々しさのある、いちゃいちゃを見ていると、それでもいいかと思ってしまう。)。恋人になってから見られる一面、ギャグ強めの主人公とのからかい含むやりとり、主人公の好みに合わせた服装・髪型の変化、主人公の返信により変化のあるメールのやりとりなどニヤニヤが止まらない作品。 → 長文感想(1554)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 14h
81キッキングホース★ラプソディ (ALcotハニカム)
つき合うとヒロイン達が一気に可愛くなるいちゃいちゃ路線。主人公との距離が縮まっていく描写や読後の爽快感も良かった。キッキングホースラプソディ(とお邪魔団)の背景事情はプレイヤーの受け取り方次第だろうが、主人公の周りにヒロイン3人をポンポンポンっとバランス良く配置することと、三角関係となりそうな展開には十分役立ったと思う。 → 長文感想(2865)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h / 面白くなってきた時間 : 7h
70D.C.Dream X’mas ~ダ・カーポ~ ドリームクリスマス (CIRCUS)
萌えの「お約束」を守った、安全運転の内容。D.C.シリーズに思い入れのある方、特に(OHPにある粗筋のとおり、)ⅠとⅡのキャラがクリパで出逢うという話に興味がある方やサンタ服でのキャラが見たい方にはおすすめ。 → 長文感想(1617)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h / 面白くなってきた時間 : 1h
72星空へ架かる橋 (feng)
「空三部作」の完結編として前作までを上回るものを望むと期待はずれとなりそうだが、初心者向け、平坦な萌えゲーが好きな人向け作品として水準レベルだと思う。 → 長文感想(1970)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
74さくらビットマップ (HOOKSOFT(HOOK))
HOOKSOFTの10周年記念作は、田舎の優しく暖かくて、とても良好な雰囲気の中でのまったりが特長の純愛物語。ルートにより差異がありますが、平穏な内容で、ただ、のんびりと、ニヤニヤと眺めていられる展開が多くて良かったです。 → 長文感想(1533)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 3h
75天使の日曜日 “ef - a fairy tale of the two.” Pleasurable Box. (minori)
minority spiritを持ち続けるメーカーにしては、よくあるタイプのファンディスクで、公式のストーリー紹介どおりの「新しい幸せな1日」とアナザーストーリーを楽しめた。 → 長文感想(1277)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
83リアル妹がいる大泉くんのばあい (ALcotハニカム)
兄と妹はもちろんのこと、「血のつながった兄弟姉妹というかけがえのない絆を大切にしてほしい」というメッセージが、登場人物の描写からも話の展開からも伝わってくる作品。妹の登場するゲームとしても珍しい設定による引き込みと、その後の仕掛けの上手さを感じられる、短いけれどもまとまった、インパクトのある良作。 → 長文感想(4153)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h / 面白くなってきた時間 : 4h
94ナルキッソス ~もしも明日があるなら~Portable(PSP)(非18禁) (角川書店)
「決して結ばれることのない、去る者と残される者の気持ち」を書き続けたnarcissuの集大成。構成面でも、セツミと主人公による短い物語だった1作目からの話の広がりと、その1作目へのフィードバックが素晴らしい。出逢えて良かったと思う物語となりました。 → 長文感想(1693)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h / 面白くなってきた時間 : 1h
79黄昏のシンセミア (あっぷりけ)
距離感の良い実妹を筆頭としたキャラ萌え+田舎+伝奇物。物語は平凡とも言える内容ながらも、先を読み進めたくなる、期待を持たせる何かが常にあったので最後まで楽しむことができたが、高まった期待ほどには盛り上がりやメッセージなどは感じられなかったのが残念なところ。サブヒロインルートの存在や、「フラグメント」として切り出された別視点の場面、親切なフローチャートシステムも好印象。 → 長文感想(1155)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 21h
77PrismRhythm -プリズムリズム- (Lump of Sugar)
大樹と水のヒーリングADVというジャンルと体験版含む事前情報から期待していた通り、曇りを感じさせないほどの雰囲気の良さで「癒し」を感じられる作品。ゆったりまったりのんびりと楽しめる日常、主人公との恋愛により魅力的になるヒロイン達、夢の実現に向けて努力する中での成長が雰囲気を壊さないように丁寧に描写されている。引き込まれる展開や、盛り上がり、感動など、シナリオ面で望みたくなってくるところは多々あるが、一番期待していたこの作品の特徴が保たれたことを評価したい。シナリオよりも雰囲気を求めている人(時)におすすめの作品 → 長文感想(910)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
91WHITE ALBUM2 ~introductory chapter~ (Leaf)
各場面における「各登場人物の想い」「起こっている出来事」を、プレイヤーに悟らせるための、テキストや場面構成、仕掛けが素晴らしい。これを「序章」として続く物語には期待大。 → 長文感想(5220)(ネタバレ注意)
78D.C.II Fall in Love ~ダ・カーポII~ フォーリンラブ (CIRCUS)
D.C.シリーズの「わかりやすい萌え」という特長が活きる、無難に期待に応えたアフターストーリー(のいくつか)が好印象。話が読めても(スタート時のストーリー紹介に書いてある)、一定の満足が得られるものが多かったです。 → 長文感想(2026)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
76ましろ色シンフォニー -Love is Pure White- (ぱれっと)
「二人の色で染めてゆける、無垢で、純真な、しろいいろ」としている恋について、主人公とヒロインの両方の視点からの描写により、その過程も含めて、甘々な感じが味わえる作品。ヒロインの魅力に序盤から惹かれていれば、あるいは、物語のテンションについていければ、とても楽しめる場面が多いと思います。 → 長文感想(4344)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 19h
96はるのあしおと (minori)
成長物語は数ある中、誰もが抱えるであろう悩み──将来への不安と期待、失敗を恐れる気持ちと一歩踏み出す勇気、孤独を容認しつつも本当は寂しい気持ち、誰にも見せていないが特別な誰かに知って欲しい本当の自分といった葛藤への直面──そして、それを乗り越える人間的成長までを描ききった、素晴らしい作品で、私が18禁ゲームに期待する範囲を超える作品。(2012年1月修正) → 長文感想(3589)(ネタバレ注意)
75夏ノ雨 (CUBE)
理香子ルートは、進むにつれて、「普通」の物語を丁寧に描けているという好印象に。また、翠の親友ポジションの取り方、ヒロイン視点の各ルートエピローグに爽やかさを感じられた。 → 長文感想(1905)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 9h / 面白くなってきた時間 : 2h
80eden* They were only two, on the planet.(非18禁) (minori)
綺麗なCGを豪華に用いた演出(音響や瞬きなどの表情の変化も)は別格。壮大な設定とあわせて、導入部から「一段違う物語」と感じられれば、ゲーム性やキャラ萌えや意外性ある展開に頼らずとも、好印象のまま物語を終えるには十分の出来。 → 長文感想(1368)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h
75ハルカナソラ (Sphere)
ヨスガノソラで気に入っていたところが残っている上に、デレた穹の素晴らしい笑顔と甘えと、少しの成長、ちょっと積極的になった態度に大満足。総ボリュームは少なめですが、穹ルート単体で見れば、本編のメインヒロインのアフターストーリーとしては量的にも十分だと思います。 → 長文感想(774)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
79そらいろ (ねこねこソフト)
ねこねこの復活を待ち望んでいた人、特に「ラムネ」が記憶の中で美化されている人、片岡とも氏、海富一氏のテキストが好きな人にとっては、安定感を感じながら楽しめる作品だと思います。(新)みずいろシステムは、メリット・デメリットともに予想される範囲で存在するものの概ね好印象でした。 → 長文感想(1214)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
72メモリア (Purple software)
『──探しているものがある。ずっと、ずっと。』『「アステリア」と「エステリア」異なる二つの世界。』オフィシャルホームページのシナリオ紹介の冒頭の二文から期待した内容は不発気味。日常描写についても、良くも悪くもいつもどおり、と言えるかどうか微妙な内容で、主人公鈍感と共通部分の差分の少なさから、一部個別ルートの導入部に不自然さあり。 → 長文感想(2824)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
72ナツユメナギサ (SAGA PLANETS)
物語世界に大きな謎があり、先が気になって、どんどん読み進めることができたのですが、大きくなった期待に見合うほどには強く印象的な展開はなく、伏線の利きも感じられず、不快感ではないのですが、やや拍子抜けに感じました。 → 長文感想(1368)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
74D.C.II To You ~ダ・カーポII~ トゥーユー (CIRCUS)
萌え系のアフターストーリー以外にも話が広がってきているところが、シリーズの一ファンとしては嬉しかった。コストパフォーマンスはイマイチなので、本編が好きで、作品紹介を見て「過去編か~しかも、なかなか美味しいネタを用意しているではないか。」と思う人でないと物足りなく感じるかもしれない。 → 長文感想(1287)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
91narcissu 3rd -Die Dritte Welt-(非18禁) (ステージ☆なな(同人))
「日常・死生観」という、書き手の数だけ伝えたいことがある主題。前作同様、プレイヤーが自由に感じ取れることができ、そして、実際に感じ取るものがある作品になっていると思います。 → 長文感想(1339)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
75星空のメモリア -Wish upon a shooting star- (FAVORITE)
「流れ星に願いごと」「星見(天体観測)」「展望台の(想い出の)彼女」ときて、こういう語から予想される話のロマンチックな感じが好きであれば、全体的には好印象となりそうな作品。 → 長文感想(3260)(ネタバレ注意)
74タペストリー -you will meet yourself- (light)
主人公の設定から予想できるものを期待していると、違和感のある場面も多く、特に序盤では、主人公が過ごそうとする「変わらぬ日常」とのミスマッチになっているように感じられたが、終盤では、その設定のツボを抑えられているルートもあって、好印象になってきた作品。各プレイヤーが抱く、泣きゲーの理想像から減点法で考えると、厳しい評価になりがちだと思う。 → 長文感想(1461)(ネタバレ注意)
76祝福のカンパネラ -la campanella della benedizione- (ういんどみるOasis)
絵の可愛らしさは見事。雰囲気は甘々で、キャラ萌えをゆっくりニヤニヤ楽しめると思います。萌えゲーが好きな人、好きになりそうな人におすすめですが、「萌えが大好きで、いくらでもと思っていたのに、あまりにも甘すぎて…」となってしまうかもしれません。シナリオはご都合主義なりにまとまっていると思います。クエストへの過大な期待は禁物。 → 長文感想(1330)(ネタバレ注意)
84D.C.II P.C. ~ダ・カーポII~ プラスコミュニケーション (CIRCUS)
Ⅱ無印と比べて、対象ヒロイン数などボリュームが倍増し、いつも通りの「甘く切なく、こそばゆい恋物語」が長く楽しめるようになった作品。「枯れない桜」を中心とした独特の雰囲気、面白い仲間に囲まれてイベントではじける学園生活、そして時には照れくさかったり切なかったり─そういった、本シリーズの初音島と風見学園が好きなプレイヤーにとっては、概ね安心して楽しめると思います。 → 長文感想(325)
総プレイ時間 : 40h
75ヨスガノソラ (Sphere)
長所としては、「穹が可愛い」「CGがとても綺麗」くらいしか印象に残っていないが、実妹キャラが大好きで、軽めの近親描写(背徳感)が合う人、特に主人公だけを拠り所にするような依存系が好きな人には、それだけでも十分すぎるほどおすすめの作品。 → 長文感想(1356)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
80さかあがりハリケーン ~LET’S PILE UP OUR SCHOOL!~ (戯画)
行動力のある主人公が周囲に影響を与えていき、色々な立場の人が協力して学園祭を創り上げていくところや、その過程での日常の掛け合いが楽しめました。また、登場人物間の過去の関係を中心とした伏線も活きていて、短いけれども楽しめる話でした。 → 長文感想(2362)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 14h
75明日の七海と逢うために (Purple software)
七海姉妹ルートのアペンドディスク。「明日の君と逢うために」の雰囲気、テキストの読み心地、場面の展開が気に入っていて、七海の登場する場面が好きであれば楽しめそうな作品。他の追加要素を求めていたり、コストパフォーマンスが気になる人にとっては期待外れのファンディスクになるかもしれません。 → 長文感想(613)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
73FairlyLife (HOOKSOFT(HOOK))
個性的で魅力的な登場人物の会話の応酬が面白い場面も相当数あるが、そのノリと雰囲気と設定(擬人化)に期待しながら進めていると、雰囲気を壊すような行動をとる人物がいて白けさせられたり、擬人化含む個性的なキャラを活かさずノリの悪い展開に持っていかれたりすることが多く見られたのが残念だった。 → 長文感想(2074)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h
89ひまわり (ぶらんくのーと(同人))
伏線を効果的に用いた出来事や心情描写などの深いつながり、まとまりは、「ロリっ娘宇宙人同棲ADV」というジャンルからはなかなか予想しないほどの素晴らしさで、物語に引き込まれました。宇宙物だから許容されるような壮大な展開、夢のあふれた台詞も面白く、話の構成も中身も十分に楽しめる作品でした。 → 長文感想(331)
74春色桜瀬 (Purple software)
良くも悪くも学園物の王道を行くキャラ萌えゲー。作風のネガティブな面も少々目立ってしまっている感がありますが、好みに合えば、ハーレムとバカップルにニヤニヤして楽しめる作品だと思います。 → 長文感想(1189)(ネタバレ注意)
97パルフェ ~chocolat second brew Re-order~ (戯画)
「2番煎じ」とタイトルにつけ、前作の短所を削り、長所を伸ばしたところにはまさに感服。里伽子ルート、恵麻ルートの感想のみです。 → 長文感想(5090)(ネタバレ注意)
87ef - the latter tale. (minori)
相手を支えてともに悲しみを乗り越え、幸せを手に入れようと歩き続ける人達の物語。そんなありきたりになりそう話が、綺麗な絵と演出効果、丁寧な心情描写によって上手く印象づけられていると思う。章や人のつながり、伏線の仕掛けられた展開によって、群像劇としての魅力も十分だと感じた。 → 長文感想(1233)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 11h
80Sugar+Spice! (Chuablesoft)
話の続きが気になるというよりは、各イベントが楽しかった作品。ヒロインみんなの良さを魅せる展開が続く、ボリュームたっぷりの学園生活等のイベントが良かったです。 → 長文感想(2616)(ネタバレ注意)
100君が望む永遠 ~Latest Edition~ (âge(age))
あの感動…の後に少しだけ続く物語、と大きな期待をしてプレイ。変わらぬ想いがあるとともに、時間の経過により、感動するポイントが少しずつ変わることもわかった。感想は3章のみです。 → 長文感想(1499)(ネタバレ注意)