bitter_snow_fragmentさんのお気に入りユーザーの新着コメント

bitter_snow_fragment

◯採点基準(5点刻み)
 90点~100点 (自分の中での)傑作・神作
 75点~85点 良作:好きな要素がある / シナリオが面白い / 心動かされるところがあった / いつかまたプレイしたいと思えた / 人に自信を持って勧めたい  
 60点~70点 最低点~及第点~惜しいところはあるけど面白い
 55点以下  他人に勧めたくはない作品

 ※いわゆるフリゲや同人ゲー等の点数はやや低めかもしれません

 ※点数は、あくまでも独断と偏見と好みと性癖で左右されています。

 ※点数自体は、シナリオの面白さ>読み手への影響力や読後感、設定や展開・キャラクター等に矛盾や粗がないか、文章は読みやすいか読んでいて不快でないか。>その他の順に考慮して決めます。そのため私好みの要素があっても低くなるケースはあります。
 ※長文感想では、思ったまま・考えたままのことをかなり好き勝手かつ相当の長文で述べていることが多いので、ご注意ください。
 ※複数人攻略ヒロインがいる中で一人くらい気に入らないキャラor面白くないルートなどがあっても、作品全体に影響がある or 作品全体を破綻させているようなレベルでない限りそれだけで減点はしません。ただ目に余る場合や破綻しているキャラやルートが複数ある場合は減点することもありえます。

 ※70点~80点あたりに「個人的には好きな要素いっぱいあって面白いと思うけど、粗や消化不良なところ、人を選ぶところとかマイナスになりそうな要素がある。もしくはあと一歩足りていればなぁ」と思った点数化するのが難しい作品がかなり配置されております。

 ※2018年11月~2019年1月に掲載した感想には、PC内で埋もれていた当時プレイした作品についての感想メモを元にしたものが多いです  

新着コメント

68ドMなハイエルフさんと異世界孕ませスローライフ (Norn)
一目惚れということで、初っ端からイチャイチャメインでそのまま最後まで駆け抜けていく。そのためお話としては一ミリも面白くはないのだが、そんなことはどうでもいいのだ。優しくて、寂しがり屋で甘えたがりなエフィーリアさんがたまらない。主人公のいかなる要求も受け入れ、主人公を喜ばそうと必死になる。そんな姿がどこまでも健気で愛らしかった。家族を失い一人ぼっちになった女の子が願ったもの。それは金でも名誉でもない、たった一つの温もりだったのだ。
総プレイ時間 : 2h
82ままらぶ (HERMIT)
住む部屋は違えど、その付き合いの深さに隔たりはなく、家族のような関係。それが強く頭に残った。その関係を存分に扱った共通パートは勿論、個別パートは個別パートでちょっぴり辛いが最後には笑えた。ママと娘どちらを取るか、甲乙つけがたいがやはりママかなぁ。 → 長文感想(1662)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
55甘やかしたりしないぞ! ~小さくなって純情勝気な青葉お姉ちゃんに叱り可愛がられるツンデレ子作り~ (Norn)
主人公がきついのはさておき、ヒロインが微妙だったのが残念でならない。思ったほどツンデレでも強気でもないし、かと言って甘やかしに長けているわけでもない。もう起動することはないだろう。
総プレイ時間 : 1h
72きみはぐ (FrontWing)
魅力的なサブキャラがいるにもかかわらず、それを生かそうとしなかったり、付き合った後のお話がイマイチのものが多く、満足度は低い。ただ、やはり恋のキューピットあるあるなお話だけは良かった。葛藤する女性というのはいつ見ても素敵だ。
総プレイ時間 : 8h
70ほしうた ~Starlight Serenade~ (FrontWing)
だいぶ期間が空いたのもあり、楽しめないかなとも思ったが意外にも夢中になれた。シナリオが杜撰でも、キャラクターの可愛らしいさとミニゲームがあればなんだかんだ嵌ってしまう。翠ちゃんの可愛さと言ったらもう、色褪せることのない永遠の輝き。
総プレイ時間 : 9h
98Dear world -Re.-(非18禁) (non color(同人))
過去が笑い、未来も笑う。今在る私も、世界も笑う。 → 長文感想(2034)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
82Dear World -the one-(非18禁) (non color(同人))
出会い、繋がることの美しさ、共に笑い合うことの大切さを登場人達を通して痛いほど理解した。 → 長文感想(3333)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 19h
69アイドル魔法少女ちるちる☆みちる 後編(非18禁) (FrontWing)
前作よりも内容に重きを置いていて、面白いかはさておきスラスラと読めた。ただ、ギャグパートが減った分、みちるの過剰な反応が見たかった私としては複雑な心境だ。まあ、他のキャラクターと比べるとみちるの優遇は異常であるし、このようなFDが生まれただけでも我々は感謝すべきなのかもしれない。
総プレイ時間 : 3h
71アイドル魔法少女ちるちる☆みちる 前編(非18禁) (FrontWing)
お馬鹿なみちると天才の一姫、楽園の終盤にて相性が良さそうだなと思っていたのもあり、まずは本作でそれが実現させてくれたことを嬉しく思う。お話は正直言って面白くはないが、二人が好きだったり、みちるの反応が見たかったという点では満足のいくものだったかなと。
総プレイ時間 : 3h
83ひまわりのチャペルできみと (Marron)
主人公を筆頭とした個性豊かなキャラ達の掛け合いの数々。これが非常に魅力的な作品だった。それでいて個別√では胸に来る内容をぶつけてくる。あっさりしすぎていたり、逆にねちっこかったりする個別√だが、落としどころはどれも綺麗だった。嬉しそうな彼女達を見ると、今まで抱いていたモヤモヤも忘れてしまうような、そんな気分にさせてくれる。しばらくこの作品の世界に浸っていた分、今は少し寂しい。ああ、でも虫捕りはもう勘弁。
総プレイ時間 : 34h
68彼には言えない恥辱の関係 ~ごめんね、わたし先生のものにされちゃった……~ (クレージュA(同人))
インパクトは薄めではあるが、コンセプトに沿っていて良かった。経過もねっとり、シーンもねっとりで満足度は高い。大人しい女の子に対し、逃げ場のない環境で徐々に徐々に仕込みを入れていく主人公の狡猾さ。紛れもないクズではあるが、本作ではそのクズさが功を奏した。
総プレイ時間 : 2h
64妹寝取り ~身も心もお兄ちゃんのもの~ (クレージュA(同人))
寝取りにこだわりがあるわけではないがこれはちょっと…。こういった題材なのだから、あっさりではなく、ねっとりやってほしかったという気持ちが一番だ。キャラクターとシナリオの相性が悪かったのかもしれない。可愛かったんだけどね
総プレイ時間 : 2h
70ドM妹おねだり個人レッスン ~私のSEX家庭教師お兄ちゃん~ (クレージュA(同人))
お兄ちゃんが好き好きで、えっちにも、そのプレイ内容にも興味津々の妹。タイトルのごとく行為の場面が多く、掛け合い自体は少ない。ただ、これでいいのだ。身体を重ねることで愛を確かめ合っているのだから。行為後のちょっとした会話がどれも幸せに満ちていて、思わず頬が緩んでしまった。
総プレイ時間 : 2h
63対魔聖甲アリス (BLACK LiLiTH)
毎度のことだが、シチュエーションに対して反応が過激過ぎる。過激というのは表情自体を指してではなく、表情の変化に対しての意味であり、そこをもう少し丁寧に描ければ良かったかなぁ。アヘ顔自体は嫌いではないので、シチュエーションのステップに合わせてくれたら、より実用性の高いものになるかなと。しかしまあ、Lilith作品に出てくるクール女にはどうしてこうも惹かれるのか。「この女を…」と、ついつい手に取ってしまう。
総プレイ時間 : 3h
73memento 少女のカラダに刻まれた、催眠と快楽の記憶 (アトリエさくら こんまいすたじお)
記憶喪失で大人しい女の子の…こんなの心が踊らないわけない。そこまで濃い陵辱描写というのはないが、きちんと怯えながら犯されているのが良かった。本当に辛そうに嫌そうにしている姿は、天使のそれであった。ああ、なんて美しい表情なんだ…。
総プレイ時間 : 1h
73ぶらばん! ~The bonds of melody~ (ゆずソフト)
お話は小規模且つ中途半端でお世辞にも面白いとは言えないが、キャラクターは中々良かった。特にお嬢様でありながらお嬢様風を吹かせない彼女が素晴らしかった。自分には厳しいが他人や、果ては対戦相手にまで気遣いをはたらく。一目惚れしていたのも相俟って大好きになってしまった。
総プレイ時間 : 15h
71堕落ロイヤル聖処女 (夜のひつじ(同人))
お互いがお互いを見つめ、触れ合い、愛を確かめる。そんな光景が行為の際だけでなく、日常風景でも見られるようになったのは、はじめと大きく違う点だろう。美しき手段の目的化だ。愛し合うことの自由さと楽しさ、それがよく伝わってくる作品だった。
総プレイ時間 : 2h
74神風剣士ロゼッタIII ~屍都の舞姫~ (雨傘日傘事務所(同人))
タイトルにもある通り、まあロゼッタの活躍が凄まじく、そのかっこよさはもはや美しい。でもやっぱりアンリエッタさんかなぁ。 → 長文感想(500)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h
83嘘つきナレットの優しい暗殺者 (雨傘日傘事務所(同人))
伝わる真実の温もりをいつも感じていた。たとえ何が聴こえなくたって、今二人は長い長い夜を超え、明けゆく空、そっと、抱かれてる。 → 長文感想(2000)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
82霊刀キザクラ ~桜花の剣と惑竜章~(非18禁) (雨傘日傘事務所(同人))
水場仕事は本職じゃないの!接客も本職じゃないの!もっと主に磨いてもらったり、研いでもらったり、ボンボンでお手入れしてほしいの!!!!! → 長文感想(2168)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 9h
76ALPHA-NIGHTHAWK (Liar-soft(ビジネスパートナー))
お話的な部分は正直なところ物足りなく、まだまだこれからだという感じだったが、キャラクターの成長、心情の変化などが綺麗に描かれていた。付き合いの長さとは重要なものだな。 → 長文感想(1059)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
70メイドさんのいる暮らし (あざらしそふと)
ご主人様とメイド、この関係が恋人へと移行していく様がとても丁寧だった。二人にはいつまでも幸せでいてほしい。 → 長文感想(1020)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
68らぶこみゅ (ましゅまろそふと)
らぶこみゅ学の良さを生かすというよりは、それを最後の一押しとして用いる場面が多く、こちらからすればその重要具合を理解できずポカンとするだけだった。それ以外にも不快に感じる要素がいくつかあり、楽しめたかと言われれば微妙なところ。ただ、独特の価値観を持ち、偏見を物ともしない、そんな強い女性に出会えたのは収穫だった。 → 長文感想(2467)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 13h
71青い空のカミュ (KAI)
不思議な世界に迷い込んだ二人が助け合い、世界の謎に迫っていくものであり、やはり読み進めること自体は楽しかった。話の構成に関しては良くも悪くも翻弄されることが多かった。雰囲気に浸りながら二人の少女を見つめる、そんな読み方が適した作品かもしれません。 → 長文感想(1357)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
84アオナツライン (戯画)
先の見えない不安や人との関わりの難しさに悩みながらも、前を向き、一歩一歩進んでいく。これはそんな彼らの軌跡の物語。 → 長文感想(2625)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
83魔女こいにっき (Qoo brand)
どこまでも一本道で、どこまでも綺麗な物語だと思っていたのに...やってくれた。最後に投下されたスパイス、その辛さは大好きなやつだ。 → 長文感想(796)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 14h
73翠の海 -midori no umi- (Cabbit)
一見すると優しさに包まれているようなこの「楽園」も、実はと言うと...。結局どこに行っても私たちはそれに悩まされるのだなと痛感した。 → 長文感想(2119)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 13h
50妹とその友人がエロすぎて俺の股間がヤバイ (ぱちぱちそふと)
絵と声目的で購入したが、流石に内容が無さすぎる。三角関係を作れなどとは言わないが、もう少し話に起伏を持たせてもよかったかなと思う。気持ちの整理や葛藤、加えて兄と妹のエピソードなんかを盛り込んでくれたら多少はマシになったはず。低価格であっても、やはりもう少し頑張ってほしかった。
総プレイ時間 : 1h
74ピアノの森の満開の下 (ぱじゃまソフト)
分かりやすく感動に結びつきやすい。一つのテーマを突き詰めたのは良かったが、まあ説明不足と尺の短さが目立ってしまっていたかなと。しかしながら局所で涙を誘われたのは事実なので、やって良かったと思う。桜乃END1なんかもう…。柳太朗が何を考え、どういった決断をしたか、その心の揺れ動きを見ることが出来ただけで価値のある作品だったように感じる。
総プレイ時間 : 6h
74隷妃双奏 (雨傘日傘事務所(同人))
多少の不満はあれど、ディールの物語に一区切りがついたということで、私としては喜びの方が大きい。 → 長文感想(1237)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h
70エリュズニールの騎士 (雨傘日傘事務所(同人))
ほのぼのした日常から熱い戦闘への切り替わりが良かった。波風を立てぬように話を進めていたからこそ、彼の激昂は目を見張るものがあった。しかしまぁ雑な部分も多く、事態の収拾、その後の経過なんかはもう少し丁寧に仕上げてほしかったという気持ちが強い。
総プレイ時間 : 5h
75紅湖の皇子 (雨傘日傘事務所(同人))
別視点で物語を読み進めることで今まで見えてこなかった部分が見えてくる。双方があって一つの作品だったと、今は満足感に満たされている。 → 長文感想(544)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
70ヴィザルの日記 ~補記~ (雨傘日傘事務所(同人))
非常に短いながらもコルクが街の人々を本当に愛していたのだということが改めてわかったし、あの後も戦い続けているヴィザルを見てくるものがあった。そしてEDラストのあの演出、あれはずるい。
総プレイ時間 : 2h
83ヴィザルの日記 (雨傘日傘事務所(同人))
丁寧に描かれた日常だからこそ、その大切さ、尊さというのが後になって物語に響いてくる。構成が非常に好みだった。こちらまでセントサウスという街を好きになる。 → 長文感想(1058)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
56牝アイドル ~デビューした彼女が、男たちに密着マークされている件~ (Frill)
寝取られと言うにはヒロインと主人公との絡みというのが薄く、主人公の反応も淡白なため微妙なところ。かと言って陵辱モノと言うにはプレイ内容がごくごく普通で、女の子達も反応がポジティブで面白みに欠ける。アイドルという設定をあまり活かせてなかったのも不満。
総プレイ時間 : 5h
81黄雷のガクトゥーン ~What a shining braves~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
訳アリ学園都市を舞台にした英雄の物語。この作品の魅力は何といっても彼にあるだろう、如何なる時も人々を愛し、戦い続ける。そんな芯のある姿に見入ってしまった。 → 長文感想(1309)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 16h
99グリザイア:ファントムトリガー 05(非18禁) (FrontWing)
個人的には最初から最強の主人公には食傷しているが → 長文感想(433)
78planetarian ~ちいさなほしのゆめ~(非18禁) (Key)
どこまでも人間想いで健気に待ち続ける彼女を見ていると、涙を堪えきれなかった。 → 長文感想(63)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
76グリザイアの旋律(非18禁) (FrontWing)
迷宮にてチラッと触れられた護衛対象の女の子のお話。話はまあ短いのだが、シリーズのファンなら満足のいくものだったのではないかと思う。雄二が相変わらずかっこいい。
総プレイ時間 : 1h
78グリザイアの残光(非18禁) (FrontWing)
自分がいかにカプリスの繭という物語が好きなのか再確認できた。雄二の過去に関わる全てが好きで好きでたまらない。
総プレイ時間 : 2h
71グリザイアの有閑(非18禁) (FrontWing)
内容はあまりないが、キャラクターが好きというかみちるが好きな方なんかはいいのではないだろうか。私自身もその点に関しては大いに楽しめた。
総プレイ時間 : 1h
87Sessions!! ~少女を監禁する事情~ (Loser/s(同人))
彼女の気持ちに触れ過ぎて、泣きすぎて。 → 長文感想(55)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
75Sessions!! ―――――真実嫌いの探偵は、 (Loser/s(同人))
それぞれ個性的なヒロインと馴染みのあるキャラクターが出てきて、喜びと期待を胸に読み進めていたわけだが、なるほどそういうことか。続編に期待。
総プレイ時間 : 5h
82強盗、娼婦のヒモになる↑↓ (Loser/s(同人))
心理学的要素を取り入れながらも、話はもっと単純で純粋な想いから成るもの。彼女がようやく手に入れたモノ、それが少しでも続いていったらいいなと思う。 → 長文感想(839)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
87黒曜鏡の魔獣 (雨傘日傘事務所(同人))
自分が戦闘モノにおいて何を重視しているのかを再確認できた。何を思い、何のために戦うか。それをしっかりと描いた、とても私好みの作品だった。 → 長文感想(2425)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
75幻想のアヴァタール (べにたぬき(同人))
お話は周辺の事情について詳しく調べ、謎を追ったり、策を講じたりするなど丁寧だなと感じる部分が多かった。そしてそれは章ごとに挟まれる「 Tea Break」にも言える。今までのおさらいと共に次回予告まであるとは恐れ入った。お気に入りのキャラクターはギンでまあ、あの活躍っぷりと性格の良さを見るに、惚れるのは必然であったと言えよう。
総プレイ時間 : 19h
68yes, your highness (ひまわり)
世界観は良く、お話も思ったよりは起伏があるのだが、事の片付け方の雑さが目立っていた。その辺にもう少し尺を割き、滑らかに解決まで繋げていけたら良かったかなと思う。ただ、皇女殿下の表情の変化は愛くるしく、シーンも多めなのでその辺は評価したい。赤面顔がたまらない。
総プレイ時間 : 9h
76SNOW ~Plus Edition~ (Studio Mebius)
良かったと感動するよりかは局所で泣かせに来るような作品であり、話の問題で泣き所はわかるけど泣けないといった事態が発生することもあるが、しっかりと泣ける場面もあった。すぴすぴ... → 長文感想(1424)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 22h
65欲情ペットライフ!! (しらたま)
主人公は勉強も運動もできず、意思も弱く、良い所など微塵もないのだが、それに耐えきれるかどうか。しかしながら耐えた先に待っている物語というのも杜撰で目に余る。では何を評価すればいいのかと言えば、それはヒロイン(飼い主)であるユウナだろう。好きな人にはたまらない属性、声優だった。
総プレイ時間 : 3h
68復讐の女仕官ハイネ ~肢体に刻まれる淫欲のプログラム~ (CYCLET)
ヒロインは強化人間という設定であり、憎しみの感情の身が突出しているということだったが、驚くほど感情的で、抵抗というよりはむしろ期待しているような場面が多かったのが非常に残念。最終的にはただの玩具に成り下がってしまっていて、これでは強化人間どころか、その辺の少し気の強いただの女性の方がよっぽど歯ごたえがあるのではないかとすら思う。ただシチュエーションは好きなものがあったので良かったかなと → 長文感想(184)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h