agedashidouhuさんのお気に入りユーザーの新着コメント

agedashidouhu
Twitter :
agedashidouhu

新着コメント

85金色ラブリッチェ (SAGA PLANETS)
ルートごとに、内容・分量・コンセプトが様々で、キャラの掛け合いも程々に面白く、飽きずにプレイできた。 → 長文感想(1057)(ネタバレ注意)
829-nine- ここのつここのかここのいろ (ぱれっと)
ロープラですがフルプラに負けないクオリティを備えた作品。シナリオは完結しないですが、ヒロインの可愛さだけでも元が取れます。
88仄暗き時の果てより (MOONSTONE)
体験版をプレイして、『タイムリープゲー』なのか『ゾンビゲー』なのか悩みつつ購入しましたが、『タイムリープ含みのホラーなシナリオゲー』でした。ホラーと言っても、ゾンビだけでなく、ややグロな映像や音声、シナリオ面からもホラー要素のある、面白いゲームに仕上がっています。 → 長文感想(2921)(ネタバレ注意)
72恋は夢見る妄烈ガール! (Chelseasoft)
普通の萌え抜きゲー。キャスティングが目新しいのが特徴。フルプラの割には手抜き感があります。 → 長文感想(955)(ネタバレ注意)
75アキウソ -The only neat thing to do- (Campus)
[ネタバレ?(Y1:N1)]
65学校のセイイキ (feng)
ほぼHシーン集と言っても良い内容。細身のマイカ目当てで買ったものの、今作からなぜか2キャラ体制になっているため、ロープラの強みであるお得感が半減。CGも個人的に期待していたものがなかったので、若干不満でした。
82死に逝く君、館に芽吹く憎悪 (バグシステム)
萌え絵のグロゲー。基本的にイベントシーン=ヒロインを殺すシーンなので色々な方法でヒロインが殺されるシーンを見たい人にオススメ。CGはテキスト程はグロくないです。以下、項目ごとの点数等。 → 長文感想(975)(ネタバレ注意)
85サクラノモリ†ドリーマーズ (MOONSTONE)
失われることの重さを表現した、ホラー要素のある良作。 → 長文感想(2807)(ネタバレ注意)
88千の刃濤、桃花染の皇姫 (AUGUST)
シナリオよりも、それぞれのキャラクターの考えに焦点を置いた『忠義』ゲーでした。以下、項目ごとの感想等。 → 長文感想(1874)(ネタバレ注意)
85ナツウソ -Ahead of the reminiscence- (Campus)
コンパクトで、ヒロインが可愛くて、エロもそれなり。更に3,000円で好きなヒロインを選べますし、他3キャラもプレミア感がある非攻略キャラとして魅力的に見える。私はこの作品のように手軽に楽しめる萌えゲーが欲しかったです。 → 長文感想(1176)(ネタバレ注意)
75桜花センゴク ~信長ちゃんの恋して野望!?~ (ApRicoT)
(GiveUp) 当初の予定通り、目的だった信玄と政宗ルートのみプレイ。キャラが可愛く、テンポの良いテキストでそれなりに楽しめました。
60牝贄狩 ~淫虐のアーケード街~ (Rave'N)
ヒロインを3人で輪姦しつつ拳でボッコボコに殴るゲームです。その手の趣味がある方、もしくは、悲鳴が好きな方であれば一考の余地あり。 → 長文感想(2273)(ネタバレ注意)
72Clover Day's (ALcot)
絵はいいのですが、ギャグと萌え演出が過剰過ぎて、シリアスと同居していることに違和感があり、許容できませんでした。特に鷹倉姉妹ルートは厳しかったです。
72同棲ラブラブル (SMEE)
奈々子ルートが地味ながらも、楽しいばかりじゃない仕事を含めた日常生活の中で励まし合う流れが、良い味を出していて好きでした。
90ココロ@ファンクション! (PULLTOP)
『ココロファンクション』と言う謎のアプリが主人公のオルカ(スマホのようなもの)に勝手にインストールされ、主人公が強く思ったことが周囲に筒抜けになってしまう。そんな事件から始まる、人と人との繋がりを描いた作品。と言うことになっていますが、本作の魅力はシナリオではなく、ネットワークやSR(立体映像)等が発達した世界観に基づいた、グラフィックや演出等の作りこみです。特に電子の妖精のベルちゃんが超絶かわいいです。以下、項目ごとの詳細な感想等。 → 長文感想(919)(ネタバレ注意)
721/2 summer (ALcotハニカム)
ちょっとした不思議要素が入った萌えゲー。キャラクター描写が浅いせいで、キャラクターと不思議要素が上手く噛み合ってないのが残念だった。
75恋×シンアイ彼女 (Us:track)
王道を往く学園もの青春恋愛ADV(もあります)。以下、項目ごとの簡単な感想等。 → 長文感想(1357)(ネタバレ注意)
85WW&F ~大正帝都伝奇譚~ (MBS Truth)
『WW&F』と言うタイトルだけ聞くと意味不明ですが、『The world of water and a fairy(みずと妖精の世界)』の略です。魂を実体化させたかのような、どの人間の中にもある『みず』。その『みず』を人から人に移す『みずや』という特殊な仕事を担っている主人公が、周りで起こる不思議な事件を解決していく伝奇もの。特に第1章の出来が良く、独特の世界観が構築されています。が、世界観は良いものの、シナリオは抜群に面白いわけではないです。エロ方面では、ロリ&触手が好みなら迷わずGO。以下、詳細な感想等。 → 長文感想(652)(ネタバレ注意)
94こころリスタ! (Q-X)
こころナビをプレイしたときに感じた心地よさを更に進化させたゲームでした。 → 長文感想(2541)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
78PRIMAL×HEARTS2 (ま~まれぇど)
テンプレの集合体のような萌えゲー+エロに力を入れたゲーム。子供に読み聞かせるかのように1から10まで説明するテキストは、あまりにもわざとらしく、好みが分かれそうです。 → 長文感想(538)(ネタバレ注意)
78果つることなき未来ヨリ X-RATED (FrontWing)
異世界モノと言うことでプレイ前は全くどういう展開になるか想像できませんでしたが、実態は戦争モノでした。凄惨な戦争の中で各ヒロインと行動を共にした一郎が、それぞれの立場で何を考え、どのような行動を取り、どのような結末に至るのか。そこが見どころです。以下、ネタバレありの項目ごとの評価。 → 長文感想(3127)(ネタバレ注意)
82僕はキミだけを見つめる ~I gaze at only you~ (インレ)
比較的短くてお手軽にプレイして気持ち良くなれるシナリオゲー。シナリオ展開が突出してよく出来ているとまでは言えないのですが、シリアスシーンの緊迫感やバトルシーンの演出の良さはさすがのインレ。勢いで突っ走ってくれます。
96こころリスタ! (Q-X)
コミュ障の主人公が、電脳世界と現実世界それぞれで、ラウンダー(電脳世界上の自我を持ったキャラクター)や人間との関わりを通じてコミュ障を改善、好きなヒロインと結ばれるまでの過程を描いた作品。自然かつ無駄に長くない、一言一言をとても大事にした日常会話が印象的。特に派手さのない日常会話の中で、キャラクター達の感情の移り変わりを見事に描いています。このような丁寧な日常会話の積み重ねにより、どの登場人物も、キャラクターではなく人間としか思えず、とても愛着が湧いてしまいます。以下、前半はネタバレなしの項目ごとの感想(2,000字未満)、後半はネタバレありの詳細な感想等です。ちなみにこの作品は2003年発売の『こころナビ』の続編となっていますが、本作を楽しむと言う意味では前作のプレイは不要です。一部の世界観や登場人物が重なっているので、前作を既プレイであれば、少し楽しめる部分が増える程度です。 → 長文感想(12216)(ネタバレ注意)(2)
90夏の終わりのニルヴァーナ (ぱじゃまソフト)
いわゆる泣きゲーです。生と死の狭間である彼岸の世界にいる、記憶を失った4人の少女達が、徐々に記憶を取り戻していくとともに、此岸(生前の世界)での事実と向き合います。絶望的につまらない日常シーンを耐えた先には、昨今ではなかなか巡り会えない涙腺を刺激する展開があります。以下、項目ごとの感想等。 → 長文感想(1222)(ネタバレ注意)
83こころナビ (Q-X)
重度のコミュ障の主人公が、インターネットの世界にダイブしてインターネット上のラウンダー(アバター)と実際に触れ合うことができる『こころナビ』と言う不思議なブラウザを手に入れたことから、コミュ障を改善して恋愛に結びつく話です。本作の最大の魅力はそのキャラクター描写。魅力的に描かれているのはもちろん、それぞれのキャラクターから『個』を感じるので、日常会話も飽きさせません。以下、詳細な感想等。 → 長文感想(1639)(ネタバレ注意)
60ゆきこいめると (FrontWing)
(GiveUp) 良質な萌えゲーと聞いて購入したものの、ひたすらギャグばかりの内容で、ヒロインに全く魅力を感じられずギブアップ。好みの問題だとは思いますが、ヒロインに魅力を感じられない萌えゲーはただの拷問ですね…。
80アクマでオシオキっ! 丸城戸サド式ヘンタイお仕置き講座 (Luxury)
終始ギャグテイストの抜きゲーです。まず、BLADE氏と中心とした小さくてかわいいキャラが目を惹きます。また、キャラクターの属性やプレイ内容もバラエティに富んでおり、絵のコンセプトさえ合っていれば、どれか好みのキャラクターがいるのではないでしょうか?以下、詳細な内容や感想等。 → 長文感想(541)(ネタバレ注意)
60完全時間停止 ~無理やり時間を止められた世界でハメられる女たち~ (Waffle)
『"完全"時間停止』。そのゲームタイトルに恥じない、Hシーン中のヒロインの反応が一切無いと言う、特殊なゲームとなっています。特殊な性癖の方以外は絶対にオススメできません。以下、詳細な感想等。 → 長文感想(915)(ネタバレ注意)
85ピュア×コネクト (SMEE)
安心と信頼の高品質な萌えゲーブランドであるSMEE。今作は萌えゲーとしては正当進化とも言える内容でしたが、前作『フレラバ』の良さを改めて実感するゲームでもありました。以下、項目ごとの感想等。 → 長文感想(1690)(ネタバレ注意)
88美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち- (ωstar)
エロゲー界トップクラスのロープラ抜きゲー。作品を重ねるごとに着実にクオリティが上がっており、このシリーズは、作品情報を何も見なくても購入できるほどの安心感がありますね。
75円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~ (Frill)
吹き出し演出や生々しいシチュはとても良かったですが、ゆっきーにあまり興味が湧きませんでした。CGの使い回しもちょっと多すぎましたね。次回作は過去のパコでお願いします。
90少女神域∽少女天獄 -The Garden of Fifth Zoa- (Lass)
すべての登場人物を翻弄する1,000年もの時を超えて受け継がれる『石』にまつわる物語。物語の渦中にある、主人公と4人の少女たちが、様々な登場人物の思惑に巻き込まれながら迎える結末とは?そんな、濃密な設定に裏付けられた伝奇ものです。以下、項目ごとの感想等。 → 長文感想(19863)(ネタバレ注意)
78妹どり~む! ~ウチの妹は××になりたいらしい~ (INTERHEART Cute)
これはレッスンだから(震え声)というシチュエーションで妹2人といたすゲーム。ハーレムルートもあり。全体的に取り立てて良い所があるわけではないですが、購入前に期待したものが過不足なく入っていることに対する不思議な満足感があります。キャラデザも声も妹の冬華が好みでした。
85蒼の彼方のフォーリズム (sprite)
一言で言えば青春部活モノなのですが、ルートによって全く別のゲームです。空を飛んで得点を競う独自の『フライングサーカス』というスポーツの話です。圧倒的な演出力で読み手を熱くさせる上手さは素晴らしいものがありました。以下、項目事の感想等。 → 長文感想(2315)(ネタバレ注意)
78恋する彼女の不器用な舞台 (CUBE)
MITAONSHAさんのSD絵目的で購入したのですが、カントク氏のCGも(エロも含めて)良い出来で、想定外に楽しめました。シナリオ面は面白いわけではないですが、キャラの可愛さという面では十分満足できました。過度な期待をしなければ良作かと思います。
70ぜったい征服☆学園結社パニャニャンダー!! ~ドピュっと遂行、色欲怪人イタズラ実習エロ作戦!~ (softhouse-seal GRANDEE)
良い点はアニメーションフィニッシュ時の表情の変化くらいでした。逆に悪い点は色々とあります。60fps化の前に色々やるべきことがあると感じました。 → 長文感想(738)(ネタバレ注意)
85運命線上のφ (Lump of Sugar)
1本のシナリオに沿ってゲームを作るのではなく、与えられたキャラクター達を使ってとにかく面白そうなシチュエーションを詰め込んだ作品。感動的なシナリオを求めず、各シチュエーションを楽しむ分にはとても面白い作品です。以下、項目ごとの感想等。 → 長文感想(927)(ネタバレ注意)
88ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない Vol.1 (SEACOXX(同人))
原作小説のゲーム化と言う企画のようです。テキスト・シナリオ・グラフィック、いずれもゲームタイトルからは想像できない程かなりの高水準。人間を襲うゾンビが街に溢れる中、自分だけがゾンビに襲われない主人公が、自由奔放に振る舞いつつも、ヒロインの深月と接するうちに、徐々に心境が変化していく姿が面白いです。尚、本作だけでは完結しない点にはご注意ください。以下、項目ごとの感想等。 → 長文感想(1033)(ネタバレ注意)
80朝凪のアクアノーツ (Fizz)
共通、各個別4ルート、それぞれが内容がバラバラなため、何ゲーなのか説明しづらい今作。内容だけでなく、ルートの出来もあまりにも差があるため、プレイするためには忍耐力が必要です。以下、ルートごとの配点。 → 長文感想(257)(ネタバレ注意)
83月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale. (EX-ONE)
ファンタジーと見せかけて、実は教師と教え子モノと言う、意外なゲームでした。 → 長文感想(508)(ネタバレ注意)
73夏の色のノスタルジア (MOONSTONE)
グラフィック面は文句なしのトップクラス。原画も塗りも素晴らしく、実用性も高いです。が、シナリオがあっさりしていて物足りない作品でした。ヒロインの魅力もイマイチですね。
95時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花- (UNiSONSHIFT:Blossom)
シリーズ3部作の完結編。3部作と言えば最後はコケるのが定石ですが、今作は、前作の勢いをそのままに最後まで駆け抜けた、稀有な作品です。以下、項目ごとの感想(※致命的な本編のネタバレ、小説版のネタバレを含みます) → 長文感想(2843)(ネタバレ注意)
50ハルキス (戯画)
戯画『最高のグラフィックと肥溜めのような糞シナリオを組み合わせたら、あなたなら何点を付けますか?』 → 長文感想(581)(ネタバレ注意)
92闇夜ト星ノ冥土館 ~ぷにゅぷりXX~ (TinkleBell(同人))
輪舞曲Duoプレイ後に、過去作を纏めてプレイしています。いよいよ輪舞曲Duoに肩を並べるまでに完成度が高くなってきた本作。十分にオススメ出来る内容です。 → 長文感想(326)(ネタバレ注意)
85つん★デれ! ぷにゅぷりEX (TinkleBell(同人))
輪舞曲Duoをプレイした後にプレイしています。アニメーション技術の向上はもちろん、今作からADVパートを導入しており、着実に進化している印象。 → 長文感想(221)(ネタバレ注意)
72輪舞曲 ~ぷにゅぷり女子高編~ (TinkleBell(同人))
輪舞曲Duoをプレイした後にプレイしています。輪舞曲Duoの前作に当たる作品のようです。 → 長文感想(320)(ネタバレ注意)
55闇夜ノ巫女 触手ニ堕ツ ぷにゅぷりSP (TinkleBell(同人))
輪舞曲Duoをプレイした後に、過去作をプレイしています。この作品はゲームというよりも、単なるアニメーション集です。2005年の作品なので、映像面でもまだまだ発展途上な感じですね。
87ヒマワリと恋の記憶 (MORE)
基本はリアルな青春学園モノです。ほとんど会話したこともないクラスメイトに恋をするような、等身大の学生の恋愛を描いている点が好印象。また、それだけでは終わらない伏線も。以下、項目事の評価。 → 長文感想(1183)(ネタバレ注意)
85アユマリン707R Mission:02 前編 (らいどないん(同人))
潜水艦と言う密室空間での輪姦陵辱もの抜きゲーです。かなりロリ寄りなので好みが非常に分かれますし、絵は綺麗とは言えませんが、雰囲気やテキスト等が上手く、実用性のある作品だと思います。
75紙の上の魔法使い (ウグイスカグラ)
シナリオゲーです。個人的に、キャラの魅力が極めて薄いのが難点。全体的な物語の構成は、とても練られて作られていると感心しましたが、『面白いか?』と問われると『あまり面白くない』と答えたくなる作品です。以下、項目事の評価など。 → 長文感想(1707)(ネタバレ注意)