Furoshiki-tsutsumiさんのお気に入りユーザーの新着コメント

Furoshiki-tsutsumi

最近詰みゲーの量が酷くなってきたので、モチベーション維持の為に参加してみました。 こちらのサイトを覗く一番の利点は、新作についてはもちろん、自分が見過ごしてきたゲームを再発見できる事だと思います。 …と、殊勝な気持ちで参加した筈なのに、結局クソ掴まされた際のストレス発散の場になってますね。 ううむ…(´・ω・`)

新着コメント

60雪鬼屋温泉記 (ソフトハウスキャラ)
見てくれこそ「いつものキャラ」だが、プレイしている内に粗が目に付き、次第に「これじゃない感」がしてくると言う、剥がれ易いメッキをまとったような作品。メッキは「いつものキャラ」に期待した分だけ輝いて見えるので、熱心なファンである程に、剥がれ落ちた際のダメージは大きくなっていく。反対に、それほど「いつものキャラ」に期待していなければ、剥がれ落ちた際のダメージは軽微なものとなる。つまり、この作品の評価には、個々のプレイヤーの思う「いつものキャラ」が関係してくる事になる。―――さて、貴方の思う「いつものキャラ」は、どの程度のものですか?――― → 長文感想(11458)(ネタバレ注意)
50Tiny Dungeon ~BLACK and WHITE~ (Rosebleu)
――知らずに踏む分割商法ほど酷いモノを私は他に知らない――作品の公式ページではなく、スタッフ日記内で『続編の発売が決定』と告知されていた昨今、いかがお過ごしでしょうか?さて、今回筆を取りましたのは、この凄まじいまでのモヤモヤを皆様と共有したいという想いから。本作のシナリオライター、あごバリア氏の言う『キッチリとした完結』が如何なるモノだったのか、知らずに踏んだ分割商法の深淵を覗き見たい方は、暫時お付き合いくださいませ。 → 長文感想(16504)(ネタバレ注意)(3)
50忍流 (ソフトハウスキャラ)
前作「DAISOUNAN」に続き、まさかの迷走。迷走というか大迷走。「DAISOUNAN」よりも酷い事になっている。「DAISOUNAN」は“運に依存するしかないセーブ&ロード地獄”というシステム的な欠陥を抱えていたものの、それでも“未知の惑星を探索する&開発する”というワクワク感を与えてくれた。「忍流」にはそれが無い。それが無いというより、それも無い。何より残念だったのは、1周する前に飽きてしまった事。「巣作りドラゴン」や「ウィザーズクライマー」が魅せてくれた“繰り返しプレイに耐えうる奥深さ”は置き捨てられた。ソフトハウスキャラのファンとして、それが残念で仕方がない。 → 長文感想(17060)(ネタバレ注意)(1)
65ももいろガーディアン (ALICESOFT)
キャラや設定は安定しているけれど、増えすぎたサブキャラクターがボリュームを圧迫しているのが致命的。自分の設定をまとめて語るヒロインや、サブキャラクターと恋愛を成就させるサブキャラクター、そのサブキャラクターにイベントを乗っ取られる主人公など、各人に割り当てられたボリュームが少なすぎて大変な事になっている。「畜生、サブキャラクターパニックさえ起きなければ……」と思わせる残念な作品。 → 長文感想(20796)(ネタバレ注意)
70真剣で私に恋しなさい! (みなとそふと)
結局のところ、「カワカミモモヨ」という“怪物”の倒し方を一番知りたかったのは、この作品を書き上げたライター自身だと思う。この作品のシリアスなルートをプレイした人はこう思わなかっただろうか?「こんな真剣に戦わなくてもモモヨ1人で片付くんじゃないか?」と。その疑問を抱かせない事こそが、この作品のシリアスパート成功のポイントだと思ったのだが、結局ライターは「カワカミモモヨ」という不条理ギャグ漫画の登場人物を「プレイヤーが納得する形で押さえ込む事」が出来なかった。その結果、シリアスな展開に不条理ギャグ漫画の登場人物が居座る事となり、微妙に“アレ”な感じのシリアスパートが完成してしまったのである。もしもこの“怪物”を押さえ込めていたら、シリアスルートの評価はまた違ったものになっていただろう。 → 長文感想(16732)(ネタバレ注意)(1)
50花と乙女に祝福を (ensemble)
良いとか、悪いとか言う以前に、シナリオの空洞化が酷くてスカスカ。学園モノなのに授業を受けた記憶がなかったり、日曜日が華麗にスキップされたりする辺りでお察しください。シナリオ進行の基本は、朝の通学路から一瞬で昼休み、放課後ときて一瞬で翌朝。驚きの薄さです。その他、最初から主人公の思考が「乙女化」しているので、一人称がオレにも関わらず、悔しいと涙が出てしまったり、全校憧れのお姉様にきゃーきゃー言ったりする。最初から最後までそんな感じなので、思い切ってプレイする際には色々と諦めてください。シナリオは、主人公が「可愛いだけの低スペックさん」なので、常にハラハラ、グダグダしているのが特徴。基本的には主人公がうっかり問題を起こし、驚きの低スペックで傷口を広げ、そのうち誰かにヒントを貰って解決する感じで進行する。簡単に言うと、草柳順子@ふにゃふにゃの声が最高に似合いそうな感じの駄目さ。 → 長文感想(10200)(ネタバレ注意)(3)
65姫狩りダンジョンマイスター (エウシュリー)
SLGパートこそが本編で、シナリオはSLGパートのオマケ程度。間違っても幻燐・戦女神クラスのシナリオを期待してはいけない。とてもガッカリする。そして、幻燐2のようなロウ・カオスルートを望むと、さらにガッカリする。基本的に「魔王さま」なので、敵対したヒロインには冷酷。輪姦なんかも回避不可。それはもう、ロウルートを進んでいても、カオスルートを進んでいるような気分になること請け合い。 → 長文感想(2913)(ネタバレ注意)
--DAISOUNAN (ソフトハウスキャラ)
(GiveUp) 「このゲームをプレイする者は、果てのないSAVE&LOADを覚悟せよ」無軌道に移動する制御不能のキャラクター達、難解すぎるイベント発生条件、際限なく出現する敵キャラ、破壊される施設、繰り返されるSAVE&LOAD、神さまに祈る→神さまなんて居ないんだ、削がれる気力、いつしか遠くなる実行exe、それでも埋まらないイベント回想。 果たして君は、ランダム移動するキャラクター達と追いかけっこする一括ターン制SLGをクリア出来るか? 追記:鬼ごっこシステム(仮)の詳細を追加。 → 長文感想(1460)(ネタバレ注意)
--Flyable Heart (UNiSONSHIFT:Blossom)
(GiveUp) 主人公の流されっぷりが異常なので、購入前に体験版をプレイして耐えられるか調べておくと吉。シナリオがいい、キャラクターがいいと評価されても、最初から最後まで付き合う主人公に耐えられなければ意味がない。さあ、衝動的にアンインストールしないために、レッツ・体験版。メモ:耐久テストはOP後から。 → 長文感想(1547)(ネタバレ注意)(1)
--Routes Portable(PSP)(非18禁) (AQUAPLUS)
(GiveUp) 世界一のエージェントは、人質を取られるとパニックに陥って、ホイホイ無条件降伏しちゃうの。 → 長文感想(366)(ネタバレ注意)
60むすめーかー (Digital Cute)
例えるならば、アンパンマンを見ていたはずが、いつのまにかアンパンマンの生態に迫るドキュメンタリーにすり替わっていたような感じ。 つまり、誰も見たくないお約束の根底――触れちゃいけない部分に触れてしまった。 → 長文感想(2720)(ネタバレ注意)
68スマガ -STAR MINE GIRL- (NitroPlus)
「人生リベンジ」に必要なモノは、思わず「人生リベンジ」したくなるほどの悲劇。つまり、これは「暗い話」なのである。 → 長文感想(939)(ネタバレ注意)
--あかね色に染まる坂 (feng)
(GiveUp) 美少女逃避行→悪人が追ってきた→逃げられない→よし、逃げるために(無理やり)キスしよう→超・展・開!? → 長文感想(321)(ネタバレ注意)
55箱 -はこ- (ILLUSION(Dreams))
なぜか究極のハンズフリーを目指した本作。失ったものは無限のエロス。 → 長文感想(4304)(ネタバレ注意)(1)
65英雄×魔王 (Escu:de)
悪人Aに騙された→悪人Aは最低だ→悪人Aが最低だから、たぶん人間全部が最低だ→人間み・な・ご・ろ・し☆そんな理論の超飛躍。 → 長文感想(2382)(ネタバレ注意)
70はぴねす! (ういんどみる)
「キャラの可愛さ」には満足。しかし、「弱者+特攻癖のある主人公」には不満。 → 長文感想(594)(ネタバレ注意)
--淫落の血族 ~禁断の呪縛~ (ローズティアラ)
(GiveUp) えーと、ほら、あれあれ。後輩に威張って、先輩にぺこぺこする口先だけの奴。それが主人公。 → 長文感想(651)(ネタバレ注意)(1)
75天ツ風 ~傀儡陣風帖~ (ninetail)
この作品を楽しめるか否かの境界線は、「……それは忍術か?」という突っ込みをするかどうか。 → 長文感想(607)(ネタバレ注意)