yatsuさんの得点順コメント

yatsu

批評とかで無くして、感想です……作文っぽいです。楽しめたかどうか、肌にあったかどうか、感情でものを言います。75点が可も無く不可も無く、というボーダーラインです。相対的に点数をつけているつもりなので、75点以上の1点の差の広さは大きなものになっています。 06四月、一部点数を見直しました。更に(自分が)整理しやすいように、得点と一言くらいずつ感想を書いて回りました。 09年4月。ずっと得点のみだったものに一言感想をつけて回りました。が、ただのおっさんの思いで語りになっています。失礼をば。 古い作品の感想が書かれてありますが、およそ全て発売当時の感想です。

得点順コメント

95BALDR FORCE EXE (戯画)
95点。以前は点数だけ80点をつけていたのですが、バルドスカイをプレイ後、95点に修正。おそらく先にも後にもこの作品ほどプレイしたものは無いでしょう。見逃せない不満点はいくつかありますが、それは全部サバイバルモードや地獄をプレイする際のものなのでスルーしました。
95勝 あしたの雪之丞2 (elf)
暖かい、家族と友達と恋人達の物語。 ボリュームも満点で、思った以上に楽しめました。学園もののライトノベルとかが好きなら、充分に満足出来る作品だと思います。(軽くネタバレです→) → 長文感想(1182)(ネタバレ注意)
92Fate/stay night (TYPE-MOON)
楽しくプレイさせてもらいました。印象に残るシーンも幾つも有ります。 設定を何度も何度も重複して押し付けてきて、そして設定の裏をかいた離れ業で話を展開、終わらせにかかります。また、どう考えても途中で力尽きているだろう、という主人公も話を終わらしにかかります。そういうのが気にせず話を楽しめるなら、問題なく名作だと思います。人を引き込む力のあるシナリオだと感じました(結構ネタがばれています→) → 長文感想(439)(ネタバレ注意)
90痕 -きずあと- (Leaf)
90点。思い出の一作。次女の扱いが不憫すぎですが……物語も伝記的で良かったです。MIDI持ってて良かったと思える出来の良い音楽。べた褒め。ただ、現在やると、どうなんでしょうね。
90それは舞い散る桜のように (BasiL)
90点。会話が実に楽しかったです。不明瞭なラスト部分には色々と想像する余地があって特に問題はないと、私は感じました。が、取ってつけたようなハッピーエンドはマイナス。心情的には嬉しいのですけどね。
90EVE burst error (C’s ware)
90点。時間を忘れて楽しめました。今からするとコマンド総当りが面倒くさすぎるっていうのがあるかもしれませんが、気にならないくらいに牽引力のあるシナリオと思います。演出も当時では考えられないくらいに効果的でした。最終局面からエンディングの味気なさが、後味の悪いものとさせられますが。
90パルフェ ~ショコラ second brew~ (戯画)
実に手堅い出来栄え。多少の物足りなさを感じるものの、それを補って余りあるキャラクターの魅力がこのショコラの世界観に引き込みます。 → 長文感想(552)(ネタバレ注意)
88ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
88点。Moonが中々だったので購入した作品。当時この手の主人公は少なくて、楽しくプレイさせてもらいました。かなり子供っぽいことをする主人公なので、駄目な人にはとことんあわない作品でしょう。長森シナリオは書き直して欲しいと、今でも思う。
88うたわれるもの (Leaf)
88点。登場人物も多く、シナリオの長さも十分にあり、楽しめました。まぁ、まるっきりビヨンドなんですけどね。お茶をすすりたくなる作品。
88Kanon (Key)
88点。多分今やると点数が下がるのでしょうが、やっていて楽しかった記憶は無くならないのでこの点数。音楽がとてもよかったです。アレンジCDも嬉しい。童話好きな人にはお勧めできます。
88アトラク=ナクア (ALICESOFT)
やや退廃的な雰囲気の中、着々と話が進められていく感が良い出来の物語と思わせられました。キャラクタの描写も丁寧で、小さな山場もあって話に引き込まれました。ただ話が短いのだけが残念でした。伝奇ものが好きなので点が甘めだと思います。
87BE-YOND ~黒大将に見られてる~ (シルキーズ)
87点。DOS終焉期の良作。エヴァルートは、結局未クリア。
86CLANNAD(非18禁) (Key)
86点。メインかな? と思えるキャラの攻略を最後に回したために、OPムービーが長い間見れなかったのが笑いました。主人公と、その友人が気にいるかどうかで、作品の評価が変りそう。あと、Key独特の訳の分からない登場人物に耐えられるかどうか。個人的にはそろそろ、ヒトデとか、もうやめて欲しいのですけどね…
85ドラゴンナイト4(DOS) (elf)
85点。思い出の一作。合わせて8週くらいプレイした記憶が。WIN版のも買ってしまいましたが、怖くて未プレイ。
83夏の燈火 (Circle Mebius(同人))
83点。妹ルートと、サークルさんの好対応で、高評価。居候ルートは肌に合わず。そっちのルートはAIR好きな人には合うかもしれないので、もしよろしければ。
83つよきす (CandySoft(きゃんでぃそふと))
83点。期待以上でした。淡々と進めるモノローグや動きのある会話など、いかにも漫画的。惜しむらくはこの作品で有名になりすぎたライター氏の作品が、一年に一度の発売じゃなくなってしまったこと。
83この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (elf)
時間跳躍というのを実にうまく使って各キャラの魅力を余さず表現した作品。シナリオも世界の内にぐいぐい引き込み、先を読み勧めたくなる力強いもの。ボリュームも有り、音楽も良く、褒める要素満載。アイテム、宝珠の存在により、ADVなのに、ゲーム性が非常に高く、ゲーム性で勝負と言われると、この作品が一番に思いつきます。問題があるとしたら展開が変わってやや置いてけぼりを喰らうことと、最後のHの存在,エンディングの物足りなさ、でしょうか。万人にお勧めです。
80マブラヴ (âge(age))
80点。すみかと、めいやの二つのルートでおなかいっぱいボリューム満点。十二分に楽しめました。私は好きではないので、アンリミテッド編を除く点数です。
80同級生2(DOS) (elf)
80点。思い出の一作。当時の感覚でいうと95点。ランス4のために買ったHDD。それを利用するために得意げにHDD対応版を購入、そして数日プレイ不可…コンベンショナルメモリ云々…発狂しそうだったw 
80DE・JA2 (elf)
80点。思い出補正が強すぎて高得点。現在、この作品を人に薦めることには躊躇を覚えますが、当時大好きだったADV。
80鬼畜王ランス (ALICESOFT)
80点。SLGはすぐ飽きるのですが、このゲームは何度も何度も何度も繰り返してやりました。ランスシリーズが好きだった人には特別な作品になったと思います。今までの狭い世界が一気に開けられた印象。問題は、イベント条件等が結構シビアなことと、部下が増えてくると、色々と面倒くさくなってくること、でしょうか。
80恋ごころ (RaM)
80点。とあるキャラルートに入るのが難しすぎでした。エンディングが結構おざなりですが、修行場面が実に丁寧に描かれていて、また中々に魅力的で心優しい登場人物達だったと思います。話が短めなのが残念。
80夜明け前より瑠璃色な (AUGUST)
「はにはに」等が嫌いではなくて、体験版でもやってみて姫さんに心惹かれるものがあれば、外しはしないと思う安心の一品。個人的には何故か甘めに90点台を上げたくなる作品。最近見られがちな変なギャグ等があったりしないので、しっとりと落ち着いて物語を楽しめるのも好印象。●マイナス点も多く見られます。熱暴走を起こして駄目な人となりプレイヤーを置いてきぼりにする主人公。登場人物の少なさ。シナリオの中途半端さ、お粗末さ。雰囲気はとても良く著されているのに、設定(SF面、歴史面)が適当に流されている。等など、色々と唸る場所が多いのですが、キャラの魅力、日常の穏やかさが心地良くて点数が高くなりました。●最後に楽しみを取っておこうと思う人も居られると思いますが、攻略はまず姫さんから始めるのがいいでしょう。感動らいし感動はしませんが心優しい人物群に、思わず胸が踊るかもしれません。
79同級生(DOS) (elf)
79点。思い出の一作。当時の感覚でいうと88点。フロッピーの読み込みのおかげで独力で全クリは可能。
79ゆのはな (PULLTOP)
良い雰囲気、ほのぼのとするお話。けれど物足りない……
78パティシエなにゃんこ (ぱじゃまソフト)
78点。やさしげな雰囲気に包まれている萌えゲ。挿入歌がなかなか良かったと思います。劣化あか…げふんげふん。
78うつりぎ七恋天気あめ (キャラメルBOX)
78点。悪くないと感じました。単調で、しかも一部やっつけ感がありますが、穏やかな日常が好きな方には薦められるかもしれません。意外と中弛みせずに読み進められるテキストでした。
78姉、ちゃんとしようよっ!2 (CandySoft(きゃんでぃそふと))
78点。相変わらずあっさりとEDを迎える簡素な作り。でもキャラの絡み合いが非常に楽しくそんなのは瑣末事として気にならない。毎年この時期にはこの一家に会えるのかな、などと期待をした一作。
78とらいあんぐるハート2 ~さざなみ女子寮~ (JANIS)
78点。何気なく手に取った作品が大当たり。この作品のせいでJANISが出すものに手当たりしだい手を出して、後悔することに……
78Esの方程式 (アボガドパワーズ)
78点。クトゥルー好きなので、点が甘め。さりげなく散りばめられてる雑学が素敵。物語もしっかりした作りとなっています。ただ、漢字は忘れましたが、インスマスは、やりすぎ……
78ALICEの館4・5・6 (ALICESOFT)
78点。びっくりするくらいお得に内容ぎっしり。アリス好きなら懐かしすぎてたまらないものが沢山。すごろくゲーム以外、できも悪くないものと思います。
78ショコラ ~maid cafe “curio”~ (戯画)
78点。ゲームシステムが面倒くさいです。なつかしのセーブロードを駆使してプレイするゲーム。ヒロインによっては話がどうでも良いものに……主人公含む学友三人のやり取りが楽しかったです。
77WORDS WORTH(DOS) (elf)
77点。当時の感覚では83点。かいとーらんま、だったか、てんしんらんま、だったか忘れたけど、あれのぬるぬる3D移動が進化してるー、と当時アホみたいにはまった作品。今となっては当たり前になってしまいましたが。各登場人物が、これでもか、とイベントを起こすので退屈せずにラストまでプレイしていました。シナリオは王道。
77るいは智を呼ぶ (暁WORKS)
77点 掛け合いは楽しいのだけど、そこから先がどうにも一味落ちる。あと、始めにだらだらやりすぎ。主人公の立ち位置がさっぱりでイライラさせられます。 → 長文感想(329)(ネタバレ注意)
77家族計画 ~絆箱~(家族計画 ~追憶~) (D.O.(ディーオー))
77点。物語の終盤が弱い。話を終わらせにかかっているのが見え見えという感じです。寛のしゃべりは楽しいのだけども、彼の役割が弱いのが鼻につきました。他にも、物語上で色々と気になる点が多くあります。
76Fate/hollow ataraxia (TYPE-MOON)
76点。ファンサービス、なのでしょうが終盤のあれは冷めます。
76姉、ちゃんとしようよっ! (CandySoft(きゃんでぃそふと))
76点。キャラの立ち具合がすばらしいと感じた作品。あっさりとEDを迎え、寂しいものの、キャラ同士のやり取りが楽しくて何度もプレイしました。きゃんでぃそふとに注目した一作。
76カルタグラ ~ツキ狂イノ病~ (Innocent Grey)
76点。致命的な事に登場人物が少なすぎます。中ボス、ボス、ラスボス等がすぐに見当ついてしまいます。のみならず、話の流れも。主人公も駄目で印象が悪い。「お前が好きだ」とか言いつつ、その三日後くらいには別の女とHして……流されすぎです。雰囲気は良いので残念。
76処女はお姉さまに恋してる (キャラメルBOX)
76点。第一章は、楽しいです。その後は特に見るべきものも無いような感じ。それなりに丁寧には作られているものの、先生関連のイベントは明らかにこの物語の流れを阻害していると思います。最後くらいにとある事件が起こるのですが、そのせいで一気に安っぽい話になります。楽しそうなだけに、残念な結果に。
76AmbivalenZ -二律背反- (ALICESOFT)
76点。思い出の一作。点が甘めかも知れません。恋愛ものが好きなら、悪くないと思います。
75猟奇の檻 第2章 (日本プランテック)
75点。個人的感情を考慮すると、84点。1作目よりずっと簡単になって、真相解明編も中々読み応えのあるものに。存分に楽しめました。
75プリンセス小夜曲 (すたじお緑茶)
75点。たぶん人にはお勧めできない作品。でもここのメーカーの信者になりつつあった自分には楽しめた作品。相変わらず軸となる部分は良いのに、それを駄目にする日常描写寒い会話たち。獣人がよい感じ。
75flutter of birds II 天使たちの翼 (シルキーズ)
75点。あれ?おばあちゃん?その台詞、前作でも聞いたよ? 細かくは言いませんが文章があれでして、複数回プレイは決してお勧めできない作品。一回きりのプレイで涙せよ…
75とらいあんぐるハート3 ~Sweet Songs Forever~ (JANIS)
75点。期待が大きすぎました。楽しくプレイしたのですが、大きすぎた期待が邪魔をして平々凡々、という印象。個人的に歌がエロゲ界NO,1
75大番長 Big Bang Age (ALICESOFT)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
75黒の断章 -THE LITERARY FRAGMENT- (アボガドパワーズ)
75点。クトゥルー好きなので、点は甘め。マウスクリックが面倒くさいのが玉に瑕、そして、物語が唐突に場面転換するのに置いていかれそうになりますが、文章力も高く、物語が好きな人には楽しめるかと思います。
75秋色恋華 (Purple software)
75点。突っ込みどころ満載の学園(顕著なのは旅行)を筆頭に、突っ込みどころ満載の設定、というか世界。キャラの魅力が、他キャラルートに進んでいる時にこそ光る不思議なつくり。結ばれた後のいちゃいちゃを楽しむには申し分ない作品。
75AIR (Key)
発売当時は絶賛していました。先日やり直してみたところ、序盤が退屈でたまらなかった。当時は気にならなかったけれど、文章力が低いような気がしてならなかったです。他にも主人公とミスズのやり取りが痛すぎる等……複数回プレイには向いていない、と感じられた作品。
74LOVE ESCALATOR (海月製作所)
74点。怒涛の発売再延期の嵐。予約件握り締めて何度店に通ったか分からない。しかし、プレイして滑らかに動くアニメに感動しました。そして大変お世話になりました。
74巫女さん細腕繁盛記 (すたじお緑茶)
74点。日常会話が実に下らない。もうどうしようもない位下らない。つまらない寒々とする。絶望すらする。と、ぐだぐだ書きましたが、好みの展開ど真ん中、ともいえるシナリオ運びがあったので評価はそれなりです。人にはお勧めしにくい作品ですが。