yami016さんの得点順コメント

yami016

基本的に分かり易く、楽しめる作品を好む傾向あり。
元々遊べるゲームが好きというのもありSLGやRPG作品の点数が普通より高くなっております。
数年前にやったゲームを思い出しながら点数付けてる事もあるので、長文感想はあまり書いていません。時間がある時にちょっとずつでも思い出して書いていきます。
長文感想はよく書き直したりしますし、点数も相対評価でつけてるところがあるのでよく変動します。
遊んだゲームも100を超え、出会ったキャラ名も1000を超えましたが、覚えてる名前は高得点のゲームのキャラ数名程度なのがショック。
逆に昔やった作品でも印象深い作品だと案外記憶に残るものですね。
やはり、昔書いた批評を今見るのはなかなか辛い…過去の自分として残すか改変するか悩み所

得点順コメント

100マブラヴ オルタネイティヴ (âge(age))
幼馴染との恋を3世界以上に渡って描き続けた純愛作品、であるとともに製作者の魂の作品。 → 長文感想(1364)(ネタバレ注意)
100家族計画 ~絆箱~(家族計画 ~追憶~) (D.O.(ディーオー))
原点、思い出補正も相まって追い越せなくなった作品。並ぶ作品はあるかもしれないが、越す作品は補正の点からして無いはず。その意味を込めての100点をつけさせてもらいます。 → 長文感想(391)(ネタバレ注意)
95車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ)
私がエロゲ初心者に「オススメの作品は?」と聞かれたら迷わずこのゲームをお勧めする。適度なプレイ時間と泣き要素や燃え要素、話の分かりやすさなど、かなり取っ付き易い作品であると思える。 → 長文感想(398)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
95戦国ランス (ALICESOFT)
一周やるともういいかと思いながらもやってしまう、止め時が分からない中毒ゲー → 長文感想(541)(ネタバレ注意)
94この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (elf)
セーブやロードでさえもシナリオの中に組み込む構成は素晴らしい。 並列世界の理論もきちんと考えられており、設定だけのものではなく、ゲームの根幹と言えるものであり、ゲー ム全体を通して伝わってくる。壮大な世界構成とミステリーで語られる物語。 → 長文感想(2187)(ネタバレ注意)
92Fate/stay night (TYPE-MOON)
画面の切り替え、戦闘時のCGの映し方、BGMのどれもが緊張感を盛り上げると共に無いはずの動きを見せてくれる。 さらに声が無い事によって無遠慮に作られた繊細な文章が奈須きのこワールドへと引き込んでくれる。 → 長文感想(993)(ネタバレ注意)
91装甲悪鬼村正 (NitroPlus)
構成、演出、シナリオ等々全ての面が高いレベルで纏められている完成度の高い作品。ただ人を選ぶ作品である。 → 長文感想(4511)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 52h
90ランス10 (ALICESOFT)
シリーズの締め括り作品、積み重ねてきた物があってこその結末。 → 長文感想(2452)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 60h
90もんむす・くえすと! 終章 ~負ければ妖女に犯される~ (とろとろレジスタンス(同人))
三部作最終章、最後までぶれることなく作りきったことに賛辞を送りたい。M系草食系男子に送る至高の作品。 → 長文感想(940)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 2h
90戦女神ZERO (エウシュリー)
広大な世界観を元に作られた大型RPG、シリーズ初挑戦の人でも十分に楽しめる作品に仕上がっている。
90BALDR SKY Dive1 ”Lost Memory” (戯画)
戦闘に関してはFORCEより格段に良くなっている。シナリオに関しては二部作の出来次第だが、前半部としては充分な出来。 → 長文感想(2427)(ネタバレ注意)
90BALDR FORCE EXE (戯画)
シナリオ部分とアクション部分のともに良く出来ている名作 → 長文感想(275)(ネタバレ注意)
89戦女神VERITA (エウシュリー)
幻燐、戦女神の良い所悪い所をともに吸収した作品。戦闘面に関しては相変わらず良いバランスが保たれている。光ルート 、正史ルート、闇ルートと過去のお話なのにIFルートまで用意してあり、一つの作品としては充分な仕上がりである。 → 長文感想(2676)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 80h
88もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG 前章 (とろとろレジスタンス(同人))
前作もんむすのRPGver、とは言ってもモンスターなどの引継ぎはあるものの物語としては全然別物に仕上がっている。もんむすは前作で既に完結してるから…と遠慮する人も多そうではあるが、前作が好きな人であればお勧めできる作品。システム面ではRPGツクールで作れそうなレベルであるものの、ここまで昇華できるのかと感動を覚えた。 → 長文感想(1479)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 36h
88神採りアルケミーマイスター (エウシュリー)
ゲーム構成的にはたゆ唄+姫狩り+モンハン。いつものエウと言えば確かにそうだが、姫狩りで欠点と言われた部分を直してくるのはさすが。やり込み要素も多く、ゲーム性が合えば長く楽しめる。 → 長文感想(2866)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 150h
88BALDR SKY Dive2 ”RECORDARE” (戯画)
相変わらず最終場面における盛り上がりは素晴らしい。シナリオは一つ一つ丁寧に作られており、納得できる所まで持ってきている。ただラストバトルでのバグは泣ける。 → 長文感想(1947)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 60h
88真剣で私に恋しなさい! (みなとそふと)
ここまで多くの声優を使った作品も少ないだろう、まさに声優の祭典とも言える。内容は友人同士での日常を面白おかしく描いている。 → 長文感想(1647)(ネタバレ注意)
86ランスIX -ヘルマン革命- (ALICESOFT)
今風になったランスシリーズ、ストーリーのテンポ、戦闘の難易度といい良いバランスで調整されている。ルートもある程度分岐があ り、最後までクリアした人用のストーリーまで作られているのはやり込み勢にとってもうれしい。 → 長文感想(969)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 2h
86峰深き瀬にたゆたう唄 (エウシュリー)
異界守りという仕事を通して、多くの出来事を知っていく主人公の少年期から青年期までの成長を描いた大作RPG。 → 長文感想(3409)(ネタバレ注意)
86G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
このライターの描きたいものは前作と同じ、ヒューマンドラマによる人間の成長。 → 長文感想(791)(ネタバレ注意)
85ランス03 リーザス陥落 (ALICESOFT)
ランスシリーズリメイクの3部目、今回のランスの目玉はなんと言ってもCVがあること。 → 長文感想(761)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
85もんむす・くえすと! 前章 ~負ければ妖女に犯される~ (とろとろレジスタンス(同人))
M属性のHシーンにおいて絵やボイスよりも、シチュエーションを大切にする方に届ける、モンスター娘に犯されちゃうRPG。 → 長文感想(1347)(ネタバレ注意)
85真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~ (BaseSon)
前作よりキャラゲーとしての完成度が高まり、泣き要素や燃え要素まで追加された今作。総勢50人以上のキャラに個性と魅力を付け加えた事は製作者側の三国志への愛が感じられる。 → 長文感想(1715)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 50h
85あやかしびと (propeller)
どんなに不幸であったとしても、人として優しい心を持つ主人公が狐の少女と必死に生きていく物語 → 長文感想(710)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h
85大悪司 (ALICESOFT)
調教、売春、売女など18禁ゲームでしかできない要素をSLGにうまく埋め込みよく出来た作品に仕上がっている。やり込み要素も満載で長時間楽しめる
85君が望む永遠 ~Latest Edition~ (âge(age))
一つのゲームのヒロイン推しがここまではっきり二派に分かれるゲームも珍しい、それは人それぞれの感性による所もあるが、それほどしっかりと両ヒロインともの思いを描けている。あなたは遙派?それとも水月派? → 長文感想(455)(ネタバレ注意)
85巣作りドラゴン (ソフトハウスキャラ)
周回を経る毎にだんだんと謎が解明されていく、周回プレイも引継ぎシステムなどで飽きにくい → 長文感想(408)(ネタバレ注意)
84痴漢専用車両2 ~報復の恥辱電車~ (Frill)
男を最低の生き物としかみない女と、その最低な男達が織り成す痴漢物語。 → 長文感想(4000)(ネタバレ注意)
84さくらさくら (ハイクオソフト)
攻略対象を2人と絞る事により、それぞれ互いに影響しあって個別ルートに入ってからも2人の登場回数が減ることがない。 それぞれの人物の感情の推移が上手く描かれており、一つの恋物語として完結している。 → 長文感想(2320)(ネタバレ注意)
84うたわれるもの DVD版 (Leaf)
多少短いものの、シナリオ、CG、ゲーム性とどれも高レベルで纏められている
82創刻のアテリアル (エウシュリー)
エウシュリーの学園物カードゲーム。遊び要素満載のゲームパートに比べて、シナリオ面にはあまり遊びが見られない。 この会社では学園物という洗練されたジャンルに勝負する事は難しいと思える。 → 長文感想(1114)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 107h
82もんむす・くえすと! 中章 ~負ければ妖女に犯される~ (とろとろレジスタンス(同人))
前作のテイストを綺麗に引き継ぎつつ、次作への期待を持てる物語に仕上げられている。 しかし、このゲームバランスからは製作者からのゲーム性、エロを両立させる事への苦悩を感じてしまう。 → 長文感想(1601)(ネタバレ注意)
82Rewrite(非18禁) (Key)
2008年のエイプリルフールに発表された企画。 当時は誰もが疑いながら楽しみに待っていた企画は、それぞれ各人が抱いていた期待通りの結末となっていたのだろうか。 → 長文感想(1844)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 40h
82月姫 (TYPE-MOON)
吸血鬼、死徒、混血などのキーワードを上手に纏め上げ、一つの世界観を築き上げた作品。 → 長文感想(471)(ネタバレ注意)
82究極幻想麻雀 (SPLUSH WAVE(同人))
RPGと麻雀を組み合わせたゲーム、ある意味では究極寝取り麻雀とも捉えられる → 長文感想(1465)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
82遠望のフェルシス Horizon of the earth and sky (ninetail)
正統派の冒険RPG、まったりやればかなりの長時間楽しむ事が出来る。シナリオは冒険者になるまでを描いており、気楽なムードでやりたいと思えるならあり。 → 長文感想(1923)
総プレイ時間 : 60h
82永遠のアセリア -The Spirit of Eternity Sword- (XUSE)
理不尽な展開ながらも、妹を助けるために頑張り続ける主人公が世界を救っていくという物語 → 長文感想(1292)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 70h / 面白くなってきた時間 : 10h
82姫狩りダンジョンマイスター (エウシュリー)
よくある魔王の復活を阻止する勇者達による英雄譚ではなく、封印された魔王が未熟な使い魔と共に人間に対し復讐し、復活していく魔王視点のSLG。相変わらずやり込み要素は充分。 → 長文感想(2362)(ネタバレ注意)
82媚肉の香り ~ネトリネトラレヤリヤラレ~ (elf)
やり終えた後ならタイトルがしっくりくるが、名前で読み取ったジャンルのせいで敬遠している人が多いのではないだろうか。主人公視点から見て寝取りや寝取られはかなり少ない。シナリオ、Hシーンともかなり良いできであり、別視点から見ても矛盾なく、よく構想が練られている。 → 長文感想(1113)(ネタバレ注意)
82君が呼ぶ、メギドの丘で (Leaf)
RPG部分、ADV部分共になかなかの出来、やり込み要素も有るので長時間遊べる → 長文感想(1067)(ネタバレ注意)
82闘神都市II (ALICESOFT)
フリーソフト、14年前のゲームとは思えない出来栄え → 長文感想(548)(ネタバレ注意)
81どうして、そんなに黒い髪が好きなの? (ファイヤワークス)
ラノベの様なタイトルからラノベでは出来ない事を基本とした物語構成はお見事。 → 長文感想(944)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 1h
81のーぶる☆わーくす (ゆずソフト)
洗練されたシステム、表情豊かに動く会話など安心してプレイできる萌えゲー → 長文感想(494)(ネタバレ注意)
80息子の友達にハメられて ~厳選Hシーンアニメーション版~ (Anim)
貞淑な人妻が徐々に若い男に堕とされるよくあるストーリーながらも、アニメーションや絵のおかげでエロさを感じられた。 メインとなるのはパッケ絵の女性なので気に入れば購入はありだと思います。
80おお勇者よ、イってしまうとは情けない! (Luxury)
おねショタ系のゲームとしては良い出来、初心者でもやりやすいのではないでしょうか → 長文感想(425)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
80イブニクル (ALICESOFT)
現代版ランス。いまの倫理観に合わせて作られているものの、キツイ描写も存在している。ゲームパートはキャラクター固定式であるものの、各キャラそれぞれに役割を持たせられていた。徐々に自分の旅できる世界が広がっていく感覚は、これぞRPGといった印象を受ける。ただやり終えても毒にも薬にもならないゲームであったと思う。
総プレイ時間 : 30h
80悪魔娘の看板料理 (ソフトハウスキャラ)
料理屋経営SLG、シナリオとゲームパートの配分はソフトハウスキャラの定例通り。 → 長文感想(685)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 28h
80シンフォニック=レイン(非18禁) (工画堂スタジオ)
妖精や魔力などといった幻想的な部分と、人の心情や行動などの現実的な部分。その現実と幻想が綺麗に混ざり合って、素晴らしい世界観が表現されている作品。 → 長文感想(503)(ネタバレ注意)