sejbwさんの得点順コメント

sejbw

相対評価です。恋バナ、才能を語る物語、コンセプトに充実したゲーム、出来の良い作品等が好みです。
基本作者の意図には付いて行くほうです。

得点順コメント

100恋×シンアイ彼女 (Us:track)
恋の片鱗でも直接経験させてくれた唯一の作品。
99ひこうき雲の向こう側 (FLAT)
「恋」とは何か。その答えを教えてくれた。
96サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- ()
シナリオ構成が完璧。システムが古すぎて100点には及ばなかった。
95蒼の彼方のフォーリズム (sprite)
光る才能を語る物語。とてもいい出来栄えに感動した。
94素晴らしき国家の築き方 (アイリスフィールド(同人))
素晴らしき同人ゲーム。商業ゲームでも探しにくい程の大作。値段を考えるとあり得ないくらいの分量とスケールを持っている作品。
94アオナツライン (戯画)
刺激的で特別な物語を好む人々の心までは動けないかもしれないけど、青春を感じたい人はやってみて損はしない作品。 → 長文感想(160)(ネタバレ注意)
93BALDR SKY Dive1 ”Lost Memory” (戯画)
大作であり傑作。ゲームの完成度から、制作陣の魂を感じることができました。
93BALDR SKY Dive2 ”RECORDARE” (戯画)
大作であり傑作。ゲームの完成度から、制作陣の魂を感じることができた。
93さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation- (FAVORITE)
製作陣の誠意を感じることが出来た作品。非常に回りくどいテキストと展開、あちこちに飛ぶシナリオ、遅いテンポのせいで人を選ぶ作品だけど、そこに構わない人は大抵傑作だと呼ぶだろう。
92BLACKSOULSII -愛しき貴方へ贈る不思議の国- (イニミニマニモ?(同人))
「クトゥルー神話+童話」というコンセプトとブラッドボーンをオマージュした「奇怪で恐ろしい世界観」はとても魅力的で、設定と世界観の活用は歴代RPGツクール同人ゲームの中でもトップクラス。戦闘の面白さも、RPGツクールターン制ゲームの中では独歩的で、リミッターを最大限に解除したジャンル(同人+エロゲ)で表現できるものを思う存分描いたストーリーも逸品。
92リトルバスターズ!エクスタシー (Key)
今見ても笑える日常シーン、昔のゲームの中では珍しい適切なテンポなど、とても面白い作品だった。 特に、世界観の活用が非常に素晴らしい。 沙耶√は最高の個別√だった。
91プロナント・シンフォニー (E.B.(同人))
王道的な内容だけど、普通のRPGとして見ても優れたシナリオだった。
91もののあはれは彩の頃。 (QUINCE SOFT)
最初から最後まで目を離せない展開が特徴。世界観描写に関してはトップクラス。
91STEINS;GATE(非18禁) (NitroPlus)
達成感が高く、綺麗なシナリオ。
91Summer Pockets(非18禁) (Key)
文章、音楽、雰囲気、キャラクター全て最高だったが、Pocket√がちょっと残念。
90時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花- (UNiSONSHIFT:Blossom)
ものすごく鮮やかな結末が印象的だった作品。クリア後サイドストーリーは必見するべき。
90私が好きなら「好き」って言って! (Chuablesoft)
素晴らしい台本。リンカ√は今まで見た個別√中一番素晴らしい物語だった。
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
89見上げてごらん、夜空の星を (PULLTOP)
決して派手じゃないけど、素敵な青春物語。特にひかり√は、息をするのも忘れてプレイした。テンポ、演出、キャラ全て良し。
88月の彼方で逢いましょう (tone work's)
マニア層が確固たるブランドで、新しい挑戦をするのはなかなかの冒険だろう。 多少の不満はあれど、結果的に彼らはそれを見事にやりこなした.
88アメイジング・グレイス -What color is your attribute?- (きゃべつそふと)
これほど出来の良い作品とは予想もしなかった。演出はちょっと惜しかったかな…
87キラ☆キラ (OVERDRIVE)
青春物語としては結構な良作、成長物語としては大した傑作。
87キミのとなりで恋してる! ~The respective happiness~ (ALcotハニカム)
本編の良い所に加え、恵の心情描写が素晴らしかった。
87はつゆきさくら (SAGA PLANETS)
シナリオに追い付けないCG演出、時代を考えてもクオリティが低い背景。にもかかわらず名作。
87銀色、遥か (tone work's)
ベスリー√が自分好み。歌が凄くいい。
86キミのとなりで恋してる! (ALcotハニカム)
キャラもちゃんと立っているし、テーマにも充実しているし、感情描写も凄かった作品。
86金色ラブリッチェ (SAGA PLANETS)
ストーリーテリングと演出が良ければ、特別ではないシナリオでも輝く。
85この大空に、翼をひろげて (PULLTOP)
青春感あふれる物語だった。全体的なクオリティや青春感は見上げてほどではなかったが、メッセージ性は見上げて以上。
85見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS (PULLTOP)
さすがに本編ほどではないんだけど、相変わらず輝くところがあった作品。
85素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
本当に、物語としては大嫌いなんだが、シナリオの完成度がすごいというのは否定できない。
85ワガママハイスペックOC (まどそふと)
本編のいいところを維持しながらも、ファンサービスっていう目的も忘れなかった名作。
84King Exit (深爪貴族(同人))
かなり刺激的で面白かったけど、色んなところでわがままと漏れが見えたゲーム。でも面白さだけならRPGメーカーエロゲーの中では一番。
84ゆきこいめると (FrontWing)
期待以上のイチャ地獄だった。満足満足
84腐界に眠る王女のアバドーン (サークルさくらぷりん(同人))
RPGメーカーで作られたエロゲーの中で一番完成度が高い作品。適当な緊張感、様々な要素のおかげで最後まで飽きずにプレイできた。
84あけいろ怪奇譚 (シルキーズプラスWASABI)
まさにエロゲーらしいエロゲーだった。
84魔女こいにっき (Qoo brand)
コンセプトを極限まで生かしたシナリオが印象的。不愉快なところがあっても、エンディングのため我慢する価値あり。
83てりぶるラボラトリー (あぶらそば日和(同人))
自分がこんなにも女の子をいじめることが好きだなんて知らなかった
83まおてん (CandySoft(きゃんでぃそふと))
すごく読みやすくて、脳がなくても内容が理解できそうなテキストが印象的だった。ストーリーは…光るところもあってたが、まぁそこそこだったかな。
83Making*Lovers (SMEE)
恋愛までの段取りがSMEEらしくないほど素晴らしかった。
83ワガママハイスペック (まどそふと)
各√ごとに「ワガママ」と「ハイスペック」、強調しているポイントが全部違った。色んな味を味わうことができる。
82ノラと皇女と野良猫ハート2 (HARUKAZE)
ノラとと1の雑さは全てアイリス√に集約されていて、全体としては一段と洗練されている。
82サノバウィッチ (ゆずソフト)
初めてトキメキを教えてくれたゲーム。
81PRIMAL×HEARTS2 (ま~まれぇど)
まーまれーどの限界を勝手に決めつけてた私にとって、兎姫√は衝撃的だった。
81なないろリンカネーション (シルキーズプラスWASABI)
あけいろがもっとスムーズな感じ。ななりんも良かったけどね。
81Clover Day's (ALcot)
端役が不快だったが、それ以外は文句なし。友情と恋愛要素が良かった。
80古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~ (Yatagarasu(八咫鴉))
システムとかシナリオから頑張った痕跡は見えたが、何の特徴もないテキストが非常に残念だった。
80天色*アイルノーツ (ゆずソフト)
キャラと世界観がゆずソフト作品の中で一番良かった。異能を排除して学園生活を強調したことも。
80ISLAND(非18禁) (FrontWing)
シナリオは良かったが、登場人物の感情調節が出来ていない。
79まいてつ (Lose)
制作陣の誠意を感じた作品だった。シナリオは平凡。
78神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。 (Hulotte)
面白そうな設定をちゃんと活用しなかったの以外は相当良かった。