sami-loveさんの得点順コメント

sami-love

シナリオの評価が高い作品をメインに、プレイしています。何よりもテキスト重視。評価が高い作品でも、テキストが合わないとプレイできないので。所謂ストーリー重視派ですが、中でも、テキスト・ストーリー・世界観を重視している模様。キャラや音楽はその次です。
2015年、今まで未開拓であったフリーや同人に手をつけ始めました

得点順コメント

99CROSS†CHANNEL (FlyingShine)
発売当時に高評価に惹かれてプレイ。記念すべき初エロゲ。これを超える作品にいつか出会いたい。思い出補正がかかっていると思うので、いつかコンシューマーの完全版をプレイしたい。
95最果てのイマ フルボイス版 (XUSE)
2周目(約20時間)を終えて。物語で感動する作品ではなく、構成でカタルシスを得る作品だという感想は変わらず。パズルのピースが歪だったり、足りなかったりする場面もあるので、全てが上手く嵌らないと嫌という人には勧められない。2周目をやってみて、沙也加と笛子はピースが足りないという欠点にも気付いたり。多大なる労力を費やすので、もうやりたくはないが、一生の間に出会えてよかったと思わせてくれる、そんな作品。
総プレイ時間 : 55h
90この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (elf)
プレイ前にたくさんの高評価を見ていたが、その中でもよく見かけた“人生が変わるほどの衝撃”は受けなかった。だが、良い読み物を読んだという満足感はある。96年にこの作品が発表されたということに関しては、単純に凄いと思う。
総プレイ時間 : 25h
88赫炎のインガノック ~What a beautiful people~ Full voice ReBORN (Liar-soft(ビジネスパートナー))
ファンタジー物の名作。ファンタジー好き、読み物好きにはたまらないのではないか。読んでいて、伏線が徐々に明かされるそのタイミングが絶妙。プレイヤーが気付いたころに明示される。同じ文章を繰り返し使う手法も上手く活かしていたと思う。シナリオを支える音楽も良かった。
88世界でいちばんNG(ダメ)な恋 (HERMIT)
キャラ作りが秀逸。特別、非日常的な出来事が起こるわけでもないのに、ここまで楽しめるライターの力量に感服。
総プレイ時間 : 40h
86フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
ひぐらしやダンガンロンパが好きな人なら楽しめると思う。予想以上にエロくて(実用性は不明)、ストレートで、暗くエグイ作品だった。恋愛の過程が丁寧なのと、主人公にも立ち絵がありCGでもカットされないので女性に薦めたいが、レイプも多いので難しい…。各キャラそれぞれ、違う関係性での恋愛なのが良い。謎解き、成長、全員で力を合わせて…とエンターテイメントとして良くできた作品。
総プレイ時間 : 16h
85君と彼女と彼女の恋。 (NitroPlus)
自分にとって、「最果てのイマ」は二度とやりたくない作品(2周プレイしたが)であるが、今作は二度と“できない”作品。エンタメとして楽しめるので、イマよりも一般向け。考察余地はあまり無し(良くも悪くも、作中で説明される)。ただのタブー要素ありのメタゲーかと思ってプレイしたが、予想外にエンタメしていて(詳細はネタバレになるので控える)感服。ユーザーを楽しませようとする心意気は凄いが、あくまで“ゲームとして”であって、“ヒロインといちゃらぶして萌えていればそれでいいエロゲとして”ではないので、それを期待しないように。
85果てしなく青い、この空の下で…。完全版 (TOPCAT)
攻略順が重要。やや締めが弱いかもしれないが、それでも伝記物としてよくできている。各ルート毎に物事が違う視点から見える構成は秀逸。BADルートは鬱だが唯一明日菜だけは、BADの方が出来がよいと感じた。プレイ後にしばらくエロゲはいいかなと思わせてくれた完成度なので点数追加。
総プレイ時間 : 30h
85この青空に約束を― (戯画)
エロ・シナリオ・キャラと全てが標準以上なエロゲとしての模範的作品。エロは抜きゲーと比較すると薄いかもしれないが、シナリオゲーとしては濃い方だと思う。エロゲとしての完成度の高さゆえにコンシューマー移植は疑問だが、PC版は間違いなく名作。
85Forest (Liar-soft(ビジネスパートナー))
意欲的なメタもの。プレイヤーに媚びるということを全くしていない。元ネタを知識として知っていると不必要な混乱は避けられるが、場面を聞いて想像できるほど「読んで」いないと、にやりとはできない。そういう点では、完璧に楽しめる人は少ないのではないかと思う。本当の意味で「ゲーム」をしている気分にさせてくれた作品。
85腐り姫 ~euthanasia~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
一言で表すとインモラル過ぎるトリップゲー。中盤~終盤の展開にやや不満があるが、それでも雰囲気と世界観に十分酔えるゲーム。
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
85SWAN SONG (Le.Chocolat)
世界観が良いのと、テキストが長時間読むのに十分耐えられるほど上手。残酷なことをする人たちも出てくるが、美しい物語だと感じた。
総プレイ時間 : 20h
80虚ノ少女 (Innocent Grey)
スキップを含めると+8時間ぐらいのプレイ時間。現代編より過去編の方が面白いという…。ヒロイン不在でミステリーとしての面白さに欠ける現代編と、ミステリーとしての定型で楽しませてくれる過去編。元ネタがあった前作の出来には劣るが、30人以上の登場人物を上手く物語に絡めてきて収束させる様は見事。続編で全ての謎が明かされることに期待。
総プレイ時間 : 24h
80書淫、或いは失われた夢の物語。 (Force)
予想以上に短かった。(攻略使用は終盤のみ) 部分的な謎は残しながらも、大筋の解明は行われる(カタルシスが得られる)、「考察系」として模範的な作品。
総プレイ時間 : 4h
80冬は幻の鏡 (半端マニアソフト(同人))
はるくるは体験版で合わないと感じたが、この作品は最後まで読み進めることができた。心理描写を楽しむ作品というより物語を楽しむ作品だと思うので、だからこそ冗長な部分が気になった(他の方も書いているがもう少し削れると思う)完璧な善人も悪人もおらず、リアリティがありすぎるわけでもフィクション寄りすぎるわけでもない人物描写は、感情移入して楽しむ作品ではないことを表している。現在フリーなので加点したいが暴力描写・陵辱描写が過剰だと感じたので、この点数で。
総プレイ時間 : 14h
80ナイ・アン・デ ~Night and Day~(非18禁) (ノンリニア(同人))
なぜこれだけの作品が埋もれているのか…。下手な商業ゲーより面白い、お金をとっても良いレベルのフリーゲーム。要所で「ひぐらし~」のオマージュが見受けられるが、ひぐらしが好きな人なら楽しめるであろう(逆に、あれが受け入れられない人は手を出さない方が良い)登場人物の過去のダークさはひぐらしより上か。導入はミステリー、狂気あり、最終的には「世界」を脱出するために少年少女が力を合わせて戦う…という流れが好きな人なら楽しめる、間違いなく(笑)フリーの中では突出したレベルだと思うのに、埋もれているのが悲しい。
総プレイ時間 : 12h
80サナララR (ねこねこソフト)
4章が一番好き。良いと聞いていた3章はテキストが微妙で楽しめなかった。シナリオに他と違う趣向があったので勿体ない。追加では6章が一番。男性主人公が出てこないヒロイン×2という構成はオムニバスならではかも…と考えたら、これはこれでありかなと。正直、期待しすぎていたが癒しゲーとしては合格だと思う。ノベルゲーとして期待をするのは禁物。
80Ricotte ~アルペンブルの歌姫~ (RUNE)
エロゲとしては良作でノベルゲーとしては論外、そんな作品。褒め言葉としてのご都合主義と予定調和。ヘタレでダメな主人公が、周りの人に助けてもらってばかりというエロゲ的ストーリー。リアルさを求める人には楽しめないだろうが(自分もどちらかというとこちらのタイプ)エロゲと割り切って楽しむ分には良いのでは。
80Quartett! (Littlewitch)
あまりにも短くてびっくり。音声なしの為、文章を早く読める人はフルコンプまで4時間もかからないと思う。短編漫画のような作品。シナリオは期待したほどではなかったが、雰囲気・音楽・表現手法は素晴らしかった。
総プレイ時間 : 4h
80何処へ行くの、あの日 (MOONSTONE)
期待値が高かったが、概ね納得のいく出来であった。ただ、サブキャラの抱える問題が解決していないこと(あくまで物語上のファクターでしかないこと)と絵麻・千尋というメインキャラ以外のルートの内容・立ち位置に疑問を感じる部分もあったので、そこはマイナス。エロは副次的なもので、あくまで1つの物語を楽しむための作品。
総プレイ時間 : 21h
80フォセット -Cafe au Le Ciel Bleu- (戯画)
丸戸シナリオは平均点以上。他はライターによる差やオリジナルとの違いがあるが、FDならこういう作りもありなのかも。クイズも良いスパイスだった。
80パルフェ ~chocolat second brew Re-order~ (戯画)
ショコラと同じで、キャラの扱いが二人一組で分かれている感じ。ルートの出来は必ずしもその通りではなかったが。自分は、かすり→恵麻→明日香→由飛→玲愛→里伽子の順で好き。恵麻は里伽子とセットだったので同レベルの出来かと思っていたが、期待外れだった。3部作と言われている作品の中で、一番優等生な作品だと思う。
80ショコラ ~maid cafe ”curio”~ Re-order (戯画)
個別ルートに入るまでの、みんなで和気藹々としている雰囲気が良かった。個別はキャラによりけり。個人的には翠が一番好き。ひねくれ者がメインヒロインというのも面白いが。翠・香奈子、すず・美里、さやか・真子の3グループでシナリオの出来が違うのは明らか。メインヒロイン以外も、もう少し丁寧に扱って欲しかったが、丸戸氏初期の作品ということを鑑みれば仕方ないのかも。
80flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~ (シルキーズ)
某社独占のDL販売版は、システムが標準並になっていてストレスは感じなかった。自分の好みは、大気=つばさ>美雨>シロップ≧琴羽メー>空>めぐみ の順。メー、空、めぐみはあくまでおまけ扱いなので、クオリティの差は仕方ないのかな、と。つばさはアナザーエンドの方が好き。大気は両方のエンドが好きだが、ハッピーの方の主人公がヘタレ過ぎで若干いらついた。美雨も2種類あるが、バッドは見なかったことに… 後日ヒロインと当時を振り返る、アルバムモードが新鮮でよかった。
80殻ノ少女 (Innocent Grey)
どこかで見たことがあるような場面が出てきたりしても、雰囲気・音楽の良さは崩れなかった。ストーリーは「なんとなく」楽しみながら、雰囲気と音楽を堪能するゲーム。ギャルゲー・美少女ゲーとしてはどうかと思うが、ダウナーな雰囲気を求める人にはお勧めできる作品。
80リアル妹がいる大泉くんのばあい (ALcotハニカム)
栞ルートはそこそこの出来。軽く読めて、エロとシナリオが標準以上という良作。構成上仕方ないとはいえ、麻衣が不遇に感じた。
80銀色 完全版 (ねこねこソフト)
第3章で-5点。馬鹿で盲目的に姉を愛す妹と、病む過程に説得力は無いがヤンデレな姉と、鈍い主人公が織り成す第3章は痛いの一言。台詞が滑稽で途中からは笑いながらプレイしていたが。その他の章は、差はあるもののよくできていたと思う。2章、1章、4章(過去)が好き。
総プレイ時間 : 14h
80Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~ Full Voice Version (D.O.(ディーオー))
個人的には優佳ルートが好き。評価の高かったあやめルートは本編、アナザー共に良くできていると感じた。良質な短編小説集のような作品。
総プレイ時間 : 18h
80シンフォニック=レイン 愛蔵版(非18禁) (工画堂スタジオ)
サブヒロインのルートはあまり盛り上がらず、内容的にも鬱だが、サブヒロイン攻略後に選択できる別視点で語られる物語は盛り上がった。
総プレイ時間 : 30h / 面白くなってきた時間 : 20h
80さよならを教えて ~comment te dire adieu~ (CRAFTWORK)
まともな人が作った狂気ゲー。主人公が狂っていながらも、整合性がとれている。人を選ぶとは思うが、良くできた作品だと思う。
総プレイ時間 : 10h
80車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ)
叙述トリックに騙されて心地よかったが、その感覚はミステリー小説を読めば短時間で味わうことができる。個人的には、プレイでトリックの驚き以外の何かを得ないと勿体無いと思う。
総プレイ時間 : 29h / 面白くなってきた時間 : 10h
80eden* They were only two, on the planet.(非18禁) (minori)
終盤の演出が少しくどく感じられたが、それでもノベルとして良い出来。生々しさはなく、良くも悪くも綺麗な物語。
総プレイ時間 : 9h
80こなたよりかなたまで (F&C)
クリストゥルーエンドが良い。非常に綺麗な出来。しかしマイナス面として、ここまで強く「特定ルートが要らない」と思ったゲームは無いぐらい、いづみ&優ルートの出来が酷い。このルートはやらなくてもよいのでは…。
80ef - the latter tale. (minori)
ラストの騙されたという感覚は気持ちいい。しかしあくまでファンタジーなのか、明らかにならない謎があるのが少しもどかしい。
総プレイ時間 : 50h
80カルタグラ ~ツキ狂イノ病~ (Innocent Grey)
トゥルーエンドの怒涛のたたみ掛けが良い。しかし、それ以外のエンドは理不尽なものが多い。
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 2h
80沙耶の唄 (NitroPlus)
一気に読ませる文章力が凄いと思った。純愛作品の決定版。また再プレイしたい。
80G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
メインのハルルート以外はおまけのような感じ。しかし、ハルルートの純愛ストーリーは良かった。欠点として、序盤の日常会話部分が少し退屈だった。
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 20h
78風雲相討学園フラット完全版(非18禁) (相討ちネガティブギャング(同人))
クリアまで1ヶ月半。気が向いた時に各キャラをサクッと攻略していくような作品。本編は短時間で楽しめるのだが、番長シナリオに関しては、長い&同じ展開を6人分プレイしなければならないという欠点が目に付く。中途半端なエロは要らないと思う。あと、キャラの魅力に差があるのも気になった(黒岩・キンバリー>先生・委員長>蘭々・とすという印象)
78電波電波カプリッチョ!(非18禁) (なすびあん(同人))
主人公が電波といえばシュタゲだが(この作品もオマージュしているのだろう)、シュタゲよりも主人公の「電波さ」に意味があり、好感が持てた。こういったノベルゲームのギャグで笑えることは少ないのだが、この作品はギャグのセンスが良く、何度もニヤリとさせられた。シナリオも、「大人になるとは」「コミュニケーションの不確かさ(噛み合っていなくても各々自分に都合の良いように解釈する)」など色々と考えさせられた。考えていること(方向性)が違っても、それぞれが協力して目的を達成することができるというのは、希望に満ち溢れていると思う。厨二な主人公の目を通して、主人公が嫌う「平和な世界」の良さに気付かされる作品…といったところか。
総プレイ時間 : 4h
78sense off ~a sacred story in the wind~ (otherwise)
「凄い」が、「面白くない」。メタ・批判的な読み方をすれば、評価は変わってくるだろうが…。物語というより、構造を楽しむ作品。ライターが理系脳だからか(?)日常部分の描写がとてつもなくつまらなく(しかも日常部分に伏線はほぼ無し)、フルコンプまでに1ヶ月かかった…。普通の読み方では充分に楽しめない、評判通りの異色作。
総プレイ時間 : 11h
78デンシャ(非18禁) (小麦畑(同人))
多分、自分の中でこれを超えるフリーのADVは現れないんだろうなぁ…という気にさせてくれる作品。言葉遊びが好きな人には堪らないと思う。個人的には80点ぐらい、客観的に75点
総プレイ時間 : 1h
78鷽替真と月夜の×××(非18禁) (ななしのや(同人))
映画化もされたラノベ、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のパクリでは…と思う箇所も多いが(猟奇趣味の人間に誘拐された子供たちが成長して再開、その子達の周辺で起こる猟奇殺人事件…など)オリジナルの部分もあり。話の見せ方が上手く(好き嫌いがわかれるだろうが)どんでん返しの連続で、終盤は熱中した。ただ、序盤~中盤の日常部分はダレる可能性も(自分はスキップ多用)るーすぼーいとか好きな人なら楽しめそう、細かいところより全体や勢いで魅せる(魅せようとしている)作品。(現在フリーなことと、選択肢にまつわる演出が良かったことを考慮して加点気味)
78アトラク=ナクア (ALICESOFT)
期待し過ぎていたようだが、それなりに楽しめた。どの選択をしても、手放しのハッピーエンドにならないのが切ない。音楽の美しさは評判通りだった。
78水夏A.S+ ~SUIKA~ (CIRCUS)
3章だけなら80点以上。自分にとって2周する価値のあった傑作短編。…3章だけは。 → 長文感想(410)
総プレイ時間 : 23h
78いつか、届く、あの空に。 (Lump of Sugar)
設定や世界観は興味深いものの、ライターの文章が魅力を減らしてしまっているという勿体無い作品。くどい文体や説明不足な箇所など、読者に伝える気があるのか疑問に感じた。ほのぼのとした展開から「燃えゲー」になるのはライトノベルのよう。ライトノベル風なら、もう少し万人向けの文章にしてもよかったのでは。
総プレイ時間 : 40h / 面白くなってきた時間 : 10h
78Imitation Lover (light)
一般的なエロゲとは違って、登場人物に感情移入するというよりかは、俯瞰して物語を眺めている感じ。個性的なキャラが織り成す青春譚…?個人的には好きかも。ヒロインが主人公にデレデレで甘ったるい話を好む人にはお勧めできないと思う。
総プレイ時間 : 16h
78ユメミルクスリ (rúf(ruf))
ぶっ飛んだところがあるけど、良くできていると思う。テキストも飽きさせないし、Hシーンも多い(それが嬉しいかはともかく)。エンターテイメント性がある作品だと思った。
総プレイ時間 : 18h
75レムレスブルーの午前2時(非18禁) (KENKOU LAND(同人))
少年愛という分類は必要だったのか否か…。メインの登場人物は中学生~高校生の男ばっかですが。プレイしながら、このごった煮の感じは「鷽替真と月夜の×××」に似てるなーと。ホラー・ミステリー・伝奇・ファンタジー…何でもありで、食傷気味になるぐらいエンタメしている。ただ、そういった作品の例に漏れず、全体の整合性というよりかはその場その場の盛り上がりを重視しているので、地味でも丁寧な物語を読みたい人にはオススメできない。派手で(良い意味で)雑な、王道エンタメ。…BL要素を除けば。個人的に、漫画に向いている作風だと感じた。
総プレイ時間 : 7h
75コッペリアの墓標と廻る恋のはなし(非18禁) (Mal de Manege(同人))
暗い話が好きで、全体の整合性よりも「騙される」快感を重視する人にはオススメ。救いがない話なので、ハッピーエンドを求める人には向かない。ネタバレが致命的な作品なので、前情報なしでプレイするのが良さそう。
総プレイ時間 : 1h
75クロノウサギ(非18禁) (Star Gazer(同人))
4,5話は若干長めだが全体として1話1時間で読める連作ノベル。確かに地味だが、話は面白い。ループ物というより、アンドロイドの自我をテーマにしたSFとして楽しめた。機械と人間の違いとは…等と考えるのが好きな人には向いていると思う。黒幕の正体を名言しない(言われなくてもわかるのだけれども)描き方も、好印象。多視点が効果的に使われた作品であった。
総プレイ時間 : 6h