komaichiさんの得点順コメント

komaichi

主にこれから購入する人に役立つようなレビューにすることとできるだけ良く評価できる部分を見つけるという2点を意識して投稿しています。特に後者、悪口よりも作品がどう良かったのかをしっかり伝えられるようになる・・・なりたい・・・なれるといいな。作品は大雑把にシナリオ、RPG/SLG、抜きゲーで評価基準は分けて70点を基準に満足度で評価。といいつつ圧倒的に抜きゲーの投稿が多め。点数は結構適当です。作品・個人への根拠のない中傷をするつもりは全くありませんが表現などで不快にさせてしまうことがあるかもしれません。そういった際には指摘して頂けると助かります。このサイトがより多くの人にとって有益になる事に少しでも貢献できたら嬉しいです。
2013年3月、最近のマイブームは/寝取られ作品/プレー中または投稿予定作品(イレギュラー投稿有りまくります):魔降ル夜ノ凛、愛する息子の躾け方、純情セックスフレンド、Gears of Dragoon、学園NTR、プリズム◇リコレクション

得点順コメント

95ボクの彼女はガテン系/彼女がした事、僕がされた事/巨乳妻完全捕獲計画/ボクの妻がアイツに寝取られました。 (elf)
傑作。思わず画面の向こうの主人公に嫉妬してしまいたくなるほど魅力のあるイイ女、そんなヒロインを狙う間男の執念と劇場型寝取りの見事な囲い込みの手腕、相変わらずの陰湿なテキストが合わさりシクシクと心が軋む極上の寝取られ感が堪能できる逸品に仕上がっています。そして同時に得難い夫婦の絆も。もう少し抜きゲーとしての配慮をしてもらいたいのと、どう考えてもルート制限をかけるべきだったであろう構成、堕ち方の程度などの不満もありますが、それらを差し引いても有り余る魅力があると思います。心に穴があいたような喪失感と狂い惜しい程の堕とす歓び、そしてヒロインの一途な愛に胸が詰まるような思いにさせてくれる寝取り/寝取られの金字塔。 → 長文感想(5043)(2)
95妻陥落 (Autobahn(同人))
劇薬レベルの寝取られゲー。プレーヤーが単なる第三者でいることを拒む設定、表現、文章センスは圧巻。傍観者でいようとするプレーヤーの意思とそれを否定する(おそらく製作者側の意図的な)力によって生み出される緊張感と興奮は他に類を見ない。 → 長文感想(1838)(ネタバレ注意)
95スマガ -STAR MINE GIRL- (NitroPlus)
万歳ハッピーエンド!!悲劇的な運命を変えるためにひたすら頑張る主人公の姿はほんとに感動します。喪失の悲しみや深い感動はないのに、これだけ満足できた作品は今のところ存在しません。 → 長文感想(798)(ネタバレ注意)
93信天翁航海録 (raiL-soft)
血沸き肉躍る海洋奇譚、と称するにはあまりにヘタれで生々しく爛れていて何より臭いですが、世界から爪弾きにあった阿呆共の、時に嬌態と痴態を晒しながら、欲望のままに地図を越えこの世の果ても超えてゆくその姿に、遠い昔にどこかに置き去りにしてきた冒険心が沸々と湧き上がってくるようでした。そして全ての根底を支える奇知に富んだ文章は唯一無二の個性と魅力を持ち見初められた者の心を鷲掴みしにして離さない。 → 長文感想(2330)
91euphoria (CLOCKUP)
ハードエロと読み物としてのエンターテイメント性を高い水準で両立させた傑作。期待を裏切らない肉体的・精神的に容赦のない責めと、予想外にも程がある練り込まれた設定、そしてそれらを回収するトゥルーエンドの爽快感。シナリオの分エロシーンが犠牲になっている、または設定ぶち壊し感な側面は確かに存在するし、純抜きゲーのような売り出し方など問題点も少なくありませんが、しかしそうした犠牲を払わずして「コンプ後にエロだけではなくシナリオももう一度読みなおそう」と思わせる作品にはなり得なかったでしょう。リスクを背負ってより大きなリターンを見事に掴み取った製作者の気合いと熱意は称賛に値すると思います。 → 長文感想(10396)(4)
91戦国ランス (ALICESOFT)
最強レベルの時間泥棒。アリスはプレーヤーの心理が実によくわかっているのでしょうね。まさに、にんじんにつられる馬の如くの泥沼の周回プレーに突入してしまいます。 → 長文感想(275)(ネタバレ注意)
90果てしなく青い、この空の下で…。完全版 (TOPCAT)
傑作。子供は無力。そして都合のよい奇跡などない。理不尽な現実を前に体は傷つき心は疲弊しても、青空だけは何一つ変わらず人々を見下ろしている。それでも違った感傷を呼び起こすのは空が心を映す鏡だからかもしれない。そんな何も変わらない多様な作品風景に単に雰囲気を楽しむ以上の奥行きを感じてしまう。 → 長文感想(2746)(ネタバレ注意)
90この青空に約束を― (戯画)
この作品の魅力は何か。プレーした後、極めて満足した一方で、では何が良かったのかと考えると上手く言葉にすることができないもどかしさを味わった、いや今も味わい続けている作品です。いい加減決着をつけたいが―・・・ → 長文感想(4536)(ネタバレ注意)
90少女魔法学リトルウィッチロマネスク editio perfecta (Littlewitch)
美しきファンタジーの世界にまったりどっぷり。育成パートと日常が一体となって綻びのない世界観を作り出している良作。魔法モノって用語を理解して、世界観に浸るまでが面倒だったり、説明途中で違和感を感じたり、用語が魔法モノに慣れていないとどうも感覚としてわかりづらかったりと中々心の底からはまれないという人っていると思うのですが、この作品はそうした問題が少ない作品ではないかと思います。 → 長文感想(1266)(ネタバレ注意)
88紅殻町博物誌 (raiL-soft)
傑作、と同時に埋もれるべくして埋もれるでしょう。これは一般性がなさ過ぎ。それこそ一部の好事家がマニアックにひっそりと楽しむ作品。ハマればノスタルジックな世界にどっぷり浸かれます。 → 長文感想(2518)(ネタバレ注意)(2)
87姉Summer!2 (あるてみす。(同人))
大傑作。純愛系同人低価格作品としては最高レベルの完成度。所詮抜きゲーと高を括っていたからなのかもしれないが、まさかこの手のジャンルの作品で感動して涙するはめになろうとは夢にも思わなかった。エロとシナリオは必ずしも二律背反的な関係ではない事を示しており希少性や他作品への示唆が大きさという観点から見て非常に価値のある作品だと言える。これも前作同様に埋もれてゆくのだろうか…(2010年1月2日感想改定) → 長文感想(5142)
87僕だけの保健室 (ALICESOFT)
この常軌を逸したコストパフォーマンスは反則。ユーザーフレンドリーここに極まれりという感じですが、他社にとっては嫌がらせに近いでしょう。 → 長文感想(1812)(ネタバレ注意)(6)
87LOVEMILF (Autobahn(同人))
熟女、不倫ものとしては傑作の部類に入ると思う。思わず不倫に対する罪悪感・背徳感を本当に抱いてしまうような設定、セリフまわし、エロのシュチュエーションの準備、そしてそれらを十分に描くライターさんの文章センスは見事。しかも顔は割とブス目なおばちゃんでそれを表現しているの点が驚きです。これ好きなジャンルだったら100点つけると思います。 → 長文感想(1295)(ネタバレ注意)(1)
86悪の女幹部 フルムーンナイト (ルネ)
無印の長所を伸ばした優良リメイク作品。追加要素の分量自体も然る事ながら、本編との噛み合わせが抜群で単なる足し算以上に作品の魅力を引き出しているのが素晴らしいです。特に前作でサブキャラ相当であったヒロイン3名ルナ女王・まりあ・つきみの魅せ方は秀逸で無印ヒロインを差し置いて彼女たちを中心に作品が動いているように感じる程。エロシーンの質も軒並み無印よりも高く実用性だけでなくヒロインのアホ可愛さを存分に堪能できて満足度高し。イベントの整合性や攻略の作業感などの前作の短所はそのまま放置されたせいで本作では更に悪化しましたが、作品単体としてみればヒロインのアホ可愛さが存分に堪能できるうえに、シーン数100オーバーという、無印をプレーしたのが悔しくなるようなハイスペックな秀作抜きゲーに生まれ変わっています。 → 長文感想(6408)
86雨芳恋歌 センセイ。わたし、もうオトナだよ (キャラメルBOX)
秀逸なのは設定・主人公の性格・ヒロインの反応などを通しての「男性優位」の表現とそれらを下支えするテキスト・心情描写・丁寧なプレー描写。れっきとした純愛ハーレムを維持しつつも、精神的にも大人で圧倒的にセックス経験豊富なベットヤクザ気味主人公が、性に対して未熟なヒロインたちを開発し掌の上で翻弄し肉体的精神的に虜にしてゆく悦びは凌辱作品で得ることのできる征服感に近い。その絶妙なバランスが実にエロい、エロすぎる。プレーの幅が狭い、ボリュームが少ないといった欠点もあるもののそれらを作品の瑕だと感じさせない程の濃密な男女の絡みが堪能できる和姦抜きゲーの秀作だと思います。 → 長文感想(8057)
85愛する妻、真理子が隣室で抱かれるまで ~あなたが知らない事、彼がたくさん教えてくれました~ (アトリエさくら Team.NTR)
より洗練された秀逸な二番煎じ。短い話ながら「浮気告白」・「寝取らせ」・「妻の浮気」の刺激がぎゅっと濃縮されていて、性的な劣等感・それが興奮に変わってゆく背徳感・普段は隠されている妻の汚い心を垣間見る満足感など異なる刺激を1度に堪能できる逸品に仕上がっています。各エロシーンの見せ方も相当に練り込まれていて実用性は極めて高し。大半のシーンはプレー後の回想閲覧という構成や妻の心の内が見えなすぎる感はあるものの、そうした欠点など歯牙にもかけない程エロし。おもわず、なぜ前作ではなく本作をブランドの集大成として推さなかったのだろうかと言いたくなる秀作。 → 長文感想(5287)
85Remember 最愛の妻が他の男の腕の中で微笑む、もう一つのIF (アトリエさくら Team.NTR)
総合的な完成度でいえば間違いなくアトリエさくら史上No.1と言えるだけのものを持っている作品だと思います。だがしかし・・・だがしかしこれは断じて「アトリエさくら」の集大成ではないと思う。寝取られという枠を超えて、というか寝取られという枠を超えないと評価することができない歪な秀作。 → 長文感想(5149)
85カミカゼ☆エクスプローラー! (Clochette)
とにかく「主人公への好意」の表現が実に多彩で、一緒にいるときは勿論、いない時でも常に想われているという独占感が大変心地よし。また焼きもち表現も多いことや、コロコロ変化に富んだ立ち絵と表情の会話演出も相変わらず魅力的。さらに今回はいつにも増してエロシーンがやたら気合入りまくりなのも嬉しい限りで、共通~各ルート後半手前くらいまでは可愛さに悶える幸せタイムが満喫できます。しかしそれ故に、後半の超能力を多用した派手な展開は好みが分かれそう。作品全体での展開の幅の狭さ&ネタバレしまくり構成は明らかな瑕で、周回を重ねれば重ねるほど展開の新鮮味が薄れてしまうのが残念。とはいえ、それらのもヒロイン達の魅力を損なうといったことはなく作品の大半はヒロインたちのエロ可愛らしさにニヤニヤしていられるし、あまりのおま○こくぱぁっぷりに思わずモザイク処理の方法を検索してしまいたくなる大変魅力的な作品だと思います。 → 長文感想(8484)
85風紀委員長 聖薇 ~あなたなんて大嫌い、死ねばいいのに~ (シルキーズ)
残念な良作。アンジェリカが「ツンツンアヘアヘ」なら本作は「ツンツンラブラブ」という感じ。しかし中途半端に差別化した所為で結果的に作品全体の「ノリと勢い」を削いてしまったように思う。サブキャラの空気仕様と相まって、どうも劣化版アンジェリカという印象を受ける。それでも抜きゲーとしての実用度は相当高い。 → 長文感想(3451)
85アトリの空と真鍮の月 (TOPCAT)
良作。全体的に伝奇色が強まり、悲壮感は薄くなっており前作と比較すると良くも悪くも一般性が高くなっている。郷愁をさそう風景に読み応えのある丁寧な文章など前作の善き部分も引き継いでおり期待に大きく背くことは無いだろう出来栄え。 → 長文感想(2725)
85夜姦診療 ~ナース調教カルテ~ (STRIKES)
秀作。ハードな和姦調教が好みならプレーして損はないでしょう。絵やシュチュが優秀でシーン数が120オーバーというハイスペックな作品。 → 長文感想(2582)(ネタバレ注意)
85M.E.s -同級生メイド調教- (CERES)
スタンダードな準和姦調教ものとしては秀作。極端なプレーなしにエロを高水準で維持している点は高く評価されていいと思う。 → 長文感想(3139)(ネタバレ注意)
85むすめーかー (Digital Cute)
プレーするか否かでふるいがかかりそうですが、そこさえクリアできれば欠点を補ってなお有り余る魅力がある作品。(2009年7月18日感想改訂) → 長文感想(2111)(ネタバレ注意)
84放課後☆エロゲー部! ~エロゲー制作のため女の子とえっちしまくりな毎日~ (MOONSTONE Cherry)
ちょっと抜きゲーには勿体ないような可愛らしい造形のヒロイン、ヒロインごとによく差別化されたエロコンセプト、キャラクター性の反映、ノーマルプレーでも一捻り加えようとする姿勢、全体のボリューム、1シーンの尺、親切なシステム周り、なんだかお得感はあるアニメーション、諸々の要素が一丸となってユーザーを絞り殺しにかかってくる良作。衣装のバリエーションがやや不足しがちなのと、特殊な性癖を強く満たすような内容はないものの高い実用性の前ではほとんど些事。むしろノーマルプレー中心でここまでエロく仕上げたことを積極的に評価できるくらい。変態方向へ突き抜けない範囲での和姦抜きゲーとしては最高峰に近い作品に仕上がっていると思います。 → 長文感想(3404)
84姦染5 ~The Day Break~ (SPEED)
とても善き美点はシリーズ史上もっとも実用性を意識してくれている点だと思います。シナリオはヒロインごとに展開に幅を持たせる・巻き込まれるだであった登場人物の立ち位置を変えるなど従来の欠点を潰し差別化するような配慮がなされている点は好印象なのですが、どこかマイナーチェンジの域を脱却しきれておらず刺激不足気味。しかしエロシーンはいつにも増して豊富な衣装・変態度アップしたヒロイン・衝撃の感染者言葉責めマゾ向けシュチュ・感染初期の理性を保ったままの淫乱化など従来のウイルスの設定を活かしたまま新たな魅力を提案できており大変エロい。次回作以降も是非このエロ水準を維持して貰いたいと思える良い内容だったと思います。シナリオはそろそろ大きな変化が欲しい。 → 長文感想(5468)
84他の男の精液で孕むとき ~襖の向こうで弟に精液を注ぎ込まれている妻~ (アトリエさくら Team.NTR)
完全合意での寝取られ(せ)という状況設定とその表現力が非常に優秀。特に襖一枚という会話ができる程の距離だが姿は見えない状況でパートナー同士互いを意識し合う描写が男女視点ともに秀逸で、男性視点では、声しか聞こえない不安を抱えたまま、聞いたこともない程激しく情熱的に乱れる妻の様子や次第に明らかに種付け以上の快楽を求め始める妻を見せつけられる敗北感が、女性視点では隣の夫の為に必死に我慢するが圧倒的なテクニックとイチモツの力でゴリゴリと理性が削れ堕ちてゆく妻の様子が生生しく臨場感たっぷりで味わえる激エロ仕様。実用性は極めて高し。一方で、弟に種付けをさせるという極めて特殊な状況へ至るまでの説得力に欠ける、奇を衒い過ぎなラストなど作品すべてを台無しになりかねない欠点も抱えているので注意が必要だと思います。 → 長文感想(6320)
84愛する妻、玲奈の浮気告白 『お、俺より気持ち良かったのか…?』→『…うん。凄かった』 (アトリエさくら Team.NTR)
王道の寝取られ展開を捨て、妻の浮気とその告白に特化して生まれた歪な秀作寝取られゲー。ビッチLOVE属性+シュチュの極端すぎる偏りの所為でいつにも増して人を選ばざるを得ませんが、それ故に性癖が合致すれば堪らないというハイリスク、ハイリターンな作品に仕上がっています。 → 長文感想(6151)(2)
84それでも妻を愛してる (ルネTeamBitters)
NTR祭り開催中:♀×♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂♂ → 長文感想(10988)
84監獄戦艦2 ~要塞都市の洗脳改造~ (ANIME LiLiTH)
こ、こいつはヤバいぜ・・・まだ伸び代を残しつつ、ここまでエロいとか普通に凄い。 → 長文感想(5865)
84えろげー! ~Hもゲームも開発三昧~ (CLOCKUP)
激エロ、だがしかし素直に興奮に結び付かない。過去のアニス作品のように1シーンごとに完結してエロシーンを魅せるのではなく、キャラクターの個性をシナリオに大きく依存させたのが失敗だったと思う。加えて、願わくばもっと無様で下品で変態的な展開を増やしてくれと思いましたが、それでも可愛い女の子が色々とだらしなく乱れる様子は見ごたえ十分。抜きゲーとして優れた作品だと思います。 → 長文感想(7423)
84陰湿オタクにイカれる妹(彼女) ~大事なあの子が寝取られて~ (pin-point(同人))
祝・とうとうPin-Pointから良作が♪これは宴の用意をせねばなるまい。絵師:武田弘光・声優:サトウユキの鬼タッグにシュチュも充実させたおかげで相当エロく容赦のない作品に仕上がっている。アヘ顔・淫語・寝取られの3要素が合わさった総合力は高い。ただし純粋な寝取られとして見ると各要素が魅力を相殺している感は否めず諸手を挙げて評価はできないので注意が必要 → 長文感想(2880)
84彼女が見舞いに来ない理由 (ルネTeamBitters)
抜きゲーとしては傑作の部類。エロすぎて困るレベルの作品。こういう風に特化していてくれると、安心して寝取られが楽しめる。寝取られマニアとかではなくて、抜きゲーなら寝取り・凌辱なんでも楽しめるくらいの無節操な人が一番高い評価するんじゃないかな。(2009年11月15日点数修正) → 長文感想(1033)(ネタバレ注意)
83ヤブヌマ2 (N.R.D.WORKS(同人))
秀作、と称すにはちょっと絵がアレすぎであったり、寝取らせと堕ち系寝取られのバランスが悪かったりするのですが、堕ちの過程やテキスト描写が極上でその他すべての欠点を補っても余りある出来栄え。殊、ヒロインの心情描写、寝取り男の立ち回りの巧妙さはほとんど傑作といっても差し支えないと思います。生理的嫌悪感さえ覚えていた男にカラダはもちろんココロさえもジワジワと浸食され愛おしさを覚えてゆく妻の様子に真綿で首を絞められるかのような喪失感が味わえる逸品。 → 長文感想(3956)(ネタバレ注意)(2)
83三射面談 ~連鎖する恥辱・調教の学園~ (BISHOP)
子供にはゆりかごを、年寄りには花束を、女にはチ○ポを。 → 長文感想(4957)(3)
83教育指導 (BISHOP)
エロ自体は前作よりも総じて質が上がっている一方で、対象とするニーズはさらに縮小した印象。個人的にはばっちり嗜好に合っていたので高く評価しますが一般性は高いとは言えない。(2009年11月15日点数修正) → 長文感想(3730)(ネタバレ注意)
82あまつみそらに! (Clochette)
良作。まず魅せるべきはヒロインとの楽しい日常。でも単なるイチャイチャするだけで内容スカスカという印象を持たない程度にシナリオに説得力を持たせる。そうした匙加減が上手な作品。それによって犠牲になっている部分は当然あるのだけれど、それ以上に全体を通して非常に安定してウハウハさせてくれる魅力があると思います。後読感もすっきりさっぱり大変気持ちがよい。ただ5人のヒロインのうち4.5人しか攻略できないのだけは悔やまれます。メインヒロインくらいは「きっちり全員」攻略したかった。。 → 長文感想(3663)
82真剣で私に恋しなさい! (みなとそふと)
な、なんて愛すべきキャラクターたちなのだろう。どう考えても現実の感性とはかけ離れているはずなのに、皆の行動・言葉・想いに思わず心動かされてしまう程に、登場人物たちの魅力を昇華できている点は感服せざるを得ない。多少の粗は吹き飛ばしてしまうくらいのポテンシャルはあるが、全てを忘れる程笑いやシナリオに破壊力はないので、どうしても粗が目立ってしまいがち。結局頭からっぽにして電波詰め込めこんだ者勝ちの作品かもしれない。 → 長文感想(3107)(ネタバレ注意)
81目眩く侮愛の宴 (Autobahn(同人))
至高のドスケベ人妻不倫作品。恥も外聞も人妻としての体裁もすべて捨て去って、若いだけで愛してもいない巨根とエロテクだけが取り柄のような男たちに、娼婦のように浅ましく媚びへつらい、牝犬のように発情し、舌丸出しで口付けを交わし、イチモツにむしゃぶりつき、腰をヘコヘコ振り、頭の悪いオネダリをする。そんな屈辱的な扱いや、時には夫への罪悪感さえも興奮と快楽の糧にして桃色浮気世界に堕ちてゆく人妻の姿は、言葉にならないくらいに淫らで、扇情的で、美しくもあり、何よりとびっきりにエロい。 → 長文感想(7341)
81学園3 ~華麗なる悦辱~ (BISHOP)
基本的に良質なアヘアヘゲーに仕上がっています。ただし、ヒロインごとの嗜虐・屈辱的描写のバラつき、不徹底な精液大量描写、堕ちる過程と陥落後のバランスなどなど致命的ではないが無視もしづらい部分にいくつか難ありで、凌辱部分に大きな期待を寄せると不完全燃焼に陥るかも。快楽でメロメロになって無様に奇声を上げてヨガり狂うヒロインなどが好きな人は問題はなく堪能できるでしょう。 → 長文感想(9976)
81いたずら極悪 (REAL)
珍奇物品。ヒロインたちを屈服させるため痴漢をするのだが、いつのまにか尻に引かれ、最終的には真人間更生させられる不思議な(半分)純愛痴漢ゲー。正直なところ攻略はほとんど単純作業かつ抜きゲーとして実用度が高いとも思わないが、この手のゲームにしてはやたらとヒロインが可愛い。加えて数が少ない3D痴漢という点が相まって、プレー後、めったに出会えない掘り出し物を発掘したような満足感に浸れる。 → 長文感想(5399)(ネタバレ注意)
81お人形ごっこ (ソフトさ~くるクレージュ(同人))
和姦とハードなプレーを両立させた良作。あまりに卑猥な下半身に鼻フック、アヘ顔、緊縛、落書きなど一部の方にとって涎が止まらない(かもしれない)プレーがてんこ盛り。それでいて二人の関係はラブラブというギャップが凄い。和姦でここまで下品な作品というのはほとんど記憶にない。惜しむべくは、相変わらずのやる気を削ぐような作業プレーやらコンプの難易度が高いことなど従来の問題点があまり改善されていない事だが、恥じらいつつも媚薬を注入され、さらに鼻フックをつけてだらしなくアヘっている落書きまみれの豚面ヒロインの前ではその程度の欠点は瑣事に過ぎない。 → 長文感想(3202)
80お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。 (Mink EGO)
秀作(乃至傑作)、になり損ねたのは全体的に「読み手への寝取られ感」に無頓着すぎたことだと思います。内容は凄く良いのに「寝取られ的にはもう少し○○が欲しい/足りない」という場面が多い。それでも人間的に魅力のある妹・寝取り男の周到な手腕・丁寧な堕ち描写と作品の土台である妹の寝取られはしっかりと作られていてそんじょそこらの寝取られ作品とは比べもにならない出来栄え。そして少々の不満は許せてしまう抜群にエロい絵。高い実用性。本当に、本当に久々にお目にかかることができた妹寝取られの良作。 → 長文感想(5760)
80恋妻くずし (夜のひつじ(同人))
簡潔ながら情感豊かなテキストで綴られる妻の内面の掘り下げが秀逸。夫への想い、徐々に大きくなる快感への戸惑い、自分に対する甘え、深い罪悪感etc…様々な感情が混然一体となってずるずると緩慢に堕ちてゆく妻の姿は背徳感大。さらに日常とエロシーンの境目をなくし一繋がりの過程として描くことで、堕ちる瞬間に峻烈なカタルシスを味わせることにも成功しています。短いながら密度の濃い時間を提供してくれる珠玉の短編寝取られ作品。 → 長文感想(3575)(2)
80裏教師 ~背徳の淫悦授業~ (BISHOP)
BISHOPの作品は、基本的なスタイルはそのままで作品ごとの「売り」で若干のバリエーションを持たせる場合が多いですが、今回はその売りの部分に魅力がなかった。特に欲望ゲージのレベルに応じてエロシーンの激しさが変化するというシステムが、視姦イベントなどの選択肢を狭めたりゲームの進行を面倒なものにしており、BISHOPなのにシーン回収が面倒という感覚が終始付きまとうのが若干印象悪し。とはいえ肝心のエロシーン自体の出来栄えはいつもの通りで、嗜好があうのであれば実用性はきっちり確保されている作品だと思います。 → 長文感想(9206)
80触禍 ~処女を狙う黒い触手~ (Lusterise)
まさに触欲の秋にふさわしい作品。ウリである擬態触手が思いのほか魅力がないのですが、「女は突っ込まれたら終わり」というスタンスが全シーンに徹底されており、抵抗するものの敢え無く陥落、体液ぶちまけながら間抜けな面で発狂するヒロインがこれでもかと言うほど堪能できる良作に仕上がっています。 → 長文感想(4243)
80えむ先生のこと (スタジオカメ)
良作Mゲー。マゾヒズム文学をゲームで表現するとこんな感じの作品になるではないかという作品。この独特の雰囲気に類似した作品を挙げるのは中々難しいでしょう。エロの内容も過激さはやや劣るものの、人間性を否定され「モノ」として扱われる様が一貫して表現されており隷属・屈服感をイイ感じで満たしてくれる。プレー後ついつい「めありあんさまだいすき」と叫びたくなる逸品。 → 長文感想(4200)(ネタバレ注意)