dovさんの得点順コメント

dov

 J・さいろー様、復活おめでとうございます! https://twitter.com/sairo2nd

―基本姿勢―
 https://pbs.twimg.com/media/DVB0H_qUQAEIhAv.jpg

―採点基準―
 90点より上:私的殿堂入り作品
 80点以上:滅多に出会えない傑作
 76点以上:「良かったなぁ」としみじみ幸せな気持ちに浸れる作品

 重視しているのは、 作者の情熱が感じ取れたこと > 登場人物の心の動きの描写 > その他
 一般的に高評価な作品ばかりを選び90点満点で相対評価しているので点数はかなり渋め
 ※感想内で他者のレビューを引用・批評することがあります。もちろん私のレビューを引用・批評して下さって構いません。

―他の方の感想に投票する基準―
・「言い得てる」または「読んで面白い」こと。どちらかに該当すれば自分と評価が大きく異なっていても投票する
・自分がプレイしている/気になっているゲームでHシーンの詳細を書いてくれている感想を見かけたら無条件で投票する

―特にお気に入りの感想―
・kameruさんの「遥かに仰ぎ、麗しの」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=7402&uid=kameru 
・centermanさんの「CLANNAD」の感想
 http://erogamescape.ddo.jp/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=3454&uid=centerman 
・sonataさんの「Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=1602&uid=sonata 
・OYOYOさんの「古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=16641&uid=OYOYO 
・マルセルさんの「らぶでれーしょん!」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=12840&uid=%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB 
・tokorinさんの「死神の接吻は別離の味」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=12234&uid=tokorin 
・1610さんの「Fate/stay night」の感想
 http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=3254&uid=1610 

連絡用: dovdov1993あっとgmail.com (あっとを@に変えて下さい)
「これはお前気にいるんじゃね?」みたいな意見がございましたら新作・旧作・商業・同人問わずメールなどで教えて下さるとありがたいです。

HP/BLOG :
普段このチャットで会話してます

得点順コメント

99キサラギGOLD★STAR (SAGA PLANETS)
読み込むほどにテーマの美しさと内容の奥深さに魅入られていく傑作 → 長文感想(25308)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
85キミへ贈る、ソラの花 (Cabbit)
シナリオ系エロゲが培ってきたものを磨き上げ結晶化した現時点での集大成。あらゆる点で隙がなく、わけても設定・プロットの練り込みは冠絶する。泣きゲーの系譜に連ねられるだろうが、泣きゲーにありがちな押しつけがましさがなく、物語全体を貫くテーマに答えを出し飛翔する様は息を呑む美しさ。ハッタリでない感動を与えてくれる。長文感想の冒頭2500字程はネタバレ無しで未プレイ者に向けた購入検討用の情報。 → 長文感想(82818)(ネタバレ注意)
84Natural Another One 2nd -Belladonna- (DreamSoft(F&C FC03))
男が持つある種の執拗さに限界まで応えようとした「究極」のゲーム。 → 長文感想(11900)(ネタバレ注意)
83のーぶる☆わーくす (ゆずソフト)
派手さはないが音楽・キャラクター・シナリオ・システム・演出のどれを取っても高水準な傑作。単なる萌えゲーではなく中身も深い。 → 長文感想(13389)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
83幻月のパンドオラ (Q-X)
90年代のエロゲの雰囲気と近未来的な空気感が融合したHでワクワク感のあるゲーム。しかしQ-Xのゲームだけあって人は選ぶ。過去作品のメインヒロインを寝取ったりとかね。
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
83汐見崎学園演劇部 恋❤︎ぷれ ~あなたといちゃいちゃろーるぷれいんぐ!~ (Meteor)
テキストレベルの高い萌えゲー。鮎香シナリオの完成度たるや圧巻。 → 長文感想(1419)(ネタバレ注意)(4)
総プレイ時間 : 32h / 面白くなってきた時間 : 4h
82夏めろ (AcaciaSoft)
何一つ特別なことが起こらない、誰にでも訪れそうな学生時代の「あの夏」を瑞々しい筆致で鮮やかに切り取った作品。しろ氏の絵は癖が強いが女の子の蕩けるような透明な笑顔が脳裏に焼き付く。
82水月 -すいげつ- (F&C)
「人の存在は観測者(の偏見)によって規定される」というルールで物語を書いた実験的作品。絵も音楽もストーリーもキャラ萌えエロも全てがトップクラスの完成度を誇る不朽の名作。
82AIR(PS2)(非18禁) (GungHo Works(Interchannel、NECインターチャネル))
Kanonの真琴シナリオを派手な演出で長々と繰り返した作品。でも演出だけでここまで感動させるんだから凄い。
81ソナビア -SonabiA- (えのきっぷ(同人))
読み捨てられるはずの物語を「拾う」ということ。 → 長文感想(1431)(ネタバレ注意)
81Ruina 廃都の物語(非18禁) (ダンボールの神様(同人))
一般的なRPGにおける「移動」の概念がなく、代わりにマップ上のポイントをクリックすることでイベントが発生するタイプのRPG。プレイ時間はSFC時代の大作RPGとほぼ同等(膨大なトライアンドエラーを含めての時間)。戦闘はドラクエ方式。成長システムもドラクエに近く、ややキツメに設定された戦闘を、熟練度を稼いでスキルを覚えたり「調合」や「料理」といったアイテムクリエイトで便利なアイテムを作ったりして切り抜けてねってバランス取りになっている。ストーリーは90年代に流行った系統で「セカイ系」「ファンタジー」「SF」の融合。例えば『ゼノギアス』『スクラップド・プリンセス』を彷彿とさせる。作者はおそらくTRPGやゲームブックでファンタジーに触れ、SF小説を読みまくった世代なのだろう。長文感想は「その世代じゃない」人による感想。 → 長文感想(6027)(ネタバレ注意)
81world rewinder(非18禁) (言ノ葉迷宮(同人))
主人公がとってもいいヤツ。良くも悪くも子供っぽい幼馴染の感情をいつでも受け止めてやり、彼女に頼まれ事をされれば全力で応えてやり、彼女が苦しそうな顔をしていると心から心配してやる。競馬場で幼馴染に投げかける言葉も格好良く、こんなに素晴らしい主人公から大切にされている幼馴染に思わず嫉妬してしまった。 → 長文感想(4049)(ネタバレ注意)(4)
81CLANNAD(非18禁) (Key)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
80美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち- (ωstar)
このシリーズが表現したいのであろう荒廃・背徳・狂気といった要素を、シリーズで唯一メインキャラクターの外側に置いといてくれた本作。ゆえに私は『罪と罰の少女』までのシリーズ作の中で圧倒的にこの『神が造りたもうた少女たち』が好みです。アリスちゃんツンデレ可愛い!ドロシーちゃんクーデレ可愛い!彼女達が人の創造物であることや外の荒廃なんて知ったこっちゃねぇ!オレはこの桃源郷でイチャイチャエロエロ暮らすんじゃーい!主人公も振り切れてるおかげでエッチのバリエーションも圧倒的に多くダメな感じで、それでも不細工な人間どもは滅びんわぁ!っていう物語を締めるロックな叫びが最っ高にイカしてました。
80自称魔法少女リェコット 私がセクハラされる理由 (Fielだぁ's Choice(同人))
【注:ガチ変態な感想です】データ数:3、中央値:79(この感想投稿時)というこのゲームの評価からお察しの通り → 長文感想(1393)(ネタバレ注意)
80翠の海 -midori no umi- (Cabbit)
この作品が投げかける重大な問いかけは、しかしプレイヤーの心には届かなかった。 → 長文感想(4147)(ネタバレ注意)
80虚構に咲くユリ(非18禁) (昼さがりのタオルケット(同人))
「主人公の女の子・ユリは7歳の女の子。ユリが住む山間の村には、なぜか7歳の間だけしか入れないという不思議な洞窟があった」……という出だしからは想像もできないラスト。このラストの投げ出されるような衝撃は、『AIR』や『シンフォニック=レイン』『素晴らしき日々 ~不連続存在~』にも匹敵する。RPGツクール製のフリーゲームで、基本的にはハックアンドスラッシュ(敵を倒して報酬で強化して更に強い敵を倒す~という面白さに特化したゲーム)。プレイ時間は5~8時間程度。DLページは→http://www.enterbrain.co.jp/digifami/conpark/zyusyou/2002_06.html → 長文感想(1000)
80Ever17 -the out of infinity-(PS2)(非18禁) (KID)
これほどまでにBADエンドが美しい作品があっただろうか?
80ひぐらしのなく頃に(非18禁) (07th Expansion(同人))
ネットで答えを考えさせようという試みが面白く、当時は私も解答を考えるのに熱中した。演出が上手く、祟殺しの後半は衝撃的だった。
80水夏 ~SUIKA~ (CIRCUS)
良質な音楽と雰囲気で語られる、ちょっとした物語と萌えのバラエティアソート。
80戦国ランス (ALICESOFT)
ゲームとしては掛け値無しに面白い。シナリオはやや陳腐だが。
80ONE ~輝く季節へ~ (Tactics)
唯一無二の空気感。同系統と呼べる作品は今後二度と発売されることがないだろう。久弥担当のキャラは萌えも備えている。
79箱庭ロジック (Cabbit)
萌えゲの文法で推理アドベンチャーを書いてみました、という作品。ヒロイン達と楽しくお喋りしながら彼女達の素顔を知ってゆく楽しみと、作品舞台に仕掛けられた謎に迫ってゆく楽しみが相互に補完しつつ一体化している。プレイヤーが引っかかる点を主人公が放置せずに追いかけ、イベントも豊富なため、最後まで飽きさせない。反面、萌えゲの域は超えず、恐怖に追い詰められるような展開や想像を上回る大どんでん返しもなく、設定の詰めも甘いのは物足りなくもある。プレイ時間は20時間程度、CGは高クオリティを維持しつつ82枚+SD絵4枚と、このブランドにしては頑張ったボリュームだが、謎解きと6人ものルートをさばくために、「ヒロインが主人公に惹かれてゆく過程」がバッサリカットされており、イチャイチャも少なめ。「不都合もある世界を生きること」「母親」というテーマが作品を貫徹し、よく描かれていた。 → 長文感想(23229)(ネタバレ注意)
79あの晴れわたる空より高く (Chuablesoft)
素人目にも「あ、これ付け焼き刃じゃない」と思えるだけのオタクなロケット工学知識が、王道の部活青春モノに乗せて流れる様が心地良い作品。キャラクターやストーリー展開はテンプレながらもツボを押さえており、かつそれらがひたすらに、オタク知識を噛み砕いて説明するための素材として機能しているのは良い意味で「教科書的」。勉強になった。――しかし、この作品は「最後に肝心なのは技術以上にヒト」というテーマを据えておきながら、ヒトを描く段になると急に精彩を失ってしまう。オタク知識をプレイヤーに理解させる為に逆算されたストーリーは楽しかったが、ロケット打ち上げというストーリーの目的から逆算されたヒトの豹変、泣き落とし、強引な「感動シーン」は見るに耐えなかった。ヒトをもう少し丁寧に描くか、オタ知識披露にだけ注力すれば傑作にもなりえただろうに、残念。 → 長文感想(2409)(ネタバレ注意)(40)
79わらうほし(非18禁) (最弱革命(同人))
「星の王子様かよ」「24時間テレビのお涙頂戴ドラマかよ」というツッコミは当然あるだろう。isumi氏の「こども=綺麗、大人=汚い・子どもを押しつけるという考えが根幹にある」(これはネタ元であろう星の王子様からしてまさにそう)「歩夢の台詞回しがこどもっぽさを演出しようとして逆に不自然になっている」というツッコミも的を射ている。作者のお説教は正しいとしても人や世の中の一面でしかないし、途中で明かされる中島さんの設定は彼女が登場してすぐ予想できる上にベッタベタ。これらを踏まえればisumi氏の65点という評価が妥当だとも思える。だが、私の幼な心が共鳴してしまったのか、妙にプレイが楽しかったのも事実だ。感動したのでも、悲しいと思ったのでもなくただふわふわと童心に返ったように楽しかった。これが作者の狙い通りだとするなら、実は凄い作品ではないか。
79姫さま凛々しく! スペシャル番外編 (Q-X)
このゲームが雑誌付録に過ぎずあまり多くの人の目に触れていないことは悪い冗談のように思える。本編に出てくるメインキャラ及びサブキャラ全員とHができて、しかもその内容は本編よりもイチャイチャと愛に溢れた内容になっている。本編ではあまり主人公とラブラブにならなかったゆちややシャーファ、アティリーンともラブラブHができる。何気に新規イラストが多く新規音楽まである。つまりこの作品は付録どころかミドルプライスくらいの金を取れるだけの完成度があるのだ。姫りりのキャラクターが気に入ったアナタやアティリーンルートがないとお悩みのアナタはこのゲームをやれば満足するかも。過度な期待をしなければ十分楽しめるデキ。
79こころナビ (Q-X)
Q-Xの中で唯一性の紊乱がなく、アクのない作品。Q-Xファンなら物足りないと思うかも。凛子は今見てもメチャメチャ可愛いと思える強烈な妹キャラ。
79遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP)
「見方を変えれば世界が変わる」がテーマ。本校編はヒロイン&主人公が世界に対する認識を変えることで内面的な問題を解決し、分校編はシナリオ毎に全く世界が変わって見える。
79カミカゼ☆エクスプローラー! (Clochette)
夏休み気の合う仲間同士でワイワイ遊んでるような感覚が味わえる。ストーリーも手堅い「THE・良作」。
79姫さま凛々しく! (Q-X)
剣と魔法の中世ファンタジー。世界観に惚れる作品。ソフトハウスキャラ作品のような雰囲気・展開。
78赤首の闘技場 (えのきっぷ(同人))
前作『ソナビア』がいたいけな少女に「崖沿いを目隠しで歩かせるゲーム」なら、こちらは「崖から落とした後這い上がらせるゲーム」。サチの人生を追い詰めてゆく楽しみはない。◆「サチをどう成長させてゆくか」「次の敵をどう対策するか」の試行錯誤は単純ながら本能に訴えかけてくるような楽しさ。下手でも10時間もあれば遊び尽くせる程度のボリュームで、30分台でクリアした人もいる( nicovideo.jp/watch/sm30300251 )。基本的に「脱奴隷の為トーナメントを勝ち抜け」というだけの話だが、そこに作者さんの脳内にある「壮大な物語」の断片を盛り込んだ結果、とりわけ前作未プレイ者には思わせぶりながら理解不能なストーリーになってしまっている。作者さんがブログで補足はしているが( b.dlsite.net/RG16626/archives/48143692.html#more )。
78九十九の奏 ~欠け月の夜想曲~ (SkyFish)
「無印Fateと同種の面白さを目指した伝奇作品。ただしFateに比べ設定が煮詰まりきっており構成力・文章力が格段に高いものの、物語の規模や外連味は大きく劣る」とでも評価すべきであろうか。今の時代の風潮に合っているとは到底言えない作品である。しかし、このゲームには確かにエロゲー新時代の萌芽が感じられる。それが人々に受け容れられるか否かは別として……。 → 長文感想(14673)(ネタバレ注意)
78規制不可 ~俺は実在しないので、ナニをヤッても許される~ (ALL-TiME)
ALL-TiMEの陵辱ゲーは独特で「愛」「依存」「復讐心」といった執着的な感情が殆ど描かれず、主人公が陵辱する理由も「可愛いから」「たまたま目に付いたから」「エッチしたいから」といったプラグマティックな理由が強い。そのドライさがこのゲームでは特に強調されており、あくまで悪戯心でレイプする主人公と必死なヒロインとのコントラストが漫才として描かれる。サブの男はメインヒロインの性格を浮き彫りにする役割があり、その性格は主人公との関係にも反映される。桜花=流されやすい、直=面倒を嫌い「普通」でいたがる、史鶴=まんざらでなくてもツンツンするといった具合。【桜花】弱々お姉さんぶりが可愛い。【直】「そんなに、私の事が好きなのっ!?兄妹なのにっ!?」「……いや、ソレはない」のやりとりは実にALL-TiMEらしい。【通り魔ルート】滑稽なまでに浅薄な「世相を斬る」。だがそれが乾いた笑いを提供してくれる。
78フツウノファンタジー (EX-ONE)
「エロゲー」だと思うと不満が多いが、絵と音が付いたラノベだと思えばかなり良い作品。【長文感想目次】1. 作品概要2. 購入検討用の情報3. 攻略用情報4. 物語あらすじ(ネタバレ有り)5. 感想(ネタバレ有り) → 長文感想(10275)(ネタバレ注意)
78神樹の館 (Meteor)
ペダンチックな和風モノと思いきや、実は萌えゲー。難しそうだなーと思って敬遠するのは惜しい。
78ワンコとリリー (CUFFS)
基本的にほのぼのするゲームだが、トノイケ氏一流の「思わせぶり」はしっかり存在。短いのに忘れがたい仕上がりになっている。絵や音楽のレベルの高さは言うまでもない。実はかなりエロい。
78sisters ~夏の最後の日~ (Jellyfish)
伏線は完全に回収される。綺麗にまとまった小品。 → 長文感想(2432)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h / 面白くなってきた時間 : 1h
77恋×シンアイ彼女 (Us:track)
きっと、何か切実なものを描こうとしたはずなのです。ですが、それはライターの力量不足やエゴといった要因により、切実なものにはなりきれませんでした。この作品はいわば「残骸」ですが、その「残骸」を楽しんだ記録を残したいと思います。 → 長文感想(25256)(ネタバレ注意)(2)
77PRIMAL×HEARTS (ま~まれぇど)
プレイ時間約20時間(共通6~8時間、個別3時間×4程度)、非デフォルメヒロイン絵77枚、立ち絵のあるキャラ8人といった数値から分かるとおり、ゆずソフトやClochetteなどのタイトルと比べて、やや小さい作品。数値では表せないが演出も弱いと感じた。しかしシステムは使いやすく、CGの崩れも少なく、Hシーンは各キャラ6~7用意されており、シナリオは孔明と呂布をハイブリッドしたような主人公が様々な問題を解決していくという痛快劇で、「ストレスなく物語を楽しみ気持ち良くヌく」というコンセプトがよく体現されている。ただし主人公マンセーはかなり強めで、ヒロイン達は主人公にスキスキ言って若い身体を提供するだけの、中身のないコムスメ的な立場に置かされたきらいが強い。対等な男女の恋愛が見たい方、身体だけでなく精神的にも与えてくれるヒロインを望む方には、やや不向きかも。 → 長文感想(4820)(ネタバレ注意)
77自殺者×勇者 アンダードラック(非18禁) (ANKRACHE(同人))
最後まで笑っていたふたりは可笑しかった本当、可笑しくて、涙が出てきたのでした【長文感想目次】1. 感想(ネタバレなし)2. とにかくストーリーを見たい方向けチャート(ED名のネタバレあり) → 長文感想(3514)(ネタバレ注意)(2)
77たいせつなうた ~恋する夢歌姫~ (Q-X)
アクが強い作品で粗も目立つが、エロゲーで指折りの雰囲気とヒロインの可愛さ。
76GranEndeII (樋渡本舗(同人))
FF4のセシルとリディアの二人旅をエロゲにしてみました!(カル○ブリーナも出るよ!)◆戦闘の戦略性は本家を凌ぐほどで、情報を集め、敵の特性を推理し、ターン刻みの行動パターンを把握し、適切な武器・防具・アイテムをチョイスして、何より主人公とユノの行動をカッチリ噛み合わせねば勝てない(ゴリ押しもできなくはないが)。強敵との戦いでは二人の息が少しでもズレると戦線崩壊し、まさに彼らの愛と絆が試されている!◆――という素晴らしいゲーム性とは裏腹に、ユノちゃんが「次の台詞が予想できる系良い子ちゃん(ロリ)」で、そんな彼女をまるで愛玩動物扱いしているとも取れる、主人公の言動にモヤモヤ。◆またお話が説教臭く、演出の拘りや世界観の作り込みといった部分はイマイチに感じた。
76金色ラブリッチェ (SAGA PLANETS)
真っ直ぐな正統派お姫様であるシルヴィ、口は悪くも懐いてくれる善良なミナ、年相応の愛らしさと隙がありつつ"大人"なエルの王室三人組が大好きになれました。反面、ともすればシリアスは内省的・受動的な方向に流れてしまい行動に繋がらなかったこと、理亜に「生きた」感じがしなかったことが残念です。 → 長文感想(2823)(ネタバレ注意)(5)
76ラティスSOS! ~Happening&Panic~ (Fielだぁ's Choice(同人))
クリアまで5時間程度。回想を見るのはちょっと大変なので、つらいと感じたら作者さんのブログ( http://b.dlsite.net/RG20772/archives/cat_1309766.html )をご覧になると答えが書いてあります。エナオは処女ですがラティスは十中八九処女ではありません。これだけはハッキリと真実を伝えたかった。 → 長文感想(1627)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
76GranEnde (樋渡本舗(同人))
6~8時間程度のRPGが10~15分程度でクリアできるクエストに切り分けられている。携帯機に入れればスキマ時間にスルスル進められそうで、ゲームとしての完成度は非常に高い。◆反面キャラ立てが曖昧で、そのせいもあってテキストが無難にすぎキレがない。ヒロインのイリアちゃんからは巨乳以外の個性が感じられず、エッチも嫌悪から「ん"ほ"ぉ!!!(アヘ顔」への変化が唐突。またテキストやCGから作者のフェチや拘りが見えにくかった。◆ストーリーはとりあえず体裁を整えたような感じ。ただ破たんしてるとか嫌悪感を催すようなものではなく、最低限のクオリティはある。またこうした無色な作りは、もしかするとプレイヤーの思い入れをよく映すものであるのかもしれない。◆あくまで「RPG」エロやストーリーはオマケと捉えれば良作――と思っていたのだが、数ヶ月経ちジワジワとヒロインのエロ可愛さに気づいてきた。
76プリンセスサクリファイス ~供犠姫フィーナの冒険~ (猫ひげラジオ(同人))
とても力の入った作品であることは間違いないです。ですがプレイ中「もう一つ何かがあれば」という気持ちがずっと拭えませんでした。凌辱が単に力づくのものばかりだったり、主人公が完璧すぎて一切の成長が描かれないことだったり、職業の数は多いのに「使える」ものがごく限られていることだったり、それに関連して戦闘が単調になりがちなことだったり……◆もちろんそれでもかなりゲームとして楽しい出来映えでしたし、作者さんの情熱も感じます。TRPG的な少し殺伐とした世界観へのリスペクトがしっかり伝わってました。でもだからこそ惜しい!もう一ひねりあれば傑作に化けられたと思うだけに!◆なお絵柄は特徴的ですがエロさの実用性は充分にあります。「成長しない」と書いたもののヒロインのとぼけた性格がかなり好きでした。
76夏のひめごと。 (おてもと屋(同人))
外見年齢11歳程度の少女達とエッチする動画集。選択肢はなく、プレイ時間は30分ほど。少女達の服装を子供服、スク水、全裸から選べる。プレイ内容は1.わかばと正常位 2.わかばがお掃除フェラ→顔にぶっかけ 3.わかばと駅弁 4.わかば&ふたばのフェラ→ふたばがゴックン 5.ふたばと騎乗位 6.わかばの上でふたばと後背位 7.ふたばの隣でわかばと正常位 8.二人の裸体を並べてぶっかけ◆髪の質感や肌の肌理が非常にリアルで尻穴も見れる。背景、体の動き、おっぱいやお尻の揺れ方も自然で、少女達の表情さえもが「あ、この年頃の子って(エッチ時は知らないが少なくとも日常で)こういう顔するよな」と思わせてくれる。脳を「騙す」のがあまりにも容易なプレイ体験は冠絶しており、10年後ですら同等の作品が出てくるかどうか……。◆ただしテキストは「おちん○ちょうだぁい」で、作った声色も露骨。あくまで映像のみが究極。
76フリフレ2 (Noesis)
菫の容姿・性格がドストライクだったことを差し引いても、前作『フリフレ』より格段にテキストが上。◆前作ではお互いが何処に惹かれているか見えなかったが、今作では一見兄妹かつセフレという奇妙な同棲関係を描きつつも、実は二人が家族愛を渇望していること、そしてそれを満たし合っている様まできちんと滲ませている。この点だけでこの作品はオンリーワンの輝きがあるとさえ言える。◆ただ、前作同様禁断のセックスの背徳感については殆ど描かれず、鬼畜ルートは単に菫の転落を描くだけでネチネチした鬼畜さすらない。全体的に三文芝居をみてるような安っぽさも×。◆また、菫は良い子ではあるのだがDQNレベルのアホで、言動の端々から窺える浅薄さ、また彼女のアホさを体現したような素人っぽい声も著しく好みが分かれそうだ。個人的にはそこがたまらなく好みだったのだが、ヒロインを偶像視する方にとってはトラウマになりかねないほどひどい。

ログイン






検索