amaginoboruさんの得点順コメント

amaginoboru

91~100:マイベスト  75~:満足  60~:楽しめた  55以下:欠点が目立つ

感情に逆らうことなく、作品の「ならでは」を感想で綴れるよう努めています。
エロゲを含むノベルゲーには、他のメディアでは表せない作品を期待しています。

具体的には、文絵音の連携を注視します。単独で突出した作品も高評価はしますが、
突出要素に対し副次要素が的確にバックアップできていると更に高く評価します。
逆に単体で出来が良くてもケンカをしていると、例えば文と絵が異なるベクトルで
作品を表現していると評価を下げがちです。

萌え癒しハッピー系も鬱グロバッド系もプレイしますが、「寂」の感情を含んだ作品を
好む傾向にあります。せつない・やるせない・諦観といったあたりですね。とはいえ
基本何でもプレイする、いわゆる雑食系だと思っています。

おかず得点はTS(性転換)要素のある作品のみ付与。シチュ重視でグラの比重は軽めです。
一応「それなり~」以上がオススメラインですが、「あまり~」以下でもTSエロとして
使いにくいだけで、他が良質な作品には点数で差異をつけています。

Twitter :
amaginoboru

得点順コメント

100鬼畜王ランス (ALICESOFT)
テンポいいSLGにランスシリーズの強みを上積みし、かつ旧作の不満を一挙改善。ゲーム・キャラゲー・シリーズ集大成としての面白さを兼ね備えたコンピュータゲームの会心作です。が、その全てを味わいきるための前提条件は厳しく、昨今のプレイヤーが遊んでも「手軽に遊べる良作SLG」程度の評価で止まってしまいそう。初回はランス1~4をプレイ済み、かつ5D以降(含01~03)の情報を入れない状態でのプレイを推奨します。 → 長文感想(5917)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 80h
100紅殻町博物誌 (raiL-soft)
基本に忠実に作られたからこその素晴らしいクオリティ。「ビジュアルノベルかくあれかし」といわんばかりの完成度を誇る、読ませるエロゲの傑作です。十分な筆力を持った文章はもちろん、それを支える絵・音など脇役達の仕事もまた素晴らしく、活字のみの媒体では決して作り得ない空気を創出しています。 → 長文感想(12423)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
100らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~ (TerraLunar)
エロゲ制作エロゲの皮をかぶったエロゲオタクへの人生賛歌。ダメのダメダメな人が生きやすくなるエロゲです。 → 長文感想(5642)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
99天使のいない12月 (Leaf)
何もできない、何も持たない、世の中を常に不快と意識する主人公。萌えゲーと対極にありながら現実味を感じさせないヒロイン。不完全で感覚的で、読み手に想像を促すテキスト。そしてセックスを必須としながらも、快楽用途に使わせる気のない性交描写・・・あらゆるセオリーを外して語られるのは、萌えゲーと根を同じとする、とてもありがちな恋愛物語であり、アイデンティティをぶつけ合う青春物語です。そして物語は全てを説明せず、解答を読み手へと委ねます。「彼は、彼女は、幸せな結末を迎えたのか?」以下、私の解答です。 → 長文感想(19387)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
99120円の春(PS2)(非18禁) (GungHo Works(Interchannel、NECインターチャネル))
上手く言葉にできない、目に見えない、何気なくも大事なことを綴った4つのストーリーは、多くの読み手を温かな気持ちにさせてくれること間違いなし。ねこねこソフトの片岡とも氏によって書かれた、癒し系ギャルゲの最高峰ともいうべき作品です。プラットフォームがレトロすぎで今となっては遊びづらいのですが、ハートウォーミングな物語を好まれる方には是非プレイしていただきたいですね。 → 長文感想(8672)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
98朱 -Aka- (ねこねこソフト)
砂漠・現実という乾いた世界に、人間という淡雪のような湿り気を落とした作品。一瞬で渇き飛んでしまい、下手すれば着地すらできず消える存在は、どうすれば少しでも有意義に自己を全うできるのか。ノベルゲーという唯一無二の舞台を用いて起こされた物語は、抗いようのない絶望や寂しさに耐えるための問いを与えてくれました。 → 長文感想(7169)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h
98Bad Name (Silveredsteel(同人))
気弱な少女が陵辱で快楽に目覚めたり禁断の愛に走る、いわゆるエロゲあるある設定。それを女性側視点を巧みに使った心情・感情・エロ表現で、至上の抜きゲーへと昇華しています。レイプや近親相姦に抵抗がない方、心理描写を重視する方、そして何より「背徳感」をお求めの方にオススメしたいエロゲです。 → 長文感想(4251)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
97さよならを教えて ~comment te dire adieu~ (CRAFTWORK)
グロやサイコ、トラウマ作品としてプレミアが付いたものと勘違いしていました。考察系シナリオゲーとして出色だからこその値段だったのですね。見所は2001年初出とは思えないほどの完成度と、ALLクリア後の周回と考察の余地。特に考察面は深く考えずとも理解できる明快さと有り余る想像・思考の余地という、相反する2要素を併せ持つ絶妙な構成でした。不理解に悩まされず深く入り込める稀有な作品です。 → 長文感想(5798)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
96ファタモルガーナの館(非18禁) (Novectacle(同人))
シナリオに世界観、演出にBGMと隙のない作品ですが、私が最も評価したいのは、ボイスレスのデメリットを最小限に抑え、かつメリットを最大限に享受した点。本作の素晴らしさはそこに全て集約されています。 → 長文感想(4044)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 3h
95Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~ (D.O.(ディーオー))
喜びも悲しみも苦しみも、全てを等しくセピア色とする物語。何もかも失ったかのような瞬間すら「あの頃は良かった」とできる優しさはしかし、悲寂を旋律として遺したからこそ無残とはなりませんでした。 → 長文感想(1407)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
95アトラク=ナクア (ALICESOFT)
「比良坂初音」を生み出した物語。 → 長文感想(2705)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h
95あい♂まい♀みすと (白濁系)
TSの醍醐味を余すところなく押え、ボリュームも満点。Hシーンの濃度もバッチリ。その一方でシナリオ・設定がしっかり練られていて、諸要素に対する説得力も十分。初心者から上級者まで多くのファンを納得させるだけのクオリティを持った、TSモノの決定版です。絵に拒絶反応がなければ入門用としてもオススメ。そこから自分の好みに合ったシチュの作品に手を出していくといいかもしれません。 → 長文感想(5194)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
95narcissu(非18禁) (ステージ☆なな(同人))
曖昧で冷静で容赦ない現実に対し、健常者は「何とかなるのでは」と思った。先逝く者を見送った者は「悪いことばかりではない」と述懐した。では人生に行き詰った二人は。長文感想は『120円の冬』『ラムネ』のネタバレを含みます。 → 長文感想(2879)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
94神樹の館 (Meteor)
古風な伝奇物語をノベルゲーの妙で読みやすく仕立てた逸品。真骨頂こそ原案者執筆の最終ルートですが、筆風を寄せることで世界を乱すことなく綴ったサブルートもまた見事。複数ライターのメリットを享受できる、数少ない作品の1つでもありました。 → 長文感想(3307)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 17h
94オレは少女漫画家R(非18禁) (Giza10)
勢いと圧倒的な熱量で呑みこむ魂のノベルゲー。感想はただ一言「スゲー面白かった!」 → 長文感想(3671)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
94群青の空を越えて (light)
己の意志で戦い続けた戦闘機乗り。無為に死に逝く学徒兵の様。戦争の落着点として捨てられる元英雄。兵隊とは異なる形で戦う者たち。そして国家という単位を超越した経済・政治・社会論。様々な角度から見る戦争を通して語られたのはたった一つ「彼ら彼女らが、なんのために戦ったのか」。硝煙に血煙、陰謀に政治。あらゆる要素を用い、かつ揺らぐことなくテーマを貫きとおした製作者陣の技量と意志は、それだけでも賞賛に値します。 → 長文感想(6256)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
94鎖 -クサリ- (Leaf)
洋上陵辱サスペンス...を舞台に様々な一面を魅せる作品です。単純な陵辱モノとして見れば生ぬるく、悪役のユーモラスな凶行以外には物足りなさを覚えるはず。各ルートの題目を汲み取った上で、改めて主要人物の言動を振り返ることでようやく奥深さに気づける仕組みです。ある意味2周目プレイを前提としたノベルゲーですね。 → 長文感想(8854)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
94Forest (Liar-soft(ビジネスパートナー))
「物語=人」を生み出し語り継ぐ物語。......といわれても意味不明だと思うのでまずはプレイを。テキストと一致しないボイスや韻を重んじた中盤までは、それ自体をエンタメとして楽しむことができます。その後多くの選択肢を経て物語は幕を閉じますが、謎は明らかにならず主題もどこか散漫。「で、何がいいたかったの?」と問い詰めたくなりますが、読み手によって作品主旨が変わるため明確な答えはありません。自論を「樹立」する気が起こらないのであればエンタメ性だけで本作を評価して良いと思います。長文はひとまず1周クリアした人向けに、読み解くための私的な見解を前半に。私自身の所感を後半に記しています。 → 長文感想(4808)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
93ざくざくアクターズ(非18禁) (hamusutagame(同人))
レトロゲーマーが渇望した「名作RPGのいいとこ取りをしたゲーム」をツクールで本当に実現させちゃった傑作ですね。特に90年代、ハードだと16bit機~64bit機時代のプレイヤーなら、その完成度に製作者を拝み倒したくなること間違いなし。ただ本当に「昔のRPG」が好きな人向けに作られていて、「話を進めたいのに戦闘が邪魔!」「(力押しで進めて)戦闘が辛い...」「稼ぎがダルい」など、いわゆるJRPGの根幹システムが苦手な方は回避必須。戦ってなんぼのゲームです。(前半はネタバレなし。後半はバレありの所感) → 長文感想(17236)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 200h
93俺が♀で彼女が♂に!? 気弱美少年と完璧美少女がChange! ~出さないで! 自分のカラダで妊娠させられてイっちゃう!~ (Norn)
ホモ臭さのある展開や「孕む・子宮・膣内射精」が飛び交うエロテキストは人を選びますが、現状TSエロゲとしてはトップクラスの出来。「ヒロインになった主人公がヤられるだけのエロゲ」と判断し回避するにはあまりにも惜しい作品ですね。「男になった入れ替わり相手に落とされるエロゲ」という表現が最もしっくりくる、紛れもないTSゲーの傑作です。桜花のイケメンっぷり+言葉責めに心の子宮がキュンキュンきちゃったプレイヤーさん、多いのではないでしょうか? → 長文感想(3189)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h / 面白くなってきた時間 : 1h
93女体狂乱 -爆ぜ乙女- (わるきゅ~れ)
前作が女体改造エロに特化していたのに対し、エンタメ・バカゲー方面に重きを置いているのが特徴。マイナーフェチ用の抜きゲーとしても上質ですが、様々なバカシチュに爆笑もできるバランスの取れた名作ロープラエロゲですね。純粋にエロだけが目的の方には前作をオススメします。 → 長文感想(2510)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
93ときめきメモリアルドラマシリーズVol.3 旅立ちの詩(PS)(非18禁) (KONAMI)
鬼畜で名を成した幼なじみがメインヒロインですが、最後の最後でそのイメージを払拭。優しく理解のある藤崎詩織を見られるのは本作だけでしょう。また「卒業」をテーマに語られる最後の物語は、過去2作と同じく感動を与えてくれますが、テキストノベルやADVにおける演出とは何か?を知るのに最も適した作品でもあります。なお一部原作ファンには、4年(PCEからなら5年?)越しの夢が叶った奇跡の逸品。というか私としてはそちらが重要でした。 → 長文感想(5823)(ネタバレ注意)(3)
総プレイ時間 : 18h
93屋上の百合霊さん (Liar-soft(ビジネスパートナー))
百合特有の艶やかさはありません。あるのは可愛らしい百合描写と、恋に一生懸命な女の子達が彩る青春群像劇。彼女達の成長物語が織り成す雰囲気は、本作ならではの温かな癒しを提供してくれます。 → 長文感想(4005)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
92メルクリア ~水の都に恋の花束を~ (Hearts)
点数は亜泉ルート単体のもの。筆談キャラの魅力を極限まで表現した、同属性の最高峰とも評すべきヒロインでした。 → 長文感想(7631)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h
92花散峪山人考 (raiL-soft)
人と山の徹底的な対立と、その間に挟まれ翻弄され続けた男の物語。心情描写がメインで従来のレイルソフト作品より読みやすい一方で、傍若無人な主人公と陰鬱な展開が読み手を更に限定しています。極々僅かな読み手のみを対象とした物語ですが、ノベルゲーとして唯一性のある作品をお求めなら是非。クオリティは間違いなく上質です。 → 長文感想(2104)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
92佐倉ユウナの上京(BROWSER)(非18禁) (超水道(同人))
選択に悩み葛藤する、とある大学生の泥臭くも輝かしい一年の物語。普遍的なテーマ、簡潔なテキスト、シンプルな音楽と挿絵。必要最低限の要素で構成された本作は終始落ち着いた空気で進むも、ここ一番でシンクロする文と音の演出が静かに、しかし確実に読み手の心へ懐かしい、あるいは共感できる何かを染み渡らせてくれます。栞を挟み少しずつ読み進めることもできますが、十分な時間と穏やかな環境を用意し、ゆったり1~2日掛けて読み進めるのがオススメ。落ち着いた空気と物語の題材が、読み手を忙しい日常から心を安らげ、同時に明日への活力を与えてくれることでしょう。長文のうち前半はネタバレ無しで本作の特徴を書いています。 → 長文感想(4098)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h / 面白くなってきた時間 : 4h
92木洩れ陽のノスタルジーカ -Raggio di sole nostalgico- (STREGA)
アンドロイドを題材にした学園モノで、優しい人々が紡ぎだす世界と物語が特徴の癒し系エロゲです。中でも共通・最終ルートは温かなエピソードが多く、読み手を穏やかな気持ちにさせてくれます。一方で個別は十分エロく、キャラ個性も十分掘り下げられている、萌えとエロのどちらも堪能できる出来栄え。欠点も散見されますが、心温まるエロゲをお求めの方には是非オススメしたい作品です。 → 長文感想(3124)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
92七つのふしぎの終わるとき (etude)
満足できた反面、欠点が多すぎて評価に困りました…。点数は主観100%。最終ルートの素晴らしさにやられました。「ライター別で主人公の性格が変わる」「派手さのないミクロで地味なシナリオ」「伏線回収は上手いけど細かい部分で辻褄が合わない」これらが嫌いな方は回避されるのが賢明です。興味を持たれた方は長文前半にネタバレせず長所・欠点を羅列しましたので参考にしてみて下さい。 → 長文感想(7700)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
91エーデルヴァイス (inspire(同人))
大正時代を舞台にした女性探偵モノで推理要素は薄め。硬派探偵小説の男性的な部分を女性に置き換えたかのような作品です。無機的なようで様々な情感を伝えるテキスト、「女」を見せるために特化した性描写などは、心情重視の官能小説に近しい印象も。一般的なエロゲの枠組みから好みを探される方は要回避。エロゲ・ノベルゲーの新しい視座を求める方にオススメします。 → 長文感想(2171)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
91MYTH (Circletempo(同人))
すべてを理解しようとするならに膨大な時間を要しますが、重厚な世界設定にそぐわない受動的な表現ゆえ、本質は考察せずとも感覚的に理解可能。無理に考えずとも、周回しなくても、妙は十分堪能できる作品です。「考察」「周回」の単語に及び腰になっている方。心配無用です。ぜひMYTHを手に取り、開いてください。そして物語の果てに見えたものを「思って」ください。(長文前半はネタバレなし) → 長文感想(6545)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
91西暦2236年 (Chloro(同人))
思考と実践を促す作品。日常にある違和感や誤った方向へ進みがちな事象を取り上げ、解説・ケーススタディ・実践を用いて読み手の意識改革を促すノベルゲーです。こう書くとビジネス書・啓発書を想起しますが見せ方が独創的で、また物語としても非常にレベルが高いため説教臭さや押しつけがましさは一切感じませんでした。とりあえずOPムービーが同人離れした超クオリティなので、それを見て興味がわいたら買いでいいと思います。長文前半は物語序盤を簡単にですが解説しています。 → 長文感想(6687)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
91パコられ (ゆにっとちーず(同人))
陰惨な陵辱描写。不幸極まりないキャラ個性。読み手の闇を暴き立てる訴え。その全てが「桃也みなみ」という要素を失うだけで一気に色褪せる。普通の作りで何のギミックもないのに、声が無いと成立しないという前代未聞の怪作です。かの名作「ファタモルガーナの館」の真逆を行く作りは、読み手ならぬ聴き手に新たなノベルゲーの一面を見せてくれるはず。鬱極まりない内容ゆえ人は選びますが、声に一家言ある方はぜひプレイを。長文感想はプレイ済みの方向けです。 → 長文感想(2672)(ネタバレ注意)(2)
総プレイ時間 : 3h
91フォークソング (REWNOSS)
田舎を舞台にしたほのぼの雰囲気ゲー。あるいは3組6人の心情を想像し共感否定させ、結果世界に共感させる作品。前者としても十分良作レベルですが、後者として見た場合はオンリーワンの良さを持った傑作エロゲです。 → 長文感想(8302)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
91淫欲少女抄 (同人サークルKIRARIN (同人))
仮想世界へ女性として潜りこみエロい行為を好き放題楽しむという、TS娘を自身と重ねるタイプのプレイヤーには垂涎モノのエロゲです。シチュも数多に用意されていますが絵やBGMは無く、簡潔な文章表現とコマンド式選択のみで進行するため、プレイヤーの想像力・妄想力で肉付けする必要があります。TRPGやゲームブック、キャラメイクできるゲームが好きな人は大ハマリする可能性あり。中でもキャラ・スキルシート作成時にキャラ設定を考え込み、気づけば丸一日経っていた、なんて方にオススメです。 → 長文感想(3537)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 45h
91暗い日曜日 -Sombre Dimanche-(非18禁) (ZIGZAG[noir](同人))
全ての要素がベクトルを合わせ目的を成し遂げている数少ない作品の一つ。単体でも十分魅力のあるテキストが、脇役たちとのシナジー効果を得て更なる高みへと登りつめた、ビジュアルノベルの名作と呼ぶにふさわしい物語です。陰鬱・グロ・狂気・恐怖・♂×♂と遊び手を選ぶジャンルですが、後味も悪くありませんし、耐性のある方は是非。 → 長文感想(3331)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
90素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
正直好きな作品ではありません…が、このクオリティは認めざるを得ない。圧巻のシナリオでした。あまりの残酷さに目を背けたくなる展開もありますが、物語重視のプレイヤーなら目を通しておくべき作品。間違いなくエロゲを代表する一本です。 → 長文感想(1804)
総プレイ時間 : 35h
90マブラヴ オルタネイティヴ 全年齢版(非18禁) (âge(age))
ぶっちゃけ嫌いです。二度とやりたくない。 → 長文感想(238)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 35h
85sense off ~a sacred story in the wind~ (otherwise)
人間の行使する伝達能力の限界を書いた物語。わからないものはわからないし、理解できないものは理解できない。しかしわかったように感じる、わかったと錯覚することを否定もしていません。理詰めと感情の両面から「人間はそういうものである」とだけする作品です。 → 長文感想(2875)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 15h
85Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~ Full Voice Version (D.O.(ディーオー))
卒業までの5日間を舞台とした青春モノ。丁寧に掘り下げた人物描写とそれらを不足なく簡潔にまとめ上げたテキストは、今なお一級品として評することのできる代物です。ただフルボイス化にあたり、声なしで調整されていたところに声を当てたことで作品全体のクオリティが下がってしまったのは残念。一方で深みの増したルートもあるので一長一短ではあります。 → 長文感想(1891)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
85誘蛾灯(非18禁) (睡眠忘街(同人))
BLゲーと銘打たれてはいるものの、全年齢向きなのもあって性的描写はほぼ無し。純粋なノベルゲーとして楽しめます。ミステリー的な面白さとキャラ心情に迫る面白さがバランスよく配置されており、名作と評しても差し支えありません。 → 長文感想(1623)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h
85フレラバ ~Friend to Lover~ HD Renewal Edition (SMEE)
女の子の個性を積極的に振り撒き、同時に物語の軸とするのがキャラゲーのメインストリーム。その流れに真っ向から逆らい、近年忘れられがちな恋愛ADVの魅力を前面へ押し出した作品です。SMEEらしいイチャラブも存分に堪能できますが、キャラゲーだと思って手を出すと物足りないかも。 → 長文感想(10480)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
85PrismRhythm -プリズムリズム- (Lump of Sugar)
ファンタジー世界での穏やかな日常を経て恋愛を育む、雰囲気重視のイチャラブスキーをピンポイントに狙ったエロゲ。起伏のない物語とテキストが読み手を少々選ぶものの、文絵音が一体となって優しげな空間を演出している非常に完成度の高い作品です。 → 長文感想(2562)
総プレイ時間 : 20h
85テラべっぴん (CLOCKUP)
不条理エロ目的で購入したのにイチャラブやシナリオ方面で満足という妙な結果に。それ目的で購入を推奨できるほどではありませんが、抜きゲーらしからぬクオリティで多角的に満足できる作品です。もちろんエロもテキストにグラにと十分たる出来栄えで期待は裏切らないはず。まさしく埋もれた名作です。 → 長文感想(1075)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
85蒼色輪廻 (美遊)
ループ系エロゲとして最高級に近い逸品。グロ・陵辱・ふたなり・暗澹の各要素が満載で万人向けではありませんが、ADV好きにはぜひオススメしたいですね。シナリオも世界観から読み取るタイプですが実に良く練られていますし。 → 長文感想(2672)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
85恋愛0キロメートル (ASa Project)
テンポよく勢いあるギャグ攻勢には終始笑わされっぱなしで、コメディ作品としてひときわ高い満足感を得られました。一方でキャラのポジション、ライター配分、ギャグのレパートリーと出すタイミング、舞台環境などは丁寧に設定されていて、表見の馬鹿馬鹿しさにはそぐわない計算深さが見て取れました。ロングランで売れ続けなかなか値下がりしなかったのは、単に笑い要素が秀逸なだけでは無かったのですね。著名大作に肩を並べる見事なエロゲでした。内容の鮮度が大事な作品なので、未プレイの方は長文を読まないことをオススメします。 → 長文感想(8719)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 18h
85フェアリーテイル・アンコール (Liar-soft(ビジネスパートナー))
相変わらずな完成度の高さですね。本編を堪能できた方なら定価で購入しても損しないFDです。中でも印象的だったのがアリスとオディール・オデットの声。あの熱演名演を違う角度から楽しむことができました。 → 長文感想(1710)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
85平グモちゃん-戦国下克上物語- (Liar-soft(ビジネスパートナー))
戦国武将・松永久秀を主人公にした歴史小説のノベルゲー版。IF要素と物語を共に高いレベルで魅せてくれる名作です。分岐を見つけづらいシステム周り、取ってつけたようなエロゲ要素など、欠点がないわけではありません。しかし複数の展開を1つの物語にまとめられているのは、小説にはないノベルゲーならではの面白さ。歴史小説が好きな方にはもちろん、興味があるレベルの初心者さんにもぜひぜひプレイしていただきたい逸品です。(長文前半ネタバレなし) → 長文感想(2880)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 20h
85ラブレプリカ (Garden)
クセの強い絵にアクの強いキャラ。ハイテンションな日常に一昔前のギャグ。とかく遊び手を選びそうなドマイナーゲーの本当は、古参エロゲーマーの多くが待ち望んだ正統派の読ませるエロゲでした。2013年というシナリオゲー絶滅寸前の時代に生まれた、真正面から倫理観・人生観を問うてくる本作。婉曲な説明で読みづらい個所もありますが、エロゲ黄金期を懐かしむ方にこそプレイしていただきたいですね。 → 長文感想(6510)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 5h
85フェアリーテイル・レクイエム (Liar-soft(ビジネスパートナー))
完成度が非常に高い。特異な題材でありながら欠点らしい欠点が見当たらず、その作りこみようは古今十把のエロゲを凌駕しています。物語も複雑難解そうな見た目とは裏腹にわかりやすく、文章もまた読みやすいため題材以外にアクの強さやクセを感じさせません。ただ性的描写は実用性より18禁要素としての必要性を重視しており、おかずとして使うのは難しいかも。エロゲではなく18禁アドベンチャーゲームと呼ぶにふさわしい、そんな作品です。 → 長文感想(5069)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 25h
85好き好き大好き超管理してあげる (夜のひつじ(同人))
誰を好き好き大好きで、誰が誰の何を超管理してあげるのか、というお話。いつもながらのメッセージ性あるシナリオですが、射精も女神様と妹がバッチリ管理してくれるため抜きゲーとしても十分使えます。更に妹ゲーとしても優れた一面を持っていますが少々わかりづらく、茉依の心情をちょいと積極的に読み取る必要があります。 → 長文感想(3464)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h

ログイン






検索