T.OHさんの得点順コメント

T.OH

長文感想を書く暇がないので作品によってはとりあえず点数のみで。
あらかた点数は付けたのでプレイ時間やPOVなど細かいデータを少しずつ入力したいと思っている。

得点順コメント

100素晴らしき日々 ~不連続存在~ (ケロQ)
シナリオもだがBGMも素晴らしい
総プレイ時間 : 80h / 面白くなってきた時間 : 1h
99WHITE ALBUM2 ~closing chapter~ (Leaf)
あらゆる人を絶望に陥れ、一人の女を幸せにしようとするその姿はもはや格好良いと言わざるを得ない
総プレイ時間 : 80h / 面白くなってきた時間 : 1h
98Dies irae ~Amantes amentes~(非18禁) (light)
ドラマCDの内容や追加ルートなどの大幅な加筆。非18禁だからといって評価が落ちることはない。
総プレイ時間 : 50h / 面白くなってきた時間 : 3h
98Dies irae ~Acta est Fabula~ (light)
至高の厨二ゲー。fateよりもよっぽど面白い。目付きの悪い男のCGを描かせたらGユウスケの右に出る者はいない。
総プレイ時間 : 50h / 面白くなってきた時間 : 3h
97リトルバスターズ!エクスタシー (Key)
全てのテキストを読破した人はどれくらいいるのだろうか。せめて佐々美BADや佳奈多BAD、ルームメイト選択によるクドルートのテキスト差分は見ておく価値ありかと。
総プレイ時間 : 100h / 面白くなってきた時間 : 1h
96装甲悪鬼村正 (NitroPlus)
まさに魂の作品。かなりのボリュームがあるのだが、茶々丸ルートを短くするべきではなかった。
総プレイ時間 : 50h / 面白くなってきた時間 : 1h
95車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ)
妙なテキストがたまにあるなぁくらいの気持ちで流していたが、すっかり騙された。さちルートと灯花ルートは泣いた。
94AIR (Key)
一番泣いたゲーム。AIR以上に泣くことはもうないだろう。
92カタハネ (Tarte)
序盤は少し退屈だが後半は盛り上がる。最後は気が付いたら泣いていた。
91ファタモルガーナの館(非18禁) (Novectacle(同人))
並の商業作品を圧倒する出来。ボイス無しや設定の少なさは些細なこと。伏線回収という言葉は適切ではないような気はするが、2周目以降気付くことは多いはず。
91この世の果てで恋を唄う少女YU-NO (elf)
リメイク版が発売されてしまう前に20年遅れでプレイ。伏字解除パッチと、SS版から抽出したボイスパッチを適用。読み物としての側面が強くなった現在の多くのエロゲとはもはや別ジャンルのゲームだと感じた。しかし今なお、ACT系やSLG系なども含め、高評価を得ている「ゲーム要素のある」エロゲには評価を受けるだけの理由があり、本作もそれに漏れることはない。ADV系は本作以降、研究されなくなってしまったようだがそれゆえ未だにADVの頂点に居続けるのだと思う。もはや永遠に異世界編の完成を見ることが出来ないというのが残念でならない。
91ひまわり (ぶらんくのーと(同人))
とにかく丁寧に作られた作品である。様々な謎が出てくるが、読み込めばほぼ全ての謎に当たりをつけることができる。FDをプレイすればほぼ完全な回答を得られる。下手な商業作品など本作の足元にも及ばないだろう。
91Ever17 -the out of infinity- Premium Edition(非18禁) (KID)
全てはトリックのため
総プレイ時間 : 35h / 面白くなってきた時間 : 1h
90CLANNAD FULL VOICE(非18禁) (Key)
あまり注目している人はいないかもしれないが、朋也が父に感謝し別れる場面も私は好きである。
90BALDR SKY Dive2 ”RECORDARE” (戯画)
とても面白かったのだが、こういったゲーム性のある作品をプレイすることはもうないだろう。はまり過ぎるとあまりにも時間をとられてしまうとわかってしまった。
90BALDR SKY Dive1 ”Lost Memory” (戯画)
こういったゲーム性のある作品は初めてプレイしたが、かなりはまった。戦闘パートのスキップ機能が後から追加されることを知らず、チャート埋めにかなり時間をとられた。
89智代アフター ~It’s a Wonderful Life~ (Key)
麻枝氏はもちろん樫田氏も実力派であることは後のリトバスでも証明されている。当時はいろいろと叩かれており、今でもなのかもしれないが、良作であるのは間違いない。信者と揶揄されようとも麻枝氏のシナリオと音楽にハズレはないと思っている。
89シンフォニック=レイン 愛蔵版(非18禁) (工画堂スタジオ)
da capoエピローグの音楽教室でクリスと共にいるのはアルではなくトルタ?...いや、曖昧なままにしておこう。
総プレイ時間 : 25h / 面白くなってきた時間 : 5h
89SWAN SONG (Le.Chocolat)
あろえの存在意義を考察できるか、納得できるかというのは特に重要かと。いろいろな方の考察を読みましょう。
総プレイ時間 : 20h / 面白くなってきた時間 : 1h
88Summer Pockets(非18禁) (Key)
[ネタバレ?(Y1:N0)]
88ランス10 (ALICESOFT)
周回ゲーやめてくれ…。情報探しながら2周目までで全実績解除したがS&Lの回数は数え切れない。逆に言えば周回特典のしょぼさよ…。とはいえ今までやったエロゲの中でプレイ時間はたぶん最長。プレイヤーに作業ゲーを我慢させる魅力があったというのも確か。ちなみにここ半年くらいでシリーズ全作ぶっ通しでやった感想「鬼畜王って凄かったんだなぁ…」
88ISLAND(非18禁) (FrontWing)
見事な伏線回収。考察しないままアンインストールするのはもったいない。いくらでも妄想が広がる。沙羅のように。
88サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う- ()
後半から面白くなってはいくのだが、続編を出すためなのか最終章の唐突な展開、消化不良のまま終わるシナリオは、すかぢ氏も言っている通り物語としては未完であるので、続編はコンパクトになるようだが続編ありきの作品ともなってしまっている。
88相州戦神館學園 万仙陣 (light)
戦闘パートはいつも通りの正田節。伏線も前作のようなアラヤ任せでなく一応流れで回収されていてGOOD。BGM、CGも高水準。立ち絵、背景については触れない。前作ヒロイン組ルートはおまけのような感じ。長瀬関連のイベントは面白いからいいのだがそのためのフラグ管理が煩わしい。ただまぁ、ヒロインはどうでもいいから、魔王と死神に分量を割いてほしかったな。あとキーラ三姉妹も(ボソッ)
88俺たちに翼はない R(非18禁) (Navel)
コーダインルートのために。エロシーン欲しかったけど仕方ない。削除した部分のつなぎも、たまに凝っていた。
88俺たちに翼はない (Navel)
王のテキストに引き込まれた。ストーリーよりもテキストで評価できる作品は稀。日常の掛け合いが本当に面白い。特に3章。リメイク版、ドラマCDも集めたくなる。
88虚ノ少女 (Innocent Grey)
開始直後の独白ですぐにわかってしまったが、改めてTrueで突きつけられるととてつもない虚無感に襲われる。過去篇をスキップできるパッチがあるが、2周目からは過去篇にテキスト差分があるので使用するのは3周目以降を推奨する。
88STEINS;GATE(非18禁) (NitroPlus)
CG、TIPS、実績、コンプまで50時間ほどかかった。全てが高水準。音楽、シナリオ、CG、演出、システム、どれも素晴らしい。ただ、個人的にはアニメ声優の声をノベルゲームでは聞きたくなかった。
88グリザイアの迷宮 -LE LABYRINTHE DE LA GRISAIA- (FrontWing)
相変わらず面白い。過去編で、雄二の食べているものを見た時の一姫の表情が頭から離れない。
88グリザイアの果実 -LE FRUIT DE LA GRISAIA- (FrontWing)
共通がつまらないという人もいるようだが、私は共通こそ面白かった。絵師の2人の作風が全く別なので少し気になったが、大した問題ではない。個別ルートごとにエンディング曲を設定しており、また、オープニングムービーも素晴らしく、シナリオ、CG、全てにおいて高水準な作品であった。
88G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ)
ラストで泣いたという人が多いようだが私は泣けなかった。もう1周やってみてもやはり最終章での泣き所がわからなかった。おそらく私がおかしいのだと思う。終盤で泣けるとの評判を聞いてプレイしてしまった分、少し落胆した気分で終わったが、それでも十分に高評価に値するシナリオであった。ちなみに花音ルートでのみ泣いた私はやはり異端なのだろうと思う。
88この大空に、翼をひろげて (PULLTOP)
一切退屈することのないテキストというのは珍しい。一つの見せ場で高評価をさらっていく作品が多い中、最初から最後まで安定した面白さであった。
87CHAOS;CHILD(非18禁) (5pb.)
CHAOS;HEADはギブアップしたという人でも楽しめる。
87さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation- (FAVORITE)
長ければ大作になるというわけではない。あと二割くらい圧縮できる技量があれば大作になっていたかもしれない。いろとりどりのヒカリに高得点を付けた人の期待は裏切らないだろうが、本サイトでの標準偏差20越えは伊達じゃない。
87ランス03 リーザス陥落 (ALICESOFT)
01から全てにおいて正統進化したと言える。フルボイス化も成功。戦闘システム上、強キャラ、弱キャラが分かれてしまうのは当然だが、ランスが準強キャラくらいなのは少し残念。
87神様のゲーム -監禁された6人の男女- (XUSE)
絵、特に表情差分の少なさが気になるが、シナリオの完成度は高い。続編希望だがでないだろうな。
87相州戦神館學園 八命陣 (light)
Dies iraeには劣ると感じたが十分面白い。詠唱が少なかったのは残念だった。というか戦真館側の顕象がちょっと...。CS版でキーラルートなどの加筆に期待。
総プレイ時間 : 35h / 面白くなってきた時間 : 1h
87グリザイアの楽園 -LE EDEN DE LA GRISAIA- (FrontWing)
細かいいくつかの疑問点が重なって違和感が残る。それでも一応はまとめきっている。プロローグを終えたら果実からまたスタート。所々にある由美子推しは別にかまわなかった。好きなキャラだから。
87真剣で私に恋しなさい! (みなとそふと)
面白かった。即答できる。地の文を極力減らし多くの登場人物によるセリフのみの掛け合いにより、とてもテンポよく進められた。主人公があまりにも典型的なリア充であり、全くこれっぽっちも感情移入できないため、第三者視点で楽しむのが正解である。
87穢翼のユースティア (AUGUST)
べっかんこう絵は相変わらずだが読み応えのあるシナリオであった。
87ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- (インレ)
細かな不満点はそれなりにあるのだがバトル展開の勢いで流されてしまった感じである。例の小平太のCGが最も印象に残った。おそらく続編かFDを出すと思うが、ぜひ新六を攻略したいところである。
86RanceVI -ゼス崩壊- (ALICESOFT)
私は雑魚モンスターといちいち戦うのが大嫌いだ。基本全て逃げる。しかしアイテムは全て回収し、固定の強モンスターは全て倒す。するとどうだろう。ちょうどラスボス直前には各キャラが限界レベル(Lv50)に達し、ランスですらLv50台のままとるぅえんどに辿り着く。見事な調整という他ない。玉集めがただの作業であるなどの欠点はあるが、概ねバランスの良いゲームシステムであったと言える。
86鬼畜王ランス (ALICESOFT)
これがSLGか…。ランスシリーズ以外ではやることはないだろうな。当時の流行りを感じた。
86Dies irae ~Interview with Kaziklu Bey~(非18禁) (light)
インタビュー形式にする必要あったか?過去語りっていうのはどうしても臨場感を欠く
86月に寄りそう乙女の作法2 (Navel)
エストルートとルナ様アフターアフターは良かった。エストルートだけ他3人とは出来が違う(ルナ様ルートほどではないが)。しかし、どのルートも日常は楽しいし、エロシーンも実質ギャグのようなものなので面白くて楽しめる。また、BGMも良曲が多いのではないだろうか。つり乙のように出来の片寄りは極端ではなく全ルートきちんとまとめてあるが、物足りなさも残るので、逆にエストルートに全力を注いだ結果も見てみたくなった。
総プレイ時間 : 25h
86黄雷のガクトゥーン ~What a shining braves~ (Liar-soft(ビジネスパートナー))
このシリーズは初プレイだが、とても面白かった。もっとシナリオを詰め、システム周りを改善すれば加点の余地は十分にある。まさに名作になり損ねた良作といった評価が当てはまる。
86殻ノ少女 (Innocent Grey)
続編が気になって仕方がない。
86神咒神威神楽 (light)
[ネタバレ?(Y1:N0)]

検索