明星さんの得点順コメント

明星

気ままにプレイしていています。
65点が基準点、75点以上が良作の判定で、95点からスタートして5点刻みでつけます。同人作品は商業より気持ち高め。
全体の出来が荒い作品でも秀でている箇所があると感じた場合は高得点をつける傾向があります。
また、一部の無料配布タイトルやアペンドディスク、イントロダクション作品は採点の対象外にしています。
マイナーな作品もプレイするためトータルの中央値は低めかも。
動作報告は特記ない限りパッケージ版準拠です。

Twitter :
kkk20061991

得点順コメント

95彼女、甘い彼女 (夜のひつじ(同人))
同サークルの「相思相愛ロリータ」と一見同じようで違う点、それは主人公とヒロインが最初から持ちつ持たれつの関係性を維持して進むことだろう。ゆきちゃんの所謂"喋るコミュ障"であるとか、自分一人が楽しくても他の人の反応は自分自身の目ではっきり捉えられないと不安に感じるところなど自分自身に重なる点も多く、普段観測者の立場から作品を俯瞰することの多い自分が、作中の登場人物に感情移入して読み進めることが出来た。初期作の「幼馴染と十年、夏」と並んで大好きな作品になりました。
総プレイ時間 : 3h
95ふたりぐらしの事情 ~芽衣の日常編~ (姫宮夕日(同人))
ふたりぐらしの本編を補完するFDとして次第点以上。ろりぃなゲームを探している人に本編共々おすすめ出来る作品。 → 長文感想(1505)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
95Magical Charming! (Lump of Sugar)
いちゃらぶゲーとしては◎。だけどシナリオゲーとしてみると少し弱い、かも → 長文感想(2331)(ネタバレ注意)
95わんことくらそう (ivory)
ルート数2つと少な目で短いが内容はかなり充実している。人間と動物が明確に分けられている点が他作品と一線を画しており、人型動物自体の設定の細かさ、サブ含めて 立っているキャラが多い等丁寧に作られていると感じた。主人公も過去の経験からか達観した見方をしており、考えさせる。作中の雰囲気やテキスト、ボーカル 曲も良くおすすめ。
総プレイ時間 : 14h
90終末の過ごし方 DVD (アボガドパワーズ)
初版が動作しなかったのでDVD版を買い直してプレイ。世界が終わる最後の1週間の日常を淡々と描いた作品で、他の終末を題材とした作品と異なり世界が終わ る理由が提示されないことが特徴であるが、作品の本質には何ら関係ない為余分な贅肉が削ぎ落とされてスマートになっています。終末は逃れられないものとして 扱われ、人々は諦めつつも内心ではどこか来るはずのない次の月曜への期待を繋ぎ、作中でスポットが当てられる学園生は諦めつつも人影が少なくなった学園へ 通う。絵の質感や淡い塗りもGOOD、DVD版ではシステムも問題ありませんでした。群像劇としても成り立っている、良い意味での「雰囲気ゲー」でした。
総プレイ時間 : 2h
90なつくもゆるる (すみっこソフト)
ほぼ全編通してコメディパートが織り込まれている点と頃合いを見計らって次々と謎を提示することでだれずに進めることが出来ました。終盤は序盤から想像していた展開からだいぶ外れるものこれはこれで有りかなと。いちゃらぶはあまりありません。音楽はボーカル曲は良いもののBGMはぱっとしないか。紫穂と姫佳かわいい。
90あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~ (ALcotハニカム)
部活青春もの、キャラゲとしては良作。けど未来視からのSF展開を期待しちゃダメ → 長文感想(1624)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 14h
85愛妹恋愛 (INTERHEART Cute)
一見実妹といちゃいちゃするだけの抜きゲーだが、実のところは変化球のような内容である。妹2人と戯れる家庭内と風俗ライターのバイトとしての顔、どちらも両立させつつ程々に干渉し合い、それらを恰も実際に起こり得たかのようなのような筆致で描き出す、中々に読み応えのあるシナリオだった。作画が安定しない点、UIが弱い点はマイナス要素だが、それを辛抱できるならば一度触れて欲しい作品だ。 → 長文感想(1675)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
85ぴんくのあゆみ! ~いけない陵辱検査~ (SPACEWORKS)
2005年のタイトルだがロリ抜きゲーとしては今でも通用しそうなポテンシャルを秘めた作品。和姦は温いけれど陵辱は嫌だ、という方におすすめ。個人的には一番の難点はパートボイスであること。 → 長文感想(3413)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
85ナツイロココロログ (Hearts)
ただの萌えゲーかと思いきや意外にも内容が詰まっていた作品。久遠目当てだったが終えてみれば妹である鈴ルートの内緒の関係に唆られたり → 長文感想(1043)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 13h
85ずっとすきしてたくさんすきして (onomatope*)
本作が他のいちゃらぶゲーと違う点としてヒロインズ全員集合のガールズトークがあるが、この手のコンセプトにありがちな起伏の無さの解消に一役買っており、短めなボリュームと合わさって中弛みせずに読み進めることが出来た。 キャラクターでは元気いっぱいなオタク妹である永遠を桜川未央さんが見事に演じきっており◎。駄妹キャラと中の人で「さくらシュトラッセ」のかりんが近いかも。 → 長文感想(319)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 10h
85エロ本を捨ててから兄の様子がおかしい (Lamia)
可愛らしい絵でドロドロとした人間関係を中心に描いた抜きゲー。莉音かわいいです。NTR耐性はもとより輪姦やボテ腹もあるので苦手な方は注意。 → 長文感想(2457)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h
85your diary (CUBE)
ヒロイン4人とも可愛いし絵や安瀬聖氏の音楽も◎。しばしばいまいちと評される夕陽、かなで√も含めて概ね楽しめたが夕陽orかなで→紗雪→ゆあの順序で攻 略するのがいいと思う。むしろ紗雪√は引っかかる箇所が複数あり前評判レベルまでは楽しめなかった。その他奈月以外のサブキャラの言動/行動に大いに不満があったものの総じて丁寧に作ってあり、萌えゲでも出来は良い部類だと思う。癒されたい方におすすめ。
85学☆王 -THE ROYAL SEVEN STARS- +METEOR(PSP)(非18禁) (Alchemist)
PC版をプレイした人には実質宙乃のみと見て差し支えないでしょうか。(4/8FDコンプで100字程度加筆) → 長文感想(1863)(ネタバレ注意)
85鬼医者 (SAGA PLANETS)
これぞ陵辱ゲーという作品。出来は良い方。 → 長文感想(1120)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 4h
85とびでばいん (アボガドパワーズ)
横スクロールタイプのSLG、初心者でも楽しめる。 → 長文感想(801)(ネタバレ注意)
80おなちゅ! (MAGI)
タイトル通り「おなちゅ」な女の子が主人公の低価格作品。 まりも(主人公)を筆頭に、ひびき(親友)、若葉(お母さん)、正人(親友の双子の兄で片思いしている男の子)、圭太 (その友達)、痴漢が主要人物で、ルートの選択で誰のカラーが出てどんなシナリオになるか決まる、中々にカオスな内容だった。自分はこういうの好き。 → 長文感想(760)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
80甘園ぼ ~二人だけのヒミツの遊び~ (マーブルCandySoft)
屋上遊園地を舞台にした珍しいタイトル。ひまわりちゃんがとてもかわいく、えっちだった。気になった点も少なくなかったけど買ってよかったと感じた作品だった。 → 長文感想(3309)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
80借金姉妹2 After Story (Selen)
いちゃらぶゲーだった2のFD。2本編もその手の作品をお探しの方に是非勧めたい作品だが、こちらも短いながらも余韻を楽しむことができる。 → 長文感想(2103)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
80隷嬢学園(令嬢学園) ~煉獄の学舎~ (Psy-chs)
オードソックスな学園ものの陵辱系抜きゲー。"普通"を高いレベルでこなしている作品はそう多くないので貴重である。西田こむぎ、みる、桜川未央などの声優陣も見もの。 → 長文感想(1636)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
80ソラコイ (Chelseasoft)
シナリオのネタバレなし。一点集中タイプでも一風変わった作品であり、フルプライス作品としては難点も多く見受けられるものの一見の価値はある。宮坂みゆさんの絵柄に釣られるのもまた一興ではないだろうか。 → 長文感想(1932)
80あい♂まい♀みすと (白濁系)
この作品の肝は「TS娘(主人公)のきめ細かい状況や心理状態の描写」と「各ルートの多彩な展開」だと思う。 工学系大学生である郁巳がTS後に教授の娘が通う高校に転入することで、大学と高校・TS前とTS後それぞれの人間関係を織り交ぜるさまが非常に楽しい。 一部ルートでTSすることになる透も、郁巳とほぼ真逆の性格だったり。 この辺りはとても丁寧に作られていて、まるで実際に直面した人が回想しているかのようだ。 個人的には郁巳が完全に男に戻るルートが無かったことと、彼に”お兄ちゃん”以上の感情を持ち甲斐甲斐しく世話をしてくれた真菜の扱いが残念。 郁巳が男に戻ったさいの高校組の反応が気になることもあり、NOWAYOUTルートのキスCGから先作って欲しかったかな。 あとOP曲が好き。なんとなくユリ熊嵐のOPを思い出した(
80Clover Day's (ALcot)
鷹倉姉妹は二人とも今年のマイ妹ランキングでトップに入りそうなほど可愛かったし、杏鈴ルートも単体で+10点はつけられるくらい満足出来たものの如何せんその他で引っかかる点が多すぎた、そんな作品。(鑑賞枠関連の内容追加有り) → 長文感想(5543)(ネタバレ注意)
80鬼哭街 The Cyber Slayer (NitroPlus)
個人的にはシナリオではなく過程を楽しむ作品という印象を受けた。同ブランドかつ同ライターによる「続・殺戮のジャンゴ」よりSFがうまく生かされていたが、エンデイングに不満を覚えた点と、ボスである「劉」の存在がただ主人公の「孔」と対極になっているのみで、彼をここまで駆り立てたことについて大義を感じなかったのがマイナス。Hシーンが設定とうまく溶け込んでいる点も良いですね。一種の妹ゲーでもあります。
総プレイ時間 : 4h
80夏雪 ~summer_snow~ (Silver Bullet)
儚く儚く重ねあっては消えてゆくのは銀弾でした。 → 長文感想(3093)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 8h
80はなひらっ!(非18禁) (ふぐり屋(同人))
女子高校生4人組の日常を描いた作品。全年齢ということでそういうシーンはないが、雰囲気も良く特にメインの2人が魅力的だったこともあって楽しめたし、この作品にはそういう描写は向かないなと感じた。榊原ゆいと喜多村英梨の演技も○。日常系4コマ漫画と同じように、癒やしが欲しい人におすすめ。
総プレイ時間 : 2h
80ミナミからの手紙 (#define(同人))
3150円と同人では価格が高めなこともありボリュームは長さ、CG数ともに標準以上。美菜海MCルートに関する記述が多いが、綾音調教ルートも堕ちきるまでの強情ばる様子、また何よりもメル友を主人公だと気付かずに性への萌芽からの過程を逐一報告しているさまが良い。美菜海純愛ルートもテレ消えの奈穂ルート同様、今の萌えゲーでは出せない純愛を描いていて好印象。絵、音、テキスト全てレベルが高く催眠や調教方面が気になる方におすすめできる作品でした。
総プレイ時間 : 6h
80十六夜のフォルトゥーナ (Lapis lazuli)
ルシアほかも良かったけど、やっぱり時雨ちゃん!(最初のみネタバレ控えめ) → 長文感想(7203)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 22h
80空の上のおもちゃ (半端マニアソフト(同人))
渡辺僚一作品に触れたのは本作で2作目ですので展開はなんとなく読めていましたが、序盤の青臭さと中盤からの展開は中々に熱中させられました。それだけに、個人的に少し呆気なさを感じたなつくもゆるるを悪い意味で軽々と超えてしまった味気ないラストは残念です。選択肢はあるものの、攻略サイト無しで1周でフルコンプ出来て6時間かかるかどうか、という短さと所為かしっぽそのものに関する説明など肝心な部分で説明不足が存在した点もマイナス。絵は好みであり、かつ声や音楽も整っているなど同人としてはクオリティの高い作品であることは確かだと思いますが、現在の入手困難さにおいて大枚を叩いて買う作品ではないような気がします。
総プレイ時間 : 6h
80かつてありし陽 (Check&Stripe(同人))
シナリオ:俺夏>これテキスト:これ>俺夏という感覚。バカゲーを探している方におすすめできる良作。 → 長文感想(1039)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
80俺たちが死んだ夏、天使のいた三日間。 (Check&Stripe(同人))
1ルート1時間、エンド2つ。短さに反して上手く纏まっていると感じた。 → 長文感想(834)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 2h
80ハヤシ迷作劇場 (林組)
リーナの表情の移り変わりを楽しむゲーム。 → 長文感想(1302)(ネタバレ注意)
75ふしぎ電車 (デジアニメ・コーポレイション)
夢か現かも分からない中で5つのふしぎな街を回り続ける不条理系ループゲー。頭の中をからっぽにしたかのようなおかしな世界観を基にしながらも、時折哲学めいた問いを投げかけられ、だけとやっぱり脈絡がない、そんな物語。正規エンドでもさらなるループを示唆される辺り、「無限ループアドベンチャーゲエム」の名は伊達じゃない。ぱんだはうすの「青い鳥」が好きな人におすすめ。
総プレイ時間 : 3h
75ピエタ 幸せの青い鳥 (FlyingShine黒)
昭和初期の閉鎖的な村社会を舞台にした大地主のお家騒動を描いた作品。ストーリーはいわゆる"エロゲ"とはかけ離れた内容で、どちらかといえば時代小説に近い内容かと思われる。またパッケージをはじめデザイン周りが他作品と一線を画す作りで、プレミアがついたことも頷ける。 → 長文感想(2242)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 6h
75あきらめ (BeF)
調教師の息子である主人公が、合宿を利用して女の子を堕とす調教もの。その題材、高圧的な主人公像、男(主人公と林間のモブ)やナレーションに至るまで完全フルボイスという点などで1999年発売の「堕楽」(RATI/Grand Blue)と似ているが、調教側の男が主人公1人であること(「堕楽」では別に主犯格がおり、それに主人公は触発されていた)やUIの融通が効く点が異なる。短い作品だがシナリオの流れは丁寧で、すでに支配下にある女教師を使って幼馴染を嵌めたり、一度は告白を受けた旅館の娘に借用書をちらつかせる場面、幼馴染の説得で迷いが生じた女教師の心を折るシーン、エンディングムービーでヒロインそれぞれを象徴するものを集めて一枚絵で表示する演出など見どころも多い。そして厘京太朗氏の大人びた絵柄と度会達也氏の落ち着いたBGMが上品に彩り、なかなかに憎めない小品となっている。
総プレイ時間 : 2h
75ナンパ生ハメ 中出し万歳6 (U・Me SOFT)
この手のゲームではありそうで殆ど見られなかった「ナンパ」を主題に据えた低価格作品。6作目ということだが、主人公とテーマのみが共通のようで初プレイでも問題なく楽しめた。3人のうち一番楽しめたのが「玉の輿を目指しつつ自分を幸せにしてくれる相手を探している」という美沙で、架空の友達をでっち上げることでお近づきになるところからラストのSNS流出まで目が離せなかった。佳苗の酩酊状態の逆ナンから中出しして追っかけ回されるのもギャグとして面白いし、ともみも・・・Hに目覚めちゃう展開は面白いけど、でもドサクサにトイレに幽閉するのは無理があるような。とはいえ初めてプレイしたジャンルなだけに非常に新鮮味があるタイトルだった。
総プレイ時間 : 3h
75ヘイジング ~白濁の伝統~ (狼星屋(同人))
C93リリースの同人作品。部活ものの林間ゲーで、主人公たちが部活の風習に戸惑いつつも次第に染まり、後輩に指導するまでが克明に描かれている。公式の「本作の特色」欄にもあるが、ベースは「体育会系の絶対的上下関係による強要」で、林間という内容はさておき現実味を感じさせるストーリーだった点も興味深い。 → 長文感想(721)(ネタバレ注意)
75妄想念波通信 (ZERO)
非常に強力な幼なじみ(CV.佐々木あかり)がいるMC要素を含んだ抜きゲー。ボリュームは物足りないが幼なじみスキーは一見の価値があるだろう。パッケージは何故か黒系だが陵辱は一切ないのでそちらの期待は☓。 → 長文感想(1491)(ネタバレ注意)
75隷嬢学園2 ~嗜虐の花園~ (Psy-chs)
隷嬢学園無印の正統な続編で、シナリオは無印をプレイしていないと分からない部分があるか。 "堕ちないながらも物理的に痛めつけない凌辱"のさじ加減や"抜きゲーとしてはそれなりにしっかりしているシナリオ"は相変わらずで、1が楽しめた人はこちらもお勧め。 追記で無印との繋がりや差異など → 長文感想(2339)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 5h
75えろコン ~Erotic Controler 4U~ (ZERO)
人の欲望を制御するコントローラーで女の子の性欲を解放しちゃう和姦抜きゲー。基本的にコメディタッチで進行するが、3Pに消極的な彼女をコントローラーで言いくるめるような展開が面白い。錚々たるタイトルが並ぶZEROの中では良作に当たるだろう。難点は攻略サイトや公開セーブデータが無いことで、選択肢が多くCGのコンプリートが難しい本作では少々大変である。かくいう自分もまだCGが幾つか埋まっていないのだが、メモ帳を利用して総当りするしか無いのだろうか・・・。
75秘裂 (Cadath)
鬼畜な主人公がクラスメイトの女の子を堕とす凌辱もの。女の子側が最後まで堕ちないことや主人公が純愛に走らずぶれないさまがいい。ヒロイン1人に個別のエンディングが3個ずつ存在するが、その他に片方の女の子が既に堕ちた状態から始まるifストーリーという隠し玉あり。Hシーンのシチュエーションは制服とスク水が半々ずつくらいで全裸は全くなし。古い作品ゆえにシステムが使いづらい(音量調節機能なし、既読スキップなし、オートモードのカスタマイズ不可、音声再生中画面をクリックすることで停止するetc:PKG初回版準拠)点と尺が短い点、春香のCGが安定していない点は少々問題だが、作品自体の出来には満足。
総プレイ時間 : 2h
75学校のヤラシイ怪談 ~こんな恥ずかしい除霊させないで!~ (TinkerBell)
えっちな怪事件を体を張って1つ1つ解決するバカゲーテイストの抜きゲー。「不条理教室パック」収録タイトルの「イカレタ教室」とは打って変わり凌辱を主題にした作品ではないがモブオンリーの竿役が輪姦を行う点は共通で、一方でハーレムは前作にも増して薄くなっている。リョナも一切無いのでコミカルな抜きゲーをプレイしたい方におすすめ。
総プレイ時間 : 3h
75イカレタ教室 ~こんなのが当たり前の授業風景!?~ (TinkerBell)
デスノートのエロゲ版とも言うべき設定の学園もの輪姦ゲー。 シチュエーションは羞恥心を煽られるシーンが多く、あおじるラインのような苦痛を伴う描写は一切無い。 竿役は全員モブで凌辱ゲーならではの悲壮感がやや薄いが、本作では"現実と夢想世界の狭間で揺れる心情を描き出すこと"が先決なのでこれで良いと思う。 純粋な凌辱ではないかも知れないが個人的には好みだった作品だ。
総プレイ時間 : 3h
75セリフで感じて! 声優どうし (すたじおもみじ(同人))
ネット声優をやっている女の子が、たまたまクラスに同業の男子を見つけて興味を惹かれるという話。 女の子の視点で声優を生業とする者ならではのやりがいや葛藤などを語っており、普段役者側に立つことがない自分でも色々と考えさせられた。 男子側も声が有り、嫌味のない人物でこちらも好感が持てる。 ただシナリオとしては途中で終わっており、恋愛感情を自覚したところで終わってしまったところが残念。個人的にはそれを差し引いてもプレイして損はない作品だと言えるが。 サークルさん、今からでも続編待ってますよ。
75昏き祟りの森で (hourglass)
平治の乱の伝承を題材とした伝奇もの。地味ながら手堅い出来で、スタッフも伝承や民俗学、陰陽などについて良く調べられている。特に民俗学に関心がある方は楽しみやすいのではないだろうか。あとバットエンドはMC系のえっちシーンがふんだんに盛り込まれているので、その手の人もチェックする価値はあるかも。 → 長文感想(1008)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h
75ほたるゆき ((猫)milkcat(同人))
「純愛ビジュアルノベル」と銘打たれた短編。同人と思えないほどの高いクオリティに裏打ちされた内容は一見の価値あり。シナリオもまあまあだが理解が追いついていない箇所があるので暫定的にこの点数で。 → 長文感想(3337)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
75甘えかたは彼女なりに。 (戯画)
ここでの評価は芳しくないようだが個人的には良作。現実感ある等身大の恋愛という観点ではよく出来ていると思う。欲を言えば個別のボリュームはもう少し欲しかったかな。作中の期間を考慮すると難しいとは思うのだけれども。 → 長文感想(2433)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 12h
75影狼 -kageroh- ()
人狼ゲームを捕食者視点から見ることができる稀有な作品。どちらかというと参加者同士の討論に重心が置かれているため心理バトルの様相を呈している。地味な内容だが心意気を買いたい。 → 長文感想(1345)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 3h
75サイミンアプリ -悪夢の寝取られゲーム- (スタジオ奪)
催眠術という題材でサバゲーをやってみた作品。催眠ゲームの発熱した闘いは凡百の抜きゲーと一線を画す。 → 長文感想(1719)(ネタバレ注意)
75アルケミープリンセス (はっぴーすとろべりー(同人))
依頼をこなしてアイテムを作るタイプの同人ツクールRPG。自由度は高め。この絵で人外姦や輪姦は貴重なのでそれ目的に手に取るのもあり。 → 長文感想(1347)(ネタバレ注意)
総プレイ時間 : 7h